2017年08月27日

第37回新潟2歳ステークス(GIII)

馬単 @→A・C・F・I・K・J・M=7000円
馬単 A・C・F・I・K・J・M→@=7000円
前回までのトータル:−335万0980円
回収率:55.7%
posted by リュウノスケ at 13:48| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』CMについて

 女優・のん(24)がスライム役で出演するスマートフォン向けRPG「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト」の新テレビCM「倒されても編」が26日から、続いて「スライムが あらわれた編」が9月2日から全国で順次放送される。

 「倒されても編」では、草で汚れた“のんスライム”が「なんど倒されても、ボクはまけない!」と宣言。半べそをかいていた前回作から大きく成長した姿を見せる。「スライムが〜編」では、土砂降りの中、丘の向こう側からはい上った“のんスライム”がカメラに向かって「どうしますか!」と迫る。のんの演技は必死さ、寂しさ、優しさを表現している。

 のんは「24歳になったのんのスライムが見所です!本当に力強いメッセージが込められているので、そこはグッときてもらえるポイントだと思います!」と意欲的だった。(デイリースポーツ、2017.8.25)


 レプロに対する宣戦布告にしか見えないこのCM。のんはもちろんコピーライターもいい度胸だと思います。


『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』TVCM 倒されても篇
posted by リュウノスケ at 14:19| Comment(0) | CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

テレビ東京進藤隆富セクハラ降板事件

 テレビ東京の報道番組「ゆうがたサテライト」キャスターの進藤隆富氏(41)が番組を降板していたことが「週刊文春」の取材で判明した。

 進藤氏は、2010年から「ワールドビジネスサテライト(WBS)」キャスターを3年半務めた後、ニューヨーク支局にも勤務した同社のエース社員。昨年11月からは、狩野恵里アナとタッグを組んで新番組を任されていた。

 事件があったのは自身の夏休み直前の7月28日、番組スタッフとの飲み会の後のことだという。

「20歳代の女性ADを別の店に連れ出し、二人きりになるとキスを迫るなどしたようです」(「ゆうサテ」関係者)

 進藤氏は、夏休み明けの8月7日に何食わぬ顔で番組に出演していたが、翌8日から突如、姿を消していた。

 テレビ東京広報部は取材に対して、「社内規程の違反があったため、厳正に処分いたしました」と回答。週刊文春8月23日発売号では、降板にいたるまでの裏側を明らかにしている。(週刊文春、2017.8.22)


 テレビ東京系「ゆうがたサテライト」のキャスターを務める同局の進藤隆富氏(41)がセクハラのため同番組を降板したと、23日発売の「週刊文春」が報じている。

 同誌によると、進藤氏は先月、番組スタッフとの飲み会で20代の女性ADにキスを迫るなどしたとして、後日、女性の所属する制作会社幹部が同局に伝えて発覚した。

 進藤氏は慶応大を卒業し、2000年に同局に入社した。同局「ワールドビジネスサテライト」のキャスターを2010年から約2年半担当。同局は「社内規定の違反があったため、厳正に処分いたしました。番組も降板させました」としている。(ZAKZAK、2017.8.24)


 テレ東ファンにはおなじみの進藤さん。WBS出演時は相内アナと並ぶ食いしん坊キャラで到底悪い人は見えず私も好きだったんですが、ADにセクハラですか。立場を利用した悪質なケースなので情状酌量の余地は全くありません。残念です。


<参照>
ウィキペディア 進藤隆富
posted by リュウノスケ at 00:45| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山中慎介に勝ったルイス・ネリ ドーピング違反の疑い

 世界ボクシング評議会(WBC)は23日、京都市で15日に行われたWBCバンタム級タイトルマッチで13度目の防衛を狙った山中慎介(帝拳)にTKO勝ちしたルイス・ネリ(メキシコ)に、ドーピング違反の可能性があると公式サイトで明らかにした。

 試合に際して実施された検査で、ネリの検体に筋肉増強作用がある禁止薬物ジルパテロールの陽性反応があったとWBCは報告を受けた。スポーツ専門局ESPN(電子版)は、タイトル戦は無効試合となり、山中が王座に復帰する可能性があると伝えている。

 試合はネリが4回に連打を浴びせてTKO勝ち。34歳の山中は具志堅用高が持つ日本男子歴代最多記録に並ぶ世界王座13度連続防衛に失敗し、進退について「落ち着いて考えたい」と態度を保留している。

 ジルパテロールは家畜を太らせる目的で用いられる物質で、ドーピングで使用されることが多いクレンブテロールと作用が似ている。(時事通信、2017.8.24)


 とてつもないハードパンチで日本のボクシングファンを唸らせたネリが筋肉増強剤を使っていたというニュース。アヌシュ(ハンガリー)のドーピングが発覚して室伏に金メダルが転がり込んできたアテネ五輪を思い出します。山中は気を取り直して具志堅の記録を抜くしかありません。
posted by リュウノスケ at 00:33| Comment(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

第99回全国高校野球選手権大会閉幕

 第99回全国高校野球選手権大会最終日は23日、甲子園球場で決勝が行われ、花咲徳栄(埼玉)が広陵(広島)に14−4で大勝し、初優勝を遂げた。埼玉県勢の選手権大会制覇も初めて。

 花咲徳栄は一回に西川の2点適時打で先制。中盤は五回に5安打を集めて6点、六回にも4点を加え、綱脇から清水への継投も決まった。この日の16安打を含め、全6試合で2桁安打の猛打を見せた。

 広陵は選手権大会4度目の準優勝で、またも頂点には届かなかった。準決勝で大会最多記録を更新する6号本塁打を放った中村に本塁打は出なかったが、3安打を重ねて大会記録の計19安打に並んだ。

 ◇優勝校の横顔

 花咲徳栄(埼玉) 加須市にある1982年創立の私立校。夏の甲子園出場は3年連続5度目で、春は4度出場。過去の最高成績は春夏とも8強。卒業生にプロ野球オリックスの若月健矢捕手、広島の高橋昂也投手、ボクシング元世界王者の内山高志さんら。(時事通信、2017.8.23)


 第99回全国高校野球選手権大会決勝は23日、兵庫県西宮市の甲子園球場で4万3千人の観衆を集めて決勝が行われ、花咲徳栄(埼玉)が14−4で広陵(広島)に大勝して初優勝を果たした。埼玉勢の優勝も初めて。

 花咲徳栄は一回に西川愛也の2点適時打で先制すると、その後も計16安打の猛攻で得点を重ねた。1回戦から6試合全て2桁安打、9得点以上の強力打線で参加3839校の頂点に立った。

 春の選抜大会では3度の優勝経験がある広陵は投手陣が打ち込まれた。準決勝まで6本塁打と1大会個人最多本塁打記録を更新した右の強打者、中村奨成も3安打したが得点に絡めず、準優勝した2007年以来4度目の決勝でも悲願達成は成らなかった。

 今大会は台風接近の影響で、予定より1日順延されて8日に開幕。2006年の第88回大会で生まれた1大会最多本塁打60本の大会記録を更新する68本のアーチが飛び交った。(産経新聞、2017.8.23)


 「振り切る」「打たないと勝てない」。年々、そう口にする選手、チームが増えていると感じる。

 新記録となる、今大会61号本塁打を放ったのは天理の山口。8番打者だが、こつこつ当てるような打撃はしない。中村監督からは「振らないと始まらない」と言われているといい、同じ試合で62号も放った。

 各校が打撃に力を入れ、「1日千スイング」などと掲げる。「打高投低」の流れは加速している。

 日本高校野球連盟では、打球が速すぎることなどから、2001年秋から金属製バットの重さを900グラム以上にするなど、規定を変更した。03年には13本塁打しか出なかったが、06年には60本塁打が飛び出した。

 バットについては、各メーカーが改良を重ねるが、ミズノの担当の南裏智さんは、「昨年から今年で、バットに劇的な変化はありません」と話す。

 南裏さんによると、ミズノで人気のあるモデルは、重心が先端付近にあるもの。振るときに重さを感じるが、しっかり振れれば飛距離も出るという。

 実はこのモデルは規定が変更された02年からあるもので、仕様はほとんど変わっていない。「それだけ、しっかり振る力がある選手が増えているということでしょう」。球児がパワーアップにより、操作の難しいバットにも対応したということだろう。

 ボールは、60本塁打が飛び出した翌年の07年から、いわゆる「低反発球」が導入された。

 日本高野連によると、今大会も使用しているボールは同じ。高野連では毎年、大会の使用球は弾み具合、重さ、形状を検査。反発については、約4メートルの高さから50センチ四方の大理石の上に落とし、基準内に収まるかを審判委員が見る。今年は7月7日に2100個がテストされた。

 新記録は打者の努力のたまものと言うほかはないだろう。(朝日新聞、2017.8.20)


 広島は19日、スカウト会議を行った。高校生の指名候補となる全選手の映像を確認。投手19人、捕手2人、内外野手9人の30人に絞り込み、ドラフト1位候補に入る“A評価”には早実・清宮幸太郎内野手(3年)と広陵・中村奨成捕手(3年)の名前が挙がった。

 苑田スカウト統括部長は「(即戦力候補の)特A評価がいないので、全選手を見てもらった。(中村は)取って投げる動きがいい。打撃はみなさんも知っている通り、素晴らしい」と評価した。

 高校生30人のほか、ドラフト1位候補のヤマハ・鈴木博志投手(20=磐田東)、日立製作所・鈴木康平投手(23=国際武道大)、JR東日本・田嶋大樹投手(21=佐野日大)の3投手も映像で確認した(日刊スポーツ、2017.8.19)


 済美の3番亀岡が2アーチで、勝利を呼び込んだ。「甲子園は思ったよりも、打球が飛ぶ。(甲子園で)1本は打ちたいと思っていたけど、3本は予想していなかった」。1回戦の東筑(福岡)戦でも1発を放っており、今大会3本目。「フルスイングではなくて、ボールを運ぶ感じで打ってます」。力みのないスイングが高校通算17、18号につながった。(日刊スポーツ、2017.8.15、抜粋)


 甲子園で行われている第99回全国高校野球選手権は14日、出場49チームがすべて初戦を終えた。登板した106人の球速を甲子園のスピードガンなどでチェック。150キロを超えた投手はいなかった。これは14年以来3年ぶり。最速は北海・阪口晧亮、花咲徳栄・清水達也両投手の148キロだった。

 140キロ以上をマークした投手(43人)は以下の通り。※印は左腕

【148キロ】
阪口晧亮(3年)北海
清水達也(3年)花咲徳栄

【147キロ】
皆川喬涼(3年)前橋育英
柿木蓮(2年)大阪桐蔭
森悠祐(2年)広陵

【146キロ】
川端健斗(3年)秀岳館※

【145キロ】
鈴木裕太(2年)日本文理
岡野佑大(3年)神戸国際大付
平元銀次郎(3年)広陵※
根岸崇裕(3年)前橋育英

【144キロ】
山下輝(3年)木更津総合※
伊藤稜(3年)中京大中京※
徳山壮磨(3年)大阪桐蔭
平田龍輝(2年)智弁和歌山

【143キロ】
平松竜也(3年)盛岡大付
佐渡裕次郎(3年)日本航空石川
山田龍聖(2年)高岡商※
香村篤史(3年)中京大中京※
野口智哉(3年)鳴門渦潮
隅田知一郎(3年)波佐見※

【142キロ】
斉藤勇太(3年)青森山田
吉沢悠(3年)前橋育英
松本健吾(3年)東海大菅生
及川雅貴(1年)横浜※
北山亘基(3年)京都成章
上原麗男(3年)興南

【141キロ】
高島泰都(3年)滝川西
斎藤郁也(3年)聖光学院
万波中正(2年)横浜
磯村峻平(3年)中京大中京※
修行恵大(2年)大垣日大
佐藤圭悟(3年)三本松
八塚凌二(3年)済美
市川悠太(2年)明徳義塾
戸郷翔征(2年)聖心ウルスラ学園

【140キロ】
長谷川拓帆(3年)仙台育英※
田中彗(3年)二松学舎大付
吉松塁(3年)山梨学院※
石井友樹(3年)山梨学院
青柳真珠(3年)松商学園
浦野海斗(2年)中京大中京
杉本幸基(2年)大垣日大
大江海成(3年)おかやま山陽
(日刊スポーツ、2017.8.14)


 西武のドラフト1位右腕・今井達也投手(19)が右肩痛で週明けの14日に病院で精密検査を受けることが12日、分かった。

 今井は11日のイースタン・リーグ、楽天戦(石巻)で先発したが、6球を投げて1死を取ったところで患部に異変を感じて降板した。今年は2月の春季キャンプで1軍スタートも、右肩関節唇の炎症のため3日でリタイア。5月にも右肩の違和感で戦線離脱した。故障の慢性化を防ぐためにも慎重を期して完治を目指す。(スポニチ、2017.8.13)


 中村奨成対花咲徳栄の様相となった決勝ですが、花咲打線が爆発して大差となり中村一人の力ではどうしようもありませんでした。埼玉のみなさんおめでとうございます。

 さて、恒例のプロ注目選手総括。打高投低の大会で史上最多68本塁打が飛び交い、「清宮の通算本塁打記録更新のために高野連がラビットボールを発注したのではないか」とネット上で噂される始末。下位打線の非力そうな打者が軽く当てただけで入ってしまうので不審に思ったファンは多いようです。

 スカウトの眼力が問われるホームランインフレ状態のなか、やはり打者筆頭は中村奨成(広陵)。1大会の最多本塁打など様々な記録を更新して清宮と同程度の評価を一気に勝ち取りました(新記録:本塁打6、打点17、塁打数43、タイ記録:安打19、二塁打6)。俊足強肩の打てる捕手を欲しくない球団などないわけでドラフト1位競合は間違いないんじゃないでしょうか。

 個人的に一番注目していた増田(横浜)は初戦で秀岳館に負けてしまい不完全燃焼。他に目立ったのは亀岡(済美)、植田(盛岡大付)、根尾(大阪桐蔭、2年)、野村佑希(花咲徳栄、2年)。

 投手筆頭は清水(花咲徳栄)。決勝でも最後の最後に148キロを投げていました。斎藤佑樹、安楽、今井など甲子園ナンバーワン投手の故障は多いので肘肩に少しでも違和感があるのならU18は辞退してほしいと思います。

 他は川端(秀岳館)、山下(木更津総合)、阪口(北海)、皆川(前橋育英)、平元(広陵)、徳山(大阪桐蔭)、柿木(大阪桐蔭、2年)、森悠祐(広陵、2年)。

 最後に準々決勝大阪桐蔭対仙台育英戦について一言。プロ・アマ問わず何千試合も見ている熱心なファンほどあのプレーには違和感があるんじゃないでしょうか。故意ではなく偶然ファーストの足を蹴ってしまうというのなら余計問題。佐々木順一朗監督はちゃんと指導してほしいと思います。
posted by リュウノスケ at 01:02| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

第53回札幌記念(GII)

三連単 L→B・D・F→@・C・E・G・H・J・K=2100円
三連単 L→@・C・E・G・H・J・K→B・D・F=2100円
三連単 B・D・F→L→@・C・E・G・H・J・K=2100円
三連単 B・D・F→@・C・E・G・H・J・K→L=2100円
三連単 @・C・E・G・H・J・K→L→B・D・F=2100円
三連単 @・C・E・G・H・J・K→B・D・F→L=2100円
前回までのトータル:−332万5580円
回収率:56.0%
posted by リュウノスケ at 11:08| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする