2014年11月15日

侍ジャパンノーヒットノーランリレー達成

 「2014 SUZUKI 日米野球」の第3戦が15日、東京ドームで行われ、小久保監督率いる侍ジャパンは大リーグ選抜と対戦。坂本、中田の一発でリードを奪った侍ジャパンは、先発・則本から4人の継投で“ノーヒットノーラン”を達成。4―0の完勝で3連勝し、1990年以来24年ぶりに日米野球の勝ち越しを決めた。

 侍ジャパンが投打で大リーグ選抜を圧倒した。打線は3戦連続で先手を奪う。2回、中田の左翼線二塁打から1死二塁、坂本が左越え2ランを放って先制した。3回には松田の左前打で1死一塁から、中田が左越え2ランを放ってリードを広げた。

 援護を受けた投手陣も応えた。先発・則本は5回を投げ打者15人から6奪三振のパーフェクト投球を披露し60球で降板。6回から2番手で登板した西は2四死球を与えたものの2イニングを無安打に抑えた。8回は3番手・牧田が2四球で1死一、二塁のピンチを背負ったが、後続を抑えて“ノーヒットノーラン”を継続。9回は4番手・西野がアルトゥーベを空振り三振、サンタナを二ゴロ、モーノーを一ゴロに抑えた。

 日米野球で日本代表が勝ち越しを決めたのは1990年(8試合制、4勝3敗1分け)以来24年ぶりとなった。(スポニチ、2014.11.15)


 まさに快挙。パリーグ4投手はもちろん9回表サンタナが放ったヒット性の当たりを攻守でアウトにした菊池は特筆に値します。日本のいいところばかりが出た試合でした。


 <カノ骨折だった 右足小指に死球、残り試合欠場へ>
 大リーグ選抜のロビンソン・カノ内野手(32)が15日、日米野球第3戦で7回に西から右足小指に死球を受けて、途中交代した。

 そのまま都内の病院に直行し、エックス線検査を受けた。大リーグ機構も所属球団のマリナーズもケガの詳細については明らかにしていないが、関係者によると、右足小指の骨折で全治3〜4週間。残り試合を欠場することになった。

 だが、痛みはなく、12月中旬にはプレーに支障がなくなる見込みで、2月の春季キャンプには支障がないという。

 大リーグ公式サイトによると球場を出る際には「これも試合の一部。(16日の)日曜の試合も(札幌での)最後の試合もプレーできると思う」と話していたが、無念の離脱となった。5年連続で球宴に出場しているカノは、今回のメンバーで最大の目玉選手だった。(スポニチ、2014.11.16)


 <侍ジャパン西、骨折カノに直接謝罪>
 侍ジャパンの西勇輝投手(24=オリックス)が試合前、前日15日の第3戦で死球をぶつけて右足小指を骨折したロビンソン・カノ内野手(32)に謝罪した。

 練習前には小久保監督、鹿取投手コーチに付き添われ、ファレル監督に謝罪。その後、カノが球場に到着した直後、本人に直接謝った。(日刊スポーツ、2014.11.16)


西 カノーにデッドボール!カノー骨折!



<参照>
日刊スポーツ スコア速報 日本 対 MLB 【試合終了】 日本3勝0敗0分け ◇日米野球◇開始18時07分◇東京ドーム◇観衆46084人 2014年11月15日20時50分04秒更新
posted by リュウノスケ at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック