2019年08月22日

第101回全国高校野球選手権大会閉幕

 第101回全国高校野球選手権大会最終日は22日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で決勝が行われ、互いに初優勝を懸けた一戦で履正社(大阪)が星稜(石川)を5−3で下し、令和最初の甲子園大会の頂点に立った。

 履正社は三回に4番井上広大選手が大会屈指の右腕、奥川恭伸投手から3点本塁打を放って逆転。同点の八回に2点を奪って競り勝った。

 昨夏の大阪桐蔭に続いて、大阪勢は2年連続14度目の優勝。24年ぶりの決勝に臨んだ星稜は、北陸勢初の全国制覇はならなかった。 

 ◇優勝校の横顔

 履正社(大阪) 豊中市にある1922年創立の私立校。野球部も同年創部。夏の甲子園は今回が4度目の出場で初優勝。春は8度出場して2014年と17年に準優勝。卒業生にプロ野球ヤクルトの山田哲人内野手、オリックスのT−岡田外野手、ロッテの安田尚憲内野手ら。(時事通信、2019.8.22)


 日本高野連は20日、第29回WBSC U18ベースボールワールドカップ(8月30〜9月8日、韓国・機張)に参加する、高校日本代表選手20人を発表した。

 最速163キロ右腕の大船渡(岩手)佐々木朗希投手(3年)、星稜(石川)奥川恭伸投手(3年)らが選出された。

 メンバーは以下の通り。

▽投手(9人)

11 佐々木朗希(3年=大船渡、190−86、右右)

12 浅田将汰(3年=有明、181−85、右右)

13 池田陽佑(3年=智弁和歌山、183−84、右右)※

14 前佑囲斗(3年=津田学園、182−88、右右)※

15 飯塚脩人(3年=習志野、181−78、右左)※

16 西純矢(3年=創志学園、184−85、右右)

17 宮城大弥(3年=興南、172−78、左左)

18 奥川恭伸(3年=星稜、183−84、右右)※

19 林優樹(3年=近江、174−64、左左)※

▽捕手(2人)

10 山瀬慎之助(3年=星稜、177−85、右右)※

22 水上桂(3年=明石商、172−72、右右)※

▽内野手(7人)

1 森敬斗(3年=桐蔭学園、175−75、右左)

2 武岡龍世(3年=八戸学院光星、178−77、右左)※

3 石川昂弥(3年=東邦、185−87、右右)

5 韮沢雄也(3年=花咲徳栄、177−80、右左)※

6 遠藤成(3年=東海大相模、178−82、右左)※

7 坂下翔馬(3年=智弁学園、164−67、右左)※

8 熊田任洋(3年=東邦、174−74、右左)

▽外野手(2人)

21 鵜沼魁斗(2年=東海大相模、175−74、右右)※

24 横山陽樹(2年=作新学院、178−76、右右)※

【注】※は今夏甲子園出場選手、()内は学年、所属、身長−体重、投打

 ◆U18W杯 世界野球ソフトボール連盟(WBSC)が主催する18歳以下による世界大会。81年に始まり今回が29度目。日本が高校日本代表で臨むのは04年が最初で、今回が6度目。優勝はなく、4度の準優勝が最高成績。1次ラウンド(R)は2組各6チームで総当たり戦を行い、各組上位3チームがスーパーRに進出。スーパーRの上位2チームで決勝を争う。今大会から球数制限が導入される。(日刊スポーツ、2019.8.20)


【球速ランキング(最速、氏名、身長、投打、学校名、学年)】

154 奥川(183、右右、星稜、3年)

151 中森(181、右左、明石商、2年)

150 池田(183、右右、智弁和歌山、3年)

148 鈴木寛(186、右右、霞ヶ浦、3年)    
    小林(181、右右、智弁和歌山、2年)
    飯塚(181、右左、習志野、3年)
    赤塚(193、右右、中京大中京、3年)

146 谷(176、右左、関東第一、3年)
    前(182、右右、津田学園、3年)
    江越(176、右右、海星、3年)

145 西舘(182、右右、花巻東、3年)
    遠藤(178、右左、東海大相模、3年)
    山田(178、右右、八戸学院光星、3年)
    笠島(177、右右、敦賀気比、2年)
    岩崎(175、右右、履正社、2年)

144 常田(181、右右、飯山、2年)
    黒田(173、右右、敦賀気比、3年)
    笹倉(176、左左、仙台育英、1年)
    伊藤(175、右右、仙台育英、1年)

143 大栄(174、右左、仙台育英、3年)
    鈴木(175、右右、仙台育英、3年)
    西舘(187、右右、筑陽学園、3年)
    松村(180、右右、敦賀気比、2年)

142 後藤(170、右右、八戸学院光星、3年)
    清水(176、左左、履正社、3年)
    能登(183、右右、旭川大、3年)
    土屋(173、右右、関東第一、3年)
    中尾(176、右右、広島商、3年)
    寺西(186、右右、星稜、2年)

141 長谷川(173、右右、日本文理、2年)
    田中(176、右左、神村学園、2年)
    和田(180、右右、宇和島東、2年)
    竹内(170、右左、鳴門、3年)

140 梶塚(175、右右、前橋育英、3年)
    永山(177、右右、沖縄尚学、2年)
    影山(186、左左、鶴岡東、3年)
    南(175、右右、日本文理、3年)
    桃枝(171、右右、北照、3年)
    荻原(170、右右、星稜、2年)
    林(176、左左、熊本工、3年)
    村上(170、右右、熊本工、2年)
    野口(170、左左、東海大相模、3年)
(管理人調べ)


 打倒奥川を目標に努力を重ねてきた履正社がついに栄冠を手にしました。防御率0の相手から5点取ったのも大したものですが、好調星稜打線を3点に抑えた清水、岩崎の投手陣が最大の勝因じゃないでしょうか。初優勝おめでとうございます。

 さて、恒例のプロ注目選手総括。筆頭はもちろん奥川(星稜)。最後の最後に5点取られたものの5試合41回1/3投げて奪三振51、与四球7でK/BBは驚異の7.29。最速は154キロで決勝でも150キロ台を連発していました。球威、制球、変化球のキレ、打者との駆け引き、183センチの身長など投手に必要な全てを兼ね備えており松坂、田中将大、藤浪クラスの逸材といえます。

 次に151キロ投げた中森(明石商)がよかったですが、この人はまだ2年。あとは池田(智弁和歌山)、鈴木寛(霞ヶ浦)、小林(智弁和歌山、2年)、飯塚(習志野)、赤塚(中京大中京)。1年生ながら左投げで144キロ出した笹倉(仙台育英)も将来が楽しみです。

 一方野手は不作と言わざるを得ません。奥川を倒した井上、桃谷(履正社)もU18に招聘されず。気になったのは武岡(八戸学院光星)くらいでした。


<参照>
スポーツナビ 夏の甲子園 日程・結果
日刊スポーツ 夏の甲子園2019 日程・結果
ドラフト・レポート
高校野球ドットコム
ドラフト候補選手の動画とみんなの評価
スポルティーバ 歴史的不作にスカウトはガックリ。スピード、パワー偏重の野球に喝!
posted by リュウノスケ at 22:48| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月18日

第55回札幌記念(GII)

馬単 H→J・M=12000円
前回までのトータル:−391万5540円
回収率:57.3%
posted by リュウノスケ at 15:05| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月11日

第24回エルムステークス(GIII)

馬単 K→J=6000円
馬単 J→K=6000円
前回までのトータル:−390万3540円
回収率:57.4%
posted by リュウノスケ at 14:43| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月06日

第101回全国高校野球選手権大会開幕

 第101回全国高校野球選手権大会は6日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕し、令和最初の甲子園大会が熱戦の火ぶたを切った。準々決勝翌日と準決勝翌日の休養日2日を含む16日間の日程で行われる。

 開会式は49代表校が北から順に入場行進。初めて甲子園で行われた1924年の第10回大会で、最初の勝利校となった北海(北海道)の辻本倫太郎主将が先導役を務めた。選手宣誓は誉(愛知)の林山侑樹主将が行い、「たくさんの思いが込められた重く輝くバトンを託された私たちは、101回目の大会を記憶に残る大会にすることを誓います」と宣言した。

 プロ野球中日などで活躍し、日本代表コーチを務める井端弘和さんによる始球式に続き、八戸学院光星(青森)−誉が始まった。(時事通信、2019.8.6)


 第101回全国高校野球選手権大会は6日に甲子園球場で開幕する。悲願の甲子園初優勝を目指す星稜(石川)、今春の選抜大会準優勝の習志野(千葉)など出場49校の中から、投手と打者に分けて注目選手を探った。

 ◇星稜の奥川、再び大舞台に=たくましさ増した習志野・飯塚

 今大会屈指の存在が星稜の奥川だ。注目を集めた春の選抜では、1回戦で強豪の履正社相手に3安打完封、17奪三振と実力を余すところなく発揮した。直球は力があり、スライダー、フォークなど変化球も切れる。名門・星稜が悲願の全国制覇を成し遂げられるかどうかは、まず奥川の出来がカギを握る。

 選抜準優勝の習志野を支えるのが飯塚。春はロング救援で流れを引き寄せたが、千葉大会の準決勝では延長十一回を完投。たくましさが増し、先発で最後まで投げ切る体力がついてきた。

 選抜ベスト4の明石商は2年の中森がエース。直球とスライダーを軸に、高い奪三振率を誇る。1年夏から甲子園を経験しており、これで3度目の出場。主役候補として名乗りを上げる。

 高松商の香川は小柄だが速球に伸びがあり、選抜で完封勝利を挙げた。米子東の左腕森下は制球力が高く、安定感抜群。津田学園の前は速球派でスケールが大きい。春ベスト8の筑陽学園の西舘はスタミナをつけ、完投能力が備わってきた。

 身長186センチと体格に恵まれているのが霞ケ浦の鈴木寛。角度のある直球で打者を抑え込む。花巻東の西舘も球威があり、完成度が高い。

 近江の左腕エース林は滋賀大会で26イニング無失点の快投。同じく左腕では、球威ある直球をテンポ良く投じる履正社の清水の評判が高い。

 ◇長打力が魅力、山梨学院・野村=三拍子そろう八戸学院光星・武岡と明石商・来田

 山梨学院の野村は高校通算53本塁打のスラッガー。甲子園では昨夏に一発を放ち、今春の選抜大会では1試合2本塁打をマークした。パワーだけでなく、配球を読む能力も高い。

 八戸学院光星の武岡は走攻守の三拍子がそろい、主将でリードオフマンとしてチームを引っ張る。青森大会では5割8分8厘の高打率に加え、チーム最多7四死球と選球眼の良さも光った。

 明石商の2年来田も俊足の1番打者。パンチ力と勝負強さがあり、今春の選抜では準々決勝の智弁和歌山戦でサヨナラを含む2本塁打を放った。

 春夏合わせて4度目の優勝を狙う強豪、智弁和歌山の主将を務めるのが黒川。好機に強く今春の選抜では3番だったが、和歌山大会では1番で打線を勢いづけた。チームメートで捕手の東妻も、強肩と強打で注目される。

 捕手は他にも逸材がずらり。近江の有馬は評判が高かった肩の強さとリードのうまさに加え、打力も向上してきた。中京学院大中京の藤田、星稜の山瀬、旭川大の持丸らも攻守でチームの柱となる。

 八戸学院光星の強打者、近藤は青森大会で6本塁打。智弁学園の坂下は身長165センチと小柄ながらスイングが鋭く、奈良大会で5本塁打を放った。履正社の井上は大阪大会で4本塁打。東海大相模の山村は2年だが、長打力を買われ4番を担う。(時事通信、2019.8.5)


【投手】
奥川(星稜)
香川(高松商)
森下(米子東)
前(津田学園)
西舘(筑陽学園)
鈴木寛(霞ケ浦)
西舘(花巻東)
林(近江)
清水(履正社)
中森(明石商、2年)

【打者】
野村(山梨学院)
武岡(八戸学院光星)
近藤(八戸学院光星)
黒川(智弁和歌山)
東妻(智弁和歌山)
有馬(近江)
藤田(中京学院大中京)
山瀬(星稜)
持丸(旭川大)
井上(履正社)
山村(東海大相模、2年)
来田(明石商、2年)
posted by リュウノスケ at 23:22| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

渋野日向子凱旋

 全英女子オープンを制した渋野日向子(20=RSK山陽放送)が6日、英国から羽田空港へ帰国した。

 日本勢では1977年の樋口久子以来、男女通じて42年ぶり2人目のメジャー優勝の快挙を達成。空港には大勢のファンが出迎えた。渋野はナイキの黒いTシャツ姿だった。

 報道陣から今、何をしたいですか?の問いに「寝たいです」と笑顔で話した。(日刊スポーツ、2019.8.6)


 【ミルトンキーンズ(英国)時事】女子ゴルフのメジャー最終戦、全英女子オープンは4日、英ミルトンキーンズのウォバーンGC(パー72)で最終ラウンドが行われ、渋野日向子が通算18アンダーで優勝した。優勝賞67万5000ドル(約7200万円)を手にした。

 2位と2打差の首位で出た渋野は7バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの68で回り、出場選手でただ一人、4日連続の60台をマークした。前半はスコアを落としたが、後半にボギーなしの5バーディー。通算17アンダーの首位で並んでいたリゼット・サラス(米国)を最終18番で突き放した。前週のエビアン選手権を制した高真栄(韓国)が3位。

 日本選手の海外メジャー制覇は、1977年の全米女子プロ選手権を制した樋口久子以来、42年ぶりで2人目。メジャー初出場の渋野は20歳で快挙を果たした。

 上原彩子は通算6アンダーで21位、横峯さくらは5アンダーで24位。勝みなみは3アンダーで35位、上田桃子はイーブンパーで51位、アマチュアの安田祐香(大手前大)は2オーバーで59位だった。 

 ◇渋野日向子の略歴

 渋野 日向子(しぶの・ひなこ)8歳でゴルフを始め、小学6年まではソフトボールにも打ち込んだ。2度目の受験となった18年のプロテストに合格。今年5月、国内メジャー大会のワールドレディース・サロンパス杯でツアー初優勝を果たし、7月に2勝目。海外メジャー大会は初出場。両親はともに元陸上の投てき選手で、父は国体で表彰台の経験者。岡山・作陽高卒。165センチ、62キロ。20歳。岡山市出身。(時事通信、2019.8.5)


 <米女子ゴルフ:AIG全英女子オープン>◇第3日◇3日(日本時間4日未明)◇英ミルトンキーンズ・ウォバーンGC(6756ヤード、パー72)◇賞金総額450万ドル(約4億9500万円)優勝賞金67万5000ドル(約7400万円)

 初の海外大会で快進撃を続ける渋野日向子(20=RSK山陽放送)が、初優勝に王手をかけた。勝てば日本勢では42年ぶりの快挙となる。

 子供の頃はソフトボールの選手で、昨夏のプロテストに合格。ステップアップ(下部)ツアーから一気に世界に飛び出し、頂点を極めようとしている渋野の経歴を紹介する。

★渋野日向子(しぶの・ひなこ)★
◆生年月日 1998年(平10)11月15日、岡山市生まれ。
◆経歴 岡山・平島小〜岡山・上道中〜岡山・作陽高。所属はRSK山陽放送。
◆競技歴 8歳でゴルフを始める。中1から岡山県ジュニアを3連覇。1年前の18年夏に2度目の挑戦で、プロテストに合格した。同じ黄金世代の河本結とは、同期合格。
◆ソフトボール ゴルフとともに8歳で始め、小6でソフトボール投げ58メートルで岡山県2位に入る。今でも日本代表戦などを観戦するほどのソフトボール好き。
◆趣味 駄菓子を食べること。動画を見ること。特に「EXILEの佐藤大樹がカッコイイ。毎日、動画を見ています」。
◆子どもの時の夢 幼稚園時の夢は仮面ライダーとアリエルになること。
◆家族 両親とも筑波大の出身。父悟さんは砲丸投げ、円盤投げで国体2位。母伸子さんはやり投げで高校総体出場。3姉妹の2番目。
◆サイズ 165センチ、62キロ。
(日刊スポーツ、2019.8.4)


【順位 スコア 氏名 身長】
1 -18 渋野日向子 165
2 -17 L.サラス 163
3 -16 コ・ジンヨン 169
4 -15 M.プレッセル 165
5 -14 A.ブハイ 158
6 -12 C.ブティエ 162
7 -11 C.シガンダ 173
8 -10 朴城R 172
9T -9 イ・ジョンウン6 171
9T -9 N.コルダ 177
21T -6 上原彩子 160
24T -5 横峯さくら 155
35T -3 勝みなみ 157
51T E 上田桃子 161
59T 2 安田祐香 163
89T 4 鈴木愛 155
99T 5 比嘉真美子 161
124T 8 畑岡奈紗 157


 快挙を成し遂げた渋野日向子。私も中継を見ていましたが、最終日で優勝争いしているのに笑顔でファンサービスし、お菓子を食べ、キャディと冗談を言い合うあの強心臓と勝負強さはいい意味で日本人選手とは思えません。最後の強烈なパットは松山英樹も唸っていました。おめでとうございます。

 勝因は色々あると思うんですが、やはり気になったのはパット。1メートル以内ならオーバーしてもいいと思っているそうで最終日の4パットがバーディーの母のようにすら見えました。ある程度の技量を超えるとオーバーした方がスコアがよくなる分水嶺があるんじゃないでしょうか。

 一方で、42年間果たせなかったメジャーを制した渋野の圧倒的体力を見ていると、女子ゴルフ界を席巻する韓国勢との違いは単純にフィジカルだったのではないかという気もしてきます。ということで今回の上位選手と日本人選手の身長を調べてみましたが、やはり韓国はでかい。因みに樋口久子は163センチ、渋野と同じくソフトボールで体を鍛えた岡本綾子は165センチだそうです。


<参照>
ウィキペディア 澁野日向子
ウィキペディア 全英女子オープン
Wikipedia 2019 Women's British Open
ゴルフダイジェスト・オンライン 驚いたウィニングパット 松山英樹は渋野日向子の“笑顔”に何を思う
ヤフーニュース デイリースポーツ 岡本綾子「特に褒めたい点が二点あります」 渋野の偉業を独自の視点で分析
posted by リュウノスケ at 21:28| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする