2019年10月16日

2019年プロ野球ドラフト会議

 プロ野球のドラフト(新人選択)会議(17日、東京都内)に向け、12球団は16日までに指名候補選手を確認した。西武は16日の編成会議で最速163キロ右腕の佐々木朗希(岩手・大船渡高)の1位指名を決定。既に日本ハム、ロッテが1位指名を公表し、この日までに明言しなかった球団が手を挙げる可能性もあり、重複が確実となった。

 広島は大学ナンバーワン投手の呼び声が高い森下暢仁(明大)、中日は地元の愛知・東邦高の内野手、石川昂弥の1位入札を決めた。ヤクルトは今夏の全国高校選手権準優勝投手の奥川恭伸(石川・星稜高)の指名を公表済み。

 指名は1位のみ入札方式で、競合した場合は抽選。2位指名以降のウエーバー順はセ、パ各リーグが隔年で優先権を得る方式に変更され、今年はセから始まる。レギュラーシーズンでセ最下位のヤクルト、パ最下位のオリックス、次いでセ5位中日、パ5位の日本ハムと下位球団から順に指名していく。(時事通信、2019.10.16)


 いよいよ明日17日に行われるドラフト会議。報道から予想される12球団の1位は以下の通り。

巨人    奥川    西武     佐々木
DeNA   佐々木.  ソフトバンク 佐々木
阪神    奥川    楽天     佐々木
広島    森下    ロッテ.    佐々木
中日    石川    日本ハム.  佐々木
ヤクルト  奥川    オリックス  奥川

 現状で佐々木3球団(日ハム、ロッテ、西武)、奥川(ヤクルト)、森下(広島)、石川(中日)が確定。我が横浜はポスト筒香として石川を一本釣りして田代・大村コンビで育てるのかと思ったんですが、中日が指名を公言してしまいました。残る一本釣り路線は西しかないもののスカウトがマークしているという話も聞かないので今年は素直に佐々木か奥川のクジを引くんでしょう。

 大卒投手では米田(大阪大谷大)、大西(大商大)、北山(日体大)。野手では佐藤(東洋大)、加藤(早大)、宇草(法大)に注目。今年は大社投手が小粒なのでクジを外すときついかもしれません。各球団の幸運を祈ります。
posted by リュウノスケ at 22:44| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: