2014年11月05日

内田裕也高畑淳子紫綬褒章受章を批判

 ロック歌手の内田裕也(74)が2日、自身のTwitterを更新。女優の高畑淳子(60)が2014年秋の紫綬褒章受章者に選ばれたことに激怒した。

 同じく受章者に選ばれたサザンオールスターズの桑田佳祐については「当然だ。ピースとハイライトは素晴らしいチャレンジだった。あのサザンがこの曲を日本のロックに一石を投じたと気分よかった」とたたえたが、高畑については、「同時に授賞?高畑ナントカという女優」と疑問を呈した。

 内田いわく、自身が出演した1981年の日活ロマンポルノ作品「鳴呼!おんなたち猥歌」で、高畑は出演予定にもかかわらずクランクイン前日にドタキャンしたのだという。そのアクシデントであわや撮影中止に追い込まれそうになったが、八方手を尽くした末、当時まだ駆け出しだった中村れい子が代役に決まり、なんとかクランクインにこぎつけたのだという。

 そうした過去の思い出があることから、「怒りは未だに収まらない。謝罪もない。ロマンポルノをなめているのか!」と、怒りをぶちまけた内田。高畑の紫綬褒章受章には「そんな女優に紫綬褒章!?一体誰が選考するんだ!?フザケスギテイル」と不満たっぷりにつづった。(日刊スポーツ、2014.11.4)


 『トリビアの泉』じゃないですが、へぇボタンを何度も押したくなるような芸能情報が詰まった記事だと思います。


posted by リュウノスケ at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック