2017年06月17日

第9回AKB48選抜総選挙

 アイドルグループ、AKB48のシングル選抜メンバーを決める「AKB48 49thシングル選抜総選挙〜まずは戦おう!話はそれからだ〜」の開票イベントが17日、沖縄県豊見城市の同市中央公民館で行われ、HKT48兼STU48の指原莉乃(24)が24万6376票を獲得し、昨年、史上初の連覇を果たしたのに続き、3年連続(通算4度目)の1位の栄冠に輝いた。2位に約10万票の大差。2位は渡辺麻友(23)で、昨年に続いて2年連続。渡辺は同時に今年いっぱいでAKB48を卒業すると発表した。上位2人は、今年が最後の総選挙出馬であることを公言していた。

 悪天候が予想されたため、昼間に行われる予定だった「AKB48グループコンサート」の屋外公開イベントは16日に中止が決まり、開票イベントは無観客の状態でテレビ中継が行われた。

 3位は松井珠理奈(20)は、指原、渡辺越えを果たせず、「正直悔しい」と話した。4位に宮脇咲良(19)。5位は5月31日の速報で1位だった荻野由佳(18)が昨年95位からジャンプアップで「神7」入り。「新潟に来て本当に良かった」と絶叫した。6位には須田亜香里(25)が入り、昨年7位から1つ順位を上げた。

 グループ総監督の横山由依(24)は7位となり、初の「神7」入りを果たした。「AKB48に加入してから8年たちましたが、神7を目標に活動してきました。新しいグループのメンバーと一緒にAKB48グループでもう一度東京ドームコンサートをしたい」と話した。

 今回、コンサートなどのイベントが中止になったことについて、横山と3連覇を果たした指原がファンに謝罪した。

 16位のNMB48、吉田朱里(20)までが49枚目シングルの選抜メンバーとなった。16位までのメンバーは以下の通り。

 ◇

1位  指原莉乃 HKT48 チームH 246376票
2位  渡辺麻友 AKB48 チームB 149132票
3位  松井珠理奈SKE48 チームS 113615票
4位  宮脇咲良 HKT48 チームKIV 82803票
.           AKB48 チームA
5位  荻野由佳 NGT48 チームNIII 73368票
6位  須田亜香里SKE48 チームE  63124票
7位  横山由依 AKB48 チームA  58314票
8位  惣田紗莉渚SKE48 チームKII 52475票
9位  岡田奈々 AKB48 チーム4  48143票
.           STU48
10位 北原里英 NGT48 チームNIII 45684票
11位 高橋朱里 AKB48 チーム4  42663票
12位 白間美瑠 NMB48 チームM  41491票
.           AKB48 チームA
13位 本間日陽 NGT48 チームNIII 41230票
14位 古畑奈和 SKE48 チームKII 40202票
15位 高柳明音 SKE48 チームKII 38576票
16位 吉田朱里 NMB48 チームM  35540票
(産経新聞、2017.6.17)


 20位に入ったNMB48の須藤凜々花(20)が壇上スピーチで結婚宣言した。前代未聞の衝撃発言となった。

 司会の徳光和夫アナウンサーとのやり取りは以下の通り。

 須藤「皆さんもいつも本気で応援してくださっていて、たくさんの夢を一緒にかなえてきてくださりました。そんな中で、私は本当に初めてこんなに好きになれる人に出会えました。私は、今までのアイドル人生に一点も曇りもなく、ウソ偽りなく、本当に皆さんのことをアイドルとしてではなく、人間1人、須藤凛々花として、本当に大好きでした。だから…これから私が結婚をするという気持ちも本気です。皆さん、本当にいつもありがとうございます。本当にうれしいです、20位。本当にありがとうございます。私はいたって本気です」

徳光「あの、凛々花ちゃんね。今ご自身が何を話しているか、分かる?真剣なんだよな?」
須藤「はい。すごく、すごく迷惑を掛けることも分かっているんですけど、自分に皆さんにもウソをつきたくないと」
徳光「凛々花さんの言葉からは結婚という言葉が出たんだけれども、これは本当ですか?」
須藤「はい。本当です」
徳光「決めた?」
須藤「はい」
徳光「相手がいらっしゃる?」
須藤「はい」
徳光「おめでとうって言ってもいいの?」
須藤「ありがとうございます」
徳光「これはね…応援してくださった皆さんに一言」
須藤「本当に本当に、私は自分のことをアイドルだと思ったことがなくて、本当に1人の人間として皆さんのことがすごく大好きで、皆さんのおかげで、こうやって人として人への愛を教えてもらいました。本当にうれしいですし、きっちり真剣に生きていきたいと思います。本当に本当に20位うれしいです。ありがとうございます」
徳光「20位は立派な成績ですけれども、これから、どういう計画、青写真を描いていらっしゃるの?結婚とおっしゃったけど」
須藤「それは、折り入ってNMB48の大人たちと発表します」
徳光「相手はいらっしゃるの?」
須藤「相手はいます。でも、これ以上は言えないので、後日きちんと私の口から説明をしたいと思います。こんなにこんなに応援してくださる大好きな皆さんに私の口から言いたかったので、言わせてください」
徳光「もう一度、はっきり聞かせてください。結婚するんですか?」
須藤「結婚します!」
徳光「ちょっと、全員で言おう。せーのっ」
メンバー「おめでとー!!」
(日刊スポーツ、2017.6.17)


 <AKB48グループリクエストアワー セットリストベスト100>◇22日◇初日◇東京ドームシティホール

 NMB48須藤凜々花(19)が、純潔宣言で会場を沸かせた。途中のトークで、先輩たちにアイドル哲学を聞くコーナーを実施。同ライブで総合司会を務めているAKB48宮崎美穂(22)に、「ネットで炎上し過ぎちゃうんです」と悩みを打ち明けた。

 宮崎から「どういうこと言っちゃうの?」と聞かれると、「それは、このライブがDVD化された時に、カットされたらいやなので…」と口ごもったが、「チェリー、とか…」とボソリ。以前から自身で「チェリー」だと告白し、恋愛経験がないことや、純潔を明かしていたことを挙げた。

 宮崎から「聞いたよ。チェリーなんだってね?」と聞かれると、「そ、そうなんす…」と照れた。宮崎からは「夢があるじゃない。りりぽん(須藤)がチェリーだとみんなが喜ぶんだから」とフォローされた。「ありがとうございます。チェリーに誇りを持ちます!」と純潔宣言すると、宮崎からは「ずっとチェリーでいてよ!」とリクエストされた。一度は「はい!」と生涯純潔宣言で沸かせたが、「いや、やっぱり、いつかは、卒業したいです…」と照れ笑いした。(日刊スポーツ、2016.1.22)


 AKBに一時期の勢いはなくすでに多くのファンが乃木坂に移っているという話もありましたが、24万という常軌を逸した1位の得票数を見るとまだまだ根強い人気があるんでしょう。指原に敗れたままAKBを去るまゆゆは気の毒というほかありません。

 31779票で20位に入った須藤の結婚宣言は飯田圭織バスツアーを思い出しました。票入れた人に金返してやれよ。


<参照>
テレビ大菩薩峠 飯田圭織できちゃった婚
posted by リュウノスケ at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

日本高野連タイブレーク方式導入

 来春センバツで試合の早期決着を促すタイブレーク方式が導入されることが13日、濃厚となった。この日、日本高野連は大阪市内で技術・振興委員会を開き、来春センバツから同方式を導入する方向で意見がまとまった。竹中雅彦事務局長は「全国大会でのタイブレーク導入はやむを得ないという意見が大勢を占めた」と説明した。

 日本高野連は、5月に各都道府県連盟にタイブレークに関するアンケートを実施。47連盟のうち「おおむね賛成」が38連盟、「時期尚早」が2連盟、「回答なし」が7連盟だった。今春センバツで、春夏通じて初の1大会で2試合が延長15回引き分け再試合となったことを機に、議論の熱が高まっていた。

 WBCなどの国際大会に合わせて「無死一、二塁から」という状況で運用される可能性が高い。開始回については、過去5年の春夏甲子園や昨夏の全国地方大会を参考に「12回までに終了する試合が80%」とのデータが出たため、「13回」から採用する案が検討されている。

 今後は審判規則委員会などで議論され、11月の理事会で最終決定される見込み。都道府県の大会について全国大会と統一して実施するべきかに関しては、この日結論が出なかった。

 ◆タイブレーク 野球やソフトボールで試合の早期決着を目指し、延長戦で人為的に走者を置く特別ルール。社会人では都市対抗で03年から、全日本大学選手権は11年から、高校軟式は全国選手権で15年から採用。今年3月のWBCでは11回以降に実施。

 ◆延長13回以上の試合 高校野球全国大会通算5562試合(春2264試合、夏3298試合)のうち、延長13回以降に進んだのは123試合。全体の2・2%となり、97・8%は12回までに終わっている。最近10年(08〜17年)に限れば13回以上は760試合中10試合(1・3%)。(日刊スポーツ、2017.6.14)


 一野球ファンとしてよかったと思います。
posted by リュウノスケ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

新海誠編集者と不倫

 大ヒットアニメ映画「君の名は。」を手掛けた新海誠監督(44)が、30代前半の美人編集者と不倫交際していることが12日、分かった。時間や時空を超えた純愛を描いた同作で一躍注目を浴びた希代のヒットメーカーは、プライベートでは、妻以外の女性との恋をはぐくんでいた。

 複数の関係者によると、新海監督は昨年春ごろ、共通の知人を通じて、この美人編集者の女性と出会ったという。「君の名は。」が大ヒットした後の、昨秋ごろに交際に発展したようだ。女性は人なつこくてかわいらしいタイプの編集者。平日の仕事が終わった後などに、都内の飲食店や、女性の自宅などでデートを重ねており、2人で映画を見たり、別の業界関係者のパーティーにも同伴するなどしていたという。

 新海監督は02年、アニメ映画「ほしのこえ」で監督デビュー。07年には「秒速5センチメートル」でアジアパシフィック映画祭最優秀アニメ賞を受賞。私生活では妻子がおり、娘は子役として活躍している。


 「君の名は。」は、東京の男子高校生・瀧と、田舎の女子高生・三葉の心と体が入れ替わる話を軸に、彗星(すいせい)落下事故を絡めた切ない純愛ラブストーリー。中高生を中心に口コミで広がり、RADWIMPSの「前前前世」「なんでもないや」などの主題歌も大ヒット。社会現象となった。興行収入は249億円以上をマークし、邦画では、「千と千尋の神隠し」(01年、興収308億円)に次いで歴代2位のメガヒットとなった。来月26日には、ファン待望のブルーレイ&DVD発売を控えている。

 新海監督の所属事務所は、日刊スポーツの取材に対して「監督本人は、『仲がいい友人の1人ですが、深い関係ではありません』と話しています」と答え、不倫については否定した。

 ◆新海誠(しんかい・まこと)1973年(昭48)2月9日、長野県生まれ。中大卒業後、ゲーム会社に就職するも退社。02年「ほしのこえ」で監督デビュー、新世紀東京国際アニメフェア21(公募部門)で優秀賞。07年「秒速5センチメートル」でアジアパシフィック映画祭最優秀アニメ賞。16年「君の名は。」では日本アカデミー賞優秀監督賞など多数受賞。

 ◆君の名は。 東京に暮らす男子高校生・瀧(神木隆之介)と田舎の女子高生・三葉(上白石萌音)の心と体が入れ替わり、奇妙な体験を繰り返していくラブストーリー。物語の舞台やモデルとなった場所を訪れる「聖地巡礼」が社会現象化し、流行語大賞にもノミネートされた。日本アカデミー賞ではアニメーション作品初の最優秀脚本賞を受賞。興行収入は249億円で邦画歴代2位。(日刊スポーツ、2016.6.13)


 大ヒットアニメ映画「君の名は。」の新海誠監督(44)が13日、自身のツイッターを更新。この日朝、一部スポーツ紙で報じられた30代前半の美人編集者との不倫交際について「交際の事実は一切ありません」と完全否定した。その上で、女性と食事などをしたことは「誤解を招いてしまう行動でした」と今回の“騒動”を謝罪。プライベートに注目が集まった報道に驚きを隠さなかった。

 報道は、新海監督が昨年春頃、共通の知人を通じて女性と知り合い、昨秋頃に交際に発展したとしている。

 新海監督は「僕の交際関係を報じる記事が出たとのこと」と切り出し「記事中にある食事等は事実ですが、交際の事実は一切ありません」と完全否定。「お騒がせしてしまい、たいへん失礼いたしました」と“騒動”を謝罪した。

 一躍、時の人となっただけに、私生活に注目が集まった形。「僕のプライベートなどに関心をもっていただけるなんてと驚いています」と率直な心境を明かしながら、女性と食事などをしたことは「誤解を招いてしまう行動でした」と反省した。

 「僕の仕事は良い映画を作ることですので、今は新作制作に全力で向きあっているところです」と近況を明かし「重ねてお騒がせ、失礼いたしました」と再び謝った。

 新海監督には妻と娘がいる。2002年、アニメ映画「ほしのこえ」で監督デビュー。07年の「秒速5センチメートル」は単館上映ながら半年に及ぶロングラン。昨年8月公開の「君の名は。」は邦画歴代2位となる興行収入235億円のメガヒットを記録した。(スポニチ、2017.6.13)


 日刊スポーツのスクープ。新海監督は否定していますが、夏目三久妊娠報道と一緒で根拠もなくニッカンも書かないだろう。隔靴掻痒のプラトニック恋愛を散々描いておきながら自身はゲス不倫する態度を見てこの人の脚本がつまらないことに合点がいきました。


<参照>
ウィキペディア 新海誠
posted by リュウノスケ at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

℃‐ute解散

 ℃−uteが12日、さいたまスーパーアリーナで解散コンサートを行った。02年6月のハロー!プロジェクト加入から丸15年。05年6月の結成から丸12年。惜しまれながら活動にピリオドを打った。アンコールで、メンバー5人が涙ながらに最後のあいさつをした。全文は以下の通り。

 萩原舞 私は小学1年生からハロー!プロジェクトに入らせてもらって、つんく♂さんには最初、「つんく♂とか来て楽しかった」とか言っちゃって、すごい申し訳なかったんですけど、私を選んでくれてつんく♂さんには本当に感謝しています。今まで、すごいたくさん夢もかなったし、本当に℃−uteの萩原舞でしか経験できないことを、たくさん経験させていただきました。私は芸能界を引退してしまうんですけど、本当にたくさんの方に支えられて、舞ちゃん頑張ってね、って言ってくださったので、私もみなさんに甘えてばかりではいけないと思うので、自立して、そうですね、いつかまいまいかっこよくなったなって思ってもらえるように、頑張っていきたいと思います。℃−uteのメンバーのみんな、一緒に15年間ずっといてくれて、本当にどうもありがとう。ずーっと応援してくれているみなさんも、ちょっと応援してくれたみなさんもいたかと思うのですが、みなさんのこと本当に大好きです。萩原舞でした!

 岡井千聖 みなさん今日は来ていただいて本当にありがとうございます。本当に舞ちゃんも言ってたんですけど、つんく♂さんが私を選んでくれていなかったら、私は景色を見ることもなく、きっと所沢の航空公園でたむろって、友達と遊んでいたんだと思います。自分で自分に自信を持てずに、人に勇気とかを与えられていたらいいなって思うんですけど、私がすごくいつも皆さんにパワーをもらっちゃっていて。本当に皆さんに出会えてよかったと思います。15年間、悔しいこととかつらいこととかあったけど、やめたいなって思ったこともあったけど、私を応援してくれる人が1人でもいるのなら頑張ろうと思って、頑張ってくることができました。家族には生んでくれてありがとうって言いたいし、私はきっとお金持ちだったら、この仕事をもうちょっと早くやめていたかもしれないので、お父さん、これからも仕事一緒に頑張ろうね! 岡井千聖でした!

 鈴木愛理 小さい頃から自分の歌で人を笑顔にしていきたいっていうことがすごいずっと夢で、でも、アイドルになりたいって夢は最初はなかったんですけど、℃−uteってグループに入って、ライブをやることで、自分はすごくアイドルで青春の一部を、ほとんどを過ごすことができて、幸せだったなって思いました。℃−uteの鈴木愛理を認めて、応援してくださった本当にありがとうございました。私も、たくさんメンバーに甘えてばっかりだったけど、これからもチーム℃−uteのみんなと、メンバーの笑顔がずっと見られるように、1人で頑張っていきたいと思いますので、ずっと笑顔でいてください。本当に12年間ありがとうございました。鈴木愛理でした!

 中島早貴 12年間当たり前のようにこうやってライブができたのは、つんく♂さんと先輩の皆さんが作ってくださったハロープロジェクトっていう大きな存在があったからで、私たち℃−uteだけでは、本当にさいたまスーパーアリーナまでたどり着くことができなかったと思います。たくさんの温かく見守ってくださるスタッフさんと、家族と、メンバーと、ファンの皆さんがいて、本当に℃−uteの人生本当に楽しくてあっという間の12年間だったなと思います。つらいこととかもあったけど、楽しいことのほうがすごく多くて、こんな素敵な景色を見ることができて、℃−uteの人生に悔いがありません。本当に本当に、皆さん応援してくれてありがとうございました。中島早貴でした!

 矢島舞美 まず、なっきー(中島)、愛理、千聖、舞、今までずっと一緒に走ってくれくれて、本当にありがとう。そして、今ここにはいないけど、ここのどこかで見てくれている、(梅田)えりかと、(村上)愛と(有原)栞菜も、℃−uteがこうやって駆け抜けてきた12年間にはとても必要な存在で、私たちを強くしてくれたと思っています。本当にどうもありがとう。チーム℃−uteは、スタッフさんや、こんなにすてきな曲をたくさんくれたつんく♂さんや、家族、友達、いろんな温かい人に支えられて、こうして幸せな時間を過ごすことができました。おばあちゃんになっても、一生この時間は誇れる時間だと思っています。本当に12年間、℃−uteの応援をありがとうございました。チーム℃−uteが大好きです! 矢島舞美でした!(日刊スポーツ、2017.6.13)


 おつかれさまでした。


posted by リュウノスケ at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

第34回エプソムカップ(GIII)

馬単 I→@・A・J・L・N・P・Q=6300円
馬単 @・A・J・L・N・P・Q→I=6300円
前回までのトータル:−318万2040円
回収率:56.4%
posted by リュウノスケ at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第22回マーメイドステークス(GIII)

三連単 @・A・C・D・I・J→B・G→E・F=2400円
三連単 @・A・C・D・I・J→E・F→B・G=2400円
三連単 B・G→@・A・C・D・I・J→E・F=2400円
三連単 B・G→E・F→@・A・C・D・I・J=2400円
三連単 E・F→@・A・C・D・I・J→B・G=2400円
三連単 E・F→B・G→@・A・C・D・I・J=2400円
前回までのトータル:−318万2040円
回収率:56.4%
posted by リュウノスケ at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする