2018年06月17日

第86回ルマン24時間耐久レース

 世界3大自動車レースの一つ、伝統の第86回ルマン24時間耐久レースは17日午後3時(日本時間同日午後10時)、フランス・ルマンのサルテ・サーキット(1周13.626キロ)で決勝のゴールを迎え、TS050ハイブリッド2台で臨んだ最高峰LMP1クラスのトヨタ勢は、8号車の中嶋一貴、フェルナンド・アロンソ(スペイン)、セバスチャン・ブエミ(スイス)組が388周を走破してトップでチェッカーフラッグを受け、トヨタ勢として通算20度目の挑戦で初の総合優勝を果たした。

 7号車の小林可夢偉、ホセマリア・ロペス(アルゼンチン)、マイク・コンウェイ(英国)組が2周差の2位に入り、トヨタが1、2位を占めた。

 日本メーカーのルマン制覇は1991年のマツダ以来、2例目。日本人ドライバーの総合優勝は、95年にマクラーレンF1GTRに乗った関谷正徳、2004年にアウディR8に乗った荒聖治以来、3人目となった。

 予選で8号車が1位、7号車が2位のトヨタ勢は決勝で何度か順位を入れ替えながらも、ワンツー態勢で独走。3位以下に大差をつけ、悲願を達成した。

 今回のルマンは世界耐久選手権(WEC)の18〜19年スーパーシーズンの第2戦。次回のルマンはシーズン最終戦として19年6月に行われ、トヨタには連覇のチャンスがある。(時事通信、2018.6.17) 


 トヨタがついに快挙達成。おめでとうございます。


<参照>
ウィキペディア ル・マン24時間レース
posted by リュウノスケ at 23:23| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: