2017年07月11日

拓大紅陵野球部員売春斡旋事件

 知人の少女に売春を斡旋したとして、警視庁少年育成課が売春防止法違反(周旋)の疑いで、拓大紅陵高(千葉県木更津市)の硬式野球部員だった17〜18歳の少年3人を逮捕していたことが11日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、少年らはツイッターを利用して集めた20〜30代の男性客に知人の少女を引き合わせて、売春を斡旋した疑いがある。3人のうち2人は容疑を認め、1人は否認しているという。

 少年らは当時野球部員だったが、事件後に退学。警視庁は客となった男3人についても児童買春容疑で逮捕した。

 千葉県では11日から第99回全国高校野球選手権千葉大会が開幕し、同校は12日に初戦を迎える。同校は「元生徒が関わっており重大なことだと受け止めているが、頑張っている生徒がたくさんいるので出場辞退などは考えていない」としている。

 同校の公式ウェブサイトなどによると、硬式野球部は春夏通算で9回甲子園に出場し、第74回全国高校野球選手権大会での準優勝が最高成績。千葉県大会決勝の常連で、「燃えろ紅陵」「チャンス紅陵」など、オリジナルの応援演奏曲も高校野球ファンの間では人気が高い。(産経新聞、2017.7.11)


 甲子園常連校の元野球部員が少女に売春をさせていたとして逮捕された事件で、元部員らが客に対して最大で6万円の料金を設定していたことが分かりました。

 千葉県の拓殖大学紅陵高校の元野球部の少年3人は、少女に売春させた疑いで10日に逮捕されました。その後の捜査関係者への取材で、3人はSNSで客を集め、客と値段交渉を進める手段で1回あたり3万円から6万円ほどの料金を設定していたことが分かりました。今回の逮捕を受けて、校長は「学校として重く受け止めたい。再発防止など職員の指導徹底、子どもたちへの指導、教育の徹底を図っていきたい」とコメントしています。(テレビ朝日、2017.7.11)


 拓大紅陵(千葉)の元硬式野球部員の少年3人が売春防止法違反の疑いで警視庁に逮捕されたことを受け、11日、千葉県高野連の円城寺一雄会長らが千葉県千葉市の県高野連事務局で会見し、同校の第99回全国高校野球選手権千葉大会出場を差し止めないことを発表した。

 円城寺会長は「本日付で拓大紅陵から報告書を受理した。昼前に日本高野連へ送信し、現段階では(出場を)差し止めないとの判断を受けた」とし、「加盟校でこのようなことが起きたのは本当に残念。今後再発防止に向けて対応を練っていきたい」とした。

 少年3人はすでに自主退学。日本高野連からは関与した部員が他にいないか再確認を求められ、県高野連が学校へ確認。「現段階では3人のみ」と回答があったこと、さらに事件の詳細が把握できていないことから、日本高野連は出場差し止めはしないという判断に至ったという。拓大紅陵には引き続き調査し、全容が明らかになった時点で速やかに報告するよう指導した。

 ナインはこの日、ZOZOマリンスタジアムで行われた開会式に参加。他の学校とともに入場行進した。同校の森章校長が県高野連に報告したところによるとナインは動揺していたという。その中で12日に初戦を迎えることになる。(スポニチ、2017.7.11)


 知人の少女に売春をあっせんしたとして、拓殖大学紅陵高校(千葉県木更津市)の硬式野球部員だった17〜18歳の少年3人が売春防止法違反容疑で逮捕された事件で、同校の森章校長は11日午前、報道各社の取材に応じ「再発防止に向け、教職員や生徒の指導徹底を図りたい」と述べた。

 一方、この日午後に開会式がある全国高校野球選手権千葉大会については「在学生は一生懸命自分の夢を追って頑張っている。出場辞退は考えていない」と強調した。

 森校長によると、少年3人は親元を離れて寮で生活していた。1人が2月上旬、2人は3月下旬に自主退学。それまで休まずに登校、部活動にも参加していたという。

 千葉県高野連は「逮捕に至る経緯を確認して日本高野連に報告し、日本高野連の指導に基づいて対応していく」としている。(毎日新聞、2017.7.11)


 OBかと思ったら現役部員が事件発覚後に退学したんですか。えらい荒廃した野球部ですね。





<参照>
千葉県高等学校野球連盟 評議員・役員一覧
posted by リュウノスケ at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック