2016年06月22日

鳩山邦夫逝去

 法相や総務相などを歴任した自民党の鳩山邦夫(はとやま・くにお)衆院議員が21日午前11時35分、十二指腸潰瘍のため、東京都内の病院で死去した。67歳だった。鳩山由紀夫元首相の弟。葬儀は近親者のみで行う。お別れの会も行う予定。喪主は妻エミリーさん。

 邦夫氏死去に伴う衆院福岡6区補欠選挙は10月に行われる見通し。

 東京都出身。鳩山一郎元首相の孫、威一郎元外相の次男として、政治家一家に生まれた。東大卒業後、田中角栄元首相秘書などを経て、1976年衆院選で旧東京8区から無所属で初当選。2005年衆院選から選挙区を福岡6区に変更し、当選13回。文相や労相なども経験し、環境や教育分野に力を注いだ。

 第1次安倍、福田両政権で法相を務め、死刑執行の際の死刑囚の氏名を初めて公表。麻生政権で総務相に就き、東京中央郵便局(東京都千代田区)の建て替えに際して文化財保護の観点から見直しを求めた。

 1993年に自民党を離党。旧新進党、旧民主党などを経て、2000年に自民党に復党。旧民主党政権誕生後の10年に「自民党では限界がある」として再び党を離れたが、12年衆院選は自民党の推薦を得て当選し、復党した。その後は派閥横断の勉強会「きさらぎ会」を主宰し、安倍晋三首相を支えてきた。(時事通信、2016.6.22)


 鳩山由紀夫元首相は22日、弟の鳩山邦夫元総務相の死去を受け、コメントを発表した。由紀夫氏は、邦夫氏との最後の会話が東京都知事選(7月14日告示−31日投開票)への出馬打診だったことなどを明かし、「何事も兄を追い越していた弟でしたが、人生まで追い越すとは兄として寂しい限り」と胸中をつづった。

 コメントの全文は以下の通り。

 ◇

 弟邦夫の突然の訃報を聞いて、大変に驚いております。3年前に母が亡くなりましたが、まさかこんなに早く邦夫まで逝ってしまうとは信じられません。

 2週間ほど前に、都知事選に弟の出馬を期待している方がおられたので打診をしたのですが、「今はその気はないよ」との返事でした。それが弟との最後の会話になってしまいました。何事も兄を追い越していた弟でしたが、人生まで追い越すとは兄として寂しい限りです。

 私たち兄弟は小中学の頃は小児ぜんそく持ちで、当時は運動が嫌いで、母が心配して家庭教師を私たちにつけてくれたのですが、その先生が勉強よりも野球や昆虫採集を教えてくれました。邦夫が蝶の権威になったのはそれがきっかけでした。料理もプロ並みでしたが、大学生の頃、勉強が終わると台所で餃子を皮から作って食べさせてもらったり、屋台のラーメン屋に家を2人でこっそり抜け出して食べに行ったり、本当に仲の良い兄弟でしたが、常に弟のほうが積極的でした。

 また、弟は幼稚園の頃からオーパパ(一郎)の跡を継ぐのは自分だと言って、その通り、田中角栄先生の門下生となり、政治家になりました。政治嫌いの私が政治の世界に入るとき、派閥の違う私を角栄先生の下に連れて行ってくれました。

 言うまでもなく、弟は私にとって政治家の先輩であり、運命のいたずらで時には意見を異にすることがありましたが、内向的で自己表現がうまくない私にとっては、常に目標であり自慢の存在でした。主要閣僚を歴任し、また蝶を愛し自然を愛する弟が、より高い立場から日本の将来や環境問題などに真剣に取り組んでくれることを期待していただけに、残念でなりません。

 今は政治一筋に生きてきた弟が、政治という責任から身も心も解放され、安らかに永眠することを祈っています。(産経新聞、2016.6.22)


<参照>
ウィキペディア 鳩山邦夫
posted by リュウノスケ at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 訃報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック