2017年05月23日

宮崎駿引退撤回

 宮崎駿監督(76)が新しい長編アニメ映画を制作すると、スタジオジブリが19日に公式ホームページで公表した。テーマは明かしていないが、「宮崎監督は『引退撤回』を決断し、長編アニメーション映画の制作を決めました。作るに値する題材を見出(みいだ)したからにほかなりません」としている。

 宮崎監督は「千と千尋の神隠し」「ハウルの動く城」などを手がけ、2013年9月、「風立ちぬ」を最後に長編アニメ制作から引退すると発表していた。

 今年2月には、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーがイベントで宮崎監督が長編を制作中だと表明。ホームページには、「年齢的には、今度こそ、本当に最後の監督作品になるでしょう」とも記した。

 制作に向け、動画や背景美術の契約スタッフの募集も始めた。期間は3年間としている。

 また、宮崎監督が制作していた三鷹の森ジブリ美術館(東京都)で上映する短編映画「毛虫のボロ」も完成したと明らかにした。(朝日新聞、2.17.5.19)


 下記記事のように旧ジブリスタッフの多くは米林宏昌監督のスタジオ・ポノックに移籍しており、宮崎御大が再びやる気になったところで「いざ鎌倉」になるかといえば大人の事情で難しいところ。もちろん新人を募集すれば日本中から才能のある若い人が集まるとは思いますが、以前のようなペースで製作するのは不可能。御大が死ぬまでに完成するでしょうか。





<参照>
ZAKZAK 宮崎駿監督「引退撤回」、新作3年で完成に高すぎるハードル すでに200人近いアニメーター解雇
posted by リュウノスケ at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする