2016年10月04日

大隅良典東京工業大栄誉教授ノーベル医学生理学賞受賞

 スウェーデンのカロリンスカ研究所は3日、2016年のノーベル医学生理学賞を、細胞内で不要なたんぱく質を分解、リサイクルする「オートファジー(自食作用)」の具体的な仕組みを解明した大隅良典東京工業大栄誉教授(71)に授与すると発表した。

 日本人のノーベル賞受賞は3年連続で、計25人目。医学生理学賞は2年連続で、理化学研究所の利根川進脳科学総合研究センター長、山中伸弥京都大教授、昨年の大村智北里大特別栄誉教授に続き4人目となる。

 大隅氏は東工大で記者会見し、「この上もなく名誉なこと。ノーベル賞には格別の重さを感じている」と述べた。

 たんぱく質の合成と分解は生物の生命維持活動の中心だが、遺伝子に基づきたんぱく質を合成する仕組みに比べ、不要なたんぱく質を分解・再利用する仕組みの解明は遅く、1980年代後半から急速に進んだ。オートファジーはアルツハイマー病やパーキンソン病、がんなどの病気に関わることが分かり、治療への応用が期待されている。

 たんぱく質の分解・再利用をごみ処理に例えると、個別にシールを貼って処理装置に回す方法と、大ざっぱに他のごみと一緒にごみ袋に入れて処分場に送る方法がある。このごみ袋を使う方法がオートファジーだ。

 オートファジーはクリスチャン・ド・デューブ米ロックフェラー大名誉教授(13年死去)が60年代初めまでにラットの肝細胞で発見し、74年にノーベル医学生理学賞を受賞したが、詳しい仕組みは不明だった。 
 大隅氏は88年に東大助教授に就任して間もなく、単細胞の酵母でオートファジーが起きる条件を工夫し、その過程を光学顕微鏡を使って初めて肉眼で観察した。細胞質で不要なたんぱく質などを包んで隔離する膜が生じ、ごみ袋となって処分場の液胞に取り込まれることが分かり、関連する遺伝子群も発見した。

 大隅氏が愛知県岡崎市の基礎生物学研究所教授となった後、水島昇東京大教授が中心となってマウスでオートファジーを担う遺伝子群の特定を進め、人間を含む動植物に広く共通する仕組みであることを解明。病気の原因になることも突き止めた。

 授賞式は12月10日にストックホルムで行われ、賞金計800万スウェーデンクローナ(約9500万円)が贈られる。

 ◇大隅氏の略歴

 大隅 良典氏(おおすみ・よしのり)1945年福岡市生まれ。72年東京大大学院理学系研究科博士課程単位取得退学、74年理学博士号取得、米ロックフェラー大研究員。77年東大理学部助手、88年東大教養学部助教授、96年基礎生物学研究所(愛知県岡崎市)教授、2009年東京工業大特任教授、14年同栄誉教授。06年日本学士院賞、12年京都賞、15年ガードナー国際賞受賞。(時事通信、2016.10.3)


 おめでとうございます。


<参照>
ウィキペディア 大隅良典
posted by リュウノスケ at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする