2016年11月30日

『マツコの知らない世界』捏造事件

 TBSテレビは30日、11月29日夜に放送したバラエティー番組「マツコの知らない世界」で映像の取り違えがあったとして、「視聴者、関係者に誤解を与え、ご迷惑をおかけしたことをおわび申し上げます」と、番組公式サイトで謝罪した。

 TBSによると、番組では「スキ間掃除の世界」と題し、掃除グッズを使ってパソコンのキーボードを掃除した様子などを紹介。アップで映し出されたキーボードの機種が、掃除の前と後で異なっていたという。

 視聴者からの指摘で発覚した。TBSは「スタジオ収録の際にキーボードの『After(掃除後)』画像を収録できず、後日、別のキーボードを使用して撮影してしまい、編集の際にもその間違いに気づかないまま放送したことが原因」としている。

 TBSの伊佐野英樹編成局長は30日の定例会見で、「現場は『(2つのキーボードが)似ているので気づかなかった』という。大いに反省すべきだが、捏造ではなく、単純なミス」と説明。武田信二社長は「ケアレスミスではあれ、あってはならない」と述べた。(産経新聞、2016.11.30)


 TBSの定例社長会見が30日、東京・赤坂の同局で行われた。

 29日放送の同局系バラエティ番組「マツコの知らない世界」(火曜・後8時57分)では、パソコンのキーボードをキレイにする掃除グッズを紹介したが、放送後、視聴者の指摘で掃除前の汚れたキーボードと掃除後のキーボードが明らかに別物であることが発覚。ネット上では「効果をアピールするためにTBSがすり替えたのでは?」など、疑問の声が上がっていた。

 この件について、会見に出席した制作幹部は「ビフォーとアフターで違うキーボードでした」と撮影に使ったキーボードが別物であったことを認めた上で、「収録の当日、時間がなくて、キーボードの寄りの絵(接写した映像)が撮れていなかった。誤って違うキーボードを持っていって(撮影し)気づかなかった。大いに反省すべき所ではありますが、捏造(ねつぞう)ではなく、ケアレスミスということでHPでもおわびしています」と続けた。

 「商品提供社にもおわびしましたが、(MCの)マツコ・デラックスさんに伝えたかは把握しておりません」と同幹部。

 この件について質問された武田信二社長(63)は「決して捏造ではないが、単に報道だけの問題ではない。ケアレスミスなどあってはならないこと。視聴者の信頼をそぐ一因になってしまうし、テレビ(制作者)側も自覚しないといかんのではと思います」と話した。(スポーツ報知、2016.11.30)


 このケースを認めないんだからTBSに捏造の概念は存在しないといえます。


<参照>
ウィキペディア TBS掲示板捏造問題
ウィキペディア TBS不二家捏造報道問題
posted by リュウノスケ at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シャペコエンセ搭乗機墜落事故

 コロンビア第2の都市メデジン(Medellin)近郊で28日夜、乗客乗員計81人を乗せたラミア・ボリビア航空(LAMIA Bolivia)の旅客機が墜落した。75人が死亡し、生存者6人が救出されたが、うち1人は病院へ搬送中に死亡した。乗客にはブラジルのサッカーチーム、シャペコエンセ(Chapecoense)の選手らも含まれている。

 メデジンの玄関口であるホセ・マリア・コルドバ国際空港(Jose Maria Cordova International Airport)当局によると、搭乗していたのは乗客72人、乗員9人。同当局はツイッター(Twitter)に「許可証番号CP2933には、シャペコエンセ(@ChapecoenseReal.)のチームが搭乗していたことを確認。生存者がいる模様」と投稿した。救助作業が進んでいるが、悪天候のため現場へは陸路でしか到達できない状態だという。また、生存者の中にはシャペコエンセのDF、アラン・ルシェウ(Alan Ruschel)選手が含まれているとの情報もある。

 同機はブラジルを出発し、ボリビアのサンタクルス(Santa Cruz)を経由した後、メデジンから約50キロのセロ・ゴルド(Cerro Gordo)周辺を飛行中に墜落した。

 墜落現場に近いラ・セハ(La Ceja)の町長は当初、「燃料が切れたようだ」と語っていたが、空港当局によれば、現地時間28日午後10時(日本時間29日正午)ごろ、同機から電気系統の故障が報告されたという。

 カンピオナート・ブラジレイロ(ブラジル全国選手権)1部に所属するシャペコエンセは、11月30日にコロンビアのチーム、アトレティコ・ナシオナル(Atletico Nacional)と、コパ・スダメリカーナ(2016 Copa Sudamericana)の決勝第1戦を行うためにメデジンへ向かっていた。南米サッカー連盟(CONMEBOL)は、同大会決勝の中止を発表した。(AFPBB News、2016.11.29)


 ご冥福をお祈りします。


<参照>
ウィキペディア アソシアソン・シャペコエンセ・ジ・フチボウ
ウィキペディア ラミア・ボリビア航空2933便墜落事故
posted by リュウノスケ at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪市「JKリフレ」経営者逮捕

 「JKリフレ」と呼ばれる店舗の実技指導と称して中学3年の少女にわいせつな行為をしたとして、大阪府警少年課は29日までに、児童福祉法違反(淫行させる行為)の疑いで、大阪市北区の風俗店「無添加娘」経営者M容疑者(42)を逮捕した。

 少年課によると、同店では、従業員の少女らに過激なポーズをさせて客が写真を撮る「撮影会」などを行っていた。交渉して追加料金を支払えば「裏オプション」と呼ばれる性的サービスが受けられたとみられる。

 逮捕容疑は4月、大阪市北区のレンタルルームで、店の面接に来た当時14歳の少女2人に対し、実技指導と称してわいせつな行為をした疑い。「店で雇うつもりだった」と容疑を認めている。

 店は9月に閉店。大阪地検は既に児童福祉法違反罪でM容疑者を起訴している。(共同、日刊スポーツ、2016.11.29、元の記事は実名)


 毎日放送の取材では月100万稼いだ子もいたようです。危険だし金銭感覚おかしくなるからやめたほうがいいよ。


<参照>
毎日放送 “JKリフレ店”摘発 店長の男「こっそり…」
posted by リュウノスケ at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京学芸大学附属高校いじめ事件

 東京学芸大学は29日、付属高校でいじめがあったと発表した。1人の生徒に対しセミの幼虫をなめるよう強要したり、骨折や脳振とうを起こさせたりしたこともあったという。同大は警視庁世田谷署に報告。管理責任を問い前校長ら4人を懲戒処分にした。

 同大によると、いじめがあったのは2015年5月から同年9月にかけて。複数の生徒がはやし立て、のどの奥に指を入れて吐くまねをさせたり、セミの幼虫をなめさせたりした。

 同年6月3日の体育祭練習で、倒されて手首を骨折。同22日には肩の上に担いで投げ飛ばされ、頭を打って脳振とうを起こした。

 いじめていたのはいずれも同学年で、同じ部活の生徒も含まれていた。「『いじり』であって、いじめではない」と話す生徒もいたという。

 同年6月12日にアンケートを行い、被害生徒は「いじめがある」と回答。約1カ月後に担任の教師がこの生徒と面接したが、いじめは確認できなかった。同年9月17日に保護者から担任に相談があり、その後加害生徒らから話を聴いて判明した。

 文部科学省に報告したのは今年3月で、同大は「重大事態との認識がなかった」と説明した。出口利定学長はいじめについて、「私の指導不足だった。申し訳ない」と謝罪した。(時事通信、2016.11.29)


 東京・世田谷区にある東京学芸大学附属高校で、去年、生徒1人が複数の生徒からいじめを受けて、手首を骨折したりせみの幼虫をなめさせられたりするなどしていたことがわかりました。学校側は生徒の心身に危険が及ぶ「重大事態」だったにもかかわらず文部科学省への報告が遅れるなど対応が不適切だったとして、当時の校長ら4人を戒告の懲戒処分にしました。

 東京学芸大学によりますと、去年5月から9月にかけて、附属高校に通う生徒1人が同じ学年の複数の生徒からいじめを受け、体育祭の練習時に倒されて手首を骨折したり、肩の高さから投げ出されて脳しんとうを起こしたりしたほか、せみの幼虫をなめさせられるなどしたということです。

 学校側は去年9月に保護者からの申し出を受けて一部の関係者から聞き取りを行いましたが、調査内容が不十分で、その時点で生徒の心身に危険が及ぶ「重大事態」だったにもかかわらず、文部科学省への報告がことし3月まで半年間遅れたということです。学校側は対応が不適切だったとして、28日付けで当時の校長や担当の副学長ら4人を戒告の懲戒処分にしたほか、すでに退職した1人を戒告相当にしました。

 会見で出口利定学長は、「被害にあった生徒や保護者に深くおわび申し上げる。教員を養成する大学の附属高校として決してあってはならず、教職員に対して法令順守を徹底するとともに生徒の側に立った運営を行うよう指導する」と述べました。

 文科省「指導を徹底したい」

 3年前にできた「いじめ防止対策推進法」は、学校がいじめを把握し、それが命や心身に危険が及ぶ「重大事態」だった場合は、すぐに教育委員会に報告するよう義務づけています。東京学芸大学附属高校は国立のため、いじめの内容を把握した段階で速やかに文部科学省に報告する義務がありましたが、高校は去年9月に具体的ないじめの内容を把握してからことし3月までの半年間、それを怠っていました。文部科学省は「多くの高校のモデル校となるべき国立大学の附属高校で、不適切な対応が発覚したことは極めて遺憾で、今後、いじめ防止を含めたいじめ発覚後の対応について指導を徹底したい」と話しています。(NHK、2016.11.29)


 普通に傷害事件ですよね。加害者たちが何のお咎めもなく将来省庁や大企業の幹部となるようでは我が国の社会正義は実現されません。同様のことがあれば退学させるべきだと思います。


<参照>
東京都高校偏差値ランキング2017
posted by リュウノスケ at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

ASKA覚醒剤取締法違反で逮捕

 警視庁組織犯罪対策5課は28日、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、歌手のASKA(本名・宮崎重明)容疑者(58)を逮捕した。

 同課によると、ASKA容疑者は11月中旬ごろから25日までの間に、東京都内もしくはその周辺で、覚醒剤若干量を使用した疑い。

 ASKA容疑者は25日午後7時ごろ、自ら「盗撮、盗聴されている」などと110番した。駆け付けた警察官にも支離滅裂な言動を繰り返したことから、警視庁が任意で尿検査を実施。鑑定の結果、陽性反応が出たという。

 ASKA容疑者はチャゲ&飛鳥(後にCHAGE and ASKAに改名)のユニット名で、1979年に「ひとり咲き」でデビュー。「SAY YES」などのヒット曲を生み出し、2009年に活動を休止した。13年1月、「CHAGE and ASKA」の再開を発表したが、一過性脳虚血症の疑いがあるとしてライブを延期。同年8月、週刊文春が薬物使用疑惑を報じ、ASKA容疑者は否定したものの、10月に所属事務所が「世間をお騒がせした」として、活動を自粛させた。

 結局、14年5月17日に覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで警視庁に逮捕され、10日後の27日には同法違反と麻薬取締法違反(いずれも使用)で警視庁に再逮捕された。

 6月には自宅で覚醒剤と合成麻薬MDMAを所持したとして、覚せい剤取締法違反と麻薬取締法違反(いずれも所持)の疑いで再逮捕。7月に保釈保証金700万円を東京地裁に納付し、勾留先の警視庁東京湾岸署から保釈された。9月に同法違反と麻薬取締法違反の罪で懲役3年、執行猶予4年の判決を受け、執行猶予中だった。(産経新聞、2016.11.28)


 被害妄想に取りつかれ、自ら警察に電話するほどなので相当な依存状態といえます。これで執行猶予は取り消されることになりました。


<参照>
ウィキペディア 執行猶予
posted by リュウノスケ at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする