2007年11月01日

落合監督8回までパーフェクトの山井を代える

 プロ野球日本シリーズ第5戦は1日、ナゴヤドームで行われ、中日が1−0で日本ハムを下して通算成績を4勝1敗とし、1954年以来、53年ぶり2度目の日本一に輝いた。落合博満監督(53)は3度目の出場で初のシリーズ制覇。

 セ・リーグ2位の中日は、今季から導入されたクライマックスシリーズを勝ち上がっての頂点。58回の歴史の中で、初めてリーグ優勝チーム以外が日本一になった。

 中日は二回無死二、三塁から平田の右犠飛で先制。今シリーズ初登板のプロ6年目、山井は八回まで一人の走者も許さずに降板。九回は岩瀬が救援して、1点を守りきった。日本ハムはシリーズ史上初めて無安打に終わった。

 中日は日本、韓国、台湾の各プロリーグ優勝チームと中国選抜チームによる「KONAMI CUP アジアシリーズ2007」(8日開幕、東京ドーム)に日本代表として出場する。(産経新聞)


 中日ファンの方日本一おめでとうございます。しかし、なにを考えてるんでしょうか落合は。今日勝てば優勝の中日は8回までパーフェクトの山井に代えてまさかの岩瀬。どうしても日本シリーズに勝ちたいのは分りますし実際勝ったんですが、これはないでしょう。

 日本シリーズでの完全試合はもちろん史上初。プロ野球ファンなら誰しも思うようにここは山井が打たれるまで投げさせて欲しかった。落合は名将かもしれませんが、山井交代は甲子園での松井秀喜5打席連続敬遠と並ぶような後味の悪さ。高校野球と違ってプロなんだからみんなが望む「奇跡」を見せるべきだったと思います。

 視聴率低迷のために地上波のプロ野球中継が年々減っているわけですが、それを象徴するというかとどめを刺すような今回の事件。本当につまらない采配でした。
posted by リュウノスケ at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック