2016年06月07日

ファンキー加藤不倫騒動

 元ファンキーモンキーベイビーズのファンキー加藤(37)が、アンタッチャブル柴田英嗣(40)の妻Aさん(40)とダブル不倫し、Aさんは柴田と離婚後、妊娠が発覚したと、今日7日発売の週刊女性が報じている。同誌によると、Aさんは今月出産予定。加藤は妻と離婚せず、子供を認知し、養育費を支払うとしている。

 加藤はファンモンの元マネジャーと、グループ解散2カ月前の13年4月に結婚。昨年2月、妻との間に第1子となる長男が誕生した。同誌によると、加藤がAさんと出会ったのは1年半前の14年末。加藤の後輩が開催した飲み会で知り合ったという。当時、Aさんは柴田の妻だった。Aさんの知人は同誌に「(加藤と)そういう関係になってから、Aさんは加藤さんの地方のライブで、一緒に泊まったりしたそうです」とダブル不倫疑惑を証言。この不倫をきっかけに、柴田とAさんは昨年5月に離婚が成立。同9月、Aさんの妊娠が発覚したという。

 Aさんは子供を産みたいと主張。加藤は離婚はできないが、子供を認知し、養育費を払うことになったとしている。2人の話し合いは何度か行われ、子供を認知すること、DNA鑑定を行うこと、養育費の金額などが決定。Aさんの知人は養育費は数千万円に上ると証言している。

 柴田が話し合いに参加したこともあったという。柴田の知人によると、加藤はその話し合いで、Aさんの元夫が柴田だと初めて知ったという。また、出会った時からAさんが既婚者で、2児の母親だと知らなかったとしている。以前から柴田と加藤は友人だった。

 Aさんの出産予定は今月。同誌はおなかが大きく見えるAさんの写真を掲載した。加藤は同誌の直撃に「今、話し合いをしていますので」と事実関係を否定しなかった。加藤は6日夜、FM NACK5の番組に都内スタジオで生出演。DJに才能を絶賛され「元気になります」と恐縮した。出演後、報道陣の問いかけには無言でこわばった表情で左右に一礼し車に乗った。今日7日、初主演映画「サブイボマスク」(11日公開)PRで、京セラドーム大阪でのオリックス対中日戦で始球式を行う。

 加藤の所属事務所は「(週刊女性の)記事内容はすべて事実です。明日(7日)あらためて本人から直接コメントを出させていただきます」とし加藤が報道陣の前で心境を語る用意があることを示した。柴田の事務所は昨年5月の離婚を認め「元奥さまは一般の方ですから柴田がコメントすることはありません。あとはファンキー加藤さんの方へお願いします」とした。

 ◆ファンキー加藤 1978年(昭53)12月18日、東京都生まれ。04年にモン吉、DJケミカルとファンキーモンキーベイビーズを結成し、06年「そのまんま東へ」でメジャーデビュー。13年6月に東京ドーム公演で解散。14年シングル「My VOICE」でソロデビュー。初主演映画「サブイボマスク」から俳優業にも進出。血液型A。(日刊スポーツ、2016.6.7)


 人気歌手のファンキー加藤(37)が演じる「サブイボマスク」が、7日オリックス−中日戦(京セラドーム大阪)の前に行われる始球式に登板する。

 「サブイボマスク」とは、11日公開の同名映画(門馬直人監督)に主役として登場する謎のシンガーで、心のトリハダを呼び覚ます。ファンキー加藤は球団を通じ「笑顔を伝染させる謎のシンガー、サブイボマスクだ! 生まれて初めての始球式! 感動してサブイボ立ちまくってる! 歌と同じく、ストレートな速球160キロで投げるぜ!」とコメントした。(日刊スポーツ、2016.6.2)


 映画初主演のファンキー加藤が、熱すぎる魂を持ち、感動で“心のトリハダ”を呼び覚ます謎のシンガー・サブイボマスクを演じ、“町おこし”ならぬ“人おこし”を行うハートフル“自虐”コメディー映画!

 今やシャッター街と化した田舎町の商店街で生まれ育った熱血バカの春雄(ファンキー加藤)は、大好きな商店街の本来の魅力である、店主の活気や賑わいを呼び戻すため、ただ1人町の復活を信じて立ちあがる。ある日、覆面レスラーだった父の形見をかぶり、ミカン箱の上でマメカラ片手に、熱い魂を込めた自作の応援歌をひたすら歌う、“1人ライブ”を始めるのだが―。

サブイボマスク

主演:ファンキー加藤
出演:小池徹平、平 愛梨、温水洋一、斉木しげる、いとうあさこ、小林龍二(DISH//)、武藤敬司(特別出演)、大和田伸也 / 泉谷しげる

監督:門馬直人
脚本:一雫ライオン 制作:DLE/andpictures
配給:東映
製作幹事:DLE
cサブイボマスク製作委員会

6月11日(土)全国ロードショー
(TOWER RECORDS ONLINE、2016.6.1)


【京セラD】ファンキー加藤 プレ始球式でお詫び。6月7日(火)



 日本中をドン引きさせているファンキー加藤。イメージのよさで売れていただけに不倫相手に子どもまで産ませてしまうと今後の芸能活動は厳しいんじゃないでしょうか。始球式で謝っていましたが、11日公開の映画は台無しです。
posted by リュウノスケ at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする