2020年10月26日

TBS『ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう 夢を追う親子の壮絶人生ドキュメント2020 』について

 東京都内のホテルで26日開かれたプロ野球ドラフト(新人選択)会議で、最も注目を集めた早川隆久投手(早大)と佐藤輝明内野手(近大)にそれぞれ4球団が1位で競合し、くじ引きで早川の交渉権は楽天、佐藤の交渉権は阪神が獲得した。

 早川の抽選を外したヤクルトとロッテは2度目の入札でも鈴木昭汰投手(法大)で重複し、ロッテがくじを引き当てた。西武は渡部健人内野手(桐蔭横浜大)、ヤクルトは3度目で木沢尚文投手(慶大)を指名。佐藤を外したオリックスは山下舜平大投手(福岡大大濠高)、ソフトバンクは井上朋也内野手(埼玉・花咲徳栄高)、巨人は平内龍太投手(亜大)の交渉権を得た。

 日本ハムは伊藤大海投手(苫小牧駒大)、広島は栗林良吏投手(トヨタ自動車)、DeNAは入江大生投手(明大)、中日は高橋宏斗投手(愛知・中京大中京高)を1位指名し、重複しなかった。(時事通信、2020.10.26)


 仙台大コンビはオリックスの育成指名に表情を曇らせた。最速152キロ右腕の宇田川優希投手(4年=八潮南)は同3位、主将の佐野如一(ゆきかず)外野手(4年=霞ケ浦)は同5位指名も、森本吉謙監督(46)との話し合いで育成なら入団拒否の意向を全球団に伝えていた。宮城・柴田町の同大キャンパスで午後8時過ぎから始まった記者会見では、ともに戸惑いの表情は隠せなかった。

 宇田川は「支配下で行きたかった。育成という形で終わってしまって悔しい気持ちが強い」。佐野も「名前を呼んでもらってうれしいけど、支配下で指名されたかった」と悔しさをにじませた。入団交渉は難航も予想され、ともに「社会人でやるか、監督さんと話し合って決めたい」と最後まで笑顔はなかった。(日刊スポーツ、2020.10.26)


 早川(早大)と佐藤輝明(近大)に4球団重複してそれぞれ楽天、阪神が交渉権を獲得しました。おめでとうございます。

 注目選手で気になったのはオリックス育成3位の宇田川(仙台大)。間違いなく上位指名されると思っていたので育成まで残っていたのは想定外。支配下縛り無視の強行指名に本人も困惑しており入団拒否するかもしれません。東海大コンビの山崎は巨人が2位で救済した一方で小郷は無念の指名漏れ。宇田川も小郷も好投手なんですけどね。

 我が横浜は恒例の一本釣り路線で入江(明大)。木澤(慶大)より制球がよく、森(日体大)より体が大きいので入江という選択なのでしょう。いい指名だと思います。

 今年のドラフトは1位候補で名前が出ていた牧(中大)を2位で獲れたのがとにかく大きい。1位クラスが2人確保できたのでそれだけで大成功といえまず。3位以下は松本(横浜)、小深田(履正社)、池谷(ヤマハ)、高田(静岡商)、育成で石川(法大)、加藤(横浜隼人)。

 さて、『ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう 夢を追う親子の壮絶人生ドキュメント』。陸上で中学日本一になったにも関わらず、亡くなった母親との約束を守って野球を選んだ五十幡のエピソードが印象的でした。上位指名されてよかったと思います。

五十幡亮汰(中大) 日ハム2位
伊藤大海(苫小牧駒大) 日ハム1位
川瀬堅斗(大分商) オリックス育成1位
(放送順)


 <プロ野球ドラフト会議>◇26日
 ドラフト会議が行われ育成49人を含め計123人が指名を受けた。一方でBC埼玉の田沢純一投手、早大の2メートル左腕、今西拓弥投手(4年=広陵)らが指名を受けなかった。

 主な指名漏れ選手は以下の通り。

【高校】
白樺学園・片山楽生投手
ノースアジア大明桜・橘高康太投手
国学院栃木・シャピロマシュー一郎投手
青藍泰斗・石川慧亮内野手
埼玉栄・内田了介投手
成田・古谷将也捕手
横浜・度会隆輝内野手
東海大相模・鵜沼魁斗外野手
瀬田工・小辻鷹仁投手
龍谷大平安・奥村真大内野手
履正社・関本勇輔捕手
大阪桐蔭・西野力矢内野手
おかやま山陽・漁府輝羽外野手
広島商・寺本聖一外野手

【大学】
早大・今西拓弥投手
慶大・瀬戸西純内野手
法大・村田雄大外野手
立大・中崎響介投手
駒大・竹本祐瑛投手
国学院大・上出拓真投手
東海大・小郷賢人投手
関大・高野脩汰投手
立命大・有村大誠投手
大阪学院大・打田雷樹投手

【社会人】
BC埼玉・田沢純一投手
TDK・小木田敦也投手
ホンダ・小野大夏投手
セガサミー・森井絃斗投手
JR東日本・西田光汰投手
ホンダ鈴鹿・森田駿哉投手
ホンダ鈴鹿・松本竜也投手
NTT西日本・大江克哉投手
BC新潟・前川哲投手
JFE東日本・平山快内野手
NTT東日本・向山基生外野手
(日刊スポーツ、2020.10.26)


 <拒否せず オリックス育成指名の仙台大コンビ入団へ>
 入団拒否の可能性もあった育成ドラフト指名の仙台大コンビが、プロ入りに向けて動き始めた。オリックスから育成ドラフトで3位指名を受けた宇田川優希投手(21=八潮南)、同5位指名の佐野如一(ゆきかず)外野手(22=霞ケ浦)が9日、宮城県柴田町の同大キャンパスで牧田勝吾編成副部長と佐藤真一スカウトから指名あいさつを受けた。

 指名あいさつは和やかなムードのまま、約15分で終了。最速152キロ右腕の宇田川は「悔しい思いもあったけど、早くプロに入って活躍したい」と入団の意向を明かした。佐野も「力強いフルスイングをアピールして、支配下を目指したい」と話した。

 2人はドラフト前から育成指名なら入団拒否の意向を全球団に伝えており、指名を受けた26日の会見では「育成という形で終わってしまって悔しい気持ちが強い」(宇田川)、「支配下で指名されたかった」(佐野)とともに戸惑いの表情を隠さなかった。(日刊スポーツ、2010.11.9)
posted by リュウノスケ at 22:36| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月12日

第80回桜花賞(GI)

馬単 L→P=12000円
前回までのトータル:−374万1540円
回収率:60.8%
posted by リュウノスケ at 15:16| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月26日

TBS『ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう 夢を追う親子の壮絶人生ドキュメント 2018 』について

 プロ野球ドラフト会議は25日、東京都内で開催され、今年の甲子園を春夏連覇した大阪桐蔭高の根尾昂内野手に中日、日本ハム、巨人、ヤクルトの4球団が1位指名で競合し、抽選の末に中日が交渉権を獲得した。

 兵庫・報徳学園高の小園海斗内野手にも4球団の1位指名が重複し、広島が交渉権を獲得。大阪桐蔭高の藤原恭大外野手は3球団が1位で競合し、ロッテが交渉権を引き当てた。西武は日体大の松本航投手を単独で1位指名した。

 くじを外した球団による再入札で、日本ハムが今夏の甲子園で準優勝した秋田・金足農高の吉田輝星投手の交渉権を単独で獲得。立命大の辰己涼介外野手には再び4球団が競合し、楽天が引き当てた。東洋大の上茶谷大河投手はDeNAに交渉権。オリックスは奈良・天理高の太田椋内野手を指名した。

 阪神は大阪ガスの近本光司外野手、巨人は八戸学院大の高橋優貴投手、ソフトバンクは東洋大の甲斐野央投手、ヤクルトは国学院大の清水昇投手を1位指名した。(時事通信、2018.10.25)


 <プロ野球ドラフト会議>◇25日

 プロ野球のドラフト会議が行われ育成枠を含め計104選手が指名を受けた。3度目のドラフトで指名を待った独立リーグ徳島・谷田成吾外野手(25=慶大、JX−ENEOS)、社会人のホンダ鈴鹿・平尾奎太投手、日本生命・高橋拓巳投手、大学生では明大・逢沢峻介外野手、名城大・栗林良吏投手、高校生では明秀学園日立・細川拓哉投手らが指名されなかった。主な指名漏れ選手は以下の通り。

【高校生】
埼玉栄・米倉貫太投手
明秀学園日立・細川拓哉投手
藤嶺藤沢・矢沢宏太投手
下関国際・鶴田克樹投手

【大学生】
国際武道大・伊藤将司投手
明大・逢沢峻介外野手
法大・菅野秀哉投手
法大・向山基生外野手
日大・長沢吉貴外野手
中大・吉田叡生外野手
駒大・白銀滉大投手
東海大・平山快内野手
静岡産大・鈴木彩隼投手
名城大・栗林良吏投手
関大・山本隆広投手
立命大・山上大輔投手
奈良学園大・米満凪内野手
九産大・岩城駿也内野手

【社会人】
東芝・岡野祐一郎投手
東京ガス・臼井浩投手
東京ガス・笹川晃平外野手
ホンダ鈴鹿・平尾奎太投手
ホンダ鈴鹿・松本桃太郎内野手
日本生命・高橋拓巳投手
独立リーグ徳島・谷田成吾外野手
(日刊スポーツ、2018.10.25)


 目玉の根尾(大阪桐蔭)と小園(報徳学園)に4球団、藤原(大阪桐蔭)に3球団重複してそれぞれ中日、広島、ロッテが交渉権を獲得しました。おめでとうございます。

 我が横浜は予想に反して小園を指名したものの高田GMがクジを外して上茶谷(東洋大)。2位以下は伊藤(立正大)、大貫(新日鉄住金鹿島)、勝又(日大鶴ヶ丘)、益子(青藍泰斗)、知野(BC新潟)、育成で宮城(滋賀学園)。バランスの取れた堅実な指名だと思います。

 さて、『ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう 夢を追う親子の壮絶人生ドキュメント』。4歳のとき両親が離婚・入学したPL野球部が不祥事で対外試合禁止(中川)、高卒即プロ入りを心配した父親と衝突(吉田)、IgA腎症という難病(平尾)、祖父が渡辺元智監督(渡辺)、母親が今年亡くなる(田中)。

 今年の番組は田中選手が全て。社会人野球でもがんばってください。


中川圭太(東洋大) 楽天7位
吉田輝星(金足農) 日本ハム1位
平尾奎太(ホンダ鈴鹿) 指名なし
渡辺佳明(明大) 楽天6位
田中秀政(天理大学) 指名なし
(放送順)


<参照>
日刊スポーツ ドラフト会議2018
posted by リュウノスケ at 01:29| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月08日

日高六郎逝去

 ベトナム反戦運動などに取り組んだ社会学者の日高六郎(ひだか・ろくろう)氏が7日午前5時31分、老衰のため京都市左京区の高齢者施設で死去した。101歳だった。故人の遺志により葬儀などは行わない。

 中国・青島市生まれ。東京帝国大文学部社会学科卒。東京大文学部助手などを経て、1949年東京大新聞研究所助教授、60年から教授。69年に退官し、76年から89年まで京都精華大教授を務めた。

 ベトナム反戦、水俣病などの市民運動に積極的に関わり、戦後民主主義の代表的な論客とされる。著書に「人間の復権と解放」「戦後思想を考える」など。訳書にフロム「自由からの逃走」がある。(時事通信、2018.6.7)


 七日亡くなった社会学者の日高六郎さんは、「行動する学者」だった。ベトナム戦争に反対する運動団体「ベトナムに平和を!市民連合」(ベ平連)では、作家の小田実さんや評論家の鶴見俊輔さんらとともに活動の中心を担った。

 「東大教授という立場にもかかわらず、ベ平連に正面から入って権力と闘った。人生を通して戦後民主主義を体現した人」と、ベ平連でともに活動した評論家の小中陽太郎さん(83)。

 印象に残るのは、脱走した米兵四人をかくまった一九六七年の出来事だ。四人は横須賀に停泊中の米空母から反戦を理由に脱走し、ベ平連の支援を求めた。ベ平連は、記者会見を開いて映像で反戦米兵の声を紹介しようと、NHK出身の小中さんに演出を任せた。

 日高さんは、小田さんや鶴見さんとともに、カメラの前で反戦を訴えた。「小田さんのぶっきらぼうな話し方とは全然違う、とてもうまい演説でした」。それまでベ平連との関わりは薄かった日高さんも、自宅に米兵を泊めるなど熱心に協力したという。「インテリであり、行動を大切にする冒険家でした」

 ベ平連は、市民や学生が立場を超えて団結した運動だったと評価される。十代後半でベ平連に参加したノンフィクション作家の吉岡忍さん(69)は「集まった人たちが排除し合わなかったのは日高さんがいたからこそ」と話す。「調整役として精力的に走り回り、見ていてすごいなあと思うほどでしたよ」

 吉岡さんは数年前、京都で日高さんに会った。安保法制や憲法改正への懸念を語り、若い世代の政治への無関心を「大丈夫かな」と心配していたという。

 「日高さんが追究したのは、『生活に根差した社会学』でした。身近なことと社会のことを同列にして率直に語り合える場があってこそ、市民社会は成り立つと考えていたんです」(東京新聞、2018.6.8)


 ご冥福をお祈りします。


<参照>
ウィキペディア 日高六郎
posted by リュウノスケ at 21:41| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

『 TVチャンピオン 極〜KIWAMI〜』について

TVチャンピオン 極〜KIWAMI〜

放送日
4月14日(土)午前10時30分
カニむき王決定戦

競技内容
・カニ足早むき勝負
・1メートル!巨大高足ガニむきむき勝負

番組概要
あの伝説のヒット番組が帰ってきた!
次の時代を切り開く様々な特技を持った人間たちが、チャンピオンを目指し
真剣に競い合う視聴者参加型番組!

魅力あふれる様々な競技!くだらないことやスゴイことを全力で競い合います。
参加するのは有名タレントではなく、一般の皆さん。ただしその道に長けた職人さんや達人、超人たち。
かつてのTVチャンピオンで繰り広げられた名勝負を超える伝説の戦いが今始まります!

放送局
BSジャパン 4月8日(日)夜9時スタート
テレビ東京系列
(テレビ東京公式HP)


 テレ東ファンならば見なければならない番組といえます。予算をかけた初回は職人たちが「ただひたすらカニをむく」という他局の追随を許さない良企画。1回だけ対戦相手がむいたカニを食べてもよいというルールは今年一番笑いました。みっちゃんの下ネタもよかった。


<参照>
ウィキペディア TVチャンピオン極 〜KIWAMI〜
posted by リュウノスケ at 22:34| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする