2019年10月17日

TBS『ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう 夢を追う親子の壮絶人生ドキュメント 2019 』について

 プロ野球ドラフト(新人選択)会議が17日、東京都内で開かれ、高校生最速の163キロを誇る岩手・大船渡高の佐々木朗希投手は4球団が1位指名し、井口資仁監督がくじを引き当てたロッテが交渉権を獲得した。日本ハム、楽天、西武も入札した。

 今夏の全国高校選手権大会準優勝投手、石川・星稜高の奥川恭伸投手はヤクルト、阪神、巨人の3球団が競合し、抽選の結果、交渉権はヤクルトに決まった。

 今春の選抜高校大会で愛知・東邦高を優勝に導いた石川昂弥内野手にも3球団が1位入札し、地元本拠地の中日が交渉権を得た。大学日本代表のエース、明大の森下暢仁投手は広島が1位で単独指名となった。 

◇1位指名重複選手
【入札】
▽奥川恭伸(投、石川・星稜高)−◎ヤクルト、阪神、巨人
▽石川昂弥(内、愛知・東邦高)−オリックス、◎中日、ソフトバンク
▽佐々木朗希(投、岩手・大船渡高)−日本ハム、◎ロッテ、楽天、西武
【再入札】
▽河野竜生(投、JFE西日本)−オリックス、◎日本ハム
▽宮川哲(投、東芝)−巨人、◎西武
(◎が交渉権獲得)
(時事通信、2019.10.17)


 佐々木(大船渡)に4球団、奥川(星稜)と石川(東邦)に3球団重複してそれぞれロッテ、ヤクルト、中日が交渉権を獲得しました。おめでとうございます。

 我が横浜は佐々木にも奥川にもいかずに森(桐蔭学園)。去年小園を外し、今年大河を戦力外にした流れを考えれば読めた指名だったのかもしれませんが、さすがにハズレ1位で指名すると思っていたので驚きました。

 2位以下は坂本(立命大)、伊勢(明大)、東妻(智辯和歌山)、田部(開星)、蝦名(青森大)、浅田(有明)。指標のいい選手が多く、派手さより一軍で使えそうなことを優先した手堅い指名といえます。

 さて、『ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう 夢を追う親子の壮絶人生ドキュメント』。苦労人の宮城が見事1位指名。今年は出演者全員指名されてよかったと思います。

望月大希(創価大) 日本ハム5位
武岡龍世(八戸学院光星) ヤクルト6位
宮城大弥(興南) オリックス1位
高部瑛斗(国士舘大) ロッテ3位
鶴見凌也(常磐大高) オリックス育成5位
(放送順)


 <早大・加藤、近江・林ら/主な指名漏れ選手一覧>
 <プロ野球ドラフト会議>◇17日

 ドラフト会議が行われ育成も含め107人が指名された。一方で近江(滋賀)林優樹投手(3年)、早大・加藤雅樹外野手(4年=早実)らが指名を受けなかった。

 主な指名漏れ選手は以下の通り。

【高校】
中京学院大中京・赤塚健利投手
近江・林優樹投手
光泉・吉田力聖投手
和歌山東・落合秀市投手
西日本短大付・近藤大樹内野手
昌平・米山魁乙投手
日本航空石川・重吉翼投手
沖縄水産・国吉吹投手
津田・サンドゥ・シャーンタヒル外野手

【大学】
富士大・吉田開外野手
仙台大・稲毛田渉投手
早大・加藤雅樹外野手
早大・小藤翼捕手
早大・福岡高輝内野手
早大・檜村篤史内野手
慶大・中村健人外野手
法大・安本竜二内野手
法大・船曳海外野手
国学院大・横山楓投手
国学院大・小玉和樹投手
玉川大・山田綾人投手
白鴎大・ラミレス・レンソ内野手
創価大・山形堅心内野手
山田知輝外野手(東洋大)
日体大・北山比呂投手
創価大・小孫竜二投手
近大・谷川刀麻外野手
奈良学園大・菅田大介外野手
九産大・浦本千広投手
宮崎産業経営大・杉尾剛史投手

【社会人】
JFE東日本・本田健一郎投手
NTT東日本・小又圭甫投手
トヨタ自動車・嘉陽宗一郎投手
西濃運輸・小久保気投手
西濃運輸・堀田晃投手
日本通運・諸見里匠内野手
日本生命・伊藤ヴィットル内野手
パナソニック・片山勢三内野手
東京ガス・笹川晃平外野手
TDK・小木田敦也投手
日立製作所・阿部陽登投手
(日刊スポーツ、2019.10.18)


<参照>
日刊スポーツ ドラフト会議
posted by リュウノスケ at 23:25| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: