2018年09月16日

村上宗隆プロ初打席初本塁打

 <ヤクルト2−4広島>◇16日◇神宮

 1軍に初昇格したヤクルトのドラフト1位村上宗隆内野手(18)が、プロ初打席で初本塁打を放った。

 「6番三塁」でプロ初スタメン。1回表の守備では、広島の1番野間の三ゴロを一塁にワンバウンドの悪送球でプロ初失策を記録したが、バットで本領を発揮。

 2回1死一塁、カウント2−2から広島岡田の138キロのフォークを強振。右手人さし指を掲げながら、右翼席へのスタンドインを見届けた。球団の高卒野手の初打席初本塁打は、16年9月29日DeNA戦の広岡以来。村上は「打ったのはフォークボール、緊張はありませんでした。初回のエラーをなんとか取り返そうと思って打席に入りました。プロ初打席がホームランになって良かったです」とコメントした。

 村上は九州学院(熊本)から17年ドラフト1位でヤクルトに入団。高校通算52本塁打を放った打力を生かすべく、プロ入り後に捕手から三塁手に転向。球団の育成方針で2軍で実戦経験を重ね、イースタン・リーグで96試合で打率2割8分9厘、17本塁打、70打点、16盗塁と能力の高さを発揮していた。(日刊スポーツ、2018.9.16)


 イースタンで突出した打撃成績を残していた村上がようやく一軍昇格と思ったら早速ホームランを放ちました。高卒ルーキーとは思えない体格、構え、スイングも素晴らしいですが、選球眼がいいですよね、この人。間違いなくリーグを代表する大打者になると思います。


村上 宗隆 1号 2ラン ホームラン 2018年9月16日 ヤクルトvs広島



<参照>
日刊スポーツ ヤクルト 対 広島 【試合終了】 ヤクルト5勝17敗0分け ◇公式戦◇開始18時01分◇神宮◇観衆30910人 2018年09月16日21時29分02秒更新
posted by リュウノスケ at 23:48| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: