2016年10月30日

天皇賞(秋)(GI)

三連単 @・B・G・H→K・M・N→C・D・E・F=4800円
三連単 @・B・G・H→C・D・E・F→K・M・N=4800円
三連単 K・M・N→@・B・G・H→C・D・E・F=4800円
三連単 K・M・N→C・D・E・F→@・B・G・H=4800円
三連単 C・D・E・F→@・B・G・H→K・M・N=4800円
三連単 C・D・E・F→K・M・N→@・B・G・H=4800円
前回までのトータル:−253万1710円
回収率:60.4%
posted by リュウノスケ at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月28日

レコード大賞1億円買収疑惑 その1

 2015年末の「日本レコード大賞」をダンス&ヴォーカルグループ「三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE」(以下、三代目)の曲「Unfair World」が獲得した裏で、芸能プロダクション「バーニングプロダクション」が、三代目が所属する「株式会社LDH」に対して1億円を請求していたことが、週刊文春の取材により明らかとなった。

 週刊文春は1億円の請求書の写しを入手。請求書は、バーニングが通常使用するものと書式や社印が完全に一致した。但し書きには〈年末のプロモーション業務委託費として〉と記載されている。

 レコ大は、今年で58回目を数える老舗音楽祭だが、スポーツ紙の記者などが務める審査委員のレコード会社やプロダクションによる買収疑惑、談合疑惑が長らく取り沙汰されてきた。だが、これほど決定的な証拠が出てきたのは初めて。

「一番の問題は、バーニングとスポーツ紙が普段から昵懇の間柄だということ。“赤坂”(バーニングの所在地)が供給する芸能ネタは彼らには必要不可欠なんです。各社には『B担』と呼ばれるバーニング担当記者がいて、日頃から会食などで親密に付き合っています」(音楽業界関係者)

 10月21日、週刊文春はバーニング、LDH、三代目のレコード会社であるエイベックスに事実確認を求めたが、ともに期限までに回答はなかった。

 そのわずか2日後、LDH代表取締役のHIRO(47)が突如、今年限りでの社長退任を発表した。(週刊文春、2016.10.26)


 今年で58回目を迎える年末恒例の日本レコード大賞が中止に追い込まれかねない事態だ。昨年の大賞をEXILEの弟分、「三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE」の楽曲「Unfair World」が受賞した際、芸能プロ「バーニングプロダクション」が、三代目が所属する「株式会社LDH」に対して1億円を請求していた、と27日発売の週刊文春が報じたのだ。関係者は、「記事には事実に反する点もある」としているが、芸能界に激震が走っている。

 同誌では、入手した請求書の写しを掲載。但し書きには《年末のプロモーション業務委託費として》とし、請求額の1億円と8%の消費税800万円が記されている。

 審査委員は新聞記者、放送局員、評論家らで構成され、芸能界に影響力のあるバーニングプロと日ごろから取材などで接点があるため“買収”をにおわす記事内容だ。

 しかし、音楽関係者のひとりは、「ライブ、特番が集中する年末に向け、年間を通じたプロモーション(宣伝)費用として計上されたものであれば、違法性はない」と説明。実際、金銭を伴う審査員買収の事実はなかった。

 一方で、同賞を主催する日本作曲家協会の周辺では昨年のレコ大と音楽業界の癒着を指摘する怪文書が今年春ごろから流布し、別の週刊誌が取材に動いていた。

「怪文書といえば、2005年のレコ大で、音楽評論家の審査委員長と業界の癒着を告発する文書が出回った。この後、委員長が自宅で焼死する衝撃的な出来事があっただけに、慎重に取材を進めた」(週刊誌記者)

 今回の怪文書には癒着を指摘された複数の人物名なども書かれていたが、追い落としを狙った内紛の可能性もある。

 この騒動を、「レコ大存亡の危機」と指摘するのは、芸能評論家の肥留間正明氏。

「一番痛いのは12月30日に放送を予定しているTBSだ。豊洲市場や五輪会場問題などコンプライアンスに厳しい目が注がれる中、『なんだ金か』と思われたら番組が成り立たない。作曲家協会と一体となっての情報開示が求められる」(ZAKZAK、2016.10.28)


 拙ブログの一義的なテーマは我が国の三大人物である池田大作、渡邉恒雄、周防郁雄の動向を見守ることです。特に芸能界のドンについてはマスコミが懐柔されているのかほとんど触れられません。きちんと記事にする文春は偉いと思います。
posted by リュウノスケ at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

三笠宮崇仁親王殿下薨去

 昭和天皇の末弟、天皇陛下の叔父で、古代オリエント史の研究者としても知られる三笠宮崇仁(みかさのみや・たかひと)さまが27日午前8時34分、心不全のため、入院先の聖路加国際病院(東京都中央区)で亡くなられた。100歳だった。皇位継承順位は第5位で、明治以降の皇族では最高齢。本葬に当たる「斂葬(れんそう)の儀」は文京区の豊島岡墓地で営まれる。宮内庁は日取りなどの検討を始めた。

 三笠宮さまは急性肺炎と診断され、5月16日から聖路加国際病院に入院していた。逝去を受けて、宮内庁では名川弘一皇室医務主管、加地隆治宮務主管が記者会見した。

 名川氏らによると、入院後1カ月ほどで急性肺炎の症状はおさまり、6月以降は低下した心臓機能の治療が中心となっていた。8月に一時容体が悪化したが、その後回復。27日午前7時40分ごろまで体調は安定していたが、徐々に心臓の拍動が遅くなり、同8時ごろ心停止に陥った。同病院に検査入院中だった同妃百合子さま(93)が最期をみとったという。

 1915年12月2日、大正天皇の四男として誕生。称号は澄宮(すみのみや)。学習院初等科、同中等科を経て陸軍士官学校、陸軍大学校を卒業。成年を迎えた35年に三笠宮家を創立し、41年10月に子爵・故高木正得氏の次女百合子さまと結婚。太平洋戦争中の43年1月から1年間、支那派遣軍総司令部参謀として中国・南京に赴任し、終戦時は陸軍少佐だった。

 戦後、東大文学部の研究生となり、古代オリエント史研究者の道を歩んだ。日本オリエント学会の初代会長を務め、東京女子大や青山学院大の講師、東京芸術大の客員教授などとして教壇に立ち、テレビやラジオなどにも出演。歴史学者の立場から、連合国軍総司令部(GHQ)の意向で廃止された紀元節復活の動きに反対したほか、戦争末期の44年に陸軍を批判した文書が後に見つかり、反響を呼んだ。

 中近東文化センター名誉総裁、日本・トルコ協会名誉総裁などを務め、国際親善をはじめ、さまざまな分野に貢献。ダンスにも親しみ、普及に尽力した。著書は「帝王と墓と民衆」「古代オリエント史と私」「わが歴史研究の七十年」など多数。

 百合子さまとの間に長男の故寛仁(ともひと)さま、次男の故桂宮さま、三男の故高円宮さま、長女の近衛※子(※ウカンムリの下に心その下に用)さん、次女の千容子さんの5人のお子さまをもうけ、2002年11月に高円宮さま、12年6月に寛仁さま、14年6月に桂宮さまを亡くした。百合子さまの叔父は昭和天皇の侍従長を務めた故入江相政氏。

 11年に結婚70年を迎え、96歳だった12年7月に心臓の僧帽弁の機能回復手術を受けた。15年に100歳を迎えていた。今年1月2日には、皇居で行われた新年の一般参賀に出席。トルコへ赴任する大使と4月8日に宮邸で接見したのが最後の公務となった。(時事通信、2016.10.27)


 ご冥福をお祈りします。


<参照>
ウィキペディア 三笠宮崇仁親王
posted by リュウノスケ at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 訃報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月25日

「打率+本塁打/三振」指標ランキング(独立のみ)

【(打率+本塁打/三振 指標ランキング(BC・四国アイランドリーグ、2016年】
チーム名選手名BAPHR/SO(H+BB)/SO打率試合数打数得点安打本打打点三振四球死球失策
石川シリアコ0.8493.790.3326827444911553291918
高知ザック0.7887.070.321611962563741154339
群馬カラバイヨ0.6962.210.3457125249872060573964
愛媛デニン0.6896.400.389301081342323102232
武蔵ムニョス0.6782.840.310361421744736191002
徳島ジェフ0.6642.950.364301182743621201690
信濃島袋 涼平0.6357.000.341712732993552172661
福島ボウカー0.6283.280.3227127041871150363114
新潟ジョージ0.6193.740.3296322849759573141118
福島岡下 大将0.6102.930.33170260628612504340821
群馬井野口 祐介0.6072.150.3515019142671038391731
信濃大平 成一0.5773.760.335712575086841333857
徳島ホーキ0.5461.660.309441521747926381631
新潟稲葉 大樹0.51710.000.37453147245511971535
富山※ジョニー0.5131.820.331321181939631332130
群馬八木 健史0.5132.370.284652363567834351605
武蔵角 晃多0.5004.280.340672534186441252148
福井大松 陽平0.4752.530.275581932353638302310
信濃森田 克也0.4753.600.355641973570329252072
石川繻エ 凌0.4741.560.2977023632701145622769
信濃柴田 悠介0.4664.940.290712522773321171141
新潟纐纈 隼基0.4611.740.270622373164942471806
富山バルデス0.4611.930.2945821821647544217217
福井荒道 好貴0.4441.800.2647224249649365026922
群馬永井 克弥0.4421.580.275541672346624361125
福島貴規0.4171.610.313713005494746671454
愛媛ポロ0.4172.940.32964258328533834151311
徳島小林0.4162.000.2866323133666494626810
群馬チャベス0.4071.630.264652352762856562966
群馬箱田 昌太0.3981.930.2954615616463132910010
福井中溝 雄也0.3982.500.29846141124221920893
徳島0.3972.890.286301122332221182041
福井平田 光翼0.3871.490.216581531633624351962
高知深江0.3867.220.38634127234902191630
香川小牧0.3784.100.2783979112218101924
福島小倉 信之0.3781.610.265712643770740623003
石川宮澤 和希0.3753.030.316662504479239342472
香川板倉0.3721.790.284611761950323341122
新潟野呂 大樹0.3694.830.282672484470223234150
徳島泰山0.3612.380.236531741041324241600
香川白橋0.3613.000.270236391718111600
福島生島 大輔0.3603.640.315672192569134221148
富山大久保 裕貴0.3562.480.3357231963107122481224
富山望月 謙人0.3562.100.314692613382238481956
徳島セゴビ0.3542.000.2831653315113141301
石川仁藤 敬太0.3542.820.295652172964237343239
高知河田0.3532.000.239572262954417351624
石川青木 将崇0.3532.480.2736217228472162515111
富山橋爪 脩祐0.3451.470.28635779221917303
石川大村 孟0.3432.510.286672342667233352124
武蔵白井 優馬0.3431.890.236581402133317282022
香川加藤0.3392.590.3126121826681253728315
群馬藤井 一輝0.3393.100.270672674572229291851
信濃新村 涼賢0.3392.450.2427123134563253120715
香川高島0.3341.240.243611111627320331435
武蔵関口 寛己0.3341.340.248401411835319351246
福井浜崎 裕太0.3342.890.305712593379129352212
群馬新井 裕太0.3330.940.23941926223932810
愛媛0.3332.210.2866524535702324325201
富山大上戸 健斗0.3292.150.2917127558802355232512
信濃西田 崇晃0.3292.150.2807127931782334110411
新潟足立 尚也0.3274.290.268632202159130171426
石川三家 和真0.3261.470.248692744768526642633
富山野原 祐也0.3262.590.3265418728610323222100
福井栗田 茂樹0.3252.650.296712603977130341317
高知祐人0.3251.560.237521391533320342027
福井片山 雄哉0.3251.650.271581442039226372225
福島岸本 竜之輔0.3242.650.2864917530501222619316
信濃西野 颯0.3231.910.23664174164121823372
香川松沢0.3223.000.253652372660217292726
香川宗雪0.3191.760.279341221734115251022
高知大城0.3172.530.2846118326521113024710
愛媛吉田0.3132.880.31364246417701933181712
徳島橋本球0.3131.940.29256195345712748362111
高知宮下0.3102.170.227541411732218242023
愛媛白方0.3103.930.310471422044018141114
信濃桑田 真樹0.3091.530.246531421435220321422
愛媛四ツ谷0.3053.640.260551773446118223494
石川坂本 一将0.3052.350.305713055793029482015
高知中村0.3042.580.272611732747122313370
信濃船ア 星矢0.3041.180.250672563464426742366
チーム名選手名BAPHR/SO(H+BB)/SO打率試合数打数得点安打本打打点三振四球死球失策


 DeNAは25日、新外国人選手として今季独立リーグ、ルートインBCリーグの石川でプレーしたアウディ・シリアコ内野手(29)=191センチ、102キロ、右投げ右打ち=を獲得したと発表した。今季チームで固定できなかった三塁手として期待がかかる。

 ドミニカ共和国出身。米大リーグでのプレー経験はないものの、インディアンス傘下のマイナー3Aコロンバスなどでプレー。3Aでは通算7年で317試合に出場し、打率2割2分8厘、34本塁打、147打点。今季は石川で68試合に出場し、打率3割3分2厘、15本塁打、53打点をマークした。(サンスポ、2016.10.25)


 野球のBCリーグがきょう9日に開幕する。新潟アルビレックスBCは群馬との開幕戦(ハードオフエコスタジアム)でリーグ創設10年目のスタートを切る。チームの歴史とともに歩んできたのが稲葉大樹内野手(31)だ。昨季から兼任コーチを務め、今季が在籍10年目。BC、四国ILを合わせて、独立リーグの現役選手で最長在籍年数になった。通算安打数713は両リーグ合わせて歴代最多。「ミスター独立リーグ」は自身のレベルアップとチームの優勝を目指して10年目のシーズンに臨む。

 開幕を控えた稲葉は、打撃練習を終えた選手と1対1で話し合い、アドバイスを送る。その前には野手陣へのノックを行い、一段落したところでやっと自分の打撃練習を始める。

 昨年からコーチ兼任。選手の練習に目を向ける時間がほとんどになった。「軽はずみなことは言えない。コミュニケーションを密にするようになりました。選手の考えを聞いて勉強になることも多いです」と言う。

 新潟入りして10年目。稲葉は「1打席、1球ごとに真剣勝負をする」と自らに言い聞かせる。独立リーグ在籍10年目はBC、四国ILを合わせて現役最長になる。今季を終えれば、歴代でも梶田宙(高知)の10年に並ぶ。飛び抜けているのは通算安打数だ。713は両リーグ歴代最多。歴代2位の国本和俊(香川)の581本を大きく引き離す。

 「安打数を伸ばすことは技術の向上を表すと思う」との信念がある。巧みなバットコントロールは、当然プロからも注目された。「今は1球で仕留める、失投を逃さない打撃を身に付けたい」と、むしろ求める質は高くなった。

 青木宣親(マリナーズ)とは3年前から合同自主トレを行っている。今年1月には「先を見ずに1つ1つ頑張れ」とアドバイスされた。「引退するのはうまくなりたい、勝ちたいと思わなくなったとき」。妥協を許さない姿勢で、今季も戦い抜く。

 ◆稲葉大樹(いなば・ひろき)1984年(昭59)8月22日生まれ、東京都出身。安田学園(東京)から城西大へ。4年の秋に、遊撃手で首都大学リーグベストナインに選出される。卒業後、クラブチームを経て07年5月に新潟に入団。11年に首位打者を獲得。昨年からコーチ兼任。171センチ、80キロ。右投げ左打ち。(日刊スポーツ、2016.4.9)


 新戦力―外野手・島袋涼平 三振が少ない強打者

 石川に在籍した2014年に打率3割6分7厘、10本塁打、73打点をマークした左のスラッガー。しかし、昨季は出場3試合目で自打球を右脚に当てて骨折。シーズンを棒に振った。「また一から必死に頑張るだけ」と信濃で再起を誓う。

 長距離打者でありながら、三振が少ないことが特長の一つ。14年は306打席で三振22。「逆方向への意識もある」ためで、ポイントゲッターにとどまらない役割を担えそうだ。

 右脚の状態も戻り、全力で野球に打ち込めている。「良い雰囲気で練習できている。1試合、1打席に集中すれば結果は出る」と強調。課題は守備面と自覚し、「しっかりと守った上で持ち味を出していきたい」。186センチ、96キロ。右投げ左打ち。大阪府出身。26歳。背番号80。(信濃毎日新聞、2016.3.28)


 横浜がBCリーグ石川のシリアコを獲得したというニュース。さっそく新指標でBC・四国アイランド両リーグの打者を調べてみると見事1位でした。上位にカラバイヨとボウカーがいるのでそんなに期待できませんけど。

 興味深いのは島袋涼平と稲葉大樹。高校中退して16歳で渡米した島袋は帰国して独立でやってたんですね。「ミスター独立リーグ」稲葉大樹は今回初めて知りました。


<参照>
BCリーグ -Baseball Challenge League-
四国アイランドリーグplus 公式サイト
ウィキペディア アウディ・シリアコ
ウィキペディア 島袋涼平
posted by リュウノスケ at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高樹沙耶大麻所持で逮捕

 国内で禁止されている医療用の大麻の解禁を訴える活動を行っていた元女優の高樹沙耶容疑者が沖縄県内で大麻を隠し持っていたとして25日厚生労働省の麻薬取締部に大麻取締法違反の疑いで逮捕されました。高樹容疑者は、「私のものではない」と容疑を否認しているということです。

 逮捕されたのは、沖縄県石垣市に住む元女優の高樹沙耶、本名、益戸育江容疑者(53)です。厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部によりますと、高樹容疑者は沖縄県の石垣島の自宅で乾燥大麻を所持していたとして大麻取締法違反の疑いが持たれています。

 高樹容疑者は女優を引退したあと、国内で禁止されている医療用の大麻の解禁を訴える活動を始め、ことし7月に行われた参議院選挙では東京選挙区から立候補し、大麻取締法の改正などを主張しましたが、落選していました。

 石垣島では同じ活動を行っているメンバーと共同で宿泊施設を経営していて、麻薬取締部は25日自宅などを捜索して乾燥大麻数十グラムと吸引用とみられる巻紙やパイプなどを押収し、一緒にいた男2人も大麻取締法違反の疑いで逮捕しました。
高樹容疑者は調べに対して「私のものではない」と容疑を否認しているということです。

 5年前に石垣島に移住

 高樹容疑者はモデルや女優として活動し、数多くのテレビドラマや映画などに出演していました。5年前の平成23年、沖縄県の石垣島に移住し、翌年、芸能事務所も辞め、自然とともに生活する「ナチュラリスト」を自称するようになります。

 日本で禁じられている医療用の大麻の利用を認めるよう訴える団体に所属し、自身のブログやツイッターでは「医療用大麻は治療に役立ち認知症予防なども期待できる」などと主張していました。

 一方で、大麻について「18歳くらいに初めて知りました。時折食べたり吸引しました」とか「個人の感覚からすればお酒、たばこ、チョコレートよりも安心で安全で多幸感が得られる」、「アンチエイジングにもよい」などという書き込みも行っていました。

 荒井広幸氏「ニュースで知り驚いている」

 ことし7月に行われた参議院選挙で、高樹容疑者を公認候補として擁立した党の代表を務めていた、荒井広幸氏は、「ニュースで知り驚いています。状況がわからないので、まずは、今後の推移を見守っていきたいと思います」というコメントを出しました。
近所の住民「非常に残念」

 高樹容疑者が逮捕されたことについて、石垣島の近所の人たちからは「残念だ」といった声が聞かれました。

 マリンレジャー施設を経営する50代の男性は、「5年前に移住してきてから近くのスーパーや飲食店で数人の男性と買い物している姿をよく見かけました。若い頃から知っていた元女優が島にきて盛り上げてくれるのであればうれしかったのですが、逮捕されたと聞いてたいへん残念です」と話していました。

 また、40代の女性は「高樹容疑者が経営していた宿泊施設のカフェに去年行った際『機会があれば泊まって下さい』と言われ感じのいい対応でした。医療用の大麻の推進を訴えていた人が違う目的で使うために大麻を持っていたのではないかと思ってしまいショックです」と話していました。

 80代の男性は「近くに住んでいても交流はありませんでした。私も20年前に移住してきましたが静かな島でこんなことが起きて困惑しています」と話していました。(NHK、2016.10.25)


 実質奴隷状態の非正規社員として一生結婚もできないならば、たまに働いて大麻でも吸いながらまったり過ごすヒッピー人生は自殺を回避する一つのライフスタイルなんでしょうか。大麻を合法化する国も出てきているので高樹の主張自体は議論の余地があるのかもしれません。

 だからこそ、合法化に関して最も有名で影響力のある高樹は絶対に使用してはだめでした。「大麻は精神的・身体的依存が少ない」という擁護派の有力な根拠を無にする残念な逮捕だと思います。
posted by リュウノスケ at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする