2017年07月25日

野良猫にかまれて人は死ぬのか?

 厚生労働省は二十四日、西日本の五十代女性が昨年、野良猫にかまれた後にマダニが媒介するウイルス感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」を発症し、死亡していたことが分かったと発表した。哺乳類から感染したとみられる世界初のケースとしている。

 今年に入ってペットのイヌやネコの発症も一例ずつ確認された。厚労省は、感染はまれで、屋内で飼っているネコにはリスクはないとしているが、屋外にいる体調不良のペットに接触する場合は注意するよう呼び掛けている。

 厚労省によると、昨年夏、女性が弱った野良猫を動物病院に連れて行こうとした際に手をかまれ発症、約十日後に死亡した。残っていた組織を検査したところ、今年初めにSFTSと確定した。

 厚労省は体調不良の動物と接する際には、手袋などの感染予防措置を講じるよう、日本獣医師会などに通知。ネコの飼い主には、ダニ駆除剤を投与したり、体調不良の際に動物病院に受診したりすることを勧めている。

 <重症熱性血小板減少症候群(SFTS)> SFTSウイルスによる感染症で主にマダニにかまれてうつる。6日から2週間ほどの潜伏期間を経て、発熱や全身のだるさ、吐き気などの症状がでる。重症化し死亡することもあり、致死率は6〜30%とされる。国内ではこれまで、西日本を中心に266人の患者が報告された。死亡例は全て50代以上で、高齢者が重症化しやすいと考えられている。(東京新聞、2017.7.25)
posted by リュウノスケ at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関西学院大女子学生元カレ襲撃事件

 元交際相手の男子大学生を包丁で刺すなどし、殺害しようとしたとして、兵庫県警西宮署は23日、殺人未遂容疑で、関西学院大2年の女(20)=兵庫県西宮市=を現行犯逮捕した。「間違いない」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は23日午後0時50分ごろ、女のマンションの部屋で寝ていた元交際相手の関西学院大3年の男子学生(21)の頭を金づちで数回殴り、背中を包丁(刃渡り約20センチ)で数回刺して殺害しようとしたとしている。男子学生は背中に刺し傷、頭に切り傷を負うなどしたが、命に別条はないという。

 同署によると、男子学生は部屋から脱出し、下の階の住人に助けを求め、住人が110番した。女は「恋愛感情のもつれからやった」と供述しており、同署が詳しい経緯を調べる。(産経新聞、2017.7.23)


 兵庫・西宮市に住む大学生の女が、交際していた男性の頭を金づちで殴り、背中を包丁で刺し、殺害しようとして、現行犯逮捕された。

 23日午後1時ごろ、兵庫・西宮市田代町のマンションの住人から、「4階で男性が刺されている」と警察に通報があった。

 警察が現場に駆けつけると、関西学院大学3年生の男性(21)が、頭を金づちで殴られ、背中を包丁で刺されたほか、スタンガンでも襲われていて、病院に運ばれたが、命に別条はない。

 警察は、返り血を浴びた状態で現場にいた、関西学院大学2年生のN容疑者(20)を現行犯逮捕した。

 警察の調べによると、凶器はいずれも現場にあったもので、N容疑者と男性は、数日前まで交際していた。

 調べに対して、N容疑者は「復縁を迫ったら断られたため、犯行に及んだ」と供述している。(関西テレビ、2017.7.24、元の記事は実名)


 ブルゾンちえみじゃないけど男は他にもいますけどね。こんなことで逮捕されたら親が泣くぞ。
posted by リュウノスケ at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新国立競技場現場監督過労自殺事件

 東京五輪のメイン会場となる新国立競技場の工事を請け負う建設会社に勤務していた都内の男性=当時(23)=が、3月に自殺していたことが20日、分かった。遺族の代理人弁護士が明らかにした。直前1カ月間の残業は200時間を超え、遺族らは過労でうつ病を発症し自殺したとして、上野労基署に労災申請した。

 代理人の川人博弁護士によると、男性は入社1年目で、昨年12月から競技場の地盤改良工事の施工管理業務を担当。3月2日から行方不明になり、4月に長野県で遺体が発見された。

 代理人らが工事現場のセキュリティー記録などを調べたところ、失踪する前の1カ月間は211時間56分の残業が認められた。深夜労働が常態化し、徹夜勤務もあったという。代理人は「工期が遅れる中、五輪に間に合わせるため作業日程は極めて厳しかった」と指摘した。

 男性は遺書に「身も心も限界な私はこのような結果しか思い浮かびませんでした」などと記していた。代理人らは今後、都など関係機関に労働環境改善を要求する。

 会社側も36協定(原則45時間、特別の場合80時間が上限)に違反する時間外勤務があったと認め、両親に謝罪する予定。(時事通信、2017.7.20)


 2020年東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場(東京都新宿区)の建設を巡り、下請け業者で現場監督を務めていた男性(23)=都内在住=が自殺したのは月200時間近い残業を強いられ精神疾患を発症したためだとして、両親が東京労働局上野労働基準監督署に労災申請した。両親の代理人の川人博弁護士が20日、明らかにした。

 遺族が労災申請

 申請は12日付。都内で記者会見した川人弁護士によると、工事現場の入退場記録を基に月々の残業時間を調べたところ、過労死ライン(月80時間)を超えており、16年12月が約94時間▽今年1月が約142時間半▽同2月には約196時間−−に達し、2月は徹夜勤務が3回あった。

 男性は大学卒業後の16年4月に都内の土木工事会社に入社し、12月中旬から同競技場の地盤改良工事の施工管理業務を担当。今年3月2日、勤務先に「今日は欠勤する」と電話した後に行方不明になり、4月15日に長野県内で遺体で発見された。「身も心も限界な私はこのような結果しか思い浮かびませんでした。家族、友人、会社の方、本当にすみませんでした」と書かれた遺書が遺体の近くに残され、県警から自殺と判断されたという。

 母親の証言では、午前4時半に起床し深夜1時ごろの帰宅が多かった。生前、両親に「機械の調子が悪く、日程がタイト(ぎりぎり)だ」と話していたといい、川人氏は「五輪開催という国家プロジェクトに間に合わせねばという重圧が現場にあった」と指摘した。

 男性の勤務先の土木工事会社は毎日新聞の取材に「遺族に対し大変申し訳ない。真摯(しんし)に受け止めている」と答え、元請けの大成建設は「専門工事業者に対し、今後も法令順守の徹底を指導する」とのコメントを出した。

 工期短縮迫られ

 新国立競技場を巡っては、総工費が膨らんだことが批判され15年7月に旧計画が白紙撤回され、本体工事は当初予定から約1年2カ月遅れて16年12月に着工。発注者である日本スポーツ振興センター(JSC)は事業主体の選定にあたり、工期短縮を求めていた。

 20年大会に向けて各競技会場の整備が進む中、川人弁護士は20日、東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長宛てに、長時間残業撲滅を求める要請書を提出。「国家的行事であるからといって、その準備のために労働者の命と健康が犠牲になることは断じてあってはならない」と訴えた。今後は、東京都の小池百合子知事や丸川珠代五輪担当相、JSC宛てに同様の要請書を出すという。(毎日新聞、2017.7.20)
posted by リュウノスケ at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(労働問題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

第49回函館2歳ステークス(GIII)

三連単 D→A・C・F・J→B・I・K・L・O=2000円
三連単 D→B・I・K・L・O→A・C・F・J=2000円
三連単 A・C・F・J→D→B・I・K・L・O=2000円
三連単 A・C・F・J→B・I・K・L・O→D=2000円
三連単 B・I・K・L・O→D→A・C・F・J=2000円
三連単 B・I・K・L・O→A・C・F・J→D=2000円
前回までのトータル:−330万7440円
回収率:55.4%
posted by リュウノスケ at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第65回トヨタ賞中京記念(GIII)

三連単 N→B・E・F・I→@・A・C・D・G・J・M・O=3200円
三連単 N→@・A・C・D・G・J・M・O→B・E・F・I=3200円
三連単 B・E・F・I→N→@・A・C・D・G・J・M・O=3200円
三連単 B・E・F・I→@・A・C・D・G・J・M・O→N=3200円
三連単 @・A・C・D・G・J・M・O→N→B・E・F・I=3200円
三連単 @・A・C・D・G・J・M・O→B・E・F・I→N=3200円
前回までのトータル:−330万7440円
回収率:55.4%
posted by リュウノスケ at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする