2017年12月31日

今年一番よかったCMよくなかったCM2017

 テレビCMの動向や効果を分析している「CM総合研究所」(東京都港区)が2017年度のCM好感度ランキングを発表した。放送回数で1〜3位の携帯電話大手3社が、好感度でも2年連続でトップ3を占めた。一方、かつてトップ10の常連だった自動車メーカーは2年連続でランキングから外れた。また、1回限りの特別なCMが会員制交流サイト(SNS)で話題になるなど、新たなCM展開の可能性を示した。 (池田知之)

 首位のauは、桃太郎と浦島太郎、金太郎が登場する「三太郎シリーズ」が相変わらずの好評で三連覇を達成。二位のNTTドコモは堤真一と高畑充希が「得ダネ」を追う新聞記者シリーズで、昨年の三位から順位を上げた。

 三位ソフトバンクの「白戸家」は十周年を迎え、古田新太や杉咲花ら新メンバーが登場。「白戸家終わっちゃうの?」と動揺するCMで話題となったが、昨年から順位を下げた。トップ3入りは十一年連続。

 五、六位にも格安スマホ勢が入り、携帯会社の存在感を示した。

 一回限りの放送で話題になったのは、昨年十二月二十六日にフジテレビ「SMAP×SMAP」の最終回で流れたソフトバンクのCM。過去六年間の同社CMに出演したSMAPの映像を六十秒間に編集して流した後、解散を控えたSMAPに向け、白戸家の「犬のお父さん」が「さよならじゃ、ないよな」とつぶやき、視聴者の感動を呼んだ。

 キリンビールは今年八月三十一日のサッカーワールドカップ(W杯)アジア最終予選で、日本がオーストラリア戦で勝ち、W杯出場を決めた直後に「試合結果連動ライブCM」を放送。俳優の香川照之と元日本代表の岡野雅行、川口能活の三人が都内のパブリックビューイング会場で、サポーターとビールで乾杯して喜びを分かち合う様子を伝えた。

 CM総研は「一回限りの特別なCMを多くの人と共有する体験は、大規模な参加型イベントのような役割を果たす。話題性を呼び、SNSによる拡散にも成功した」と分析している。

 このほか、今年は自然災害や北朝鮮のミサイル発射などで社会全体に不安感が広がっているのを背景に、もしものときに生活を支える保険商品のCM好感度が上昇。住友生命が十五位、アフラックが二十二位に入った。CM総研の関根心太郎代表は「遠い未来よりは現在、派手な非日常より何げない日常。当たり前にある幸せや価値観を再認識することに共感が集まった」と話した。

 ◆CMきっかけで紅白

 今年のNHK紅白歌合戦には、CMがきっかけで注目を集めた3組が初出場する。男性3人組バンド「WANIMA」はauで前向きな曲を歌い、竹原ピストルは住友生命の「1UP」で「よー、そこの若いの」を披露した。女性3人組の「SHISHAMO」はNTTドコモでライブシーンが使われた。リクルート「タウンワーク」のCMでは、WANIMAと松本人志が共演したほか、別の回ではSHISHAMOの楽曲が使われた。

 ◆LGBTなどに配慮

 性別や性的少数者(LGBT)などの多様性に配慮したCMも目立った。パナソニックのCMでは西島秀俊と奥貫薫が演じた共働き夫婦が家事をシェアするCMを放送。グーグルのCMでは、この一年の抱負で「彼に気持ちを伝えたい」と宣言する男性が登場した。花王「ビオレ」のメイク落としでは、メイクを楽しむ男性が出演した。

 ◆マスオさんが公開告白

 「高校時代のマスオさんがイケメンに!」「それに比べて波平さんや穴子さんは…」。国民的アニメ「サザエさん」とコラボレーションした「カップヌードル」新CM「HUNGRY DAYS サザエさん篇」が話題を集めている。

 高校生になったキキたちを描いた「魔女の宅急便篇」、ハイジとクララが日本の女子高に通う「アルプスの少女ハイジ篇」に続く人気シリーズ第三弾は、サザエとマスオが出会った原作漫画のエピソード「公開お見合い」を現代風の設定にチェンジ。高校生活最後となる文化祭でマスオが勇気を振り絞り、大勢の観衆が見守る中でサザエに「公開告白」するという甘酸っぱい展開となっている。

 CMは短い時間ながら小ネタが満載だ。マスオが「好きになったのは、愉快な人でした」とつぶやく回想シーンで、サザエは“お魚くわえたドラ猫”を追い掛け、別のシーンではじゃんけんのプラカードを持っている。

 公開告白を見守る観衆の中には不機嫌な顔で腕組みする波平がおり、サザエが「はい」と答えると「バカモンッ!」と一喝。カツオは告白の様子をしっかりスマートフォンで撮影。一目で穴子さんと分かる青年もさりげなく登場している。

 かなり大胆なアレンジが加えられているものの(外見を除けば)原作キャラの設定に意外と忠実でリスペクトも感じられる。ネット上では早くも第四弾を期待する声もあり、さまざまなアニメのタイトルが挙がっている。

 メーカーの日清食品は「今後については未定」としているが、勝手に続編を妄想すると「これでいいのだ…」と背中で語るバカボンのパパや、初恋相手の笑顔にズキュンと胸を撃たれる少年ゴルゴ13なんてありかも!?
写真

 <調査方法> 対象は昨年10月20日〜今年10月19日の間に、在京民放キー5局で放送された2390社、7350商品、15807作品のCM。毎月、関東1都6県在住の男女計3000人を対象に、好きなCMやその理由、購買の意向などを調べている。(東京新聞、2017.12.29)


 今年も携帯電話会社が強かったCM業界。1位は三太郎のauで2位はブルゾンちえみを押さえたドコモ。「新喜劇やめよっカナ!?キャンペーン」を髣髴させた白戸家シリーズは以前auに出演していた杉咲花など必死のテコ入れで3位に踏み留まりました。

 話題にはなったもののアンチもすごかったのは『カップヌードル アオハル』シリーズ。『魔女の宅急便』、『アルプスの少女ハイジ』、『サザエさん』と主人公の女の子が恋愛するわけですが、性の匂いが元ネタと乖離しすぎて嫌悪感を抱いたファンは多いようです。

 気持ちが悪かったのは『野村證券 最高の褒め言葉篇』。大金持ちには損失補填する一方で小口顧客はゴミクズ呼ばわりして絶対に損する金融商品売り付ける奴らでしょう。証券会社にいい人などいるわけないのに何を善人ぶっているのか。

 そのうち暴落して自殺者続出しそうなビットコインのCMなんかに出演して大丈夫なのかよと心配になったのは出川と成海璃子。「ビットフライヤ〜ビットフライヤ〜」と連呼する芸のなさにも閉口しました。

 さて、そんなクソCMを抑えて今年一番よくなかったのは『午後の紅茶 ひとやすみ 2017春篇』。誰がどう撮ってもかわいくなる宮崎あおいを魅力なく見せるという神業に驚きました。

 一番よかったのは『UQモバイル 聞いてない祖父篇』。有名キャラをオモチャにする程度の低いイタズラレベルのCMが多いなか、UQはムック(父)・ガチャピン(母)が筋肉自慢のおじいちゃんと一緒にポージングするのが家族愛を表現していて好感が持てました。

 あと、このシリーズはクールに静止するのが根幹なのになぜ紀香は瞬きしまくった挙句オチで微妙に頷くのか。演出だとしたら理解に苦しみます。


日清カップヌードル CM 「HUNGRY DAYS 魔女の宅急便」篇



「最高の褒め言葉」篇 玉木宏さん、坂口健太郎さん/野村證券CM それ、野村にきいてみよう。



『ビットコインはbitFlyer〜みんなでダンス編〜』 (30秒)



宮崎あおい CM 午後の紅茶 「ひとやすみ 2017春」篇



「聞いてない祖父」篇



【多部未華子、深田恭子、永野芽郁、藤原紀香 CM 】UQモバイル。「紀香の誕生日」篇



posted by リュウノスケ at 17:05| Comment(0) | CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: