2017年06月28日

中西大介Jリーグ常務理事セクハラ事件

 Jリーグは27日、中西大介常務理事(51)の退任を発表した。Jリーグ内においてセクハラ、パワハラが認められたことから、この日の理事会で辞任の申し出があり、受理した。同常務理事はバスケットボールのBリーグ理事、Jリーグ関連会社の取締役なども務めていたが、全ての役職から退く。約2週間前に被害を受けた女性職員が社内の相談窓口に訴え、発覚した。

 弁護士による調査の結果、複数の女性職員に対して、映画、美術館、コンサート、食事に執ように誘い、一般女性の基準において不快感を与える言動を繰り返していたことが確認された。村井チェアマンは「私の管理責任を問われる事案」と理事会に役員報酬の一部返上を申し入れ、3カ月10%の返上が決定。「あってはならないこと。大変不快な思いをさせたことを本当に申し訳なく思っています」と謝罪した。

 中西常務理事はJリーグのNo・3の要職を務めていた。英パフォームグループとの10年総額2100億円の放映権契約締結の中心を担ったが、16年シーズンまで放映権を取得していたスカパー!との優先交渉期間中に複数の映像配信会社と接触していた疑惑もある。仲介していた広告代理店を最終局面で交渉から外して手数料の支払いを拒否したことも、水面下では問題になっていた。

 ◆中西 大介(なかにし・だいすけ) 都駒場高から神戸商船大、一般企業を経て1997年にJリーグ入り。企画部、事業部などでマネジャーを務めた後、2010年に事業戦略室室長、11年に競技・事業統括本部長を歴任。12年よりJリーグ理事、14年1月に同常務理事に就任。(スポニチ、2017.6.28)


 Jリーグは27日、リーグのNO・3に当たる中西大介常務理事(51)の退任を発表した。15〜16年に女性ら複数の職員に不適切な言動を繰り返すなど、セクハラ、パワハラに相当する複数の行為が確認された。今月初旬に被害を受けた職員からリーグ内の相談窓口に通報があり、2人の弁護士に調査を依頼していた。中西氏本人が事実を認めた上で26日に辞任届を出し、この日開かれた理事会で受理された。

 村井チェアマンは管理不行き届きの責任を取り3カ月、報酬の10%を返上する。記者会見で「ファン、サポーター、クラブ、メディアのみなさんに不愉快な思いをさせたことを、申し訳なく思っています。被害にあった社員のケアも行います。さらに今後、2度とこういうことがないように、徹底的に教育していきます」と謝罪した。

 同チェアマンはさらに中西氏の行動の一部も説明した。「(女性職員に)業務時間外に高頻度で業務に関係ない電話をかけたり、好意を抱いていることがうかがえるような内容のメールを送付し、映画や美術館、コンサート、食事に誘い、高頻度で実現させた」と話した。この日、調査を依頼された弁護士からの報告によると「刑事罰を受けるような犯罪行為ではない」という。

 中西氏は、DAZN(ダ・ゾーン)との10年間2100億円の大型契約にかかわるなど、経営マネジメント部門の実質的なトップだった。常務理事の退任だけではなく、関連会社やバスケットボール男子のBリーグの理事など、全役職を辞任する。

 ◆中西大介(なかにし・だいすけ)1965年(昭40)8月14日生まれ。駒場高−神戸商船大を経て、97年Jリーグ入り。14年1月に常務理事。15年9月にBリーグ理事、今年4月にJホールディングス取締役&Jメディアプロモーション取締役就任。(日刊スポーツ、2017.6.28)


 Jリーグは27日、「セクシュアルハラスメント及びパワーハラスメント」など不適切な言動が認められた中西大介常務理事(51)の退任を発表した。都内で理事会を開き、同氏からの辞表を受理。ナンバー3がセクハラで辞任するという、Jリーグにとっては前代未聞の不祥事となった。

 会見に出席した村井満チェアマン(57)によると、中西氏は2015〜16年にかけて女性職員に対し、業務時間内に高頻度で仕事と無関係の電話をかけ、好意を抱いていると疑われるメールを送った。執拗(しつよう)に映画、美術館、食事などにも誘い、職場内外で一般的な女性感情の基準において不快感をもたれる行為をした。セクハラ、パワハラの被害者は複数いるという。

 約2週間前にリーグ内のコンプライアンス部門に通報があり、弁護士による関係者への聞き取り調査が行われて事実と確認され、中西氏は26日に村井チェアマンに辞表を提出。常務理事以外に関連会社の役員などの職も辞した。村井チェアマンは「中西自身は深く反省している」と語った。

 1997年に一般企業からJリーグに入局した中西氏は、競技・事業総括本部長などを経て14年に常務理事となり、Jリーグが今季からダ・ゾーンと10年2100億円の放映権契約を結ぶ際に中心となって動いた。

 理事会では村井チェアマンの報酬3か月10%の返納も受理された。村井氏は「Jリーグは夢や感動を与える立場にありながら大変申し訳ない」と頭を下げ「再発防止へ全力で取り組んでいく」と語った。

 ◆近年の主なパワハラ・セクハラ事件

 ▽2010年7月 当時のプロ野球・西武コーチが若手選手に暴力行為をしたとして解雇。

 ▽13年2月 柔道女子日本代表監督が選手15人から暴力行為とパワハラを告発され辞任。

 ▽同10月 日本サッカー協会専務理事が日本体育協会の元女性職員へのセクハラ疑惑で辞任。

 ▽14年9月 なでしこリーグ千葉の当時の総監督が選手への「重大なセクハラ行為」があったと認定され契約解除。

 ▽今月22日 自民党の豊田真由子衆院議員が自身の政策秘書だった男性への暴力行為を報じられ、党本部に離党届を提出。(スポーツ報知、2017.6.28)


 セクハラした「やり手」のスポーツ関係者といえば高塚猛を思い出します。高塚も金の話ばっかりしてましたね。サッカーを愛してないからスカパーよりダ・ゾーンを選ぶんだろう。
posted by リュウノスケ at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451327342

この記事へのトラックバック