2020年12月31日

今年一番よかったCMよくなかったCM2020

 テレビCMの動向などを調査するCM総合研究所は、CM好感度ランキング「BRAND OF THE YEAR 2020」を発表した。KDDIの「au」が6年連続の1位に輝いた一方で、新しい生活様式を描いたCMや前向きなメッセージを盛り込んだCMがヒットするなど、コロナ禍の影響を色濃く反映した。

 auは、二〇一五年から続く「三太郎」シリーズが今年も大ヒット。コロナ禍で十分な撮影ができない際には、初の試みとしてアニメ化した三太郎が登場。実写版のキャストが声優も務めた。KDDIの高橋誠社長は「新しいインパクトになったようで、視聴者にも喜んでもらった」と語る。

 自粛生活で注目された食事の宅配サービス「Uber(ウーバー) Eats(イーツ)」が初のトップテン入り。「今夜、私が頂(いただ)くのは…」をキーワードにしたシリーズCMを展開し、テニスの錦織圭選手と野性爆弾くっきー!ら、意外性のあるキャスティングとコミカルなやりとりなどが支持され、大躍進した。

 変わり種は三位のゼスプリキウイフルーツ。キウイの形をしたキャラクター「キウイブラザーズ」がさまざまな健康法に挑戦する内容で、放送回数は少ないものの心地よい歌と前向きなメッセージが、コロナ禍で疲れた日常に「癒やされる」などと反響を呼んだ。

 その他は例年上位を占める携帯電話大手がau以外も軒並みランクイン。木村拓哉を起用した二社も入った。同研究所は「コロナの影響でテレビCMも時代を反映した作品が数多く誕生し、人々の心をつかんだ」と分析している。(東京新聞、2020.12.31)


 コロナ禍でどうにもならなかった2020年。今年の年間ランキングは1位を死守したau以下、ソフトバンク、ゼスプリ、ワイモバイル、ドコモ、日本マクドナルド、UQ、アタックZERO、日産自動車、ウーバーイーツという順。マック、日産と木村拓哉が気を吐いていたのが印象的。新しい地図の3人もCMにはたくさん出ていました。

 さて、今年よくなかったCMといえばランキング2位に入った『ソフトバンク 勝手にHERO’S』シリーズ。『日本郵政 バカまじめ』のときにも書きましたが、なぜ広告関係者は松本人志をいい人として扱いたいのか。ダウンタウンの漫才に松本が自分はいい人と言い張るネタがありますが、あれは松本がろくでもない人間だということを視聴者が共有しているからこそおもしろいんでしょう。日本のルッキズムの元凶みたいな存在なのに今更いい人扱いもないだろう。
 
 ワーストは今年も日清食品、『カップヌードル ほぼイカ登場篇』。イカがカップヌードルを一刀両断する不快なアニメは『きょうふのキョーちゃん』を思い出しますが、多少なりとも影響を受けているんでしょうか。お笑いも広告もダウンタウンをいつまでも神格化しているようでは進歩がありません。浜田を「出前館」呼ばわりしていたぼる塾はるかみたいな広告業界の新世代に期待します。

 ベストは『リクルート ホットペッパーグルメ』。コロナで壊滅的な打撃を受けた外食産業を励ます時宜にかなう内容でよかったと思います。


<参照>
ウィキペディア ルッキズム
posted by リュウノスケ at 18:30| Comment(0) | CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月28日

第89回全日本フィギュアスケート選手権

 フィギュアスケートの全日本選手権最終日は27日、長野・ビッグハットで女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の紀平梨花(トヨタ自動車)が合計234.24点で、連覇を果たした。冒頭で4回転サルコーを成功させたフリーも1位で154.90点。

 SP2位の坂本花織(シスメックス)は合計222.17点の2位で2年ぶりの優勝はならなかった。宮原知子(関大)が3位に入り、SP3位の三原舞依(シスメックス)は5位だった。

 アイスダンスはフリーを実施し、小松原美里、コレト・ティム組(倉敷ク)が103.49点を挙げ、合計175.23点で3連覇を遂げた。2010年バンクーバー五輪男子銅メダリストの高橋大輔と村元哉中(ともに関大ク)のコンビは合計151.86点で2位。(時事通信、2020.12.27)


 ◆フィギュアスケート 全日本選手権 最終日(27日、長野・ビッグハット)

 女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の紀平梨花(18)=トヨタ自動車=が4回転サルコーを初めて成功させた。日本女子では安藤美姫以来2人目。国際スケート連盟非公認ながら、154・90点、合計234・24点と、ともに自己ベストを上回り、2連覇を達成した。数種類の4回転ジャンプを駆使し世界トップに名を連ねるロシア勢と戦える武器を手に入れ、目標とする22年北京五輪優勝に一歩近づいた。

 元世界女王の安藤美姫さん(33)が27日、自身のツイッターを更新。02年世界ジュニアの安藤さん以来、日本人2人目となる4回転サルコーを成功させ、連覇を達成した紀平を祝福した。「紀平梨花選手 4S回転成功は今後の自信に繋がります ジャンプの流れがいつもよりなかったかなとは思いますが、新たに柔らかい曲での挑戦も将来を見据えてのこと 最後まで集中をして落ち着いた演技でした ここからがスタートですね おめでとうございます」とつづった。(スポーツ報知、2020.12.28)


 ついに試合で4回転を跳んだ紀平。女子として史上初となる18歳での成功は、ザギトワを競技から離れさせた天才少女たちの一歩先を行く大変な偉業だと思います。世界を見渡してもロシア勢に対抗できる唯一無二の存在といえるでしょう。


<参照>
ヤフー THE DIGEST 「とうとうやった!」紀平梨花の4回転サルコー成功を露メディアが称賛!世界のファンも歓喜の声【全日本フィギュア】
ウィキペディア 第89回全日本フィギュアスケート選手権
posted by リュウノスケ at 21:59| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月27日

第65回有馬記念(GI)

馬単 L→E・K=12000円
前回までのトータル:−417万3540円
回収率58.2%
posted by リュウノスケ at 13:54| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月20日

第72回朝日杯フューチュリティステークス(GI)

馬単 C・M→G=12000円
前回までのトータル:−416万1540円
回収率58.3%
posted by リュウノスケ at 00:06| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月15日

全米女子オープン2020

 【ヒューストン(米テキサス州)時事】女子ゴルフのメジャー大会、全米女子オープンは14日、テキサス州ヒューストンのチャンピオンズGCサイプレスクリーク・コース(パー71)で、前日サスペンデッドとなった最終ラウンドが再開され、単独首位から出た渋野日向子は通算1アンダーでトップと2打差の4位に終わり、昨年8月のAIG全英女子オープンに続くメジャー2勝目はならなかった。

 渋野はこの日に18ホールを回り、2バーディー、5ボギーの74とスコアを落とした。

 初出場の金阿林(韓国)が67をマークし、通算3アンダーでメジャー初優勝。1打差の2位は高真栄(同)とエイミー・オルソン(米国)。

 高橋彩華が通算4オーバーで11位に入り、笹生優花と岡山絵里が5オーバーで13位。畑岡奈紗は7オーバーで23位。稲見萌寧は54位、河本結は60位、比嘉真美子は61位、三ケ島かなは65位だった。

 全米女子オープンは現存する最古の女子メジャー大会で、1946年に第1回大会を実施。第75回の今大会は新型コロナウイルスの影響で当初の6月から12月に延期され、無観客で開催された。 

 ◇渋野日向子の略歴
 渋野 日向子(しぶの・ひなこ)8歳でゴルフを始め、小学6年まではソフトボールにも打ち込んだ。2度目の受験となった18年のプロテストに合格。19年はAIG全英女子オープンで日本勢42年ぶりの海外メジャー制覇を遂げ、国内ツアーでは4勝を挙げて賞金ランキング2位に入った。両親はともに元陸上の投てき選手。岡山・作陽高卒。167センチ、62キロ。22歳。岡山市出身。(時事通信、2020.12.15)


 ファンの期待を一身に受けて最終日に臨んだ渋野日向子。粘りのゴルフを展開するも難易度の高いセッティングとプレッシャーと寒さで本来の動きができず、優勝した金阿林と2打差4位という結果に終わりました。優勝できなかったのは残念ですが、4日間トータルで見れば内容的に素晴らしかったんじゃないでしょうか。

 今シーズンの渋野は開幕戦のアースモンダミンから渡英して2戦、渡米して4戦、帰国して5戦。そして今回の全米オープンと計13戦で71T位、132位、105位、51位、24位、27位、58T位、65T位、30T位、23T位、5位、3T位、4位という成績。

 コロナで開幕が遅れたことを利用した肉体改造、フォーム改造など去年の栄光をリセットして今季を迎えた渋野でしたが序盤は低迷。「再現性」を求めて狭くしたスタンスを徐々に戻して調子が上向き始め、シーズン終盤は完全に右肩上がりの成績となりました。特に、TOTOジャパンクラシックで組んだ古賀キャディーに「小さくなっている」と指摘されて修正したパットは完全復活。

 その結果、ネット上では全英を制した素晴らしいフォームを改造した青木コーチの指導力について議論されていましたが、それが王貞治の一本足打法を変えるような暴挙なのか、メジャー挑戦のためにイチローが振り子打法をすり足気味にしたのと同じ常識的判断なのかは評価の分かれるところ。

 去年に近いスタンスに戻して全米女子オープン4位なので改造批判派に一理あるような気もしますが、低くしたトップの位置はそのままで戦っているのでとりあえず去年と今年のいいところを取捨選択して現状があるのでしょう。今回の試合でナイスリカバリーを連発したアプローチなどは明らかに進化しているように見えます。

 本人を批判したくないのでコーチやトレーナーに八つ当たりするのはファンの性。防寒が万全でなかったという識者の意見もあって今回の矛先はウェアサプライヤーに向かいました。国民的人気者をサポートするのも大変ですね。

 結局優勝したのは韓国勢。しかも大会初出場のKLPGA中堅選手25歳。終盤3連続バーディーの猛チャージで史上最大タイの5打差逆転優勝する驚異的な勝負強さは韓国ゴルフ界の層の厚さ、底知れなさを感じさせます。今回ちょっと調べてみましたが、五輪選手のような強化制度があってトップアマは長期間の合宿を行い大舞台で勝つためのトレーニングをしているそうです。8年前の記事なのに全く色褪せていません。

 色々あった渋野の2020年ですが、海外メジャーで優勝争いできるポテンシャルがあることを改めて我々に見せつけました。来年が楽しみです。 


<参照>
LPGA公式 U.S. Women's Open Conducted by the USGA
デイリースポーツ 【綾子の視線】渋野日向子のV逸 韓国勢との「ショット力」の差
ヤフー 全米女子オープン最終日、渋野日向子の敗因は、プレー以前に、すでにあった
ALBA.Net 渋野日向子が2020年に捨てたもの、見つけたもの あらためて臨む米大会は「楽しんでゴルフをやる」
ゴルフダイジェスト・オンライン 今週の渋野日向子は「どっしり構える」
日刊スポーツ パットに苦しむ渋野日向子 名手の境地目指し練習を
スポルティーバ 【ゴルフ】強靭な選手を次々に輩出する、韓国・国家代表システムの全貌
スポルティーバ 【ゴルフ】史上最年少優勝キム・ヒョージュを生み出した韓国代表の『マル秘』指導とは?
ゴルフダイジェスト・オンライン 渋野日向子 ツアー試合結果 戦績
ウィキペディア 全米女子オープン
posted by リュウノスケ at 23:17| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする