2016年06月20日

ロシア陸上選手団リオ五輪出場停止

 組織的なドーピング問題を巡りロシア陸上チームのリオデジャネイロ五輪不参加を決めた国際陸上競技連盟は17日、個人資格で五輪参加を申請できるように規定を変更したと発表した。国外を拠点に活動し、ドーピングに関与していないことを明確に証明できる選手に限るとの条件を設定した。ウィーンで開いた理事会後、ロシア調査チームの責任者のルネ・アンデシェン氏は「非常に狭き門だ」と語り、参加できるのは少数になるとの見通しを示した。さらに「ロシアは上層部から底辺までドーピングに汚染されている」と指摘。国内でも練習してきた女子棒高跳びの世界記録保持者、エレーナ・イシンバエワが参加できるか注目される。

 また、反ドーピングに著しく貢献した選手も五輪参加を申請できることを決め、ロシアの薬物問題を内部告発し、夫と共に国外に移住した女子中距離の元ロシア代表ユーリア・ステパノワが申請すれば参加が前向きに検討されるとの認識を示した。

 国際オリンピック委員会は今後の対応を巡り、18日に電話会議で理事会を開くと発表。21日に開く「五輪サミット」で、個人の救済策を含めて検討する。

 一方、プーチン大統領は処分継続は「不公平だ」と述べ、国際陸連を非難。ムトコ・スポーツ相は「対応する」と述べ、法的措置の検討に入るとタス通信が伝えた。(スポニチ、2016.6.19)


 2014年ソチ冬季五輪のドーピング検査所で所長を務めたグリゴリー・ロドチェンコフ氏が同五輪で複数のメダリストを含む多くのロシア選手に禁止薬物を提供し、採取した尿検体を入れ替えるなどの組織的な不正を行っていたと告白した。米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)が12日、報じた。

 ロドチェンコフ氏はスポーツ省幹部の指示だったことを明かし、ロシア陸上界ではびこっていた組織的ドーピングは冬季競技でも行われていた可能性が高まった。

 ロドチェンコフ氏は3種類の禁止薬物を混合したものを選手に提供していたとし、「選手は子どものように与えたものは口に入れた」と語った。検査所では五輪終了までに100程度の尿検体を廃棄し、用意していた問題のない尿に置き換えていたことも明らかにした。

 8日放送の米CBSテレビの番組ではロシアの反ドーピング機関職員だったビタリー・ステパノワ氏がロドチェンコフ氏から聞いた話として、検査所が少なくとも4人の金メダリストの禁止薬物使用を隠蔽した疑惑があると報じていた。(共同、産経新聞、2016.5.13)


 ロシア陸上界の組織的ドーピングを告発した女子中距離のユーリア・ステパノワ選手の夫で、同国の反ドーピング機関職員だったビタリー氏が8日に放送された米CBSテレビのドキュメンタリー番組で、2014年ソチ冬季五輪の検査所元所長から聞いた話として、少なくとも4人のロシア選手が禁止薬物を使用しながら金メダルを獲得し、同検査所が隠蔽(いんぺい)したことを明らかにした。

 元所長が「ソチ・リスト」と呼んだ薬物使用選手の実名は挙げなかった。身の安全を守るため、居場所を隠して米国に滞在するビタリー氏は、ロシア連邦保安局(FSB)が同五輪中に「ソチでの全ての検査手続きを掌握しようとした」とも述べた。FSBの関与は、世界反ドーピング機関(WADA)の第三者委員会が昨年11月に公表した報告書でも言及されていた。

 ロシア人コーチの勧めで5年以上にわたって禁止薬物を使用したというステパノワ選手は番組で「私は神聖で、手の届かないアスリートだった」と話し、摘発の恐れなく禁止薬物を摂取できる立場だったことを明らかにした。(日刊スポーツ、2016.5.9)


 ロシアの反ドーピング機関(RUSADA)は15日までに、元最高幹部のニキータ・カマエフ氏が死亡たと発表した。52歳だった。死因は心臓発作とみられる。イタル・タス通信によるとカマエフ氏は14日、スキーをした後に心臓に痛みを感じ、救急車が駆けつけたが死亡したという。

 RUSADAをめぐっては今月3日にも、2008年から10年まで組織のトップを務めたビャチェスラフ・シニョフ氏が死亡したばかり。シニョフ氏の死因は明らかにされていない。地元メディアは「2週間で2人のRUSADA関係者が死亡した」と報じるなど、衝撃が広がっている。

 RUSADAは露陸上界をめぐる組織的なドーピング問題に関与したとして、世界反ドーピング機関(WADA)が昨年11月に「不適格組織」に認定し、カマエフ氏ら幹部は12月に総辞職していた。

 問題を受け露陸連は国際陸連から資格停止処分を受けており、ロシアの陸上選手は今年8月に開催されるリオデジャネイロ五輪への出場が危ぶまれている。WADAの第三者委員会は報告書で、ドーピング隠蔽にロシア連邦保安局(FSB)が関与していた可能性も指摘していた。

 カマエフ氏と同時に辞任した元幹部はタス通信に対し、「心臓に問題があるとは聞いていなかった」と指摘。ムトコ・スポーツ相も地元メディアに「健康だったとも聞いており、彼の死は予想外だった」と語っている。(産経新聞、2016.2.15)


 厳しい決定となったこの問題。反ドーピング機関を巻き込み国家ぐるみで不正を行っていたとなると妥協は公正な競技の死を意味します。国際陸上競技連盟の判断は当然でしょう。命懸けで告発したステパノワ夫妻の身の安全をアメリカは保障してあげてほしいと思います。


<参照>
ウィキペディア ロシア反ドーピング機関
posted by リュウノスケ at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第8回AKB48選抜総選挙

 <第8回AKB48選抜総選挙>◇18日◇ハードオフエコスタジアム新潟

 指原莉乃が、去年の19万4049票を大きく上回る24万3011票で総選挙初の連覇を達成した。渡辺麻友は17万5613票で女王奪還とはならなかった。

 3位で松井珠理奈が11万2341票、4位に山本彩、5位に柏木由紀、6位宮脇咲良が入った。また第1党争いは、28人がランクインしたAKB48になった。他はSKEが20人、HKT48は19人、NMB48は11人、NGT48は2人がそれぞれランクインした。

1位 指原莉乃 24万3011(票)HKT48・H
「あっちゃんも優子ちゃんも達成できなかった連覇、私なんかという気持ちもありますが達成できたこと心からうれしく思います。ありがとうございます。この1位で3回目の1位になります。どうか、どうか私を1位として認めて下さい。私はスキャンダルで仕事が増えましたし、スキャンダル成金と思われてもおかしくないような仕事っぷりなのですが、だけど、あっちゃんやゆうこちゃんやとは違って企画ものだと思われてもおかしくない自分でもちゃんとそう思っています。間違えたことばかりだし叩けばほこりしか出てきません、だけど今まで1位を取ってきたメンバー同様、ファンの絆は熱いと思っています。私の1位は当たり前じゃありません。私が1位じゃ倒せせないと言うことではなく私のファンのみんなが、無理に無理に無理を重ねて頑張ってくれた1位です。心からのおめでとうをお願いします。いつか、みんなみたいにおめでとうと言ってもらえる1位になりたいと思っていました。本当に幸せです。ありがとうございます。そして、HKTメンバーのみんな、たくさん上位にメンバーがなり、みんなのうれし涙に幸せをもらい、ランクインできなくてもメンバーの順位を素直に喜べるみんながいることがとても幸せです。いつも数え切れないほどの幸せを本当にありがとう。センターになり一桁の順位になり、どんどん大きくなっていくことが私の心からの幸せです。みんながいるから頑張れます」

2位 渡辺麻友 17万5613(票) AKB・B
「いやー悔しい!速報1位を獲り、1位になれず壁が高いな。越えられないなと思いました。今AKB48はピンチだと思います、先輩が卒業していって今のメンバーでは稼働しないと思います。でもAKBを壊したくありません。AKBを何10年先も愛されるグループであるように、たくさん貢献していきたいです。後輩メンバーたちにも伝えたい。12歳でAKBに入り22歳で10年目、10代をAKBに捧げてきた。今見ている景色はずっとではありません。みんなにはファンのみんなと環境を大切にして、今という一瞬を大事にしていってほしいと思います。責任と誇りを胸に精進していきたいと思います」
(日刊スポーツ、2016.6.18)


 総得票数は325万5400票だった。過去最多だった昨年の328万7736票より3万2336票減少した。

 投票するための方法は昨年の12から20パターンに増えたが、投票数の増加には結びつかなかった。そんな中で、指原は過去最多の24万3011票を獲得。これは今回の全体の7.5%にあたる。(スポニチ、2016.6.19)


 スキャンダルを起こした指原が優遇されている現状に不満を抱くまゆゆ。今年2位なら脱退するのではないかという報道もありましたが、「AKBを壊したくありません」という上記挨拶が本心ならどうやら残留しそうな雰囲気です。

 一方、知名度の高い初期メンバーはほぼいなくなって3位珠理奈、4位は山本彩。指原とまゆゆの票は大差であり、総選挙に対するファンのモチベーションも下がるんじゃないでしょうか。というかいい加減ファンクラブの会員一人一票制にしたほうがいいですよ。

 一般紙が嬉々としてこのイベントの記事を書いていますが、ギャンブル依存と同様の社会問題を孕むと私は思います。


<参照>
デイリーニュースオンライン 媚び売る指原が許せない?渡辺麻友を卒業に走らせた“運営不信”
posted by リュウノスケ at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする