2007年01月22日

「宮崎県知事選」そのまんま東氏が初当選

 官製談合事件による前知事辞職に伴う出直し宮崎県知事選は21日投開票され、無所属新人で元タレントのそのまんま東氏(49)が、元林野庁長官の川村秀三郎氏(57)、元経済産業省課長の持永哲志氏(46)=自民、公明推薦=の両無所属新人ら4氏を破り、初当選した。投票率は64.85%で前回を5.51ポイント上回った。

 東氏は政党や団体から一切支援を受けず、「しがらみ」の無さをアピール。タレント色を一掃した地道な草の根選挙に徹したほか、具体的な数値目標や期限を設定したマニフェスト(政策綱領)も提示し、都市部の無党派票を集めた。談合事件や選挙戦での保守分裂で、既成の政治勢力に嫌気が差した一部政党支持層にも浸透した。(時事通信)

当266807 そのまんま東 (49) 無新
 195124  川村秀三郎  (57) 無新
 120825  持永  哲志  (46) 無新
  14358  津島  忠勝  (61) 無新
   3574  武田  信弘  (52) 無新


 そのまんま東氏は1957年、宮崎県都城市生まれ。高校卒業まで同市で過ごし、高校時代はハンドボール部でインターハイに出場、国体選抜メンバーにも選ばれた。小学校の文集で夢は「政治家とお笑い芸人」と書いた通り、専修大卒業後、81年にビートたけし氏の一番弟子となり、「たけし軍団」のリーダーとして活躍した。

 86年には、たけし氏らと講談社の写真週刊誌編集部を襲った「フライデー襲撃事件」で社会を騒がせた。その謹慎中に執筆した著書「ビートたけし殺人事件」はテレビドラマ化もされ、共演した女優かとうかず子さんと後に結婚し子どもをもうけたが、2006年2月に離婚している。現在は独身。

 未成年が働いていた風俗店でサービスを受けるなどして、98年には再び謹慎の身に。その間、勉学に励み、2000年に早大第二文学部に入学。在学中、リポート作成を通じて本格的に政治への関心を持ち、同学部卒業後、同大政治経済学部に再入学した(06年3月に退学)。

 立候補前に所属芸能事務所を離れ、退路を断っての出馬。過去の不祥事からくる政治家としての資質に対する批判には「(自身が立ち直った経験と宮崎再生の)プロセスと重なる部分が多々ある」と訴えた。

 趣味は学問とマラソン。「芸人人生」などの著書がある。(共同通信)


 善戦が伝えられていたんですが、ふたを開けてみればそのまんま東の圧勝だった宮崎県知事選。地元の人にはマラソン以外のパフォーマンス禁止と芸能人の応援封印といった地味な選挙活動が誠実に映ったようです。それにしても前科もあり、談合に関して容認発言もした(下記記事参照)のによく当選しましたね。

 早稲田で勉強したといっても行政手腕は未知数なだけに有能なブレーンを起用するしか道はないわけですが、大赤字の宮崎県を立て直すためには自民党が支配する県議会とどう折り合いをつけるのかが鍵となります。でもシーガイアとか作ったのもこいつらですしね。どうするんだろ。まあ財政再建はともかく東知事が好色家なのは有名なので横山ノックみたいにならないことを祈るばかりです。


 官製談合事件に端を発した宮崎県の出直し知事選に立候補予定の元タレントのそのまんま東氏(49)=本名・東国原(ひがしこくばる)英夫=が23日、報道各社の取材に対し「官製談合は悪いが、一般談合は社会の必要悪」と談合を容認する発言をした。「知事を目指す人間としておかしい」と批判が出ている。

 東氏は「談合は善しあしだと思う。官製談合は官が主導しているから悪だ」と述べ、業者間の談合については「一般談合をなくすと、現実問題として中小零細企業は非常に痛手を被る」と指摘。法律違反を認めるのか、という質問には「一般談合も悪いと思うが、社会には必要悪というものがある。現実として、それまでなくしてしまったら中小企業はどうなるんでしょうか」と語った。

 21日に談合の問題点を学ぶ勉強会を開いた同県清武町の特定非営利活動法人理事長、初鹿野聡さんは「法律で決まっていることを、公を目指す人が必要悪と言うのはいかがなものか」と疑問視。市民オンブズマン福岡の児嶋研二代表幹事は「官製なら悪く、業者間の談合はいいというのは本末転倒。談合は犯罪で、落札価格の高止まりにつながる。税金の無駄遣いが問題で、基本的な認識に欠ける」と批判している。(西日本新聞 2006/12/24)


[タイトル] そのまんま東へ
[アーティスト] FUNKY MONKEY BABYS
[レーベル] ドリーミュージック
[種類] CD


posted by リュウノスケ at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック