2018年06月17日

第86回ルマン24時間耐久レース

 世界3大自動車レースの一つ、伝統の第86回ルマン24時間耐久レースは17日午後3時(日本時間同日午後10時)、フランス・ルマンのサルテ・サーキット(1周13.626キロ)で決勝のゴールを迎え、TS050ハイブリッド2台で臨んだ最高峰LMP1クラスのトヨタ勢は、8号車の中嶋一貴、フェルナンド・アロンソ(スペイン)、セバスチャン・ブエミ(スイス)組が388周を走破してトップでチェッカーフラッグを受け、トヨタ勢として通算20度目の挑戦で初の総合優勝を果たした。

 7号車の小林可夢偉、ホセマリア・ロペス(アルゼンチン)、マイク・コンウェイ(英国)組が2周差の2位に入り、トヨタが1、2位を占めた。

 日本メーカーのルマン制覇は1991年のマツダ以来、2例目。日本人ドライバーの総合優勝は、95年にマクラーレンF1GTRに乗った関谷正徳、2004年にアウディR8に乗った荒聖治以来、3人目となった。

 予選で8号車が1位、7号車が2位のトヨタ勢は決勝で何度か順位を入れ替えながらも、ワンツー態勢で独走。3位以下に大差をつけ、悲願を達成した。

 今回のルマンは世界耐久選手権(WEC)の18〜19年スーパーシーズンの第2戦。次回のルマンはシーズン最終戦として19年6月に行われ、トヨタには連覇のチャンスがある。(時事通信、2018.6.17) 


 トヨタがついに快挙達成。おめでとうございます。


<参照>
ウィキペディア ル・マン24時間レース
posted by リュウノスケ at 23:23| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第23回ユニコーンステークス(GIII)

三連単 M→D・F・G・H・L→@・A・B・C・E・J・N・O=4000円
三連単 M→@・A・B・C・E・J・N・O→D・F・G・H・L=4000円
三連単 D・F・G・H・L→M→@・A・B・C・E・J・N・O=4000円
三連単 D・F・G・H・L→@・A・B・C・E・J・N・O→M=4000円
前回までのトータル:−383万9230円
回収率:54.4%
posted by リュウノスケ at 14:37| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

2018FIFAワールドカップロシア大会開幕

 ロシアで初開催となるサッカーの第21回ワールドカップ(W杯)が14日、モスクワで開幕した。開催国ロシアと各大陸予選を勝ち抜いた計32チームが参加。7月15日の決勝まで計64試合の熱戦を繰り広げる。

 初日はルジニキ競技場で開幕戦が行われ、ロシアがサウジアラビアに5−0で快勝した。試合に先立ち、開会式では英国の人気歌手、ロビー・ウィリアムスさんらが歌を披露。元ブラジル代表のロナウド氏も登場し、8万人を収容する会場を盛り上げた。

 6大会連続6度目出場の日本は1次リーグH組に入り、19日午後3時(日本時間同9時)にサランスクでコロンビアとの初戦に臨む。24日にはエカテリンブルクでセネガルと、28日にはボルゴグラードでポーランドと対戦。

 4月から指揮を執る西野朗監督の下、2010年南アフリカ大会以来、2大会ぶりの決勝トーナメント進出を目指す。(時事通信、2018.6.15) 


<参照>
Yahoo! JAPAN 日程・結果 - ロシアワールドカップ -
posted by リュウノスケ at 18:14| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

第35回エプソムカップ(GIII)

馬単 I→@・A・B・C・L=6000円
馬単 @・A・B・C・H・L・M→I=6000円
前回までのトータル:−382万7230円
回収率:54.5%
posted by リュウノスケ at 15:01| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月08日

日高六郎逝去

 ベトナム反戦運動などに取り組んだ社会学者の日高六郎(ひだか・ろくろう)氏が7日午前5時31分、老衰のため京都市左京区の高齢者施設で死去した。101歳だった。故人の遺志により葬儀などは行わない。

 中国・青島市生まれ。東京帝国大文学部社会学科卒。東京大文学部助手などを経て、1949年東京大新聞研究所助教授、60年から教授。69年に退官し、76年から89年まで京都精華大教授を務めた。

 ベトナム反戦、水俣病などの市民運動に積極的に関わり、戦後民主主義の代表的な論客とされる。著書に「人間の復権と解放」「戦後思想を考える」など。訳書にフロム「自由からの逃走」がある。(時事通信、2018.6.7)


 七日亡くなった社会学者の日高六郎さんは、「行動する学者」だった。ベトナム戦争に反対する運動団体「ベトナムに平和を!市民連合」(ベ平連)では、作家の小田実さんや評論家の鶴見俊輔さんらとともに活動の中心を担った。

 「東大教授という立場にもかかわらず、ベ平連に正面から入って権力と闘った。人生を通して戦後民主主義を体現した人」と、ベ平連でともに活動した評論家の小中陽太郎さん(83)。

 印象に残るのは、脱走した米兵四人をかくまった一九六七年の出来事だ。四人は横須賀に停泊中の米空母から反戦を理由に脱走し、ベ平連の支援を求めた。ベ平連は、記者会見を開いて映像で反戦米兵の声を紹介しようと、NHK出身の小中さんに演出を任せた。

 日高さんは、小田さんや鶴見さんとともに、カメラの前で反戦を訴えた。「小田さんのぶっきらぼうな話し方とは全然違う、とてもうまい演説でした」。それまでベ平連との関わりは薄かった日高さんも、自宅に米兵を泊めるなど熱心に協力したという。「インテリであり、行動を大切にする冒険家でした」

 ベ平連は、市民や学生が立場を超えて団結した運動だったと評価される。十代後半でベ平連に参加したノンフィクション作家の吉岡忍さん(69)は「集まった人たちが排除し合わなかったのは日高さんがいたからこそ」と話す。「調整役として精力的に走り回り、見ていてすごいなあと思うほどでしたよ」

 吉岡さんは数年前、京都で日高さんに会った。安保法制や憲法改正への懸念を語り、若い世代の政治への無関心を「大丈夫かな」と心配していたという。

 「日高さんが追究したのは、『生活に根差した社会学』でした。身近なことと社会のことを同列にして率直に語り合える場があってこそ、市民社会は成り立つと考えていたんです」(東京新聞、2018.6.8)


 ご冥福をお祈りします。


<参照>
ウィキペディア 日高六郎
posted by リュウノスケ at 21:41| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする