2018年01月25日

春日野部屋暴行事件 その1

 大相撲春日野部屋の元力士(22)が、兄弟子(24)から暴行を受けて顎の骨を折るなどの重傷を負ったとして、師匠の春日野親方(55)=元関脇栃乃和歌、本名綛田清隆=と兄弟子に対し、3000万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴していたことが25日、分かった。提訴は昨年3月22日付。

 訴状によると、けがをしたのは矢作嵐さん。2014年9月5日夜、春日野部屋で兄弟子に顎を殴られたり、腹を蹴られたりし、顎を骨折して全治1年6カ月の重傷を負った。味覚障害などの後遺症も残った。

 春日野親方に対しては安全配慮義務違反などの過失があったと主張。すぐに病院へ連れて行くなどの処置を取らなかったため、症状が悪化したという。矢作さんは、自らの判断で病院で検査を受けた後に春日野親方から叱られており、同親方が事実の隠蔽(いんぺい)を図ろうとしていたと指摘している。

 この事件で矢作さんは刑事告訴し、16年に元力士の執行猶予付きの有罪判決が確定した。元力士は15年に引退している。(時事通信、2018.1.25)


 大相撲春日野部屋の傷害事件で、兄弟子だった元力士(24)から暴行を受けた弟弟子の男性(22)が、春日野親方(元関脇栃乃和歌)と元力士に3千万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴していたことが25日、分かった。男性は暴行の後遺症で味覚を消失。親方には元力士に対する監督責任があったとしている。提訴は昨年3月22日付。

 訴状などによると、男性は2014年9月5日夜、元力士から顔を殴られたり腹を蹴られたりし、顎の骨を折る全治1年6カ月の重傷を負った。元力士が若い力士を集めて掃除の仕方を注意しようとした際、男性が元力士の指示に反し、先輩力士のマッサージ中だった若手も呼びに行ったため、腹を立てた元力士から暴行を受けたという。

 裁判で男性は、親方は「冷やしておけば治る」などと言って早期に適切な治療をさせず、症状を悪化させ、元力士に対する指揮監督も怠ったと訴えている。

 親方は、別の力士を通じて通院を指示したとした上で、「事件を隠蔽する意図はなかった」と反論。元力士も「暴行の発端をつくった男性にも過失がある」と主張している。(産経新聞、2018.1.25)


 大相撲の春日野部屋に所属していた力士(23)が弟弟子(22)の顔を殴って傷害罪で起訴され、2016年6月に懲役3年、執行猶予4年の有罪判決が確定していたことが24日、関係者への取材で分かった。同年1月、日本相撲協会理事に就任した春日野親方(元関脇栃乃和歌)は事件の存在を公表していない。新たな不祥事が発覚したことで、元横綱日馬富士関暴行事件に揺れる角界の体質が改めて問われそうだ。

 大相撲の春日野親方(元関脇栃乃和歌)との一問一答は次の通り。

−−事件を公表していない理由は。

「(加害者の兄弟子は)もう辞めてますから」

−−判決は辞めた後だったので、公表する必要はないと考えたのか。

「(兄弟子は力士を辞めたのに)それも(公表)しなければいけないのか」

−−事件後、辞めるまで時間があった。その間に公表するべきだったのでは。

「何が言いたいのか」

−−弟子に対する監督不足ではないか。

「事件は夜中のことだった。(当事者2人の)どちらが悪いのか調べたのか」

−−被害者の弟弟子に悪いところがあったという認識か。

「違う。(兄弟子は)刑事罰を受けている」

−−親方は弟弟子への謝罪はしたのか。

「何か言ったらまた書くでしょう。何も言えない」
(サンスポ、2018.1.24)


 汲めども尽きぬ角界の不祥事。上記春日野親方の逆ギレインタビューなど開いた口が塞がりません。池坊保子を筆頭に相撲協会を全力で擁護していた識者たちは困惑しているんじゃないでしょうか。


<参照>
ウィキペディア 栃乃和歌清隆
posted by リュウノスケ at 21:42| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: