2007年11月17日

「パンフレットは嘘だった」アリコ誤表示で業務改善命令

 金融庁は16日、外資系大手生命保険会社、アリコジャパンが医療保険などの勧誘用パンフレットに誤った表示を多く記載した上、契約者にも不適切な対応を重ねたなどとして、同社に業務改善命令を出した。パンフの誤表示は契約者の不利益につながるため、同庁は保険会社各社や業界団体にパンフの作製・審査体制の確認を要請した。

 同庁によると、アリコは医療保険「まもりたい」のパンフで、本来は保障対象にならないけがも保障すると誤記載。このパンフを見て契約した契約者には、後から「けがは給付金支払いの対象外」との確認書を出させ、損害賠償を請求させないようにした。

 ほかにも、同社は過去5年間に23商品のパンフで誤表示。2万8353件の契約が結ばれ、うち2万6588件は虚偽説明などの法令違反と認定された。また、新聞広告にも契約者を誤認させるような記載をしていた。

 経営陣は誤表示の社内報告を受けていたが、法令違反の認識がなく、抜本的な再発防止策を取らずに誤表示を繰り返した上、金融庁にも届け出ていなかった。同庁は「内部管理体制が整備されておらず、法令順守意識も低かった」(幹部)と判断。顧客保護体制の構築などを盛り込んだ改善計画書を12月17日までに提出するよう命じた。(毎日新聞)


 金融庁は16日、外資系生命保険大手のアリコジャパン(東京都千代田区)に対して業務改善命令を出したと発表した。疾病保険のパンフレットで多数の誤表示がみつかったため。

 同社の経営陣は、これら誤表示の報告を現場から受けていたが法令違反と認識せず、パンフレットの適切さをチェックする体制の構築など抜本的な改善策を講じていなかったことを重く見た。

 アリコの法令違反を受けて金融庁は、他の保険会社に対し、「パンフレットは顧客が保険に加入するか否かを判断するための極めて重要な資料」として、保険契約募集用の資料について審査体制を構築し、分かりやすく適切な表示を確保するよう要請した。

 アリコは10月19日、公正取引委員会から景品表示法違反(優良誤認表示)で排除命令を受けた。医療保険の「元気によくばり保険」の広告で、初期のがんと診断されただけで一時金が支払われるよう誤解させる表示を行ったため。約款では、治療のため入院して手術を受けなければ一時金が支払われない規定だった。

 金融庁は、公取の命令を受けて、アリコに対して法令に基づいて過去5年間のパンフレットを調査したところ、23の保険商品について31件の誤表示がみつかり、本来、保障対象にならない「加入前のけがの再発」や「高度障害保険金」などを保障対象として表示したものや、制限年齢や給付金額の誤りがみつかった。実際に加入前のけがで入院した契約者からの請求に対して、契約を取り消した事例もあった。

 特に金融庁は、アリコの経営陣がこれらの誤表示を現場の問題と認識して重大な経営の問題と判断していなかったことを重く見た。業務改善命令では、保険募集の作成・審査体制の構築、法令順守体制の構築、役職員の責任の明確化などを明記した業務改善計画を12月17日までに提出するよう求めた。

 生保が商品の不当表示で業務改善命令を受けるのは、2003年の日本生命保険に次いで2例目。(ロイター)


 「2万8353件の契約が結ばれ、うち2万6588件は虚偽説明」ということは契約者の約93.8%が騙されたことになるアリコの保険。サラ金や人材派遣同様過剰な量のCMを流している保険業界は直感的に信用ならないんですが、はやりインチキだったか。

 日本の保険会社も契約者に対し極力説明を避けて保険金の請求をさせないように仕向けていたことが問題になりました。アリコにしろ日本の保険会社にしろCMであれだけ善意のイメージを振り撒いておいて実際は金儲けしか考えていないとは呆れますが、よくよく考えれば営利企業の経済行為が善意なわけありませんね。

 実際入ってみると保険金が支払われないといったことはよく聞きます。有名人が親身になってくれているようなCMを信じて安易に契約すると後でトラブルになるかもしれません。注意が必要です。


アリコ妥協なき改革―トリプルAカンパニーとコンサルティングファームの戦いアリコ妥協なき改革―トリプルAカンパニーとコンサルティングファームの戦い
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] アリコ妥協なき改革―トリプルAカンパニーとコンサルティングファームの戦い
[著者] 吉田 清
[種類] 単行本
[発売日]..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by リュウノスケ at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック