2011年06月25日

「欲しい物があったらとってしまおうと思った」仙台育英野球部員建造物侵入事件

 高校野球の名門として知られる仙台育英高(仙台市宮城野区)の硬式野球部員7人が、建造物侵入容疑で宮城県警塩釜署から仙台地検に書類送検されていたことがわかった。書類送検は14日付。

 同署によると、7人は2、3年生。4月7日午後8時頃、東日本大震災の津波で被災し、休業中だった同県多賀城市内のリサイクルショップに侵入した疑い。巡回中の同署員が見つけた。7人は「欲しい物があったらとってしまおうと思った」と話しているという。

 同高は翌4月8日に県高野連に口頭で報告。7人は同日から1週間、自宅謹慎となり、硬式野球部も活動を取りやめた。

 同高は夏の甲子園大会に22回、春の選抜大会に9回出場した。(読売新聞、2011.6.18)


 日本高校野球連盟は22日に大阪市内で審議委員会を開き、仙台育英高(宮城)の部員7人が建造物侵入容疑でこのほど書類送検された件について、同校野球部に厳重注意処分を科すことを決めた。日本学生野球協会の審査室会議が決める対外禁止処分の対象とはならず、7月の全国高校選手権宮城大会には出場できる。

 日本高野連によると、部員7人は今年4月、東日本大震災で被災した無人の書店に侵入したとして書類送検された。ただし部員は興味本位で入っただけで盗みなどはしていないと話しており、仙台育英から県高野連への報告も速やかだったという。西岡宏堂審議委員長は「軽率な行いだったので、今後は被災地の状況を考えて行動できるようにしてほしい」と話した。(時事通信、2011.6.22)


 東日本大震災の被災地で、硬式野球部員7人が不祥事を起こした仙台育英高に対し、日本高野連は厳重注意にとどめ、夏の甲子園大会出場の懸かる宮城大会の出場は差し止めなかった。「不法侵入は5人以上なら厳重注意」という前例にならった判断となった。

 ただし、窃盗目的ではなかったとはいえ、被災地で無人の店舗に侵入するという「火事場泥棒」と受け取られても仕方ない行動をしたことには真摯な反省が求められる。被災地での案件という事情は処分に加味されなかったが、積極的にボランティア活動に汗を流している野球部員が多くいる中、あまりにも自覚に欠ける行動だ。

 学校側から報告を受けながら、日本高野連に報告していなかった宮城県高野連に対しても厳重注意となった。日本高野連の西岡審議委員長は「報告してくれれば相談に乗ることもできた」と話した。(スポニチ、2011.6.22)


 高校野球の名門・仙台育英高の硬式野球部員7人が東日本大震災で被災し休業しているリサイクルショップに侵入したとし、書類送検されたことがわかった。高校側は部活が終わった後に「探検心が湧いた」ための過ちだったとしているが、「生徒は欲しい物があったらとろうと思ったと供述している」と報じる新聞もある。

 この報道が出ると高校には「震災を受けた地域の生徒に相応しくない行動」、「野球部を廃部にしろ!」などといった抗議が相次いだ。同野球部が夏季大会に出場できるかどうか、6月22日に開かれる日本高野連の小委員会で審議される。

 ■テレビゲームなど若者向けのショップ

 事件が起こったのは2011年4月7日の午後8時過ぎ。高校の説明によれば、7人は部活の帰りに多賀城市内にあるリサイクルショップ「万代」の敷地内に自転車で入った。「万代」はテレビゲームやDVD、本や貴金属といった若者向けのショップだが震災のため営業中止。1階部分は津波で浸水し、入り口や窓ガラスは壊れていた。生徒達に「火事場泥棒」しようという意識は全くなく、冒険心や探検心でショップの中を散策していた、という。

 この付近は電気店やスーパーなどが集まっていて、「火事場泥棒」が出ると噂になっていた。そのため、警察は警備を強化。この日は自転車7台が並んでいるのを発見しショップの中に入ったところ7人の高校生を見つけた。

 生徒達の事情聴取は親が呼ばれ5月19日を含め2度行われた。親が行けなかった生徒は野球部監督が身元引受人になった。そして警察は6月14日に建造物侵入の疑いで7人を書類送検。書類送検したことは高校には知らされず、16日に地元の河北新報からの取材で知ることになったという。高校はその日に宮城県高野連に報告。宮城県高野連は日本高野連に報告し、同校の処分の判断を仰いでいる。

 ■部活動停止、被災地で1週間ボランティア活動

 高校は7人に対し1週間の自宅謹慎処分にし、7人を除いた55人の野球部員の部活動を1週間停止。55人は被災地のボランティアに登録させ食事の配給や瓦礫の処理などの仕事に就かせた。

 読売新聞などは生徒が「欲しい物があったらとろうと思ったと供述している」と報じている。しかし高校は「火事場泥棒」のような行為を考えたことは全くなく、警察からも

 「補導したときに手に商品は握られていなかった」

 と証言をもらっている、という。生徒から話を聞いたが、このようなことは話していない、といっているという。

 同高は春夏の甲子園大会に31回出場している名門。今年の夏の大会も甲子園出場の最有力候補だが、今回の不祥事で出場できるかどうか。日本高野連に話を聞いてみると、

 「22日に小委員会が開かれますが、仙台育英高校についてはそこで話し合われる議案の一つになっています」

 ということだった。(J-CASTニュース、2011.6.21)


 まず、このニュースで重要なことは生徒がリサイクルショップに侵入した動機が「冒険心や探検心」なのか、あるいは「窃盗目的」なのかということ。読売新聞以外は窃盗目的とは書いていないので仮に誤報ならば仙台育英高校と生徒の保護者は謝罪・訂正を求めるべきです。ただ、読売の記事が事実である場合はどうなのか。

 震災後に治安が悪くなったというのは放射能の影響で住民が避難した福島を中心に実際あったと聞きます。人の不幸に付け込む火事場泥棒など被災者からすれば絶対に許せないでしょう。

 仙台育英野球部員が窃盗目的でリサイクルショップに侵入して警官に補導されたのだとしたら、そして動機をうやむやにしたまま全国選手権宮城大会に出場して優勝してしまったらどうするのか。「火事場泥棒」が宮城代表でいいのか。

 他所者の私がどうこう言う筋合いの話ではありませんが、これは仙台育英・高野連だけではなく、宮城県民全体の名誉に関わる重大な問題だと思います。


<参照>
読売新聞 仙台育英野球部員、被災の店に侵入…書類送検
posted by リュウノスケ at 02:09| Comment(6) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
被災者は火事場泥に失望している
Posted by ちば at 2011年06月25日 22:47
ちばさんコメントありがとうございます。
被災者の心配事がこれ以上増えないことを祈ります。
Posted by リュウノスケ at 2011年06月26日 01:35
Posted by のり at 2017年08月17日 22:58
矛盾してるよな。
手には品物を持っていなかったからって
盗むつもりで侵入したんだろ。
店側からしてみたら、不法侵入だろ。
社会ナメてんのか。
くだらない人間だな。
先が見えてるわ。
本人達は自宅謹慎で他の部員は奉仕活動かよ。
自覚が足りないな、他の部員が可哀想だ。
Posted by のり at 2017年08月17日 23:10
とことんクズ高校
Posted by at 2017年08月24日 05:23
阪神に入った二人が関わっていないことを祈るわ
Posted by at 2017年11月10日 15:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック