2016年10月05日

ミス慶應コンテスト2016開催中止

 慶大の「ミス慶応」を運営する慶應義塾広告学研究会は4日、今年開催予定だった「ミス慶應コンテスト2016」を中止すると発表した。「企画・運営を行う慶應義塾広告学研究会が起こした不祥事への大学からの処分を受けた」ためとしている。

 この日、同大は清家篤学長名の告示で同研究会の解散を命じたと発表。9月2日に活動の一環で滞在していた宿泊先で懇親会を行い、複数の未成年が飲酒したほか、指名して強要する行為などが認められ「法を犯し、自他を危険にさらした行動に対し、失望の念を禁じ得ません」としている。

 さらに、同研究会が過去にも問題を繰り返し起こしていることを重視。「今般の事態に及んで、団体の体質、運営実態が極めて不適当とであることは明白であり、事案の重大性とこれまでの指導の経緯を鑑み、冒頭の(解散)措置をとることにしました」としている。

 同研究会は1924年に創立し、現在は部員約70人。11月の三田祭で「ミス慶應」を行っている。2009年にも複数のメンバーが日吉駅近くで全裸で走るなどして、公然わいせつの疑いで書類送検。10年の「ミス慶應」が中止となっていた。(スポーツ報知、2016.10.4)


 慶応大の学園祭イベント「ミス慶応コンテスト」が今年、中止されることになった。慶応大は4日、主催する学生団体「広告学研究会」が未成年者の飲酒をあおるなどの不祥事を起こしたとして、解散を命じた。

 慶大広報室によると、団体は9月2日、懇親会でゲームをしながら複数の未成年の学生に飲酒をさせた。2009年にも部員らが東急東横線の日吉駅構内を全裸で走る不祥事を起こし、翌年のミスコンが中止された経緯もあり、広報室は「団体の体質、運営実態が極めて不適当であることは明白であり、事案の重大性とこれまでの指導の経緯に鑑みた」と説明した。

 同コンテストは慶応大の学園祭・三田祭の名物イベント。元フジテレビの中野美奈子さんや元TBSの青木裕子さんらがミス慶応に選ばれている。今年は11月に開催予定だった。

 団体ホームページなどによると、団体の創立は1924年で部員は70人。(朝日新聞、2016.10.4)


 「ミス慶応コンテスト」を主催する学生団体「慶応義塾広告学研究会」は、今年の大会の中止を公式ホームページ(HP)で発表した。慶応大は4日、同研究会が未成年者の飲酒をあおるなどの不祥事を起こしたとして解散を命じており、「起こした不祥事への大学からの処分を受け、今年度活動を中止する事となりました」と説明している。

 今年の大会は11月20日に予定され、すでにファイナリスト6人が決まっていた。同研究会のHPにはファイナリスト全員のコメントも掲載されており、いずれも「残念です」と突然の中止に戸惑う心境をつづっている。

 同研究会はHPで「例年、本コンテストを企画・運営し、多くの反響を頂き活動しておりましたが、ご期待を裏切るこのような不祥事が発生しました事を団体として深く反省しております」などとコメントを掲載。「ご協力ご支援いただいた関係者の皆様、日頃から応援いただいたファンの皆様、そして現在活動しているファイナリストの6名に多大なるご迷惑をおかけしてしまい、お詫び申し上げます。誠に申し訳ございません」と結んでいる。

 さらに、HPには、ファイナリスト6人のコメントも。それぞれが、ミスコンを目標にがんばってきた思いや残念な心境を赤裸々に書き記している。

 伊集院ほのかさんは「話を聞いた時には、頭が真っ白になり、只々涙が溢れるばかりでした。これからプロジェクトが公開され、フィナーレに向かって最後の追い込みだったのに、、、最後までやりたかったのに、、、無念で仕方がないです」などと心境を吐露。渡邊渚さんは「とにかく悔しい思いでいっぱいで納得できず、涙が止まりません」などと無念な思いを書き記した。

 慶応大の公式HPには、清家篤塾長の名義で告示を掲載。同研究会は9月2日、宿泊先の懇親会で複数の未成年者に飲酒をあおるなどしたという。「互いを指名して飲酒するよう囃し立てる、或いはゲームの勝敗により酒を呷る等の危険な行為があったことが確認されています」などと説明。さらに、同研究会が過去にも問題を繰り返し、大学側がその都度、指導してきたと指摘した上で、「団体の体質、運営実態が極めて不適当であることは明白だ」としている。

 ミス慶応コンテストは、学祭の同様のイベントでは特に有名な大会。テレビ局のアナウンサーになったり、タレントになったりするグランプリ受賞者は多い。過去の受賞者には元フジテレビの中野美奈子さんや元TBSの青木裕子さんらがいる。

 ◇

 ファイナリスト6人がHPで掲載したコメントは次の通り

 岩田絵里奈さん「ミス慶應2016がこんな最後になってしまいフィナーレを迎えることができず残念です。私は、自分を変えたくて今回出場することを決めました。今までの私は、何かを頑張ったり、挑戦するということがありませんでした。そんな自分から少しでも成長したくてミスコンの場を選びました。(略)ファイナリストとして過ごしたこの四ヶ月をずっと忘れません」

 伊集院ほのかさん「応援して下さった皆さんに、自信を持ってフィナーレの舞台に立っている姿を見せることが出来ないと考えるだけで、悔しくてたまりません。(略)しかし、今までのこの数ヶ月で得たものは他では得られないような素敵な経験ばかりでした。プロのカメラマンさんに写真を撮ってもらったり、街中でTwitter見てますと声を掛けられたり、憧れの雑誌に載ったり、商品を企画したり、SNSの反響に一喜一憂したり、応援のメッセージに励ませたり、、、普通の女子大生では出来ないことばかりです。私の素敵な財産です」

 渡邊渚さん「高校生だった昨年の秋、ミス慶應のフィナーレを初めて観に行きました。『私もあの舞台に立ちたい』って思ってから、もうすぐ一年。あと一歩でその舞台に立てるところだったのに、その夢がもう叶わないということが信じられません。このような形でコンテストが中止になることが腑に落ちませんし、怒りがこみ上げてきます。(略)この悔しい思いやミスコンに一所懸命になって臨んだこと、たくさんの方から力をいただいたことは忘れません」

 高橋茉莉さん「フィナーレを迎えられなくて、すごくすごく残念です。今まで応援してくださった方々に恩返しをできなくて、すごく悔しく、申し訳ない気持ちでいっぱいです。わたしはこのミスコンを出場するにあたり、自分を変えたいと思っていました。(略)フィナーレを迎えるまでの活動は、自分の人生の中で一番有意義で、意味のあるものだったと思います。そんな約半年間をスタッフをはじめ、最高な6人で過ごせたことが宝物です」

 喜多川あゆさん「このような形でミス慶應コンテスト2016としての自分が終わってしまうこと、とても悔しく、残念に思います。(略)本当に貴重な経験ができたこと、1万人近くのフォロワーさんに向けてツイートするといった普通ではできない経験ができたこと、心から嬉しく思っています」

 渡邉麻美子さん「このような形でミス慶應コンテスト2016が幕を閉じてしまうことになり、大変残念に思っております。遣る瀬無さ、悔しさ、悲しさなど、複雑な思いが溢れている状況です。(略)6人それぞれが、それぞれのやり方で全力を尽くしていました。スタッフの方々もたくさん支えて下さいました。多くの方から、応援を頂きました。感謝しているからこそ、きちんとした形で終わりを迎えたかったです」(産経新聞、2016.10.5)


 キャスターの小倉智昭氏(69)が5日、フジテレビ系「とくダネ!」で、運営側の不祥事で中止となった「ミス慶応」について、「大学のミスコンなんてやめていいとぼくは思いますけどね」「何の意味があるんだって思いますよ」とバッサリ切り捨てた。

 番組では、未成年飲酒が発覚したことで今年のミス慶応が中止となり、企画・運営を行う広告学研究会が大学側から解散を命じられたことを報じた。

 ミス慶応は、女子アナウンサーの登竜門とも言われ、とくダネ!でもかつてキャスターを務めた中野美奈子アナウンサーがミス慶応。小倉キャスターは「(中野アナは)ミス慶応だったんだ?あら、もっと大切にしてあげればよかった」とジョークを飛ばした。

 番組では今年のミス慶応ファイナリストたちの「腑に落ちませんし、怒りがこみ上げてきます」「やるせなさ、悔しさ、悲しさなど複雑な思いがあふれています」といった怒りの声も紹介。だが小倉キャスターは「そこまでコメントがあるってことは、何が何でもミス慶応になりたいって人がいるってことなんだ。ほぉ」と、冷ややかな反応。

 そして「まあ、大学のミスコンなんてやめてもいいんじゃないかとぼくは思いますけどね」「何の意味があるんだと思いますよ」とバッサリ。梅津弥英子アナウンサーは「泣いちゃってるファイナリストが(いますから)」と取り成したが「泣いていて下さい」と最後まで容赦なかった。(デイリースポーツ、2016.10.5)


著名なミスキャンパス出身者
慶應義塾大学『ミス慶應』
田代優美(準ミス/フジテレビ社員/気象予報士)
中井亜希(元NHK→セント・フォース)
小川知子(1991年/TBS)
渡辺真由子(1993年特別賞/ジャーナリスト)
與芝由三栄(1995年/NHK)
小野寺麻衣(1995年最終エントリー候補/元日本テレビ)
末吉里花(1996年/タレント/セント・フォース)
山田玲奈(1997年/ミスオールキャンパス '97/セント・フォース/気象予報士・タレント)
中野美奈子(1999年/元フジテレビ→フォニックス)
鈴江奈々(2000年/日本テレビ)
青木裕子(2001年/元TBS→レプロエンタテインメント)
秋元優里(2002年最終エントリー候補/フジテレビ)
小林夏子(2003年最終エントリー候補/女優)
秋元玲奈(2004年最終エントリー候補/テレビ東京)
竹内由恵(2006年[2]/テレビ朝日/元キャンパスパーク)
本山華子(葉那子)(2008年/元A-PLUS/元モデル・タレント/元キャンパスパーク)
細貝沙羅(2008年最終エントリー候補/フジテレビ社員)
徳重杏奈(2009年最終エントリー候補/名古屋テレビ放送)
蜂谷由梨奈(2011年最終エントリー候補/宮城テレビ放送)
小澤陽子(2012年/フジテレビ)
桝田沙也香(2012年最終エントリー候補/テレビ朝日)
宇内梨沙(2013年/TBS)
小笠原舞子(2013年最終エントリー候補/札幌テレビ放送)
角谷暁子(2014年/元スプラウト)
茂手木葉奈(2014年準ミス/元スプラウト)
西村萌(2014年最終エントリー候補/スペースクラフト/モデル・タレント)
中川安奈(2015年最終エントリー候補/NHK)
(ウィキペディア ミスキャンパス)


 女子アナの登竜門であるミス慶應が「企画・運営を行う慶應義塾広告学研究会が起こした不祥事」のため中止になったというニュース。小倉さんは妙に冷たい態度ですが、ここで箔を付けて内定を確実にしたい学生にとっては許しがたい事態でしょう。来年は復活してください。

 【追記】
 集団強姦じゃ復活は無理か。不祥事を隠蔽する慶應大学もおかしいと思います。(リュウノスケ、2016.10.11)


 <「慶應ミスコン中止」の陰に1年生女子「集団強姦」 加害学生を直撃!>
 10月4日、“女子アナの登竜門”とも称される「ミス慶應コンテスト」の中止と、同コンテストを企画・運営する公認学生団体「広告学研究会」(以下「広研」)の解散が発表された。

 慶應大学側は、「告示文」においてその理由を「未成年飲酒」によるものとだけ説明したが、小誌取材により、大学側が明かさなかった「広研」の男子学生が引き起こした重大な事件が明らかになった。

 事件が起きたのは9月2日、現場となったのは、神奈川県葉山町内にある広研の「合宿所」だった。事件の全貌を知る広研所属の学生が語る。

「この日は、広研が夏の間に運営している海の家の撤収を行う作業のため、6人の男子学生が合宿所に泊まっていました。作業終了後、酒を飲むことになり、呼び出されたのが6人と顔見知りだった1年生のA子さんです」

 そして深夜、男子学生たちは酒で意識のなくなったA子さんに襲いかかったのである。しかも、あろうことか、その様子を別の学生が撮影し、実況まで行っていたという。

 男子学生の一人は小誌の直撃に対して最初は偽名を名乗ったが、「何も答えられないです」と言いながら、本人であることを認めた。「謝罪の気持ちは本当に……。時が来たら連絡します」と言い残すのが精一杯だった。

 一方でA子さんの母親は、小誌取材に対して、警察に被害届を提出したことを認めた。

 上記事実の確認を慶應大学に求めたところ、「今回の解散命令の基礎になった事実は告示文に記載されているとおりです。なお、今回の処分は、関係者に複数回にわたる事情聴取を行う等、大学として可能な限りの調査を行ったもので、適正なものと認識しております」との回答があった。(週刊文春、2016.10.11)


 <現役アイドル慶大生がミスコン面接のセクハラ明かす>
 「政治アイドル」として活動する現役慶応大生の町田彩夏が、過去に受けた「ミス慶応コンテスト」の面接でセクハラを受けていたことを明かした。

 町田は11日、慶応大の学生団体「広告学研究会」に所属する男子学生が、神奈川県葉山町にある施設で女子学生に乱暴したとする疑惑が報じられたことを受け、ツイッターで「ミス慶應の面接を受けた時に、合格したら、撮影のため、横浜に宿泊してもらいますって言われたんだよね…」と自身の体験を明かした。

 さらに「子孫を残すためにセックスするには何が必要だと思いますか?」との質問も受けたとして、「普通聞かれないよね!? 私今まで色々受けてきたけど、後にも先にもこれっきりだけどな〜」と不信感を抱いたが、これらの出来事について「今までは怖くて言えなかったんだ。このこと。だって、その相手は同じキャンパスにいたし、言っても誰も信じてくれないと思ったし、お前の自意識過剰だって言われて傷つきたくなかったから」と、打ち明けられなかった理由をつづった。

 「でも、密室でこんなこと言われるの怖かったし、明らかにセクハラだってことが分かって言わなきゃって思った」という町田。13日に今回の件を県警が捜査を始めたと報じられたことを受け、「ついに県警による捜査が始まりましたね。私は勇気を出して、ミス慶應面接でのセクハラ発言を公にしたけど、嫌な思いをして泣き寝入りしてしまう人が減りますように」と願った。(日刊スポーツ、2016.10.13)


 <【慶大】問題サークル「広研」の余罪…AKBメンバーに“非道”行為>
 “女子アナの登竜門”ミス慶応コンテストを未成年飲酒で中止に追いやった慶応義塾大学のサークルメンバーが、女子学生(18=当時)への集団レイプをした疑いで神奈川県警が捜査していることがわかり日本中に衝撃が走った。立件されれば、5月の女子大生への強制わいせつ事件で逮捕・有罪判決者を出した東大サークルに続くショッキングな事件。問題のサークルは、学園祭に呼んだ人気アイドルに性器を見せたり、別組織を作って美人局(つつもたせ)を繰り返したり“余罪”は他にもあるという。その驚がくの鬼畜実態に迫った。

「あのサークルは“慶応3大ヤリサー”の一つといわれ、女とセックスするのが目的。中でも集団レイプは『伝統行事』と言うメンバーがいるほど常習的。性犯罪のデパート化していた」(慶大関係者)

 問題のサークルは、1922年創立で「サークルの草分け」ともいわれる広告学研究会(以下、広研)。元フジテレビの中野美奈子(36)や元TBSの青木裕子(33)ら人気女子アナを多数輩出した「ミス慶応コンテスト」の企画団体でもある。卒業生の一人は、その実態をこう暴露する。

「年々メンバーが変わっても犯罪手法は受け継がれる。基本は女の子をナンパしてみんなで犯すというだけ。他大学と比べ、慶応は圧倒的にその手法が手慣れていることで有名。代表格の3大ヤリサーのうち2つはテニスとダンス系サークルですが、広研は芸能界やメディアとつながりがあるのをウリに女の子の関心を誘ってます」

 3年前のベストセラー「ビリギャル」の女性も広研メンバーで「広研から有名になった人は無数にいる」という。

 今回の事件で慶大側は10月4日付で、未成年に飲酒を強要したとして広研の解散を命じ、ミス慶応コンテストの開催中止が発表された。だが、その後「週刊文春」「週刊新潮」などが、集団レイプ事件が本当の解散理由と報道した。

 事件は、広研内で「合宿所」と呼ばれる神奈川・葉山町の建物で9月2日に開いた親睦会で起きた。6人の男子メンバーが1年生A子さん(18=当時)にテキーラなどを強引に飲ませ、レイプ。その様子を動画撮影する者、A子さんに小便をかけた者までいたと報じられた。

 卒業生は“余罪”についても「6年前の学園祭で開催したAKB48のライブでは、広研の連中が入場チケットを牛耳って、最前列の一部を占拠。AKBメンバーに性器をチラ見せしながら『生でやらせろよ!』とかヤジを飛ばしたんです。このときはAKBファンの学生が激怒し、大学側に抗議したんですが、大学は今回と同様『確認できない』で終わらせました」と明かした。

 ミスコンの中止は今回が2度目。2009年に広研メンバー9人が東横線日吉駅周辺を全裸で走る様子を撮影し、公然わいせつ容疑で書類送検され、翌年のミスコンは中止になった。

 同卒業生は「メンバーたちは当時『過激なプロモーションビデオを作っていた』と言い訳したそうですが、実際にはレイプ計画に失敗した連中が罰ゲームをやらされ、裸になっただけ、という話も聞いた」という。

 慶応大では数年前、別のサークルが急性アルコール中毒者を出した上、歓迎会で新入生女子を輪姦し、解散命令を受けた。すると広研は、ナンパが得意なメンバーだけ引き抜き、子分のような支部サークルを作らせたという。

「通称『美人局サークル』と呼ばれてるんです」(同)

 この支部サークルは大学非公認で、広研ではやりにくい悪さをするための別動隊とみられる。

「既婚者限定の不倫サークルという呼び込みで飲み会を開き、参加した既婚男性にサクラの女を迫らせ、ホテルへ入ったところで悲鳴を上げさせ、レイプ被害を装う。男性側は職場や家庭に知られたくない負い目もあり、大金を払うという仕組み」(元学生)

 Aさんの被害届を受け、神奈川県警は加害者2人と、スマホで撮影した1人を強姦容疑などで逮捕する方針だ。加害者側は「同意の上だった」としているが、単なる言い逃れの可能性が高い。

 同大の広報室は「現時点で警察から連絡を受けていないので、捜査についてお話しすることはありません」とコメント。ホームページでは「事件性が確認されるような場合には、捜査等の推移を見守りつつ、厳正な対処を行う」としている。(東京スポーツ、2016.10.15)


<参照>
ミス慶應コンテスト2016
モデルプレス 【いま最も美しい女子大生】ミス慶應コンテストファイナリスト<プロフィール&写真>
ウィキペディア ミスキャンパス
posted by リュウノスケ at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック