2011年08月11日

フジテレビリトルボーイ事件

 広島県は11日、フジテレビ系で広島原爆忌の翌日の7日に放送されたドラマで主演のAKB48の前田敦子さんが「LITTLE BOY(リトルボーイ)」と書かれたTシャツを着て出演したことに対し、「広島に投下された原爆の通称名であり、配慮してほしい」と同局に申し入れたことを明らかにした。

 県被爆者支援課によると、県に「不謹慎ではないか」といったメールなどが約130件あった。フジテレビは「不快な思いをさせたことは遺憾に思う。今後は誤解を招かないように番組制作に取り組んでいく」と回答したという。(時事通信、2011.8.11)


 広島県は10日、フジテレビ系で放送されたドラマで俳優が着た衣装に、広島に投下された原爆の通称名でもある文字があったことに対し、「不謹慎という声も県に寄せられており、今後は配慮してほしい」とフジテレビに申し入れた。

 7日夜のドラマ「花ざかりの君たちへ」で、主演の前田敦子さん(20)が着たTシャツに「LITTLE BOY」とあった。広島原爆の日の翌日の放送だったこともあり、ネット上などで批判する指摘が相次いだ。同県にも11日朝までにメールや電話で約130件の問い合わせがあった。

 フジテレビ広報部は「Tシャツの文字が広島の原爆の通称名という認識はなかった。誤解を招かない番組作りに努めていきたい」と話している。(朝日新聞、2011.8.11)


 俳優・高岡蒼甫(29)が、韓国ドラマを放送するフジテレビを批判するコメントを短文投稿サイト「ツイッター」に書き込み、所属事務所を退社したのを受け、フジテレビに抗議しようとネット上で呼びかけあって集まった約1000人が7日、本社がある東京・お台場でデモ行進を行った。

 お台場ではフジテレビが主催する夏の屋外イベント「お台場合衆国2011」を開催中。日曜の昼間とあり、多くの来場者でにぎわう会場は、無数の日本国旗に加え、拡声器の声と怒号で騒然となった。デモ行進の許可を得ていなかったため、当初はフジテレビ社屋近くの公園で集会を行い解散する予定だったが、「散歩」という形でデモを始めた。

 だが、フジテレビ社屋前を通過したあたりから参加者は興奮。「日本を返せ!」「ノーモア韓流」「ツイートしたぐらいで事務所は解雇するなー!」などと絶叫。日章旗を持った男性を先頭に、行進の列は約500メートルにも達した。警察官は見守るだけで手出しはせず、怒号渦巻く行進の恐怖で泣きだす子供もいた。(デイリースポーツ、2011.8.8)


 「8は今、マジで見ない。韓国のテレビ局かと思うこともしばしば」と過激なツイートを始めてから18日、今月5日に滞在先の米ニューヨークから帰国してから5日。これまで韓流批判を繰り返していた高岡が、突如謝罪した。

 「沢山のご意見を下さった方々へ」のタイトルで5日ぶりにブログを更新し、「自分を今まで支えて下さった沢山の方々、そして何より一番近くで支えてくれている家族に迷惑をかけてしまった。一人の責任ある社会人として、発言に対する配慮にかけていた」と反省の弁。

 ブログやツイッターに寄せられたファンの意見に感謝した上で、「今後、一人の人間として、言葉の持つ影響力への理解を更に深め、一人の表現者として、一人でも多くの方に表現の素晴らしさを伝えていけるように、日々精進していきたい」と俳優業に前向きな姿勢をつづった。

 これまでの意見を一転して翻した。その背景には、自身の言葉が予想以上に世間に影響を及ぼしたことが大きいようだ。「洗脳気持ち悪い」などと書いた高岡のつぶやきは、猛烈な勢いで広まり、今月7日、東京・台場のフジテレビ前で抗議デモが行われた。

 高岡自身、最近は「方向性が明らかに違う気がする」などと戸惑いを見せ、5日のブログに「このままじゃ着地点が一向に見えないので一回休憩に入ります」と書き沈黙状態になっていた。

 今回の突然の謝罪に、同ブログには10日午後11時半現在で、3600件以上のコメントが殺到。「色々な力に負けないで」「高岡さんは間違っていない」といった応援メッセージから、「今更、何? 芸能界に戻りたいの?」「やることが中途半端だ」との批判的な意見まで飛び交っている。(サンスポ、2011.8.11)


 高岡蒼甫のツイートに端を発した「フジテレビ韓流騒動」。当の高岡は大事になって怖気づいたのか結局降りてしまい、ネット住民が独立して運動している現状です。

 このブログでも書いたように、まずアマゾンレビューの花王攻撃があり、更に7日のフジテレビ前デモときて、今回のリトルボーイ事件という流れ。言うまでもないことですが、前田敦子に全く罪はないのであり、このTシャツを用意したスタイリストとそれをオンエアしたフジテレビに過失があります。

 今回の件を批判している人のなかには、「広島と長崎の原爆投下というのは日帝敗北の象徴として中韓で一定の評価をされており、それを意識した上でフジテレビは平和記念日の翌日にあのTシャツを放送したのだ」と解釈する向きもあるようです。

 まさかそんなことはないと思いますが、どっちにしろ「Tシャツの文字が広島の原爆の通称名という認識はなかった」というコメントは放送人としてあり得ません。

 こうして広島県が動き、一般メディアで取り上げられた以上、放送倫理上問題があると判断したら関係団体にメール通報するという活動はある程度有効性を持ちます。今後もフジテレビに対するネット住民の闘争は続くでしょう。


<参照>
グーグル画像検索「little boy Tシャツ」
ウィキペディア 日本への原子爆弾投下 原子爆弾投下の歴史認識 中国・韓国
リアルライブ 高岡蒼甫がブログで謝罪したウラで… 芸能界の大物社長に土下座
posted by リュウノスケ at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック