2017年07月25日

野良猫にかまれて人は死ぬのか?

 厚生労働省は二十四日、西日本の五十代女性が昨年、野良猫にかまれた後にマダニが媒介するウイルス感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」を発症し、死亡していたことが分かったと発表した。哺乳類から感染したとみられる世界初のケースとしている。

 今年に入ってペットのイヌやネコの発症も一例ずつ確認された。厚労省は、感染はまれで、屋内で飼っているネコにはリスクはないとしているが、屋外にいる体調不良のペットに接触する場合は注意するよう呼び掛けている。

 厚労省によると、昨年夏、女性が弱った野良猫を動物病院に連れて行こうとした際に手をかまれ発症、約十日後に死亡した。残っていた組織を検査したところ、今年初めにSFTSと確定した。

 厚労省は体調不良の動物と接する際には、手袋などの感染予防措置を講じるよう、日本獣医師会などに通知。ネコの飼い主には、ダニ駆除剤を投与したり、体調不良の際に動物病院に受診したりすることを勧めている。

 <重症熱性血小板減少症候群(SFTS)> SFTSウイルスによる感染症で主にマダニにかまれてうつる。6日から2週間ほどの潜伏期間を経て、発熱や全身のだるさ、吐き気などの症状がでる。重症化し死亡することもあり、致死率は6〜30%とされる。国内ではこれまで、西日本を中心に266人の患者が報告された。死亡例は全て50代以上で、高齢者が重症化しやすいと考えられている。(東京新聞、2017.7.25)
posted by リュウノスケ at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関西学院大女子学生元カレ襲撃事件

 元交際相手の男子大学生を包丁で刺すなどし、殺害しようとしたとして、兵庫県警西宮署は23日、殺人未遂容疑で、関西学院大2年の女(20)=兵庫県西宮市=を現行犯逮捕した。「間違いない」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は23日午後0時50分ごろ、女のマンションの部屋で寝ていた元交際相手の関西学院大3年の男子学生(21)の頭を金づちで数回殴り、背中を包丁(刃渡り約20センチ)で数回刺して殺害しようとしたとしている。男子学生は背中に刺し傷、頭に切り傷を負うなどしたが、命に別条はないという。

 同署によると、男子学生は部屋から脱出し、下の階の住人に助けを求め、住人が110番した。女は「恋愛感情のもつれからやった」と供述しており、同署が詳しい経緯を調べる。(産経新聞、2017.7.23)


 兵庫・西宮市に住む大学生の女が、交際していた男性の頭を金づちで殴り、背中を包丁で刺し、殺害しようとして、現行犯逮捕された。

 23日午後1時ごろ、兵庫・西宮市田代町のマンションの住人から、「4階で男性が刺されている」と警察に通報があった。

 警察が現場に駆けつけると、関西学院大学3年生の男性(21)が、頭を金づちで殴られ、背中を包丁で刺されたほか、スタンガンでも襲われていて、病院に運ばれたが、命に別条はない。

 警察は、返り血を浴びた状態で現場にいた、関西学院大学2年生のN容疑者(20)を現行犯逮捕した。

 警察の調べによると、凶器はいずれも現場にあったもので、N容疑者と男性は、数日前まで交際していた。

 調べに対して、N容疑者は「復縁を迫ったら断られたため、犯行に及んだ」と供述している。(関西テレビ、2017.7.24、元の記事は実名)


 ブルゾンちえみじゃないけど男は他にもいますけどね。こんなことで逮捕されたら親が泣くぞ。
posted by リュウノスケ at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

山口俊暴行傷害事件

 巨人山口俊投手(30)が18日、中日戦(ナゴヤドーム)の予告先発を回避した。

 球団によると11日に都内の飲食店で友人と飲酒し、酔った状態で右手甲を負傷。都内の病院を訪れた際に扉を壊したり、男性警備員を負傷させたトラブルを起こしたという疑いが生じたため、球団が当面の起用を自粛することを決めた。この日、球団側が事態を把握し、中日にも説明し、高木勇への先発変更を伝えた。不明な点が多いとし、調査を進めているという。

 FA移籍した今季はキャンプ前の右肩痛の影響で出遅れ、6月に1軍昇格。ここまで4試合で1勝1敗、防御率6・43だった。(日刊スポーツ、2017.7.18)


 巨人の山口俊投手(30)が、予告先発投手として登板予定だった18日の中日戦(ナゴヤD)の先発を回避した。

 球団によると、山口俊は11日未明、都内の飲食店で友人と飲酒。その際に誤って右手甲を負傷したという。そのまま都内の病院に行ったが、院内の扉を破壊したほか、警備員を負傷させるなどトラブルの疑いが生じ、球団が当面の起用を自粛することを決めた。

 山口俊に代わり、高木勇人投手(28)が先発する。この日、球団が事実を把握、不明な点もあることから調査を進めていくという。

 山口俊は昨オフにFA宣言し、DeNAから巨人へ移籍。右肩違和感の影響で2月の春季キャンプから3軍調整が続いていたが、6月14日のソフトバンク戦(東京D)で移籍後初登板、6回を無安打無失点に抑えて今季初勝利を挙げた。ここまで4試合に登板、1勝1敗、防御率6・43。 (スポニチ、2017.7.18)


 巨人は18日、この日の中日14回戦(ナゴヤドーム)で予告先発投手として登板予定だった山口俊投手(30)の起用を自粛すると発表した。先発は高木勇人投手(28)に変更された。

 球団によると、山口俊は11日未明、東京都内の飲食店で酒を飲み、あやまって右手を負傷。都内の病院で診察を受けた際、院内の扉を壊したり、男性警備員を負傷させたりするトラブルを起こしていた疑いが生じたという。

 球団は18日に事態を把握し、起用の自粛を決定。事実関係に不明な点が多いとして本人への聞き取りも含め、引き続き調査を行うとしている。(サンスポ、2017.7.18)


 DeNAからFA移籍した巨人・山口俊が古巣の打線に打ち込まれてKOとなった。

 初回、マウンドへ向かう山口俊は、左翼席のDeNAファンから大きなブーイングを浴びて苦笑い。異様な雰囲気で試合が始まった。

 初回こそ3人で無難に抑えた山口だが、二回は先頭打者・ロペスに左翼席へ先制ソロを浴びると、さらに2死一、二塁から倉本に左越えの2点二塁打を打たれ、この回3失点。

 三回は無死一塁で筒香に初球の甘く入ったフォークを捉えられ、右中間席中段へ運ばれる特大の2ランを被弾。四回にも1点を奪われ、4回9安打6失点で降板。3連敗中のチームの窮状を救うべく期待されたが、好調なDeNA打線の前に沈んだ。(デイリースポーツ、2017.7.2)


 横浜ファンとしては残念なニュース。今月2日の対横浜戦でブーイングされた上に4回6失点と打ち込まれたストレスもあったんでしょうが、酔っぱらって利き腕の右手を怪我すること自体プロ野球選手失格なのに病院の扉を壊して警備員に怪我させるなど言語道断です。被害者と示談が成立しなかったら逮捕されるかもしれません。


<参照>
日刊ゲンダイ 巨人山口俊 “酔余の蛮行”衝撃の一部始終と事件4日後の酒
東京スポーツ 巨人・山口俊 病院側の被害届受理され警察が捜査中
ウィキペディア 山口俊
日刊スポーツ 巨人 対 DeNA 【試合終了】 巨人6勝6敗0分け ◇公式戦◇開始14時02分◇東京ドーム◇観衆44408人 2017年07月02日17時41分02秒更新
posted by リュウノスケ at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

岡山元同僚殺人事件 その4

 法務省は13日、兵庫、島根、京都の各府県でスナック経営者の女性4人を殺害するなどしたとして強盗殺人罪などに問われた西川正勝死刑囚(61)=大阪拘置所=ら2人の死刑を執行したと発表した。死刑執行は昨年11月以来。関係者によると、西川死刑囚は再審請求中だった。請求中の執行は異例。

 金田勝年法相は同日午後、記者会見し、「いずれも身勝手な理由で人命を奪った極めて残忍な事案。慎重な検討の上で執行を命じた」と説明。西川死刑囚が再審請求中かどうかには答えず、一般論として「再審請求中だから執行しないという考えはとっていない」とした。

 ほかに執行されたのは、岡山市で元同僚の女性派遣社員を殺害したとして強盗殺人罪などに問われた住田紘一死刑囚(34)=広島拘置所。

 第2次安倍政権下での死刑執行は計19人、金田法相の就任後は計3人となった。13日時点の未執行の確定死刑囚は、再審開始決定を受けて釈放されている袴田巌さん(81)を除き124人となった。

 確定判決によると、西川死刑囚は1991年12月〜92年1月、兵庫県姫路市や松江市、京都市のスナック4店舗で、当時45〜55歳の女性経営者4人の首を絞めたり、刃物で刺したりして殺害し、店の売上金を奪うなどした。2005年に最高裁で死刑が確定した。

 住田死刑囚は11年9月、岡山市の勤務先の倉庫で、同僚だった派遣社員の女性(当時27)から現金やバッグを奪い、性的暴行を加えてナイフで殺害、遺体を切断して大阪市内に遺棄した。

 一審・岡山地裁の死刑判決に対して住田死刑囚はいったん控訴したが、その後取り下げ、確定した。(日本経済新聞、2017.7.13)


 13日に死刑が執行された住田紘一死刑囚(34)は、控訴を取り下げ、一審の死刑判決が確定した後に「被害者の命を奪ってしまったのに自分は生きているという罪悪感があります」との思いを遺族側に伝えていた。

 平成25年2月の岡山地裁の裁判員裁判初公判で「間違いありません」と起訴内容を認めたが、謝罪の意思はないと主張。殺害された加藤みささん=当時(27)=の父親は証人尋問で「娘と同じように苦しんでほしい。最低でも死刑にして」と訴えた。

 しかし、3回目の公判で住田死刑囚は「謝らせてください」と涙を流して頭を下げ、「加藤さんと遺族のために死刑になるしかないと思っていた」と、意図的に裁判員の心証を悪くしようとしていたと説明。だが、裁判員らは死刑判決後の記者会見で「残虐で酌量の余地はない」「心に響く言葉がなかった」と語っていた。

 住田死刑囚は25年3月28日、控訴取り下げの申立書を岡山刑務所長に提出。翌29日に接見した弁護人を通じ、遺族側に「今後はみささんに対して思いをはせ、自分にできる供養をしていきたいと思います」と伝えた。

 これに対し父親は「やっと反省する気になったのかと思う」と語る一方、「娘は帰ってこないという苦しい思いがある」と心境を明かしていた。(産経新聞、2017.7.13)
posted by リュウノスケ at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パチンコ出玉規制強化

 警察庁は、パチンコの標準的な遊技時間(4時間)に客が得られるもうけの上限について、現行の十数万円から5万円を下回るよう出玉規制を強化する方針を固めた。スロットなどについても同水準に規制を強化する。もうけの上限を引き下げることで、負けた分を一度に取り戻そうとのめり込むリスクを減らすのが狙い。11日に風営法施行規則などの一部改正案を公表し、一般から意見を募る。

 カジノ解禁を柱とする統合型リゾート(IR)推進法が昨年12月に成立したのを受け、政府のギャンブル依存症対策の一環として実施する。

 警察庁によると、パチンコ依存問題の相談機関「リカバリーサポート・ネットワーク」に相談した人の約7割が、1カ月当たり5万円以上の損失を出していた。

 改正案では、遊技時間4時間でパチンコ玉の獲得総数が発射総数の1.5倍に満たないものとする新基準を設けた。現行の3分の2程度に規制を強化し、大当たりの出玉の上限も現行の2400個(9600円相当)から1500個(6000円相当)に引き下げる。

 パチンコ店の店長など管理者については、依存問題に関する従業員への指導・教育や客への情報提供などを、施行規則で定める業務に追加するなど規則の一部改正も行う。(時事通信、2017.7.10)
posted by リュウノスケ at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする