2013年10月30日

川上哲治逝去

 プロ野球巨人の4番打者として活躍し、監督になって史上最多の9年連続日本一を達成した川上哲治(かわかみ・てつはる)さんが28日午後4時58分、老衰のため東京都内の病院で死去した。93歳だった。熊本県出身。葬儀は近親者で済ませた。親族らが30日、明らかにした。後日、お別れ会を行う予定。

 熊本工業高校時代に春夏計3回甲子園に出場し、1938年に巨人入団。初めは投手だったが、打力を買われて一塁手に転向し、39年に首位打者と打点王を獲得。58年の引退まで「弾丸ライナー」の強打者として活躍し、巨人の黄金時代を築いた。「(打撃練習中に)ボールが止まって見えた」という境地に達して「打撃の神様」とも呼ばれた。

 通算1979試合、7500打数、2351安打、打率3割1分3厘、1319打点、181本塁打。首位打者5回、本塁打王2回、打点王3回。最優秀選手(MVP)にも3回選ばれた。

 引退後2年間ヘッドコーチを務め、61年から監督。「管理野球」を打ち出し、長嶋茂雄、王貞治ら戦力にも恵まれて14年間でセ・リーグ優勝11回、日本シリーズもすべて制した。65年からは、現在も破られていない9年連続日本一を達成した。

 65年に野球殿堂入り。背番号16は巨人の永久欠番。巨人退団後はNHKなどの野球解説者を務め、少年野球の指導にも情熱を注いだ。92年文化功労者。

 ◇厳しさ貫いた
 堀内恒夫氏 残念というしかない。僕は怒られっ放しだったけれど、川上さんのおかげでまともな野球選手にしてもらえた。厳しさを貫き通した方だった。(V9の時代に)選手の強い個性を生かしながら使いこなせる人は川上さんしかいなかったと思う。

 ◇感謝している
 熊本工高の後輩に当たる広島・前田智徳外野手 何と言っていいか…。3、4年目のキャンプで、技術的なことや精神的なことを教えてもらった。けがから復帰して首位打者を争っていた時には、一日の最後の打席で自分のスイングができるようにという指導を受けた。他球団の選手を気に掛け、若造に真剣に接していただき感謝している。

 ◇アドバイスいただいた
 熊本工高の後輩で、元巨人外野手の緒方耕一氏 入団当初はあいさつするのが精いっぱいだったが、引退してコーチになるという時にいろいろアドバイスをいただいて感謝している。葬儀は身内で済まされたと聞いた。日本シリーズ中だから気を使われたのかな。川上さんらしい。

 ◇巨人の歴史と伝統そのもの
 巨人・白石興二郎オーナー 打撃の神様と称された選手時代、9年連続日本一を成し遂げた監督時代。こうした足跡こそが巨人軍の歴史と伝統そのもの。後継者のわれわれはV9を神格化することなく、V10を大目標に戦い抜くことが、川上さんの遺志に報いる道と信じている。悲しみを乗り越え、必ずや40年ぶりの連続日本一を川上さんに報告する。

 ◇伝統を引き継ぐ
 元阪神の吉田義男氏 プロ3年目くらいに、君はバットの芯に当てるのがうまいと褒められたことを覚えている。それが自信につながった。指導者としての功績は、ボール球を振らないという教えを徹底したことだと思う。プロ野球界はこの伝統を引き継いでいかなければならない。(時事通信、2013.10.30)


 「打撃の神様」「V9監督」として知られたプロ野球のかつての大打者で元巨人監督の川上哲治氏が28日午後4時58分、東京都稲城市の病院で老衰のため死去した。93歳。熊本県出身。葬儀・告別式は近親者のみで執り行った。

 「赤バット」で人気を博し、戦前戦後を通じて打撃の第一人者として活躍。1961年に巨人監督に就任し、65年からは9年連続日本一の偉業を達成した。監督時代の65年に野球殿堂入りし、監督通算1066勝739敗61分け。巨人の背番号16は永久欠番となった。

 川上氏は選手と監督の両方で成績を残した。選手としては入団2年目の1939年に19歳で首位打者に輝き、打点王も獲得した。翌年には本塁打王となり、20歳までに打撃主要部門のタイトルを全て手にした。

 56年には球界初の通算2000安打を達成。打球は「弾丸ライナー」と形容され、低い弾道の当たりで安打を量産した。投手としても11勝のうちの2つを完封で挙げた。

 61年に監督に就任すると長嶋茂雄、王貞治を擁してV9を達成。11度の優勝は鶴岡一人(故人)と並び最多。日本シリーズ出場11度も最多で、全て優勝した。

 巨人・白石興二郎オーナー「川上さんの足跡こそが巨人軍の歴史と伝統そのものです。後継者のわれわれはV9を神格化することなく、V10を大目標に戦い抜くことが、川上さんのご遺志に報いる道と信じます」

 ソフトバンク・王貞治球団会長「打撃の神様と言われ、戦後の野球界をリードするとともに、余人ではできないV9を達成した野球の神様のご逝去に、心よりお悔やみを申し上げます。勝負に対する執念、最後まで諦めないということを徹底して教えていただき、自分の人生で実践することができました。心から感謝申し上げます。安らかにお眠りください」

 巨人・原辰徳監督「プロ野球、巨人軍において、さんぜんと輝く大先輩。これから先も野球界の宝物です。個人的にもお手紙をちょうだいし、お電話で話す機会もあった。現役の時、打撃指導を受けたのを覚えている。指導する上において(川上氏の)指導方法を生かさせていただいています」

 元楽天監督・野村克也氏「野球少年だったので、赤バットの川上、青バットの大下に憧れていた。京都の田舎で巨人ファンだった。遠い存在、まさに神様だった。残念です。監督を長くやってきたが、常にV9時代が頭にあった。川上さんだったらどうするかと考えて、川上さんをかがみにした。もう一度お会いして、真の野球学を直接聞いてみたかった。これが野球だというお手本を示していた」

 元阪急監督・上田利治氏「偉大な方が亡くなられて残念です。個人としてもすごく実績があり、さらに、日本野球全体の力もつけられた。監督としてこうあるべきだと、教わった。知らず知らずのうちに、教訓として入ってきていた。心身ともに元気な方だった。寂しい」

 楽天・星野仙一監督「勝負に対してものすごく厳しい人だった。今のわれわれでもできないほど野球に人生をかけていた。情の厚い人だった。ただ、勝負には非情にもなった。そういうところは学んだ」

 ロッテ・伊東勤監督(川上氏の熊本工高の後輩)「高校の大先輩と軽々しく言えないほど、雲の上の存在でした。本当にショックです。今は心よりご冥福をお祈り申し上げます」(スポーツ報知、2013.10.30)


 長嶋茂雄・巨人軍終身名誉監督のコメントは以下の通り。

 突然の訃報に驚き、戸惑っています。

 私にとって川上さんは、とてつもなく大きな存在でした。巨人軍の4番打者として、監督としてバトンを受け、その偉大さを感じた毎日でした。

 選手としては、赤バットでプロ野球の人気を高め、監督としては勝負にも選手教育にも一切の妥協を許さない厳しさで、前人未踏のV9に大きな役割を果たされました。

 巨人軍、プロ野球のあるべき姿を教わるなど、私自身大きな影響を受けた先輩の一人です。ご冥福をお祈りいたします。(産経新聞、2013.10.30)


 野村克也氏の話

 川上さんとはそれほど深いつながりはないんですけど、あるとすれば私が南海の監督をやったときに、私のほうから面会を求めて、誰でもいいから投手を何人か譲ってもらえませんかとお願いに行ったときにね、すごいなと思ったのは、そこに長嶋がいたんですよ。『トレード話がどういうものか、近い将来長嶋君が監督をやるんで、是非どういうものが聞かせてやりたい。長嶋君の同席を許してください』と。そういうこともありました。そういう縁しかないんですよ。

 ただ、私は野球少年でしたから。『赤バットの川上、青バットの大下』という少年時代、あこがれてまして、京都の遠い田舎なのに、なぜか巨人ファンだったんですよ。だからそういうことぐらいしか、川上さんというのは遠い存在、まさに神様でしたからね。非常にまあ残念ですね。

 V9の時の最後のチームが我が南海。それも1つありますね。あのときはまるっきりみんなに言われてました。『1つ勝てばいいほうだろうと』。でも4勝1敗かな。本当に1つ勝ちましたけど。全く力もかなわないしね。

 私は監督生活長かったですけど、常にV9時代っていうのが脳裏にあって、川上さんを鑑にして、『川上さんだったらこういうときどうしたんだろう』とかいう思いは常にありましたね。V9時代の捕手である森とは親しくしてましたんで、彼には川上さんのことは聞いていました。よくミーティングなんかされる方だったんで、『川上さんってどんなミーティングするの?』って聞いたことがあるんですけど、野球の話はほとんどないと。強いて言えば人間学、社会学かなということを森から聞いていまして、そういえば川上さんシーズンオフに福井県の永平寺に修行に座禅を組みに行ったりしておられましたよね。川上さんの有名な言葉で『野球人である前に社会人であれ』というね、そういうことですね。

 何といっても非常に残念で、私自身としてはもう1回お会いしてね、野球とは、真の野球学を直接聞いてみたかったなと、そういう悔いはあります。

 未だに川上野球というのは引き継がれているんじゃない? 一回表から無死一塁で、はい、送りバントというのは川上野球でしょう。(川上野球とは)横綱相撲というよりも、これが野球だというお手本を示したと思います。お手本野球。チーム作りからね。(産経新聞、2013.10.30)
posted by リュウノスケ at 23:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 訃報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
巨人ばかり強い野球は結局、つまらないので、今はだれもみないので、日本テレビ系列から完全に巨人軍中継は消えてしまった。凋落している日本のプロレスと同じだ。力道山の功罪と似ている。
Posted by ティンパンアレと大貫妙子は最近すごいと分かった at 2013年12月25日 14:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック