2020年10月26日

TBS『ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう 夢を追う親子の壮絶人生ドキュメント2020 』について

 東京都内のホテルで26日開かれたプロ野球ドラフト(新人選択)会議で、最も注目を集めた早川隆久投手(早大)と佐藤輝明内野手(近大)にそれぞれ4球団が1位で競合し、くじ引きで早川の交渉権は楽天、佐藤の交渉権は阪神が獲得した。

 早川の抽選を外したヤクルトとロッテは2度目の入札でも鈴木昭汰投手(法大)で重複し、ロッテがくじを引き当てた。西武は渡部健人内野手(桐蔭横浜大)、ヤクルトは3度目で木沢尚文投手(慶大)を指名。佐藤を外したオリックスは山下舜平大投手(福岡大大濠高)、ソフトバンクは井上朋也内野手(埼玉・花咲徳栄高)、巨人は平内龍太投手(亜大)の交渉権を得た。

 日本ハムは伊藤大海投手(苫小牧駒大)、広島は栗林良吏投手(トヨタ自動車)、DeNAは入江大生投手(明大)、中日は高橋宏斗投手(愛知・中京大中京高)を1位指名し、重複しなかった。(時事通信、2020.10.26)


 仙台大コンビはオリックスの育成指名に表情を曇らせた。最速152キロ右腕の宇田川優希投手(4年=八潮南)は同3位、主将の佐野如一(ゆきかず)外野手(4年=霞ケ浦)は同5位指名も、森本吉謙監督(46)との話し合いで育成なら入団拒否の意向を全球団に伝えていた。宮城・柴田町の同大キャンパスで午後8時過ぎから始まった記者会見では、ともに戸惑いの表情は隠せなかった。

 宇田川は「支配下で行きたかった。育成という形で終わってしまって悔しい気持ちが強い」。佐野も「名前を呼んでもらってうれしいけど、支配下で指名されたかった」と悔しさをにじませた。入団交渉は難航も予想され、ともに「社会人でやるか、監督さんと話し合って決めたい」と最後まで笑顔はなかった。(日刊スポーツ、2020.10.26)


 早川(早大)と佐藤輝明(近大)に4球団重複してそれぞれ楽天、阪神が交渉権を獲得しました。おめでとうございます。

 注目選手で気になったのはオリックス育成3位の宇田川(仙台大)。間違いなく上位指名されると思っていたので育成まで残っていたのは想定外。支配下縛り無視の強行指名に本人も困惑しており入団拒否するかもしれません。東海大コンビの山崎は巨人が2位で救済した一方で小郷は無念の指名漏れ。宇田川も小郷も好投手なんですけどね。

 我が横浜は恒例の一本釣り路線で入江(明大)。木澤(慶大)より制球がよく、森(日体大)より体が大きいので入江という選択なのでしょう。いい指名だと思います。

 今年のドラフトは1位候補で名前が出ていた牧(中大)を2位で獲れたのがとにかく大きい。1位クラスが2人確保できたのでそれだけで大成功といえまず。3位以下は松本(横浜)、小深田(履正社)、池谷(ヤマハ)、高田(静岡商)、育成で石川(法大)、加藤(横浜隼人)。

 さて、『ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう 夢を追う親子の壮絶人生ドキュメント』。陸上で中学日本一になったにも関わらず、亡くなった母親との約束を守って野球を選んだ五十幡のエピソードが印象的でした。上位指名されてよかったと思います。

五十幡亮汰(中大) 日ハム2位
伊藤大海(苫小牧駒大) 日ハム1位
川瀬堅斗(大分商) オリックス育成1位
(放送順)


 <プロ野球ドラフト会議>◇26日
 ドラフト会議が行われ育成49人を含め計123人が指名を受けた。一方でBC埼玉の田沢純一投手、早大の2メートル左腕、今西拓弥投手(4年=広陵)らが指名を受けなかった。

 主な指名漏れ選手は以下の通り。

【高校】
白樺学園・片山楽生投手
ノースアジア大明桜・橘高康太投手
国学院栃木・シャピロマシュー一郎投手
青藍泰斗・石川慧亮内野手
埼玉栄・内田了介投手
成田・古谷将也捕手
横浜・度会隆輝内野手
東海大相模・鵜沼魁斗外野手
瀬田工・小辻鷹仁投手
龍谷大平安・奥村真大内野手
履正社・関本勇輔捕手
大阪桐蔭・西野力矢内野手
おかやま山陽・漁府輝羽外野手
広島商・寺本聖一外野手

【大学】
早大・今西拓弥投手
慶大・瀬戸西純内野手
法大・村田雄大外野手
立大・中崎響介投手
駒大・竹本祐瑛投手
国学院大・上出拓真投手
東海大・小郷賢人投手
関大・高野脩汰投手
立命大・有村大誠投手
大阪学院大・打田雷樹投手

【社会人】
BC埼玉・田沢純一投手
TDK・小木田敦也投手
ホンダ・小野大夏投手
セガサミー・森井絃斗投手
JR東日本・西田光汰投手
ホンダ鈴鹿・森田駿哉投手
ホンダ鈴鹿・松本竜也投手
NTT西日本・大江克哉投手
BC新潟・前川哲投手
JFE東日本・平山快内野手
NTT東日本・向山基生外野手
(日刊スポーツ、2020.10.26)


 <拒否せず オリックス育成指名の仙台大コンビ入団へ>
 入団拒否の可能性もあった育成ドラフト指名の仙台大コンビが、プロ入りに向けて動き始めた。オリックスから育成ドラフトで3位指名を受けた宇田川優希投手(21=八潮南)、同5位指名の佐野如一(ゆきかず)外野手(22=霞ケ浦)が9日、宮城県柴田町の同大キャンパスで牧田勝吾編成副部長と佐藤真一スカウトから指名あいさつを受けた。

 指名あいさつは和やかなムードのまま、約15分で終了。最速152キロ右腕の宇田川は「悔しい思いもあったけど、早くプロに入って活躍したい」と入団の意向を明かした。佐野も「力強いフルスイングをアピールして、支配下を目指したい」と話した。

 2人はドラフト前から育成指名なら入団拒否の意向を全球団に伝えており、指名を受けた26日の会見では「育成という形で終わってしまって悔しい気持ちが強い」(宇田川)、「支配下で指名されたかった」(佐野)とともに戸惑いの表情を隠さなかった。(日刊スポーツ、2010.11.9)
posted by リュウノスケ at 22:36| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: