2017年07月05日

クールジャパン機構セクハラ事件

 アニメや日本食など日本の魅力ある文化や商品を海外に売り込む官民ファンド「クールジャパン機構」(東京都)で、女性社員数人が現役の役員や中央省庁出身のキャリア官僚からセクハラやパワハラ行為を受けたと訴えていることが、関係者への取材で分かった。被害女性を含む機構社員は労働組合を結成。機構側の対応が不十分だとして、情報開示や再発防止を求めている。

 関係者によると、民間出身で投資部門責任者の専務取締役は昨年七月、女性社員数人を誘い、都内のカラオケ店で機構関係者との懇親会を開催した。

 その中で、専務は用意していた「くじ」を女性全員に引かせた。くじは機構関係者との「ワインディナー」や「手作りプレゼント」などの内容が書かれ、専務や機構関係者と外出することも含まれていた。機構関係者はくじの実施を知らずに同席したとみられる。

 数日後、専務側から誰がどのくじを引いたかの確認と、日程調整の問い合わせなどがあり、女性社員が機構のセクハラ相談窓口に申し出たため、くじに基づく計画が実行されることはなかったという。

 また、二〇一五年夏には別の女性社員が歓迎会の二次会で、当時の専務執行役員から太ももを触られたと主張。帰りの電車で手をつながれたと証言する社員もいた。この役員は中央省庁出身のキャリア官僚で、現在は機構を離れている。

 相談後も専務取締役の件はセクハラと認定されず、元専務執行役員の件も異動を理由に明確な説明がないという。機構は「個別の事案に関する質問には一切答えない」と回答。元専務執行役員は取材に「記憶はないが、万が一誰かを不快にしたようなことがあれば申し訳なく思う」と話した。

 労働組合の代理人を務める花澤俊之弁護士は「民間企業のかがみとなるべき企業として恥ずかしい。セクハラ以外にも問題があり、労組を通じて社内環境や労働条件を改善していきたい」と話した。

 <クールジャパン機構> 世界的に人気の高い日本のアニメやファッション、食などを海外に売り込むために官民が出資し、2013年11月に設立された。正式な社名は「株式会社海外需要開拓支援機構」。今年4月時点の出資金は約693億円で、約8割を国が出資する。政府は日本ブランドの海外展開を成長戦略の一つと位置付けており、民間だけで事業が十分に実施できない分野を支援する。社長の太田伸之氏は高級ブランド「イッセイミヤケ」元社長で、経済産業省や財務省出身者も幹部に加わっている。(東京新聞、2017.7.4)


 セクハラを日本文化として世界に発信してしまったクールジャパン機構。豊田真由子と一緒で権力者は何をやっても許されるという封建主義的価値観がよくないんじゃないでしょうか。実名報道すればいいのに。


<参照>
ウィキペディア 海外需要開拓支援機構
posted by リュウノスケ at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

2017年東京都議会議員選挙

 東京都議選(定数127)が2日投開票され、自民党は過去最低の38議席を大幅に下回る23議席と惨敗した。小池百合子知事が代表の地域政党「都民ファーストの会」が49議席を獲得し圧勝。第1党に躍進し、公明党など知事支持勢力と合わせ過半数を大きく超える79議席を確保した。

 自民党の歴史的大敗は安倍政権に打撃で、「安倍1強」で推移してきた政局の流動化は避けられない情勢だ。安倍晋三首相は2018年秋の党総裁3選を前提に、憲法改正案を今年中に国会提出する意向を表明しているが、党内の異論が噴出すれば、見直しを余儀なくされる。18年12月の衆院議員任期満了をにらんだ解散戦略の組み立てにも影響が出そうだ。

 自民と都民ファを除く党派別当選者は公明党23人、共産党19人、民進党5人、東京・生活者ネットワーク1人、日本維新の会1人、無所属6人。小池氏は都民ファ推薦で当選した無所属6人全員を追加公認すると発表した。

 都議選は、豊洲市場への移転問題など、発足から1年を迎える小池都政の評価も争点となった。小池氏は午後8時すぎから記者会見し、「都民目線で(都政を)進めてきた成果が認められた」と述べた。自民の下村博文都連会長は、責任を取って辞任する意向を表明。都連は下村氏を含む執行部全員が辞任する方向となった。
 投票率は51.28%で前回(43.50%)を上回った。

 都民ファは現有6議席を大きく上回る50人を擁立し、連携する公明の候補や民進を離党した無所属候補ら35人を推薦。自民批判とともに「古い議会を新しい議会に変える」と、議会刷新を訴え、島部を除く全選挙区で勝利した。

 全42選挙区で60人を擁立した自民は、豊洲問題などで小池氏に対し「決められない知事」と攻勢をかけたが、加計学園問題や稲田朋美防衛相の失言などによる逆風にさらされた。

 公明は、7回連続で全員当選を果たした。政権批判を展開し、支持を呼び掛けた共産は2議席増やす善戦、候補者の離党が相次いだ民進は現有7議席に届かなかった。(時事通信、2017.7.3)


 元々小池人気で逆風だったのに選挙直前下村・豊田・稲田などの不祥事・失言が多発した結果歴史的大敗を喫してしまった自民党。小池新党は国政に進出するでしょうか。


<参照>
ウィキペディア 2017年東京都議会議員選挙
posted by リュウノスケ at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

第66回ラジオNIKKEI賞(GIII)

馬単 E→@・H=3000円
馬単 @・H→E=3000円
前回までのトータル:−324万5040円
回収率:55.9%
posted by リュウノスケ at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第53回CBC賞(GIII)

三連単 J→B・F・K・L→A・C・H・I・N・O・Q=2800円
三連単 J→A・C・H・I・N・O・Q→B・F・K・L=2800円
三連単 B・F・K・L→J→A・C・H・I・N・O・Q=2800円
三連単 B・F・K・L→A・C・H・I・N・O・Q→J=2800円
三連単 A・C・H・I・N・O・Q→J→B・F・K・L=2800円
三連単 A・C・H・I・N・O・Q→B・F・K・L→J=2800円
前回までのトータル:−324万5040円
回収率:55.9%
posted by リュウノスケ at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上田利治逝去

 プロ野球の阪急(現オリックス)なとで監督を務め、3度の日本一となった上田利治(うえだ・としはる)さんが死去したことが2日分かった。80歳。徳島県出身。

 関西大で故村山実さん(阪神)とバッテリーを組み、関西六大学リーグ優勝4回を果たし、1959年(昭34)に広島に入団。1年目から1軍出場を果たしたが、肩を壊し61年に引退。通算121試合出場、56安打2本塁打17打点、打率2割1分8厘の成績を残した。

 62年から広島のコーチを務め、71年から阪急でヘッドコーチに就任。名将・西本幸雄監督に仕え、74年から監督に。75年から78年まで4年連続リーグ制覇を果たし、75年から77年連続日本一、76年に阪急は日本シリーズ6度目の挑戦で初めて巨人に勝った。

 78年の日本シリーズで本塁打をめぐる判定に抗議し、1時間19分の中断を招いた責任を取って監督を辞任したが、81年に復帰。84年にリーグ優勝を果たした。以後、オリックス、日本ハムでも指揮を執り、監督としての通算成績は20年で2574試合、1322勝1136敗116分け、勝率5割3分8厘。選手をほめる際に「ええで」と言い、これがトレードマークとなった。03年に野球殿堂入りした。(スポニチ、2017.7.2)


 心よりご冥福をお祈りします。


<参照>
ウィキペディア 上田利治
posted by リュウノスケ at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 訃報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

森慎二逝去

 西武は28日、森慎二投手コーチ(42)が同日、多臓器不全のため、福岡市内の病院で死去したことを発表した。27日に病気療養のため休養すると発表されたばかりだった。

 森コーチは山口県岩国市出身。岩国工から新日鉄光、新日鉄君津を経て1996年度ドラフト2位で西武に入団し、先発、抑えとして活躍した。通算成績は431試合に登板、44勝44敗50セーブ、防御率3・39。

 05年オフにポスティングシステムを利用してのメジャー挑戦を表明。タンパ・デビルレイズと2年契約を結んだが、右肩痛のためメジャーで登板することはできなかった。

 その後独立リーグ・石川で選手兼任コーチに就任。監督としても実績を残した。15年から西武の2軍投手コーチに就任し、昨年5月から1軍コーチを務めていた。(デイリースポーツ、2017.6.28)


 西武・森慎二投手コーチが28日午後0時10分、福岡市内の病院で多臓器不全のために死去した。42歳だった。

 球団は前日の27日、病気療養のために休養することを発表。西口文也2軍投手コーチ(44)が、代わって1軍に合流したばかりだった。渡辺久信シニアディレクター(51)は「検査などをしている状況で、まだ病名は分からない」と話していたが、その矢先の突然の死去となった。

 試合前に訃報を伝えられた辻監督は「数日前まで一緒にやっていた。優勝目指してやってきた仲間。ショックですね。辛いです」と目を真っ赤にして涙をぬぐっていた。

 森コーチは新日鉄君津から96年ドラフト2位で西武に入団。入団1年目からリリーフとして頭角を現し、00年には23セーブを記録。02、03年には最優秀中継ぎ投手賞にも輝いた。通算成績は431試合で44勝44敗50セーブ、防御率3・39。15年に西武の2軍投手コーチに就任し、昨季途中から1軍コーチを務めていた。(スポニチ、2017.6.28)


 心よりご冥福をお祈りします。


<参照>
ウィキペディア 森慎二
posted by リュウノスケ at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 訃報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする