2013年08月04日

「私の青春には、すべて彼がいます」松浦亜弥w-inds.橘と結婚

 3人組男性ユニット、w−inds.のボーカル、橘慶太(27)と歌手、松浦亜弥(27)が結婚することが3日、分かった。4日に婚姻届を提出。今秋、米ハワイで挙式する。互いに歌手デビューした2001年ごろから交際を始めて約12年。子宮内膜症のため芸能活動をセーブする松浦を支えてきた橘がこの日、全国ソロツアーを終え、2人は新たな門出を迎える。

 独特のハイトーンボイスに加え、甘いマスクが魅力の橘と、あややの愛称で親しまれるキュートな松浦。人気芸能人カップルがいちずな愛を実らせる。

 複数の関係者の話を総合すると、2人は4日に都内の区役所に婚姻届を提出する。松浦は結婚式の下見のため、6月にハワイを訪れており、10月以降に現地で挙式する予定。ある関係者は「お互いの親族を中心にこぢんまりしたものになりそう」と証言した。

 2人は2001年、芸能界にデビューした同期。すぐに意気投合し、恋愛に発展した。1度別れを経験したものの、多忙な生活の合間を縫って愛を育んできた。昨年から都内の高層マンションで同居生活を開始。結婚を決めた背景には、橘の仕事面での充実も大きい。w−inds.として韓国や中国のほか、昨年は香港公演が大成功。アジア各国で人気が高い上、KEITAとしてソロ再デビューした今年は6月に発売したアルバムを引っ提げ、全国ツアーを展開してきた。

 そのツアーもこの日、千葉・浦安市の舞浜アンフィシアターで最終公演を終えひと段落。人生の決断も今が絶好のタイミングと判断したようだ。6月に写真集「KEITA 24/7」を発売した際、PRイベントで結婚観を聞かれた橘は「ピュアな気持ちで結婚生活を送ることに憧れます」と発言。「交際は順調?」の呼びかけにも「筋肉は順調」と冗談交じりに答えつつ、笑みを浮かべ、そのころには結婚の意思を固めていたようだ。

 一方、2001年に「ドッキドキ!LOVEメール」でデビューした松浦は長年、抜群の歌唱力と“アイドルの中のアイドル”ともいわれるほどキュートな姿で多くのファンを魅了してきた。ところが、一昨年夏に4年前から子宮内膜症と診断されていたことを公表。この1年余りは仕事を制限しつつ、先月都内で行われたファンクラブ向けのライブには元気な姿を見せていた。

 結婚後も当面は芸能活動をセーブするとみられる。松浦は妊娠していないが、関係者を通じた主治医の話によると、子宮内膜症は妊娠が完治への最短の道という。2人とも将来的に愛の結晶の誕生を待ち望んでおり、そのことも結婚を決めた大きな理由とみられる。

 関係者や2人を知るタレント仲間は「本当にお似合いのカップル。幸せになってほしい」と口々に祝福。2人がどんな言葉でファンに結婚を報告するか注目される。

 子宮内膜症は、卵巣など他の臓器で子宮内膜が増殖することで痛みを伴う病気。潜在患者は100万人から200万人にも上るともいわれる。松浦はひどい痛みが出たときなどに薬を服用してきたが、外科治療は行っていない。ただ、放置すると不妊症になるケースも。松浦は2011年にブログで子宮内膜症を公表した際、「気になる人は迷わず、少しでも早く病院に行くことを勧めたい。私が話すことで、少しでもたくさんの女性にこの病気を知ってほしい」と呼びかけた。

 ■松浦 亜弥(まつうら・あや)

 本名同じ。1986年6月25日生まれ、兵庫県姫路市出身、27歳。2000年にモーニング娘。の妹分オーディションに合格し、01年4月に「ドッキドキ!LOVEメール」でデビュー。同年のNHK紅白歌合戦に初出場した。ヒット曲は「Yeah!めっちゃホリディ」など。04年にドラマ「愛情イッポン!」で初主演、女優としても活躍。11年8月30日、4年前から子宮内膜症と診断されていたことを公表、同年12月にベストアルバムの発売記念ライブを開いたが、それ以降は芸能活動をセーブしている。身長1メートル57。血液型B。

 ■橘 慶太(たちばな・けいた)

 本名同じ。1985年12月16日生まれ、福岡市出身、27歳。2000年に九州・沖縄スターライトオーディションの審査員特別奨励賞を受賞。千葉涼平(28)、緒方龍一(27)とともにw−inds.を結成し、01年3月に「Forever Memories」でデビューした。同年、日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞し、翌02年にはNHK紅白歌合戦に初出場。ヒット曲は「Another Days」「Long Road」など。06年に台湾で日本人初となるアルバム4作連続1位に輝いた。この年、ソロデビューも果たした。(サンケイスポーツ、2013.8.4)


 歌手の松浦亜弥と男性3人組ダンス&ボーカルグループ、w─inds.の橘慶太が4日、婚姻届を提出したことを発表した。以下、2人のコメント全文。

 橘慶太「この度、私、橘慶太は
8月4日にかねてから交際しておりました
松浦亜弥さんと入籍いたしました事を
ファンの皆様、マスコミの皆様、関係者の皆様に
ご報告させて頂きます。

これから家庭を持ち様々な事を経験して、
一人の男としても成長できるように日々精進し
そして、より一層仕事に勤しみたいと思います。

まだまだ未熟者の私共2人ではございますが、
どうか皆様には暖かい目で
見守っていただけると幸いです」

 松浦亜弥「皆様ご無沙汰しております。
松浦亜弥です。

私事ではありますが、ご報告があります。
本日、8月4日にかねてから交際させていただいている
橘慶太さんと
入籍させていただきました。

今までにも何度か交際などの報道がありましたが
自分たちが発言する時は、
応援してくださるファンの方含め、
私に関わるすべての方にご迷惑をかけることのないよう
結婚のタイミングでと決めておりましたので
きちんとした報告ができず申し訳ありませんでした。

今年の冬で12年の付き合いになりますが、
私の青春には、すべて彼がいます。
悲しいこと、辛いこと、嬉しいこと、楽しいこと全部です。

今まではとても幸せだと日々感じながら過ごしてきましたが、
これからは、
家族になり、家庭をもち、また新たな幸せを作っていけたらと
思っております。

まだまだ未熟者ではありますが、
とてもストイックで努力家、
そして九州男児な彼のサポートが出来るよう、
ときに強く、ときに可愛らしくしっかりとした女性になれるよう
精進いたします。

今後も、松浦亜弥として
お仕事もより前向きにがんばります。

応援してくださる皆様に
やっと報告できました。
心から感謝いたします」
(スポーツ報知、2013.8.4)


 結局別れてなかったこの二人。12年付き合って結婚するというのは普通に美しい話ですし、「私の青春には、すべて彼がいます」という言葉は橘と人生を歩んで行くんだという覚悟を感じます。ファンの人は快く祝福してあげるべきでしょう。





<参照>
ウィキペディア 松浦亜弥
posted by リュウノスケ at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック