2009年10月26日

野村克也楽天名誉監督就任へ

 今季限りで退任する楽天・野村克也監督(74)は25日、球団から要請されている3年契約での名誉監督就任を受諾する意向を示した。近日中に楽天本社で行われるオーナー報告の席で三木谷球団会長、島田オーナー兼社長に正式回答する。

 感動的な胴上げでの幕引きから一夜明け、老将はさわやかな表情で新千歳空港に姿を見せた。23日未明、三木谷会長から直接オファーされた名誉監督就任に「断る理由はない。評論家をやっても解説やってもいいと言われた」と明言した。

 島田オーナーからは背番号「19」を永久欠番とする提案を受けたが「そんなたいした番号じゃない」とサラリ。花巻東・菊池が入団する際に“禅譲”することにも「もう運はないよ」と笑った。「年は食っているけど、体は元気。オレから野球をとったら、何もないから」。年内はテレビ出演や講演活動で大忙しの模様だ。(スポーツ報知)


 チームを初のクライマックスシリーズに導いても、「退任」というシナリオは変わらなかった。24日の日本ハム戦が最後の指揮となった楽天の野村克也監督(74)。圧倒的なファンの支持を得ながら、第一線を退くことを余儀なくされた。島田亨オーナー兼球団社長の記者会見では「シーズン初めから既定路線だった」という説明があっただけ。だが舞台裏には、語るに語れない事情も見え隠れする。

 知将のイメージが強いが、近年は“野村コンピューター”の衰えが否めなかった。ミーティングでは、同じ内容の発言の繰り返しが目立つようになったという。2軍や敵チームの選手に関しても、細かい情報の把握はおぼつかない面があった。

 実戦での指揮の多くは、監督主導ではなかったという。自身が主体的に戦況を動かすことは少なく、周囲の支えで成り立っていた。ある場面でヒットエンドランを仕掛けるとき、コーチが「カウントや投手の制球力を考えるとストライクがくる確率が高く、空振りする球種はない」と根拠を明示して進言し、それを受けて野村監督が決断を下した。

 この現状に、現場のスタッフから「来年も監督の仕事ができるかといえば、難しいのではないか」という声も聞かれた。

 家族との関係も、問題を複雑にした。息子の克則氏が現役引退すると、1軍バッテリーコーチに。主に継投策で克則コーチの意見は強く反映された。ブルペンとの意思疎通を欠いたまま、投手起用が決まることもあったという。辛口な「ぼやき」と相まって、選手らの間には不満が募った。

 野村監督の契約は、夫人の沙知代さんが経営する会社を通じて結ばれていた。必然的に、球団は夫人と接触する機会が多くなり、その強烈な個性に手を焼いたようだ。ある関係者は「野村さんの功績には感謝しているが、うちでチャンスを得られたから活躍できたという面があるのも事実。奥さんに言わせると、『すべて主人のおかげ』となってしまう」とこぼす。

 球団の対応も的確さを欠き、個性的な監督を御しきれなかった。三木谷浩史会長や島田オーナーが現場を訪れることは少なく、コミュニケーションが十分に取れていたとは言い難い。皮肉にもチームは快進撃を続け、進退問題は難しさを増した。「楽天イーグルスは好きだが、楽天球団は嫌い」といった批判も飛び出す。結果的に双方が傷ついた。

 マスコミへの露出の多さは球界一だ。広告宣伝効果はスポンサー収入に直結する。球団への貢献度が極めて高かったという事実は揺るがない。ただ、去就に関する話題が加熱する中で、ある球団幹部はこう語った。「メリットとデメリットを比較して判断しなければならない」。結論は既定路線通り、今期限りでの退任だった。(共同通信)


 残留を望む楽天ファンの声も空しく退任となった野村監督。過去の実績は間違いなく、今年もCSに進出したとはいえ、上記記事のように若干耄碌しているようです。年食ったら新外人の名前が覚えられなくなると西本さんか関根さんが言ってましたね。

 高齢による衰え・サッチー・カツノリ・1億5000万の高額年俸などが契約延長しない理由。特に今年躍進したので実質的代理人のサッチーが更なる年俸アップを要求するのは必至。4億5000万のバレンタイン、2億2000万の原に次いですでに落合と同額の球界3位。「拾ってやった」意識のある楽天フロントが増長する野村夫婦に嫌気がさしたのも分かります。

 「年俸などいくらでもいい」と公言する野村監督ですが、交渉はサッチーがするんだから「いくらでもいい」ってことになるわけがありません。5000万で受けてくれるからブラウンにしたという話もあって楽天フロントがチームを強くする気がないのも確かですが、全面的に野村が正義みたいな雰囲気には違和感を感じた今回の騒動した。
posted by リュウノスケ at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック