2014年11月15日

カマタマーレ讃岐知事選で現職に推薦状

 香川県を本拠地とするサッカー・J2のカマタマーレ讃岐が、8月に行われた同県知事選で再選された浜田恵造知事に推薦状を出し、関係者の政治活動を禁じたJリーグ規約に違反するとして、村井満チェアマンから口頭で厳重注意を受けていたことがわかった。

 規約では「リーグ関係者は、職務に関連して政治的デモンストレーションをしてはならない」と定めている。リーグによると、熊野実社長名の推薦状が告示前の7月、知事の後援会事務所に貼り出されたという。

 リーグの指摘で讃岐は8月31日の投開票日までに推薦状を取り下げたが、規約違反と判断した村井チェアマンが9月、熊野社長に電話で注意した。政治活動を理由にした処分は例がないという。

 讃岐は今春のJ2昇格の際、債務超過を解消するため、県から2000万円の出資を受けていた。熊野社長は「規約について認識不足だった。後援会に依頼され、深く考えずに推薦状を出したが、出資へのお礼という意図はなかった」と話している。(読売新聞、2014.11.14)


 チームにスポンサー名を入れないというポリシーの結果税金を使って運営されているJリーグ。ネット上では「税リーグ」なんて揶揄されているわけですが、現職知事の選挙応援をしているようでは批判は免れません。
posted by リュウノスケ at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック