2016年06月19日

第84回ル・マン24時間レース

 伝統の自動車耐久レース、ルマン24時間は19日午後3時(日本時間午後10時)にフランス・ルマンのサルテ・サーキット(1周13.629キロ)で決勝のゴールを迎え、TS050ハイブリッドで臨んだトヨタ(LMP1クラス)は、トップを走っていた5号車が残り3分余りでストップし、初の総合優勝を逃した。ポルシェが逆転し、2連覇を果たした。

 世界耐久選手権(WEC)第3戦として行われたレースで、トヨタの2台はポルシェ2号車と激しい優勝争いを展開。デビッドソン(英国)ブエミ(スイス)中嶋一貴組の5号車は土壇場のトラブルで完走できず45位。サラザン(フランス)コンウェイ(英国)小林可夢偉組の6号車が2位に入った。(時事通信、2016.6.19)


 残り6分でまさかのマシントラブルを起こしたトヨタ5号車。もうちょっとだったんですけどね。また来年頑張ってください。


2016 ル・マン24時間レース トヨタ悪夢の5分間 優勝目前ストップ



<参照>
ウィキペディア ル・マン24時間レース
posted by リュウノスケ at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第23回函館スプリントステークス(GIII)

馬単 B・F→@・C・G・H・K・M=12000円
前回までのトータル:−212万2510円
回収率:64.4%
posted by リュウノスケ at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする