2014年04月29日

「(遠足に)行くのは死ぬよりつらい」JTB中部男性社員遠足妨害事件

 JTB中部(名古屋市)の男性社員が、岐阜県立東濃高校(同県御嵩町)の遠足バスを手配し忘れ、ミスを隠すため、生徒を装い遠足中止を求める内容の手紙を学校に届けていたことが29日、同校への取材で分かった。遠足当日バスが来なかったため手配ミスが発覚、遠足は延期された。

 同校によると、遠足は全校生徒317人が対象。各学年ごとに名古屋市の東山動物園、三重県桑名市のナガシマスパーランドなどに行く予定で、男性社員に大型バス11台の手配を依頼していた。

 男性社員は遠足前日の24日夕、「学校の郵便受け近くに落ちていた」と言って、同校事務室に手紙を届けた。匿名で生徒を装い「(遠足に)行くのは死ぬよりつらい」などという内容だったという。このため同校は電話で、全校生徒の安否を確認。該当者がいなかったため遠足実施を決めた。

 しかし25日朝、全校生徒が集まる中、バスは来ず手配ミスが発覚。JTB側がその後、全校集会で謝罪した。同社の調査で手紙は男性社員が書いたことが判明したという。(時事通信、2014.4.29)


 「JTB中部」の男性社員が、岐阜県の県立高校の遠足で依頼されたバス11台の手配をせずに、遠足が延期されていたことが分かりました。

 男性社員は責任を免れようと、遠足の前日に生徒を装って自殺を暗示し遠足の中止を求める文書を高校に届けていたということで、JTB中部では学校側に謝罪しました。

 岐阜県御嵩町の県立東濃高校では今月25日、300人余りの全校生徒が学年ごとに分かれてバスを使って遠足を実施する予定でしたが、前日にバスの手配を依頼していたJTB中部多治見支店の男性社員から、遠足の中止を求める内容の文書が学校に落ちていたとして届けられたということです。

 学校によりますと、文書は封筒に入っていて、内容は生徒が自殺を暗示し遠足の中止を求めるものだったということです。

 高校では、詳しく調べた結果、自殺のおそれがある生徒はいないと判断し、遠足の実施を決めましたが、当日の朝になって依頼していた11台のバスが準備できていないことがJTB中部から伝えられ、延期したということです。

 JTB中部はその後、全校集会で生徒に事情を説明し、文書はバスの手配をしなかった男性社員が責任を免れようと生徒を装って書いたものだったと説明し、謝罪したということです。

 東濃高校の早野稔教頭は「生徒が楽しみにしていた遠足だったので残念です。生徒のために早く遠足を実施したい」と話しています。

 遠足が延期になった東濃高校の3年生の男子生徒は、「楽しみにしていた遠足だったので残念です。大人が生徒の命を言い訳にして取り繕うのは怖いことだと思います」と話していました。(NHK、2014.4.29)


 発注ミスはしょうがないとして全国ニュースになるような狂言はまずかったんじゃないでしょうか。半沢直樹みたいに土下座でもすればよかったのに。
posted by リュウノスケ at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック