2019年08月06日

渋野日向子凱旋

 全英女子オープンを制した渋野日向子(20=RSK山陽放送)が6日、英国から羽田空港へ帰国した。

 日本勢では1977年の樋口久子以来、男女通じて42年ぶり2人目のメジャー優勝の快挙を達成。空港には大勢のファンが出迎えた。渋野はナイキの黒いTシャツ姿だった。

 報道陣から今、何をしたいですか?の問いに「寝たいです」と笑顔で話した。(日刊スポーツ、2019.8.6)


 【ミルトンキーンズ(英国)時事】女子ゴルフのメジャー最終戦、全英女子オープンは4日、英ミルトンキーンズのウォバーンGC(パー72)で最終ラウンドが行われ、渋野日向子が通算18アンダーで優勝した。優勝賞67万5000ドル(約7200万円)を手にした。

 2位と2打差の首位で出た渋野は7バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの68で回り、出場選手でただ一人、4日連続の60台をマークした。前半はスコアを落としたが、後半にボギーなしの5バーディー。通算17アンダーの首位で並んでいたリゼット・サラス(米国)を最終18番で突き放した。前週のエビアン選手権を制した高真栄(韓国)が3位。

 日本選手の海外メジャー制覇は、1977年の全米女子プロ選手権を制した樋口久子以来、42年ぶりで2人目。メジャー初出場の渋野は20歳で快挙を果たした。

 上原彩子は通算6アンダーで21位、横峯さくらは5アンダーで24位。勝みなみは3アンダーで35位、上田桃子はイーブンパーで51位、アマチュアの安田祐香(大手前大)は2オーバーで59位だった。 

 ◇渋野日向子の略歴

 渋野 日向子(しぶの・ひなこ)8歳でゴルフを始め、小学6年まではソフトボールにも打ち込んだ。2度目の受験となった18年のプロテストに合格。今年5月、国内メジャー大会のワールドレディース・サロンパス杯でツアー初優勝を果たし、7月に2勝目。海外メジャー大会は初出場。両親はともに元陸上の投てき選手で、父は国体で表彰台の経験者。岡山・作陽高卒。165センチ、62キロ。20歳。岡山市出身。(時事通信、2019.8.5)


 <米女子ゴルフ:AIG全英女子オープン>◇第3日◇3日(日本時間4日未明)◇英ミルトンキーンズ・ウォバーンGC(6756ヤード、パー72)◇賞金総額450万ドル(約4億9500万円)優勝賞金67万5000ドル(約7400万円)

 初の海外大会で快進撃を続ける渋野日向子(20=RSK山陽放送)が、初優勝に王手をかけた。勝てば日本勢では42年ぶりの快挙となる。

 子供の頃はソフトボールの選手で、昨夏のプロテストに合格。ステップアップ(下部)ツアーから一気に世界に飛び出し、頂点を極めようとしている渋野の経歴を紹介する。

★渋野日向子(しぶの・ひなこ)★
◆生年月日 1998年(平10)11月15日、岡山市生まれ。
◆経歴 岡山・平島小〜岡山・上道中〜岡山・作陽高。所属はRSK山陽放送。
◆競技歴 8歳でゴルフを始める。中1から岡山県ジュニアを3連覇。1年前の18年夏に2度目の挑戦で、プロテストに合格した。同じ黄金世代の河本結とは、同期合格。
◆ソフトボール ゴルフとともに8歳で始め、小6でソフトボール投げ58メートルで岡山県2位に入る。今でも日本代表戦などを観戦するほどのソフトボール好き。
◆趣味 駄菓子を食べること。動画を見ること。特に「EXILEの佐藤大樹がカッコイイ。毎日、動画を見ています」。
◆子どもの時の夢 幼稚園時の夢は仮面ライダーとアリエルになること。
◆家族 両親とも筑波大の出身。父悟さんは砲丸投げ、円盤投げで国体2位。母伸子さんはやり投げで高校総体出場。3姉妹の2番目。
◆サイズ 165センチ、62キロ。
(日刊スポーツ、2019.8.4)


【順位 スコア 氏名 身長】
1 -18 渋野日向子 165
2 -17 L.サラス 163
3 -16 コ・ジンヨン 169
4 -15 M.プレッセル 165
5 -14 A.ブハイ 158
6 -12 C.ブティエ 162
7 -11 C.シガンダ 173
8 -10 朴城R 172
9T -9 イ・ジョンウン6 171
9T -9 N.コルダ 177
21T -6 上原彩子 160
24T -5 横峯さくら 155
35T -3 勝みなみ 157
51T E 上田桃子 161
59T 2 安田祐香 163
89T 4 鈴木愛 155
99T 5 比嘉真美子 161
124T 8 畑岡奈紗 157


 快挙を成し遂げた渋野日向子。私も中継を見ていましたが、最終日で優勝争いしているのに笑顔でファンサービスし、お菓子を食べ、キャディと冗談を言い合うあの強心臓と勝負強さはいい意味で日本人選手とは思えません。最後の強烈なパットは松山英樹も唸っていました。おめでとうございます。

 勝因は色々あると思うんですが、やはり気になったのはパット。1メートル以内ならオーバーしてもいいと思っているそうで最終日の4パットがバーディーの母のようにすら見えました。ある程度の技量を超えるとオーバーした方がスコアがよくなる分水嶺があるんじゃないでしょうか。

 一方で、42年間果たせなかったメジャーを制した渋野の圧倒的体力を見ていると、女子ゴルフ界を席巻する韓国勢との違いは単純にフィジカルだったのではないかという気もしてきます。ということで今回の上位選手と日本人選手の身長を調べてみましたが、やはり韓国はでかい。因みに樋口久子は163センチ、渋野と同じくソフトボールで体を鍛えた岡本綾子は165センチだそうです。


<参照>
ウィキペディア 澁野日向子
ウィキペディア 全英女子オープン
Wikipedia 2019 Women's British Open
ゴルフダイジェスト・オンライン 驚いたウィニングパット 松山英樹は渋野日向子の“笑顔”に何を思う
ヤフーニュース デイリースポーツ 岡本綾子「特に褒めたい点が二点あります」 渋野の偉業を独自の視点で分析
posted by リュウノスケ at 21:28| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: