2017年07月06日

ヒアリ駆除はニュージーランドに学べ

 強い毒を持つ南米原産の「ヒアリ」が相次いで見つかっている。大阪港では女王アリと巣とみられる穴も確認された。ヒアリは定着すると駆逐するのが難しい。国土交通省や環境省はすでに国内で繁殖している恐れがあるとして、港湾を管理する自治体に警戒と対策強化を求めている。

 環境省は6月30日、大阪港でヒアリに似た毒を持つ「アカカミアリ」が見つかったことを受け、緊急調査を実施。約100匹のアリを採取した。殺虫剤をまいた地面を3日に再び調べたところ、アスファルトの割れ目から羽アリを含む約50匹の死骸が出てきた。

 同省は4日、大阪港のアリをヒアリと断定、1匹は女王アリだったと発表した。女王アリの確認は国内で初めて。巣をつくっていた可能性が高いという。羽アリは風に乗ると10キロメートル以上移動できるため、同省は港湾周辺に巣がないかさらに調べる。

 また、輸入貨物が多い東京、横浜、名古屋など7港で行っている緊急調査の対象に苫小牧、広島、鹿児島など15港を加える。

 国交省は女王アリの確認を受け、全国の933港を管理する自治体などに対し、発見時の速やかな連絡を要請。ヒアリは生息地の中国などから輸入される貨物に紛れて上陸したとみられ、同省は東京港や横浜港など中国との定期貨物便を運航する63港にはコンテナを扱う区域「ヤード」とその周辺に殺虫餌を置くよう求めた。

 ヒアリは5月26日に兵庫県尼崎市で初確認されて以降、神戸、名古屋、大阪の各港で見つかっている。九州大学の村上貴弘准教授(行動生態学)は「続けて見つかったのは中国などで爆発的に増えているためではないか」との見方を示した。女王アリは1日に2000〜3000個の卵を産むとされ、いったん定着すると、完全に駆除するのは困難。米国では経済的な損失が年間に数千億円と試算されている。2001年に侵入が確認されたニュージーランドは1つの巣に1億円以上を投じて2年がかりで根絶に成功した。オーストラリアや中国でも多額の費用をかけて駆除を進めている。

 国内に定着した可能性について、国立環境研究所生態リスク評価・対策研究室の五箇公一室長は「現状では評価できないが、潜伏していて10年後に爆発的に増える可能性もある」と予測。港周辺の緑地や公園の警戒態勢の強化が必要と訴える。

 ▼ヒアリ 体長が2.5〜6ミリほどの小型のアリで、体は赤茶色。熱帯原産だが、亜熱帯や温帯でも生息できる。腹にある毒針で刺されるとやけどのような激痛が生じるため「火蟻(ひあり)」の名がついた。ショック症状が出ると死ぬこともある。

 在来のアリと競合すると、巣を襲って全滅させる。「世界の侵略的外来種ワースト100」に分類されており、環境省は2005年に特定外来生物に指定した。(日本経済新聞、2017.7.4)


 強い毒を持つ南米原産のアリ「ヒアリ」が大阪港で見つかり、女王アリが含まれていたことが環境省の調査でわかりました。国内でヒアリの女王アリが見つかったのは初めてで、環境省は、周辺で繁殖していないかどうか引き続き調べることにしています。

 環境省近畿地方環境事務所などによりますと、先月23日に大阪港の倉庫に搬入されたコンテナから外来種の「アカカミアリ」が確認されたため、先月30日、周辺で専門家による緊急調査を行ったところ、地面から「アカカミアリ」や「ヒアリ」と見られるまとまった数のアリが見つかりました。

 このため、殺虫剤で周辺の駆除を行い、一部をサンプルとして採取したところ、採集したうちの10匹が「ヒアリ」だとわかりました。

 「ヒアリ」は、これまで神戸港や名古屋港で見つかっていますが、大阪港で確認されたのは今回が初めてです。

 さらに、殺虫剤をまいた地面から50匹程度のアリの死骸が見つかり、この中にヒアリの女王アリが含まれていたことが新たに確認されました。

 国内で、ヒアリの女王アリが確認されたのは初めてで、環境省近畿地方環境事務所は、周辺で繁殖していないかどうか引き続き調査を進めることにしています。

 5日 現地に専門家や職員を派遣へ

 ヒアリが、新たに大阪・住之江区の南港で見つかったことを受けて、山本環境大臣は4日の会見で「防除に注力することが大切だ」と述べ、5日、現地に専門家や職員を派遣し、周辺に広がっていないか詳しく調査することを明らかにしました。

 環境省によりますと、先月30日、大阪・住之江区の南港のアスファルトの割れ目などから多数のアリが見つかり、殺虫剤で周辺の駆除を行うとともに、専門家が一部を詳しく調べた結果、3日、ヒアリだと確認されました。

 また、殺虫剤をまいた地面から3日、50匹ほどのアリが新たに見つかり、中には女王アリと見られるアリも含まれていたということです。

 山本環境大臣は、4日の閣議後の記者会見で、「女王アリだとすれば、まとまった数のアリがいる可能性が高いと言える。いずれの場合も水際でしか見つかっていないので、防除に注力することが大切だ」と述べました。

 そのうえで周辺に広がっていないか確認するため、5日、現地に専門家や職員を派遣してさらに詳しく調査することを明らかにしました。

 国内でヒアリが確認されたのは、神戸港、名古屋港などに続いて、4例目です。

 神戸港や名古屋港でも

 ヒアリは、これまでに神戸港や名古屋港などでも見つかっています。

 ヒアリが国内で初めて確認されたのは先月9日。中国・広東省から送られ神戸港で陸揚げされたコンテナを、保管場所の尼崎市で調べたところアリの巣が見つかり、専門機関でヒアリと確認されました。

 これを受け、コンテナが置かれていた神戸市と尼崎市の合わせて3か所で緊急調査が行われた結果、神戸港のコンテナ置き場の路面から見つかった100匹程度のアリが、ヒアリだったことが新たにわかりました。

 さらに、先月24日に名古屋港に陸揚げされたコンテナの上からも外来種と見られる7匹のアリが見つかり、環境省は、鑑定した2匹がヒアリだったと明らかにしました。

 専門家「ヒアリ侵入初期の対策が重要」

 ヒアリなどの外来生物に詳しい国立環境研究所生物・生態系環境研究センターの五箇公一室長は「見つかったのはヒアリとしてはまだ小さい集団で、広がる前に発見できたといえる。よく探せば国際貨物が入るほかの港でも見つかる可能性は高いと考えられるので、モニタリングを強化し、地元の自治体と情報を共有して対策をとることが重要だ。侵入初期に対策をとって分布拡大を防いだニュージーランドのように、上陸してまもない状態の時に発見し、対策をとることが求められる」と話しています。

 ヒアリに触らないで

 大阪市の吉村市長は記者団に対し、「ヒアリは猛毒を持っているので、大阪市としてはまず、周辺の住民にヒアリに触らないよう注意喚起をしていきたい。そのうえで国と連携して、これ以上ヒアリが広がらないように水際で防止するために駆除に力を入れる」と述べました。

 国交省が対策要請

 大阪・住之江区の南港で新たにヒアリが見つかったことを受けて国土交通省は4日、中国と定期航路を結んでいる全国63の港の管理者に対して、コンテナ置き場に殺虫効果のある餌を設置するなどの対策をとるよう文書で要請しました。また、このほかの港の管理者に対しても作業を行う際には十分注意するとともに、もしヒアリと見られるアリが確認された場合は、国交省と環境省に速やかに通報するよう呼びかけています。(NHK、2017.7.4)


 南米原産の毒アリ「ヒアリ」の国内侵入が確認され、定着への脅威が高まっている。5月以降、神戸、名古屋、大阪の各港で相次いで発見。大阪、神戸からは爆発的な繁殖力を持つ女王アリも確認された。海外では輸入貨物に紛れる形で分布が広がったが、日々、大量に陸揚げされるコンテナ全量を調べるのは至難の業。専門家は「国家プロジェクトとしての対策が急務」と警鐘を鳴らしている。

 国内で初確認されたヒアリは、既に定着している中国・広州市の南沙港から、5月に神戸港に到着した貨物船のコンテナ内にいた。6月には南沙港から別の貨物船で名古屋港に運ばれたコンテナからも見つかった。

 環境省や厚生労働省、国土交通省などは7月3日、会議を開いて対応を検討したものの、水際対策の重要性の確認にとどまった。関芳弘環境副大臣は5日の記者会見で「今は見つかったところを防除している。これから調査する港を広げる段階で、今後の対策を考えていきたい」と話した。

 ただ水際対策には限界がある。5日もヒアリの生息調査が行われた名古屋港。ターミナルから運び出すコンテナごとに外来生物がいないか確認しているが、小さなアリを見落とす可能性は否定できない。

 同港管理組合の担当者は「毎日、中国や米国からコンテナが届く。侵入防止のために貿易を止めるわけにもいかない」と苦慮。「組合には外来生物に対応する部署がない。国や県の対策に従うしかない」と話した。

 海外では既に猛威を振るっている。国立環境研究所の五箇公一室長によると、10カ国以上に分布し、米国、オーストラリア、台湾、中国は特に被害が深刻だ。

 九州大の村上貴弘准教授(行動生態学)は2010年、台湾での調査でアリ塚を掘り返したところ、襲ってきたヒアリに左手首を刺された。「30分ほどして吐き気や手の震えが出て、目のピントが合わなくなった。安静にしたまま30分たつと症状は治まった」

 村上准教授によると、米国では定着した地域の住民の半数以上が刺され、経済被害は年間約5千億円と推計。01年ごろに巣が見つかったオーストラリアでは定着を防げず、その後15年間で対策費270億円の投入を余儀なくされたという。

 一方、同時期に巣が見つかったニュージーランドは1億2千万円の経費をつぎ込んで駆逐に成功した。村上准教授によると、同国は巣の周辺1キロ程度を危険エリアに設定して毒入りの餌を置き、2年間監視を続けた。殺虫剤を一時的に投入しても、女
王アリが逃げて拡散するだけという。

 村上准教授は「国家プロジェクトとして、国際協力の下で効果的に駆除プログラムを運営する必要がある。放っておけば米国などの二の舞いになる」と指摘した。(山陽新聞、2017.7.6)


<参照>
ウィキペディア ヒアリ
posted by リュウノスケ at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック