2016年06月29日

読売のウソ裁判最高裁判決

 プロ野球巨人が、原辰徳前監督の金銭問題を巡る週刊文春の報道で名誉を傷つけられたとして、発行元の文芸春秋に損害賠償などを求めた訴訟で、最高裁第3小法廷(木内道祥裁判長)は29日までに、巨人の上告を受理しない決定をした。28日付。巨人敗訴の2審判決が確定した。

 確定判決によると、週刊文春は2012年6〜7月、原監督が過去の女性問題に絡み元暴力団員に1億円を支払ったとの記事を掲載。暴力団員と知って金を渡した場合は野球協約違反となるため、巨人側が記者会見で「反社会的勢力ではない」とうそをついたとも報じた。

 1審東京地裁判決は、記事の内容が真実と信じる理由があったとして巨人の請求を棄却。2審東京高裁も「巨人の担当者が会見で虚偽の説明をしたと推認できる。記事の主要部分は真実だ」と支持した。

 読売巨人軍広報部は「事実誤認の甚だしい不当な判決が確定したのは極めて遺憾だ」とコメントし、文芸春秋は「記事の正当性を認めた当然の決定と受け止めている」とした。(日刊スポーツ、2016.6.29)


【野球協約】

▼第177条(不正行為)

(1)選手、監督、コーチ、又は球団、この組織の役職員その他この組織に属する個人が、次の不正行為をした場合、コミッショナーは、該当する者を永久失格処分とし、以後、この組織内のいかなる職務につくことも禁止される。

(1―6)所属球団が直接関与する試合について賭けをすること。

▼第180条(賭博行為の禁止及び暴力団員等との交際禁止)

(1)選手、監督、コーチ、又は球団、この組織の役職員その他この組織に属する個人が、次の行為をした場合、コミッショナーは、該当する者を1年間の失格処分、又は無期の失格処分とする。

(1―1)野球賭博常習者と交際し、又は行動を共にし、これらの者との間で、金品の授受、饗応、その他いっさいの利益を収受し若しくは供与し、要求し、申込み又は約束すること。

(1―2)所属球団が直接関与しない試合、又は出場しない試合について賭けをすること。

▼第181条(有害行為の告発)

 第177条から第180条までの有害行為に関し、その事実を知り、あるいはその行為が有害行為であると信じるこの組織に属する団体又は個人は、コミッショナーに告発しなければならない。(スポニチ、2016.10.6)


 読売巨人軍の敗訴が確定しました。熊崎勝彦コミッショナーがこの判決を受けても動かないならば、NPBは暴力団員への利益供与に関して野球協約を適用しないということになります。

 巨人は賭博問題で3選手が無期失格、高木京介が1年間の失格処分処分を受けています。原辰徳だけ許されるのはおかしいんじゃないでしょうか。


<参照>
テレビ大菩薩峠 読売のウソ裁判東京地裁判決
テレビ大菩薩峠 読売のウソ裁判東京高裁判決
posted by リュウノスケ at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

巨人ギャレット3打席連続ホームランについて(動画が表示されるまでしばらく時間がかかる場合があります)

 (セ・リーグ、DeNA−巨人、11回戦、26日、横浜)巨人のギャレット・ジョーンズ内野手(35)が3打席連続で本塁打を放った。

 ギャレットが驚きの3打席連発だ。二回、一死一、二塁で打席に立つと、DeNAの先発、モスコーソが投げた2球目、低めの変化球を完璧にとらえ、バックスクリーンに10号3ラン。チームに先制点をもたらすとお次は四回だ。先頭で打席に立つと今度は内角低め142キロの直球をすくい上げ右翼席に11号ソロを放った

 止まらないギャレットは五回にも二死一、三塁のチャンスで内角高め144キロの直球を右翼席に放り込んで12号3ラン。1人で7打点の荒稼ぎでチームは五回終わって8点の大量リードを奪った。

 ギャレットは「センター方向を意識して、ランナーをかえすバッティングを心掛けた。自分でも『完璧』と思えるスイングで、ボールをとらえることができたよ」と1本目の本塁打を振り返った。(サンスポ、2016.6.26)


 ◆DeNA4―9巨人(26日・横浜)

 DeNAが巨人・ギャレットの3連続アーチに屈し、交流戦明け初黒星を喫した。先発・モスコーソがギャレットに3連発を浴びるなど、5回8失点KOで6敗目を喫した。打線は8、9回に4点を返したが、9点のビハインドははね返せなかった。

 試合後のラミレス監督の主な一問一答は以下の通り。

―序盤の大量失点が響いた。
「2回に4失点したところが痛かった」

―ギャレットに3本の本塁打を打たれた。
「いいピッチングをしようとしたが、失投で相手にアドバンテージを取られた」

―モスコーソの状態は。
「初回の入りは良かったが、2回にダブルプレーを(守備の乱れで)決められず、流れが向こうにいってしまった」

―ギャレットについて。
「3本塁打に7打点。彼一人にやられてしまった。彼にとってのベストな日にされた」

―打線も終盤反撃した。 
「最後まで諦めずに戦えたことは良かった。ただ、今日は差が大きすぎた」

―捕手の戸柱を早めに交代させた。
「決して3本の本塁打を打たれたからじゃない。配球は悪くなかったし、嶺井にチャンスを与えることと、戸柱に休養を与えることが理由にある」

―この日、主催試合の観客動員数が球団史上最速で100万人を突破した。
「素晴らしい声援をし続けてもらっている。ベストを尽くしてできるだけ多くの勝ちを届けられるようにしていきたい」(スポーツ報知、2016.6.26)


「私言う言葉がないね。これだけ、真っ直ぐ真っ直ぐ真っ直ぐ3本ホームラン真っ直ぐ、なんでその追い込んどいてそこでまた勝負をいくっていうのがこれ外国人同士の意地の張り合いっていうかな」(田淵幸一、BSTBS、2016.6.26)


「(打たれたの)全部まっすぐでしょう? 分からない、こりゃあ。要求したキャッチャーが一番悪い。それにうなずいて投げるピッチャーも悪い。同じ球種を3本も打たれてるようじゃキャッチャーが罰金」(野村克也、TBS『S1』、2016.6.27)


【ギャレットのホームラン(全12本、6月26日現在)、打球方向(飛距離、球場)、バッテリー名、状況、コース、球種(球速)、捕手の要求、日付】
1号 ライト(中段、東京ドーム)、秋吉-中村、8回裏 ヤ2-1巨 ランナー1塁 B1S1O0、真ん中、シュート回転のストレート(143キロ)、要求は内角、3月27日
2号 ライト(下段、横浜)、今永-戸柱、4回表 De0-1巨 ランナー1塁 B1S1O1、真ん中、スライダー(129キロ)、要求は外角、3月29日
3号 ライト(下段、横浜)、モスコーソ-戸柱、4回表 De0-1巨 ランナーなし B3S1O1、真ん中、スライダー(129キロ)、要求も真ん中、3月30日

4号 センター(バックスクリーン、マツダ)、福井-会沢、2回表 巨0-0広 ランナーなし B3S1O0、外角、シュート回転のストレート(143キロ)、要求は内角、4月3日
5号 ライト(下段、甲子園)岩田-清水、1回表 巨0-0神 ランナー1塁 B0S1O2、真ん中、スライダー(125キロ)、要求は外角ボール球、4月27日
6号 センター(バックスクルーン右横、東京ドーム)九里-会沢、6回裏 広0-1巨 ランナー1塁 B3S0O2、内角低め、ストレート(140キロ)、要求は外角、5月5日
7号 ライト(下段、東京ドーム)、山中-中村、6回裏 ヤ1-3巨 ランナー1塁 B2S1O2、真ん中、スライダー(113キロ)、要求は外角、5月14日
8号 ライト(ホームランテラス、ヤフオク)、千賀-鶴岡、2回表 巨1-5ソ ランナー1塁 B2S0O0、真ん中、ストレート(144キロ)、要求は外角、6月11日
9号 ライト(下段、横浜)平田-嶺井、9回表 De12-2巨 ランナーなし B2S0O0、真ん中高め、ストレート(142キロ)、要求も真ん中、6月24日
10号 センター(スコアボード直撃、横浜)モスコーソ-戸柱、2回表 De0-0巨 ランナー1、2塁 B1S0O1、真ん中、ストレート(サンスポは「低めの変化球」、ヤフー1球速報もシュート判定、141キロ)、要求は外角、6月26日
11号 ライト(上段、横浜)モスコーソ-戸柱、4回表 De0-4巨 ランナーなし B2S1O0、内角、ストレート(142キロ)、要求も真ん中、6月26日
12号 ライト(中段、横浜)モスコーソ-戸柱、5回表 De0-5巨 ランナー1、2塁 B1S2O2、内角、ストレート(144キロ)、要求は真ん中高めの釣り球、6月26日



 モスコーソと戸柱のバッテリーがあまりに酷いので素人スコアラーとしてギャレットのホームランを調べてみました。

 コースは真ん中から内側ばかりで外角を仕留めたのは福井から打った1球だけ。打球方向は全てセンターから右方向でレフトスタンドに叩き込んだことは一度もありません。球種は8球がストレートで4球がスライダー。

 アウトコースと落ちる球が苦手なプルヒッターであることは誰の目にも明らかであり、ノムさんの批判が全て。田淵の言うようにモスコーソがストレートを投げたがっているとしてもコースは絶対に外角にすべきです。戸柱も嶺井もなんでミットを真ん中に構えるんだよ。

 開幕前の助っ人評価で「今年の目玉はギャレット」と書いたので活躍するのは満更でもありませんが、支離滅裂な配球で打撃投手のように打たれ続けるのは横浜ファンとして見ていられません。


巨人・ギャレット 第1号ホームラン 来日1発目の逆転ホームラン!Garrett JonesJapan 's first home run 2016 03 27


ギャレット 第2号HR 2016.03.29


巨人ギャレット3号ホームラン


巨人・ギャレット 第4号ホームラン バックスクリーンへ先制本塁打!2016 04 03


ギャレット第5号ホームラン!! 2点を先制!  2016年4月27日 対阪神 5回戦


ギャレット 第6号HR 2016.05.05


ギャレット 第7号HR 2016.05.14


ギャレット 第8号HR 2016.06.11


ギャレット 第9号HR 2016.06.24


ギャレット 第10号HR 2016.06.26


ギャレット 第11号HR 2016.06.26


ギャレット 第12号HR 2016.06.26



<参照>
日刊スポーツ プロ野球 スコア詳細 巨人 対 ヤクルト 【試合終了】 巨人3勝0敗0分け ◇公式戦◇開始14時00分◇東京ドーム◇観衆43847人 2016年03月27日17時09分05秒更新
日刊スポーツ プロ野球 スコア詳細 DeNA 対 巨人 【試合終了】 DeNA0勝1敗0分け ◇公式戦◇開始18時32分◇横浜◇観衆28938人 2016年03月29日21時35分05秒更新
日刊スポーツ プロ野球 スコア詳細 DeNA 対 巨人 【試合終了】 DeNA1勝1敗0分け ◇公式戦◇開始18時01分◇横浜◇観衆28924人 2016年03月30日21時11分03秒更新
日刊スポーツ プロ野球 スコア詳細 広島 対 巨人 【試合終了】 広島1勝2敗0分け ◇公式戦◇開始13時30分◇マツダスタジアム◇観衆30900人 2016年04月03日18時11分03秒更新
日刊スポーツ プロ野球 スコア詳細 阪神 対 巨人 【試合終了】 阪神2勝3敗0分け ◇公式戦◇開始18時30分◇甲子園◇観衆39437人 2016年04月27日21時26分03秒更新
日刊スポーツ プロ野球 スコア詳細 巨人 対 広島 【試合終了】 巨人6勝2敗0分け ◇公式戦◇開始14時01分◇東京ドーム◇観衆45793人 2016年05月05日16時15分07秒更新
日刊スポーツ プロ野球 スコア詳細 巨人 対 ヤクルト 【試合終了】 巨人6勝5敗0分け ◇公式戦◇開始14時02分◇東京ドーム◇観衆41887人 2016年05月14日16時47分04秒更新
日刊スポーツ プロ野球 スコア詳細 ソフトバンク 対 巨人 【試合終了】 ソフトバンク2勝0敗0分け ◇公式戦◇開始18時00分◇ヤフオクドーム◇観衆38500人 2016年06月11日21時34分03秒更新
日刊スポーツ プロ野球 スコア詳細 DeNA 対 巨人 【試合終了】 DeNA5勝3敗1分け ◇公式戦◇開始18時02分◇横浜◇観衆27152人 2016年06月24日21時39分04秒更新
日刊スポーツ プロ野球 スコア詳細 DeNA 対 巨人 【試合終了】 DeNA6勝4敗1分け ◇公式戦◇開始13時01分◇横浜◇観衆28926人 2016年06月26日16時05分05秒更新
スポニチ 由伸巨人、12球団唯一開幕3連勝 4番ギャレッド〜ン逆転1号
スポーツ報知 【巨人】ギャレ&クルーズ初アベックともに2号!打の助っ人今年は違う
デイリースポーツ ギャレット3戦連発!G新助っ人満足げ
サンスポ 巨人・ギャレット、福井から先制の4号ソロ「昨日、ああいう負け方(完封負け)をしているので」
日刊スポーツ 巨人ギャレット「大振りをせず」先制5号2ラン
デイリースポーツ 巨人 ギャレット6号2ランで3点
日刊スポーツ 巨人堅首ギャレット弾亀井弾 上から目線で山中攻略
日刊スポーツ 巨人ギャレット1カ月ぶりの1発「呼び込んで強く」
プロ野球 - スポーツナビ - Yahoo! JAPAN 日程・結果 6月26日(日)D vs. 巨 2回表
テレビ大菩薩峠 2016年プロ野球新助っ人野手 「(安打+四球)/三振」指標ランキング その1
posted by リュウノスケ at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

第57回宝塚記念(GI)

三連単 H→A・B⇔D・F・G・J・N・O=12000円
前回までのトータル:−213万4510円
回収率:64.3%
posted by リュウノスケ at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

鳩山邦夫逝去

 法相や総務相などを歴任した自民党の鳩山邦夫(はとやま・くにお)衆院議員が21日午前11時35分、十二指腸潰瘍のため、東京都内の病院で死去した。67歳だった。鳩山由紀夫元首相の弟。葬儀は近親者のみで行う。お別れの会も行う予定。喪主は妻エミリーさん。

 邦夫氏死去に伴う衆院福岡6区補欠選挙は10月に行われる見通し。

 東京都出身。鳩山一郎元首相の孫、威一郎元外相の次男として、政治家一家に生まれた。東大卒業後、田中角栄元首相秘書などを経て、1976年衆院選で旧東京8区から無所属で初当選。2005年衆院選から選挙区を福岡6区に変更し、当選13回。文相や労相なども経験し、環境や教育分野に力を注いだ。

 第1次安倍、福田両政権で法相を務め、死刑執行の際の死刑囚の氏名を初めて公表。麻生政権で総務相に就き、東京中央郵便局(東京都千代田区)の建て替えに際して文化財保護の観点から見直しを求めた。

 1993年に自民党を離党。旧新進党、旧民主党などを経て、2000年に自民党に復党。旧民主党政権誕生後の10年に「自民党では限界がある」として再び党を離れたが、12年衆院選は自民党の推薦を得て当選し、復党した。その後は派閥横断の勉強会「きさらぎ会」を主宰し、安倍晋三首相を支えてきた。(時事通信、2016.6.22)


 鳩山由紀夫元首相は22日、弟の鳩山邦夫元総務相の死去を受け、コメントを発表した。由紀夫氏は、邦夫氏との最後の会話が東京都知事選(7月14日告示−31日投開票)への出馬打診だったことなどを明かし、「何事も兄を追い越していた弟でしたが、人生まで追い越すとは兄として寂しい限り」と胸中をつづった。

 コメントの全文は以下の通り。

 ◇

 弟邦夫の突然の訃報を聞いて、大変に驚いております。3年前に母が亡くなりましたが、まさかこんなに早く邦夫まで逝ってしまうとは信じられません。

 2週間ほど前に、都知事選に弟の出馬を期待している方がおられたので打診をしたのですが、「今はその気はないよ」との返事でした。それが弟との最後の会話になってしまいました。何事も兄を追い越していた弟でしたが、人生まで追い越すとは兄として寂しい限りです。

 私たち兄弟は小中学の頃は小児ぜんそく持ちで、当時は運動が嫌いで、母が心配して家庭教師を私たちにつけてくれたのですが、その先生が勉強よりも野球や昆虫採集を教えてくれました。邦夫が蝶の権威になったのはそれがきっかけでした。料理もプロ並みでしたが、大学生の頃、勉強が終わると台所で餃子を皮から作って食べさせてもらったり、屋台のラーメン屋に家を2人でこっそり抜け出して食べに行ったり、本当に仲の良い兄弟でしたが、常に弟のほうが積極的でした。

 また、弟は幼稚園の頃からオーパパ(一郎)の跡を継ぐのは自分だと言って、その通り、田中角栄先生の門下生となり、政治家になりました。政治嫌いの私が政治の世界に入るとき、派閥の違う私を角栄先生の下に連れて行ってくれました。

 言うまでもなく、弟は私にとって政治家の先輩であり、運命のいたずらで時には意見を異にすることがありましたが、内向的で自己表現がうまくない私にとっては、常に目標であり自慢の存在でした。主要閣僚を歴任し、また蝶を愛し自然を愛する弟が、より高い立場から日本の将来や環境問題などに真剣に取り組んでくれることを期待していただけに、残念でなりません。

 今は政治一筋に生きてきた弟が、政治という責任から身も心も解放され、安らかに永眠することを祈っています。(産経新聞、2016.6.22)


<参照>
ウィキペディア 鳩山邦夫
posted by リュウノスケ at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 訃報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「孫ソフトバンク社長の後継者」ニケシュ・アローラ副社長退任

 ソフトバンクグループ(9984.T)は21日、ニケシュ・アローラ副社長が退任すると発表した。社長交代時期をめぐり孫正義社長と認識にずれが生じたため、22日の任期満了に伴い退任する。孫社長の後継者選びは振りだしに戻った。

 ソフトバンクは退任の理由について、孫社長は当面トップとして指揮を執り続ける意向だったのに対し、アローラ副社長は「数年のうち」にトップに就く意向を示したことから「両者の時間軸のずれを踏まえ、退任することになった」と説明している。

 アローラ氏は7月1日付で、同社の顧問に就任する。

 孫社長はアローラ氏の顧問就任のリリースで「(当初は)60歳の誕生日に経営を引き継いでもらおうと考えていた」と胸の内を明かす一方で、ソフトバンク2.0やスプリント(S.N)の再建などに取り組むには「少なくともあと5年から10年は(自身が)社長として率いていく必要がある」とも指摘。「この間ずっとニケシュを、トップになるまで待たせてはいけないと考え、ニケシュと話し合い、顧問の立場で引き続き貢献してもらうことになった」と述べ、あくまで円満退任であることを強調した。

 アローラ氏は米グーグル(GOOGL.O)最高事業責任者から2014年9月にソフトバンクに移籍。初年度の報酬が移籍金を含め165億円にのぼったことで話題となった。

 ソフトバンクでは、インドのインターネット通販大手スナップディールやタクシー配車アプリのオラなどへの出資を手掛ける一方で、中国の電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディング(BABA.N)やフィンランドのスマートフォン向けゲーム会社スーパーセルの株売却を進めるなどポートフォリオの見直しも主導。グローバル化への取り組み「ソフトバンク2.0」では海外部門を統括、将来はグループを率いる予定だった。(ロイター、2016.6.21)


 ソフトバンクグループ(SBG)は21日、孫正義社長が自身の後継者候補としていたニケシュ・アローラ副社長が22日の株主総会を最後に退任する、と発表した。SBGは株主総会にアローラ氏ら8人の取締役再任の人事案をかける予定だったが、急きょアローラ氏の選任部分を取り下げる。直前に首脳人事が変わるという異例の事態だ。

 SBGによると、アローラ氏は数年内に孫氏に代わってトップとして指揮をとりたい意向だったが、これに対して孫氏は当面、自身が指揮をとりたい考えだった。トップの座を譲る時期で両者の考えにずれがあり、結局、アローラ氏が退任を決めた。アローラ氏は7月1日付で顧問に就く。

 アローラ氏はインド出身。米携帯大手Tモバイルを経てグーグルに移り、同社の最高ビジネス責任者に就任。孫氏が2014年、165億円の高額報酬で招き、15年も約80億円という破格の報酬だった。SBGではインドやインドネシアの新興企業投資などを手がけてきた。

 孫氏はアローラ氏という腹心を得て、日本から世界に事業展開する「ソフトバンク2・0」を唱えてきたが、構想は大幅な修正を余儀なくされそうだ。(朝日新聞、2016.6.21)


 ソフトバンクグループは21日、孫正義社長の有力な後継者とされたニケシュ・アローラ副社長が22日開催の株主総会で退任すると発表した。トップ交代の時期を巡り、両氏の考えに違いがあったことが理由としている。

 アローラ氏は2014年9月にソフトバンクグループに入り、成長戦略の策定と実行に深く携わった後、2015年6月に副社長に就任。孫社長は自身の後継者候補としていた。

 だが、孫氏が当面はグループのトップとして指揮を執り続けたい考えを持つようになったという。一方で、アローラ氏は数年のうちに孫氏に代わって当社グループのトップとして指揮を執りたいとの意向があり、両者の時間軸のずれを踏まえ、アローラ氏が退任することになったとしている。(産経新聞、2016.6.21)


 大手通信会社の「ソフトバンク」を傘下に持つ「ソフトバンクグループ」は、おととし、孫正義社長の有力な後継者候補として迎え入れた、ニケシュ・アローラ副社長が22日付けで退任すると発表しました。

 「ソフトバンクグループ」は21日夜、ニケシュ・アローラ副社長が22日に開催される株主総会のあと、退任すると発表しました。

 アローラ氏はアメリカのIT大手「グーグル」で上級副社長を務めたあと、おととし9月にソフトバンクの経営に参画し、去年6月には「ソフトバンクグループ」の副社長に就任し、孫社長の後継者候補とされてきました。

 アローラ氏に対しては、副社長に就任する前の一昨年度に、契約時のボーナスも含めて165億円余りが支払われ、昨年度も80億円余りが支払われ巨額の報酬が話題となりました。

 退任の理由について孫社長は、「60歳の誕生日に経営を引き継いでもらおうと考えていたが、その一方でやり残した仕事があると感じていた。これらに取り組むには少なくともあと5年から10年は社長として当社を率いていく必要がある」というコメントを発表しました。

 アローラ氏は副社長を退任したあと、来月1日から顧問に就くということですが、株主総会の招集通知に記載された取締役の候補が一転して退任する異例の事態となるだけに、ソフトバンクグループは株主などへの説明責任を求められることになります。(NHK、2016.6.21)


 後継者として莫大な報酬を与えていたニケシュ・アローラを退任させた孫正義。ネット上で指摘している人もいましたが、リーブ21の公募社長騒動みたいですよね。話題作りにしてはいくらなんでも高すぎるんじゃないでしょうか。金をドブに捨てるとはこのことです。


<参照>
ウィキペディア ニケシュ・アローラ
テレビ大菩薩峠 「実際は岡村勝正社長に引退の意思がなく、公募は社長がテレビに出演するための話題作りだった」リーブ21公募社長訴訟
posted by リュウノスケ at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする