2012年12月27日

板東英二所得隠し事件

 元プロ野球選手でタレントの板東英二さん(72)の個人事務所「オフィスメイ・ワーク」(名古屋市名東区)が、名古屋国税局の税務調査を受け、7年間で約8千万円の申告漏れを指摘されたことが分かった。国税局は、うち約5千万円は取引先への架空外注費などによる所得隠しと判断。重加算税を含め約3千万円を追徴課税したとみられる。

 板東さんは事務所の実質経営者で、国税局は板東さんが主導し所得を隠したとみている模様だ。オフィス社は「当局の指導に従い、すでに修正申告し納税した」としている。

 関係者によると、オフィス社は、大阪市のイベント企画会社にテレビ番組の企画制作や商品開発などを外注したように装い、企画会社が受け取った代金を還流させていた。また、倒産した名古屋市の自動車販売会社に金を貸したようにみせかけ、回収できなくなったとして費用に計上するなどしていた。(朝日新聞、2012.12.27)


 元中日ドラゴンズ選手でタレントの板東英二さん(72)が7月まで役員を務めていた番組企画制作会社「オフィスメイ・ワーク」(名古屋市名東区)が、名古屋国税局から7年間で約5000万円の所得隠しを指摘されていたことが分かった。経費処理も含めた申告漏れの総額は約7500万円で、重加算税を含めた追徴課税は約2800万円。同社は板東さんの個人事務所も兼ねており、既に修正申告したという。

 関係者によると、同社は大阪府内の別の番組制作会社にテレビ番組の企画や制作を外注したように装い、外注費などを支払ったように見せかける手口で所得を圧縮、05年8月期からの7年間で約5000万円の所得を隠したという。また板東さんの個人的費用を、会社の経費として計上していたという。信用調査会社によると、同社は95年9月に設立。板東さんのタレント活動で得た収益を主な収入源としている。

 板東さんは88年に国税庁の確定申告PRポスターに起用されてからの23年間、確定申告初日に申告書を提出し早期の申告を呼びかけるなど国税庁のPR役を果たしてきた。名古屋国税局は07年、功績をたたえる感謝状を板東さんに贈っている。(毎日新聞、2012.12.27)


 確定申告のPRを長く担当していた元プロ野球選手でタレントの板東英二さん(72)の個人事務所「オフィスメイ・ワーク」(名古屋市名東区)が名古屋国税局の税務調査を受け、二〇一一年八月期までの七年間に総額で約七千五百万円の申告漏れを指摘された。うち五千万円は重加算税の対象となる所得隠し。既に修正申告し、追徴課税約二千八百万円を納税したという。

 関係者によると、板東さんはオフィスメイ社の実質的な経営者。大阪府内の番組制作会社にテレビ番組の企画を外注した際、架空の経費を上乗せして支払ったり、板東さんの個人的な支出を会社の経費に計上したりしていたという。会社の利益を減らすことで、法人税を減らしていた。オフィスメイ社は本紙の取材に応じていない。

 板東さんは一九五九年、中日ドラゴンズに入団。投手としてリリーフなどで活躍し、十一年間で七十七勝を挙げた。引退後、野球解説者やテレビタレントとして活躍している。

 八八年から国税庁の確定申告のPR役を担当し、報道陣の前で国税電子申告・納税システム「e−Tax」を使い、適切な納税を強調していた。今年から担当を外れていた。名古屋・千種税務署の一日署長を経験するなど、二〇〇七年には「国税行政に多大な貢献があった」として、名古屋国税局長から感謝状を受けた。(東京新聞、2012.12.27)


 記事を読むとかなり悪質なこの所得隠し。「板東さんは「人生に愛はいらん。金や金!!」と言っていたので、金をめぐる話が一番困ると思った」(ウィキペディア)という桂春彦の証言は事実だったのではないか。税金を誤魔化されていたのに感謝状まで与えた名古屋国税局長の間抜け振りに呆れます。


 <所得隠し協力先に1500万円謝礼か 板東事務所問題>
 タレントの板東英二さん(72)の個人事務所による所得隠しの問題で、板東さんが約15年間にわたって架空外注を主導し、所得隠しに協力した取引先に謝礼を渡していた疑いがあることが、朝日新聞が入手した資料と関係者への取材でわかった。取引先の関係者は「この間に1500万円前後は受け取った」と認めている。

 板東さんの事務所「オフィスメイ・ワーク」(名古屋市)は、大阪市のイベント企画会社や同市の別のイベント企画会社にテレビ番組の業務を外注したように見せかけ、所得を隠したことが入手した資料でわかっている。

 関係者によると、板東さんの事務所が企画会社側に架空請求を指示。企画会社側が請求書を送ると、事務所から口座に入金され、必要経費を差し引いた残りを板東さんや事務所の関係者に現金で還流させていた。

 これらの企画会社は、所得隠しに協力した謝礼として架空請求額の15%を受け取ったとされ、その割合は事務所側で設定されたという。(朝日新聞、2012.12.28)


<参照>
ウィキペディア 桂春彦
posted by リュウノスケ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック