2016年12月31日

第58回日本レコード大賞

 第58回日本レコード大賞(主催・日本作曲家協会など)の最終審査会が30日、東京・初台の新国立劇場中劇場で行われ、優秀作品賞10作の中から西野カナ(27)が歌唱した「あなたの好きなところ」(作詩・西野カナ、作曲・Carlos K/Yo−Hey、編曲・Carlos K)が日本レコード大賞に選出された。

 平成生まれのソロ歌手では初受賞となり、女性ソロ歌手では、05年の倖田來未「Butterfly」以来、11年ぶりとなった。西野は「言葉にならない。鳥肌が…。たくさんの方に出会って、支えて頂きました。これだけ素晴らしい日を迎えられたのは、みなさんのおかげです」と感激を表し、笑顔で歌いきった。

 西野の大賞受賞は初めて。対抗馬と目されていた宇多田ヒカル(33)の「花束を君に」、AKB48の「365日の紙飛行機」らに競り勝った。

 西野は2008年にシングル「I」でメジャーデビュー。同年9月にシンディ・ローパーのジャパンツアーでオープニングアクトを務め、注目を集めた。昨年リリースした27枚目の「トリセツ」は乙女心を取扱説明書になぞらえ、大きな話題となった。レコード大賞では14年から3年連続で優秀作品賞を受賞。10年には「to LOVE」で優秀アルバム賞、12年に「Love Place」で最優秀アルバム賞を獲得している。

 今年12月の「第49回日本有線大賞」はシングル「Dear Bride」で自身初の大賞を受賞。NHKの紅白歌合戦には10年から連続出場している。

 大賞は優秀作品賞10組の中から選ばれた。優秀作品賞は宇多田、AKB48、いきものがかり「ラストシーン」、浦島太郎(桐谷健太)「海の声」、きゃりーぱみゅぱみゅ「最&高」、坂本冬美「女は抱かれて鮎になる」、AAA「涙のない世界」、西内まりや「BELIEVE」、氷川きよし「みれん心」。

 なお、昨年まで大賞を2連覇していた三代目J soul Brothers は、対象期間内にシングル未発表のため優秀作品賞に選出されていなかった。

 最優秀新人賞は韓国の7人グループ、iKON(アイコン)が受賞。外国アーティストとしては09年のBIGBANG以来、7年ぶりの栄誉となった。(デイリースポーツ、2016.12.30)


 バーニング買収疑惑があったので例年に比べて注目度の高かった今年のレコード大賞。AAAとか西内まりやならネットは大荒れになったんですが、結果は西野カナと無難な選考に終わりました。そもそも星野源やRADWIMPSがノミネートされてないのがどうかしてるわけですけど。





<参照>
リアルライブ 今年も“ガチンコ”じゃなかったレコード大賞
ZAKZAK レコ大で桜井誠氏「韓国人は韓国で頑張って」ツイートに韓流ファン激怒 「こんなんだから日本人はクソだって思われる」
ORICON STYLE 年間シングルランキング 1位〜25位
レコチョク 年間ランキング2016
音楽ダウンロード・音楽配信サイト mora Yearlyランキング
テレビ大菩薩峠 レコード大賞1億円買収疑惑 その1
posted by リュウノスケ at 02:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

米倉涼子離婚

 女優・米倉涼子(41)と2歳年下の会社経営者の夫との協議離婚が30日、成立した。所属事務所が同日、報道各社にFAXで発表した。結婚からわずか2年で破局を迎えたことになる。

 米倉は直筆署名入りの文書で「私事でお騒がせしましたことをお詫び申し上げます」とコメントした。

 2人は2014年12月に結婚したが、15年3月には離婚報道が出た。結婚から3カ月で、米倉が夫婦で暮らす新居を出て、別居生活を送っているというものだった。その後、離婚を協議していることを公表していたが、協議は泥沼化していた。(デイリースポーツ、2016.12.30)


 女優の米倉涼子(41)が30日、離婚したことが明らかになった。所属事務所がFAXで「2016年12月30日に協議離婚が成立いたしましたこと、ご報告させていただきます」と発表した。

 米倉は直筆サイン入りで「これからも女優として、一人の女性として、前を見て進んで行きたいと思っております」とコメントした。

 離婚の経緯などについて所属事務所は「内容・詳細に関しましては、お相手の方が一般の方ということもありますので、離婚したという事実以外は何もお答えすることができません。また今後も離婚の事実以外は語らない約束となっておりますので、経緯、詳細などに関しましてはご容赦いただきたくご理解いただけますようお願い申し上げます。この件に関しまして、本人が記者会見を行う予定はございません」とした。

 米倉は14年12月26日に2歳下の会社経営者と交際1周年の記念日に電撃婚したが、その3か月半後には離婚に向けた準備を進めていることが明らかになっていた。

 ◆米倉涼子コメント全文

 私たちは時間をかけ協議を重ねた末、この度、離婚が成立致しましたのでご報告させて頂きます。私事でお騒がせしましたことお詫び申し上げます。これからも女優として、一人の女性として、前をみて進んでいきたいと思っております。また新たな気持ちで自分らしくいろいろなことに挑戦していけるよう、日々精進して参ります。今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。
米倉涼子(直筆サイン)

 ◆米倉涼子(よねくら・りょうこ)1975年8月1日、横浜市生まれ。92年「第6回全日本国民的美少女コンテスト」で審査員特別賞を受賞して芸能界入り。95年に「CanCam」の専属モデルとして本格デビュー。主演ドラマ「黒革の手帖」「ナサケの女〜国税局査察官〜」「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」がヒット。06年に「黒革の手帖」で初舞台を踏み、12年には米ブロードウェーでミュージカル「CHICAGO」に出演。特技はクラシックバレエ。身長168センチ。血液型B。(スポーツ報知、2016.12.30)


 結婚から3カ月、「失敗しない女」がついに決断した。昨年12月に2歳年下の会社経営者と電撃結婚した女優、米倉涼子(39)が離婚を決意したというのだ。結婚前からけんかが絶えなかったというが、今年に入って完全な別居状態となった2人。“その日”は着々と近づいているが、その原因は、夫からの「モラルハラスメント」(精神的虐待、モラハラ)だったという。

 関係者によると、米倉は結婚後、仕事をセーブし、夫婦で過ごす時間を多くしようとしたが、夫は現在、仕事の関係で大阪に滞在。米倉も独身時代に住んでいたマンションに戻っており、すれ違いが続くなか、もはや夫婦関係は修復不可能な状態に。米倉は離婚についても知人に相談しているといい、夏に予定されていたハワイでの挙式もキャンセルされている。

 「当初は、米倉が夫にメロメロだったが、結婚後、夫の態度が変わり、横暴になったことから、2人の溝が深まったようです」とベテランの芸能ライターは話す。

 こうした中、9日発売の「週刊文春」は、夫が米倉の人格を否定するようなモラハラを繰り返したことが原因だと報じた。

 同誌によると、関係者の話として、夫が結婚前から米倉を正座させて5時間も説教したり、持っているバッグや靴などに至るまで「変だ」と否定。たびたび人前で罵倒したり、酒席で首を絞めたり、頭をたたいたりもしていたという。

 さらに、交友関係についても「お前の友達は常識がない」とあしざまにいって、交際をやめさせようという証言も掲載している。

 今月5日、同誌が米倉を直撃した際には、モラハラについては明確な否定はせず、夫に対する愛情はないかとの問いかけには、「うん」とうなずいたとしている。

 離婚協議に入るとも報じられており、今後の動きが注目される。(ZAKZAK、2015.4.9)


 ちょうど2年で離婚となった米倉涼子。まあ新婚早々からよからぬ噂もあったので別れて正解なんじゃないでしょうか。大門未知子として頑張ってください。





<参照>
リアルライブ ようやく離婚が成立しそうな米倉涼子
テレビ大菩薩峠 米倉涼子結婚
posted by リュウノスケ at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナイナイ岡村人身事故

 東京都港区で29日夕、お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史さん(46)が乗用車を運転中、歩行者と接触する事故を起こしていたことが、警視庁への取材でわかった。

 高輪署などによると、岡村さんは29日午後5時55分ごろ、港区高輪2丁目のT字路交差点を右折した際、横断歩道を歩いて渡っていた60代男性に接触し、男性は左腕に軽傷を負った。信号はどちらも青だったという。署が詳しい状況を調べている。(朝日新聞、2016.12.30)


 お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史さん(46)が東京都港区内で乗用車を運転中、歩行者をはねる事故を起こしていたことが警視庁高輪署への取材でわかった。

 同署幹部によると、岡村さんは29日午後5時55分頃、同区高輪の交差点を車で右折しようとした際、横断歩道を歩いていた60歳代の男性をはねた。

 男性は、左腕を打撲する軽傷。同署は、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)容疑で岡村さんから事故時の詳しい状況を聞いている。(読売新聞、2016.12.30)


 お笑いコンビ、ナインティナインの岡村隆史(46)が29日、東京・港区で車を運転中に歩行者の60代男性と接触する事故を起こしていたことが、所属事務所のよしもとクリエイティブ・エージェンシーへの取材で分かった。男性は軽傷で、今後は岡村本人と同事務所で誠心誠意対応していくという。

 同事務所によると、事故に気付いた岡村は、すぐに相手男性への救急措置や警察への通報などの事故処理を行ったという。29日はオフで、プライベートでの運転中だった。他の所属タレントに対しては「これまで以上に自動車の安全運転を徹底して指導していく」という。

 同事務所では今月11日にNON STYLEの井上裕介(36)が自家用車を運転中にタクシーとの衝突事故を起こしていた。(日刊スポーツ、2016.12.30)


 29日午後5時55分なのでオールナイトニッポンの前に事故ってたんですね。


2016.12.29 ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン 【ゲスト:出川哲郎】
posted by リュウノスケ at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年一番よかったCMよくなかったCM2016

 テレビCMの効果や消費者の反応などを調査・分析している「CM総合研究所」(東京都港区)が、2016年度(15年11月〜16年10月)のCM好感度ランキングを発表した。広告量の多い携帯電話各社のCMが上位を占める構図は前年度と変わらなかったが、犬と赤ちゃんの触れあいをとらえたアマゾンジャパンなど、心なごむ作品が人気を集めた。

 一位は、松田翔太、桐谷健太、濱田岳が昔話の主人公を演じる「三太郎シリーズ」のauで、二年連続の栄冠。寺田心を幼少期の桃太郎にすえ、三太郎の出会いと友情を描いた「出会い編」で物語に深みを持たせたほか、花咲(はなさか)じいさん(笹野高史)や一寸法師(前野朋哉)など新キャラクターも登場し、話題を呼んだ。

 十年目を迎えた「白戸家」のソフトバンクが二年連続の二位に。堤真一や綾野剛らが新聞記者に扮(ふん)する「得ダネを追え!」シリーズが好調だったNTTドコモが続き、携帯電話の大手三社が三位までを独占した。四位にも格安スマホの「ワイモバイル」がランクイン。一九八〇年代にタイムスリップした桐谷美玲が「なめ猫」「ボディコン」など当時の流行を目の当たりにして驚く世代間ギャップが受けた。

 前年度の二千位台から五位に大躍進したのがアマゾンジャパンの会員制特典サービス「Amazonプライム」。最初は赤ちゃんに泣かれた犬が、その後受け入れられるまでのストーリーを、出演者らの表情と女性ボーカルの音楽だけで描いた。

 同社の桑田淳さんは「商品が早く届くというサービスが生活にどういう意味があるかを表現し、消費者との情緒的つながりを強化したかった」と企画意図を説明。反響は大きく、好評のため、米国や英国、ドイツでもそのまま放送され、会員数を増やすなどの成果を上げているという。

 CM総研によると、CMに好感を持つ要因に「心がなごむ」を挙げるモニターが増えたといい、動物や家族との絆や友情を描いた作品も多かったという。

 CM総研の関根心太郎代表は、成功したCMには「身近な生活を快適にする」という共通のキーワードがあると分析。「日常をより快適にする商品に関心が高く、家族など身近な人をより快適にしてくれるパーソナルな幸せ、大げさではない身近な幸福感が求められている」と話している。

 <調査方法> 対象は期間中に在京民放キー局5局で放送された2028社、7470銘柄(商品)、1万6043作品のCM。CM総研が関東1都6県在住の一般モニター男女3000人を対象に行っている「月例CM好感度調査」を集計した。(東京新聞、2016.12.30)


 大手広告代理店電通の石井直社長は28日夜、東京都内で会見し、新入社員だった高橋まつりさん=当時(24)=が過労自殺し、法人としての同社が書類送検されたことを受け、引責辞任すると表明した。石井社長は「経営を預かる身として深く責任を感じており、全責任を取る」と述べ、来年1月の取締役会で社長執行役員を退く考えを示した。

 石井社長は高橋さんの自殺に対し、「新入社員の過重労働を阻止できなかったことはざんきに堪えない」と陳謝した。(時事通信、2016.12.28)


 燃費不正問題からの再出発をアピールするため、三菱自動車が今月8日から再開したテレビCMで、女性がのぞき込む天体望遠鏡が誤って逆向きに設置されていたことが26日、分かった。これでは星空ではなく地面しか見えないことになり、同社は15日、問題のシーンをカットしたCMに切り替えた。

 4月に燃費不正問題を公表した三菱自動車は、今回のCMに「社員全員が車造りを一から見直し、走る喜びと確かな安心を提供し続ける決意を込めた」(広報部)はずだったが、思わぬところでつまずいた格好だ。

 問題となったのは、同社のプラグインハイブリッド車(PHV)「アウトランダーPHEV」の横で、男女4人が夜間にキャンプを楽しむ場面。女性が星空を見ようと、のぞき込んだ望遠鏡が逆向きだった。9日にCMを見た顧客から指摘があり、ミスが発覚した。

 三菱自動車は「担当部門の知識不足により、実際と異なる設置をしたままCMを撮影した」(広報部)としている。(東京新聞、2016.10.27)


 2016年広告業界最大の話題は電通の過労自殺問題。去年は佐野研二郎騒動もあったし電通という会社は大きいばかりでロクなことしませんね。コンプライアンス精神の欠片もないブラック企業なんだから東京五輪など国家プロジェクトから排除すればいいのに。法治国家として相応しくないよ。

 さて、今年も三太郎が制したCM好感度ランキング。濱田岳の金太郎が新作ごとにキャラ立ちして桃太郎を食っている好循環の一方、白戸家は唐突に佐藤健を次男に据えたりとテコ入れに失敗して迷走気味。勢いが全然違うので来年もソフトバンクの首位奪還は難しいんじゃないでしょうか。

 だめだったというか不快だったのは、『バンダイナムコエンターテインメント アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』。キモオタ役でヘタな歌をヘタな歌として披露させられる中居正広の心中いかばかりか。好評のようでシリーズ化されているものの正直ギャグになっておらず、飯島マネージャーはこのCMを見てどう思っているんだろうと考えてしまいます。

 今年ワーストは新聞記事にもなった『三菱自動車工業 2016秋 再出発篇』。再出発に相応しくない演出を全力で考えてもなかなか思いつかない致命的ミスでした。担当者は今後この業界にいられるんでしょうか。

 よかったのはこのブログでも紹介した『タウンワーク 通訳篇』。中条あやみが台詞を言いながらけん玉するだけなのに毎回見入ってしまう『NTTドコモ 申込んでスグよの歌篇』。「逃げ恥」を当てて絶好調の新垣結衣がかわいい『日清食品 チキンラーメン エル・チキンラーメシ篇』など。

 ベストは『ダイハツ ムーヴキャンバスLEDヘッドランプ篇』(制作代理店:株式会社博報堂/TUGBOAT)。うだつが上がらない彼氏(少路勇介)を振ったあとの高畑充希の笑顔がすばらしい。稲垣潤一の歌(『夕焼けは、君のキャンバス』作詞:麻生哲朗 作曲:木村篤史 編曲:中村僚/大坪稔明 )もよかった。


「申込んでスグよの歌」篇 メイキングムービー



チキンラーメンCM 「エル・チキンラーメシ 篇」 30秒 / 新垣結衣



TVCM ムーヴキャンバス 「LEDヘッドランプ」篇(15秒) ダイハツ公式






<参照>
ダイハツ公式HP ムーヴキャンバスTVCM「LEDヘッドランプ」篇
ダイハツ公式 ムーヴキャンバス(一番下までスクロールすると稲垣潤一のCMソングがフルで聴ける)
ウィキペディア 少路勇介
posted by リュウノスケ at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

SMAP解散 その3

 大みそかで解散する人気アイドルグループSMAPに新聞広告で思いを伝えようと、ファンがインターネットを通じたクラウドファンディングで資金支援を呼び掛け、1万2800人を超える人から約3900万円(暫定値)が28日までに集まった。広告は30日付の全国紙朝刊に掲載予定。

 ファン3人が発起人となり、20日から28日午前2時まで募った。集まった資金で、支援者の名前と共に「SMAPをこれからも応援し続けます」という内容の広告を出す。企画の告知サイトによると、見開き2ページ以上になる見通しという。

 発起人の一人である会社員のSさん(23)は「予想を超える支援が集まり驚いた。広告を通じて、どんな形であってもSMAPを応援していくという温かいメッセージを届けられたら」と話している。

 SMAPを巡っては、グループ存続を願う「5☆SMILE(ファイブスマイル)」が署名活動を行い、37万3515筆が集まった。(産経新聞、2016.12.28、元の記事は実名)


 今後もSMAP存続運動を続けるのは、「飯島マネージャーなしでジャニーズ事務所に留まりいままでで通り活動しろ」と香取慎吾に強要することと同じ。何の底意もなく純粋な気持ちなのは分かりますが、結果的に香取を苦しめるだけだと私は思います。


 <SMAPへの思いを新聞広告に ファン1万3千人が出資>
 年内解散を発表しているアイドルグループ「SMAP」に向けて30日朝、新聞広告を使った熱いメッセージが送られた。ファン3人が立ち上げたクラウドファンディング(CF)の企画「SMAP大応援プロジェクト」で、国内の購入型CFでは史上最多人数の1万3千人を超える支援者から約4千万円の資金を調達。朝日新聞朝刊に8ページにわたって支援者の名前やメッセージが掲載された。

 プロジェクトでは、ファンから資金を募り新聞広告に感謝のメッセージを載せようと、朝日新聞が運営するCF「A−port」を使って呼びかけた。

 20日夕から受け付けを開始し、募集期間はわずか1週間だったが、2日で目標金額の1千万円を達成し、日を追うごとに支援者は増えた。最終日には募集サイトにつながりにくくなるほどアクセスが集中。ツイッターでは、集まった人数や金額への反応が盛んにツイートされた。

 この日の紙面では、クラウドファンディングで集まった約4千万円にプロジェクトを起案した3人の資金などを加え、計8ページにわたって全面広告が掲載された。起案した3人は「目標額を大きく上回る大きな大きなご支援をいただき、ありがとうございました」と感謝の言葉を述べていた。(朝日新聞、2016.12.30)


posted by リュウノスケ at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする