2017年05月02日

エイベックス残業代未払い数億円

 音楽ソフト大手のエイベックス・グループ・ホールディングスは二日、数億円規模の未払いの残業代が見つかったと明らかにした。昨年十二月に東京労働局三田労働基準監督署から是正勧告を受けて全従業員約千五百人を調査した。現時点では半数程度に残業代が適切に支払われていなかったとみている。対象時期は昨年六月から今年一月までで、五月に支払う。二月以降についても調査を進めている。

 未払い残業代は、ヤマトホールディングス(HD)や関西電力などの大手企業でも相次ぎ発覚しており、ずさんな労務管理に批判が出そうだ。

 エイベックス傘下の音楽制作に携わる主力企業などで問題が見つかった。これらの企業では、作業が長時間になることも多く、本来支給されるべき残業代の一部しか支払われていなかった。正社員だけでなく、契約社員なども対象に含まれる。

 問題発覚を踏まえて労務管理を見直す。これまでは、社員がパソコンの電源を入れた時間と、切った時間をもとに勤務時間を管理していたが、今後は、従業員自身がパソコンなどで申告するように改める。裁量労働制の導入も検討する。

 労基署からの勧告を巡っては、松浦勝人(まさと)社長が昨年十二月に自身のブログで「法律が現状と全く合っていない」「場当たり的にやっつけちまえ的な不公平な是正勧告に見えてならない」などと書き込んでいた。(東京新聞、2017.5.2)


 大手音楽会社のエイベックス・グループは、社員への残業代の未払いが数億円規模に上っていることを明らかにし、今月中に支払うとしています。

 エイベックス・グループ・ホールディングスによりますと、去年6月からことし1月までの従業員の勤務などを調べたところ、グループの全従業員およそ1500人の半数で、残業代の未払いがあったことが明らかになったということです。

 未払いの残業代は、合わせて数億円規模に上り、会社では、さらに精査して、今月中に支払うことにしています。

 エイベックス・グループに対しては、去年12月、従業員に残業代の一部が支払われていないとして労働基準監督署が是正勧告を出していました。

 エイベックス・グループ・ホールディングスは、「未払い分の残業代については真摯(しんし)に対応して支払います。裁量労働制やフレックス制度の導入を検討するなど働き方改革を進めていきます」とコメントしています。

 エイベックス・グループは音楽やアニメーションなどのビジネスを手がけ、歌手の浜崎あゆみさんなど多くの人気アーティストが所属しています。

 社長 取締りに疑問も

 エイベックス・グループ・ホールディングスの松浦勝人社長は、去年12月、みずからのブログで、労働基準監督署から是正勧告を受けたことについて「真摯(しんし)に受け止め対応はしている」としながらも「今の働き方を無視するような取締りを行っている」などと疑問を述べていました。

 この中で松浦社長は、「僕らの仕事は自己実現や社会的貢献みたいな目標を持って好きで働いている人が多い」としたうえで、「好きで仕事をやっている人は仕事と遊びの境目なんてない。僕らの業界はそういう人の『夢中』から世の中を感動させるものが生まれる。それを否定してほしくない」などと訴えていました。

 残業代未払い ヤマト運輸などでも

 未払いの残業代は、宅配最大手のヤマト運輸でも明らかになりました。ヤマト運輸を傘下に持つヤマトホールディングスでは、グループ全体で4万7000人のドライバーなどに対して合わせて190億円に上る未払い金があったとして、ことし3月期の決算に費用を計上し、「一時金」として支払うことにしています。

 また、関西電力でも昨年末までの2年間におよそ1万3000人の従業員に対して残業代などの未払いがあったとして17億円近くを支払っています。

 「労働時間を適正に管理を」

 元労働基準監督官の北岡大介さんは、「音楽業界などでは働く人が芸術についての知識の習得をするのに必要な時間もあり、長時間労働が生じやすい。どの会社も悩んでいるところだと思う」と話しています。一方で、「これまで社員に仕事を任せて労働時間の管理までもゆだねるような企業が少なくなかったが、いまは、コンプライアンス上難しくなっている。企業には、社員の労働時間を適正に管理することが求められている」と指摘しています。(NHK、2017.5.2)
posted by リュウノスケ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(労働問題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック