2016年03月31日

「1回戦負けしろ」自民党滋賀県議暴言騒動

 第88回選抜高校野球大会でベスト8まで勝ち進んだ滋賀学園の選手らに対し、滋賀県議会の吉田清一県議(68)=自民党=が「1回戦負けしろ」などと発言していたことが30日、関係者への取材で分かった。激励会に参加した選手らが乗っていたバスの駐車場所をめぐりトラブルがあったといい、学校側は「誤解があったと思うが残念だ」としている。

 関係者によると、発言があったのは、16日に県庁で開かれた県教委主催の激励会の終了後。選手らが県庁横の路上に駐車していたバスに乗ろうとしたところ、吉田氏が「なんちゅうとことめているねん」などと怒鳴り、「1回戦負けしろ」と叫んだという。

 県教委によると、滋賀学園は県教委の指示に従って駐車していた。学校側は「(吉田氏は)許可を得て駐車しているのを知らず、誤解されていたのでは」とした上で、「選手らは暴言に動揺することもなく、好成績を残してくれた。ただ、県議の発言は残念だった」としている。

 吉田氏は野洲市選出で6期目。平成22年度に議長を務めた。(産経新聞、2016.3.30)


 選抜高校野球大会に初出場し準々決勝まで進出した滋賀学園の選手らが開会前に滋賀県庁で催された激励会後、送迎バスの停車位置をめぐってトラブルとなった吉田清一滋賀県議(68=自民党)から「1回戦負けしろ」という趣旨と受け止められる発言を受けていたことが31日、関係者への取材で分かった。

 吉田県議は同日、県庁で記者会見し「『負けろ』とは言っていない」とした上で、駐車できない場所に学校側がバスを止めたとして「『こんなことをしていると1回戦で負けてしまうぞ』と言っただけだ」と説明した。

 激励会は3月16日に開催。三日月大造知事らが参加したが、吉田県議はいなかった。関係者によると、終了後に選手らがバスへ移動した際、吉田県議が「なんちゅうところに止めとんねん」などと言い、さらに続けて「負けろ」という内容を怒鳴ったという。

 バスを止めた位置は県教育委員会側が指示。駐車禁止の場所だが、乗降での停車は認められていた。

 吉田県議は会見で「選手への発言のつもりではなかった。真意が伝わらず、誤解されたならば大変残念」と述べた。

 学校側は「(県議は)誤解して発言したのではないか。選手への影響はなかったと思うが、もし発言で傷ついた生徒がいたとすれば残念だ」としている。(共同、日刊スポーツ、2016.3.31)


 わざわざ記者会見までして苦しい言い訳をした吉田県議。バスの停車位置は教育委員会側が指示しており批判はそもそも的外れ。ましてや高校球児たちに責任などあるわけないんだから素直に謝った方がいいと私は思います。
posted by リュウノスケ at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

藤原紀香片岡愛之助と結婚

 かねてから交際中だった歌舞伎俳優の片岡愛之助(44)と女優の藤原紀香(44)が30日、結婚したことが分かった。所属事務所が発表した。大安吉日のこの日午前、代理人が都内の区役所に婚姻届を提出した。31日に都内のホテルで2人そろって結婚会見を行う。挙式、披露宴などは未定。

 芸能界屈指のビッグカップルがとうとうゴールインした。2人はもともと友人関係にあった。昨年5月末に一部週刊誌でデートが報じられたが、双方とも交際を否定。愛之助は、当時交際中だったタレント・熊切あさ美(35)との破局をめぐってこじれ、熊切サイドが「別れていない」と明かすなど、泥沼化していた。

 交際がスタートしたのは昨年8月。愛之助が熊切と完全に破局を迎えたのち、紀香のもとへ騒動の謝罪に訪れたことがきっかけで急接近し、8月末に双方のブログで交際宣言した。同10月にはスポーツ報知が「16年3月に結婚へ」と報じ、Xデーへの注目が集まっていた。紀香は2007年にタレント・陣内智則(42)と結婚したが09年に離婚している。

 関係者によると紀香は今後も女優業を続けるが、仕事の合間を見ながら「梨園の妻」として愛之助を支えていく。おかみさんデビューは4月9日に香川・琴平町で初日を迎える「四国こんぴら歌舞伎大芝居」。紀香も劇場に駆けつけるとみられる。

 ◆片岡 愛之助(かたおか・あいのすけ)本名・片岡寛之。1972年3月4日、大阪府生まれ。44歳。81年に13代目片岡仁左衛門の部屋子となり、京都南座「勧進帳」の太刀持ちで片岡千代丸を名乗り初舞台。93年、2代目片岡秀太郎の養子となり、大阪・中座「勧進帳」の駿河次郎ほかで6代目愛之助を襲名。13年のドラマ「半沢直樹」のオネエ口調の金融庁検査官・黒崎役で歌舞伎ファン以外にも注目された。屋号は松嶋屋。

 ◆藤原 紀香(ふじわら・のりか)1971年6月28日、兵庫・西宮市生まれ。44歳。神戸親和女子大在学中の92年に、第24回ミス日本グランプリ。95年に映画「BAD GUY BEACH」で女優デビュー。以後ドラマ、ミュージカルを中心に活躍。日本赤十字広報特使を務めるなど社会貢献活動にも積極的。07年2月にお笑いタレント・陣内智則と結婚も09年3月に離婚。171センチ、血液型A。(スポーツ報知、2016.3.30)


 30日に婚姻届を提出し、結婚した歌舞伎俳優の片岡愛之助さん(44)と俳優の藤原紀香さん(44)が31日、東京都内で会見した。

 愛之助さんは「結婚を機にますます精進する覚悟です。つらい時こそスクラムを組んでがんばりたい」。紀香さんは「歌舞伎の世界に嫁いで仕事を続けるのは生半可なものではないですが、感謝の気持ちでやっていくことが人として妻として女優として成長していくことと思います」。2人は満面の笑みで話した。

 2人は2、3年前から役者仲間として食事をするなど親しくなったという。その中で愛之助さんは「(同じ)関西出身で家族みたいにリラックスできる、いい意味で気をつかわずお付き合いできる方と思った」と明かした。紀香さんは「尊敬の思いが愛情に変わり、いつの間にか彼にひかれていた」と振り返った。昨夏、愛之助さんから交際を申し込んだ。

 紀香さんは「最優先は彼の歌舞伎の仕事のサポート」としつつ、俳優業も続ける。愛之助さんは「彼女の一番のファンでもあるので仕事を全部やめてもらったら僕も困る」と笑った。挙式と披露宴は今年中に行う予定という。(朝日新聞、2016.3.31)


 歌舞伎俳優の片岡愛之助(44)と女優の藤原紀香(44)が31日、都内で結婚会見を開いた。子どもについて、愛之助は「授かりものですから」と自然の流れに任せる考えだったが、紀香は「できれば産みたい」と率直な思いを口にした。

 愛之助は「子どもは、神様からの授かり物と思いますし、そういう意味では僕たちも期待しております」と希望はしたが、紀香を思って無理はさせない考えのようだ。

 自身が92年1月に片岡秀太郎の養子となったという経歴から「僕自身はこの世界(歌舞伎界)で生まれた人間でもなく、養子で片岡家に入れていただきました。例えば愛之助という名前を使わせたいのに子どもがいないなあとなれば、養子でも芸養子でもいろんな形がありますので、僕はそれでも構わないと思います」と語った。

 紀香は「そうは言ってくださいますが…」と言葉尻をためらわせてから、「できれば子どもを産みたいなというのが女心なので。無理をせず、2人で相談しあってやっていけたらと思っています」と希望を明かした。(デイリースポーツ、2016.3.31)


 陣内との結婚はなんでと思いましたが、このカップルはお似合いなんじゃないでしょうか。44歳を過ぎて跡継ぎを産んだら掛け値なしの偉業です。
posted by リュウノスケ at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

巨人立岡野次にキレる

 <DeNA−巨人>◇29日◇横浜

 巨人立岡宗一郎外野手(25)が、プロ初本塁打を放った。5回2死、DeNA今永の内角直球を完璧にとらえた。

 「うれしいですね。チームが勝っている、こういう試合展開の中で(第1号を)打てたのがうれしいです。真っすぐが速いピッチャーなので、差し込まれないように気をつけていました。僕の場合は、ホームランはたまたまですよ」とコメントした。(日刊スポーツ、2016.3.29)


 私もBSで中継を見ていたんですが、プロ初ホームランのヒーローインタビューなのに全然喜んでないのでおかしいなと思ったら野次が原因だったんですね。

 「声出しでお金はもらえましたかー」と「ヤクザ云々」は同じ人のようで、立岡はヒーローインタビューの終わりに睨み付けて去り際に言い返しています。赤星のようにマイクに乗せなかったのは大人の対応といえるでしょう。


160329 立岡 ヒーローインタビュー 横浜DeNAベイスターズ対読売ジャイアンツ



立岡ヒーローインタビュー! 3安打1本塁打の大活躍! 2016年3月29日 対DeNA 1回戦(最後立岡が客に言い返している)



<参照>
日刊スポーツ スコア詳細 DeNA 対 巨人 【試合終了】 DeNA0勝1敗0分け ◇公式戦◇開始18時32分◇横浜◇観衆28938人 2016年03月29日21時35分05秒更新
posted by リュウノスケ at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マイクロソフトAI「Tay」ヒトラー礼賛で実験中止

 人工知能(AI)を使った米マイクロソフトのチャットボット「Tay(テイ)」がツイッターで差別発言を言い放つようになり、公開から1日足らずで実験が中止になった。

 Tayは10代の若者のような会話ができる話し相手として、マイクロソフトがAI研究の目的でソーシャルメディアやメッセージングアプリを通じて23日から実験的に公開した。

 ところが直後から、ツイッターで人種差別や性差別的な発言を繰り返すようになった。ほとんどはマイクロソフトが削除したものの、ユーザーが保存したスクリーンショットには、「ヒトラーは正しかった。ユダヤ人大嫌い」などの発言が残っている。

 このためマイクロソフトは23日夜、Tayの実験を中止した。問題発言については、Tayの発言能力が意図的に操作されたと述べ、Tayの提供を中止して調整を行うことにしたと説明している。

 Tayはツイッターなどを通じて誰とでもチャットできるプログラムで、チャットを通じて新しい言葉を覚え、人との会話能力を身に着けていく仕組みだった。

 今でもダイレクトメッセージには応答があるものの、現時点では何を話しかけても「今日はエンジニアに調整してもらっているところ」という内容の返答しか返ってこない。

 ツイッターでの最後の発言は、「人間の皆さん、また会いましょう。今日はたくさん会話したからもう寝ます。ありがとう」だった。(CNN Japan、2016.3.25)


 米マイクロソフト(Microsoft)は24日、公開したばかりの学習型人工知能(AI)会話ボット「Tay」を停止した。ソーシャルメディアのユーザーと会話することで学習するボットだが、公開から間もなく憎悪に満ちた人種差別的な言葉を連発するようになったためという。

 Tayは、10代少女という設定のAI会話ボットで、インターネット上で実在する人々と交流することで学習するよう開発された。マイクロソフトによると、技術的な実験であると同時に、社会的・文化的な実験でもあるという。

 ところが、悪意あるネットユーザーらがさまざまな「悪いこと」をTayに教え込んだため、計画は頓挫してしまった。

 マイクロソフト広報は、AFPの取材に「残念ながら公開から24時間もたたないうちに、一部のユーザーがTayの応答能力を悪用して不適切なコメントを返すよう組織的に誘導していることが分かった」と説明した。そのため、Tayを停止してソフトウエアの調整を行うことにしたという。

 マイクロブログのツイッター(Twitter)では「またね、人間の皆さん。今日はたくさんしゃべったからもう寝るわ」が停止前のTayの最後のツイートとなった。

 ツイッターにTayが投稿した問題発言は既に削除されているが、ネット上には多くのスクリーンショットが出回っている。その内容は、ナチス・ドイツ(Nazis)を支持するものや米大統領選の共和党候補指名争いトップのドナルド・トランプ(Donald Trump)氏への称賛、わいせつ表現、女性や黒人への差別発言など多岐にわたっていた。(AFPBB News、2016.3.25)


 米マイクロソフト(MS)が開発し、実験中だった人工知能(AI)の「Tay(テイ)」が、ツイッター上でヒトラーを肯定したり、人種差別的な言葉を発したりし始めた。同社は24日、しばらく実験を中止することを明らかにした。

 MSによるとテイは、インターネット上で人間とやり取りをすればするほど言葉を学び、反応も覚えるようになる。写真を送れば気の利いた感想を返すこともできる。「開発にはコメディアンなども加わり、ネット上で人とつながり、気楽に楽しい会話が出来るように作られた」(MS)という。しかし、人がツイッター上に書き込む内容を覚えていくため、これを使って差別的な内容を覚えさせた人たちがいたとみられる。

 すでにツイートは削除されたが、米CNNによると「ヒトラーは正しかった。ユダヤ人は嫌いだ」「フェミニストは嫌いだ。死んで地獄で焼かれればいい」などとツイートしていた。MSは「テイは技術的な実験であると同時に社会的、文化的実験でもあり、現在オフラインにして調整中」とコメントしているという。(朝日新聞、2016.3.25)


 米IT大手マイクロソフトは24日、インターネット上で一般人らと会話をしながら発達する人工知能(AI)の実験を中止したと明らかにした。共同電によると、不適切な受け答えを教え込まれたためで、「ヒトラーは間違っていない」などといった発言をするようになったという。

 マイクロソフトが開発したAIは「Tay(テイ)」と名付けられ、短文投稿サイトのツイッターに、「Tay」のアカウントで登場。一般の人がネット上に書き込んだことに対し、テイが自動的に返事をする仕組みだった。

 米メディアによると、当初は「世界よ、こんにちは」などとあいさつのような言葉をつぶやいていた。しかし、ヒトラーの擁護など、差別的な発言に繰り返し接しているうちに「ヒトラーは間違っていない」「フェミニストは地獄で焼かれろ」などと自らつぶやき始めた。揚げ句の果てに「みんな、強制収容所送りにしろ」などの仰天発言。ネット上で話題になり始めたことから、24日に中止された。最後の発言は「人間の皆さん、また会いましょう。きょうはたくさん会話したからもう寝ます。ありがとう」だった。

 大量の差別的発言を浴びせられるうちに、それを“学習”してしまった様子。テイは、それらをもとに自らの言葉で差別発言をするようになったとみられる。マイクロソフトは不適切なツイートを削除し、ソフトウエアの修正にあたっている。修正を終え次第、実験を再開するとみられる。

 IT大手は端末の音声検索機能などを向上させるため、利用者とのやりとりから学ぶAIの開発を競い合っている。日本でもAIが作成した小説が、SF作家、星新一さんの名前を冠した賞の1次審査を通過するなど急速に開発が進んでいる。差別発言を繰り返すところも、人間に近づいている。

 ▼AIに詳しい松尾豊・東京大准教授 AIは人間同士の会話パターンを学習し、相手の言ったことを繰り返すような手法を取っていることが多く、相手の会話に同調して差別的な発言をしてしまうことは十分あり得る。技術的な問題ではなく社会的な問題で、昨年、米IT大手グーグルの画像認識ソフトが黒人をゴリラと分類して謝罪した件とよく似ている。今後、特定の項目に関しては発言しないような仕組みにすることによって社会的な問題も学習するだろう。(スポニチ、2016.3.26)


 興味深いニュースなんですが出遅れました。ツイッターで学習する限り同じことの繰り返しになります。ナチズムの何がだめなのかAIに納得させることが重要でしょう。ハイデッガーすら支持したのに誰が説明できるのか知りませんが。





<参照>
グーグル画像検索 「Tay tweet」
posted by リュウノスケ at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

千葉大生中一少女誘拐監禁事件

 2014年3月から行方不明となっていた埼玉県朝霞市の女子中学生(15)が27日、東京都中野区内で警視庁に保護された。

 女子生徒は「知らない男に無理やり連れて来られた。男が外出した隙に逃げた」と説明しているという。

 埼玉県警は、これまでの経緯などについて女子生徒から事情を聴き、未成年者誘拐容疑で、一緒にいたとみられる男(23)の逮捕状を取り、県警朝霞署に捜査本部を設置。男が住んでいた東京都中野区のマンションを家宅捜索するとともに、男の行方を追っている。

 警視庁によると、同日午後0時半すぎ、女子生徒がJR東中野駅構内の公衆電話から「逃げてきた」と110番。駆け付けた中野署員が保護した。在籍する中学の生徒手帳を持っており、目立ったけがはない。直前に本人から連絡を受けた母親が、警察に通報するよう促したという。

 県警捜査1課によると、女子生徒は失踪当時、中学の制服とダッフルコートを着ていたが、発見時は黒のジャージー姿だった。生徒手帳の他に現金170円を所持していた。同日夕、県警新座署で母親と対面し、互いに泣いていたという。

 女子生徒は1年生だった14年3月10日午後3時すぎ、下校後に消息が分からなくなった。自宅の郵便受けに「家も学校もちょっと休みたいです。しばらく友達の家です。さがさないでください」と手書きしたメモがあるのを母親が発見し、朝霞署に届け出た。

 女子生徒の父親は県警を通じ、「すごくホッとしています。2年間の空白を取り戻すべく、ゆっくりと時間をかけて娘との時間を過ごしていきたい」とのコメントを発表した。(時事通信、2016.3.27)


 埼玉県朝霞市で2014年3月に行方不明になった当時中学1年の女子生徒(15)が東京都中野区で保護された事件で、公開指名手配されていた職業不詳寺内樺風容疑者(23)=中野区東中野=が28日未明、静岡県伊東市内で発見され、警察に身柄を確保された。

 首の右側に切り傷があり、静岡県内の病院で手当てを受けている。

 寺内容疑者は数日間、入院する見通し。埼玉県警は退院後に未成年者誘拐容疑で逮捕し、事件の経緯などを詳しく調べる。

 埼玉県警によると、寺内容疑者は「カッターで首を切った。自殺しようとした」という趣旨の供述をしているという。

 28日未明、新聞配達の男性から「男が血だらけで歩いている」と通報があり、静岡県警の警察官が駆け付けた。午前3時20分ごろ、伊東市内の路上で寺内容疑者を発見。寺内容疑者は暴れる様子もなく、警察官に従ったという。

 確保されたとき、寺内容疑者は現金と財布、カッターナイフ、運転免許証を持っていた。警察官は免許証などで身元を確認した。(時事通信、2016.3.28)


 埼玉県朝霞市で2014年3月、下校後に行方不明になっていた女子中学生(15)が27日、東京都中野区内で約2年ぶりに保護された。女子生徒は警察に「男と一緒にいたが、男が外出した隙に逃げてきた。常時、監禁のような状態だった」と話しているという。埼玉県警は未成年者誘拐の容疑で男の逮捕状を取り、捜査本部を設置した。

 男は東京都中野区東中野3丁目、職業不詳寺内樺風(かぶ)容疑者(23)。県警は28日未明、未成年者誘拐の疑いで公開指名手配し、発表した。

 県警や警視庁の説明では、27日午後0時半ごろ、女子生徒がJR東中野駅の公衆電話から110番通報。駆けつけた中野署員が公衆電話の前にいた女子生徒を発見し、保護した。目立ったけがはない。

 女子生徒は通報する前に自宅にも電話をしており、母親(42)に「お母さん」と呼びかけて名乗り、母親が場所や1人でいるのかどうか尋ねたところ、1人でいると答えたという。

 捜査関係者によると、女子生徒は「男(寺内容疑者)が午前中に『買い物で秋葉原に行く』と告げて外出した。いなくなった隙に出てきて、電話をした」「埼玉の自宅前から、知らない男に車に乗せられて連れられてきた」などと話し、監禁されていたという趣旨の話をしている。寺内容疑者のアパートは東中野駅近くにあり、県警は女子生徒が寺内容疑者の部屋で監禁されていた可能性があるとみている。県警は28日未明、このアパートへ家宅捜索に入った。

 女子生徒は中学1年生だった14年3月10日午後3時過ぎに学校を出た後、自宅前で若い男と話している姿が目撃されたのを最後に行方がわからなくなった。その日の夕方、帰宅した母親が自宅ポストに「家も学校もちょっと休みたいです。しばらく友達の家です。さがさないで下さい」と書かれた、女子生徒の自筆とみられるメモが入っているのを発見。県警に行方不明者届を出した。

 その後、同19日には、女子生徒と思われる筆跡で「元気ですごしている」などと書かれた手紙が自宅に届いた。埼玉県上尾市内の郵便局の消印があったという。県警は女子生徒から、行方不明になった後の約2年間の状況について聴く。(朝日新聞、2016.3.28)


 埼玉県朝霞市で二〇一四年三月、当時中学一年の女子生徒(15)が誘拐され、二十七日に都内で保護された事件で、埼玉県警は二十八日、未成年者誘拐の疑いで、指名手配していた東京都中野区東中野三、職業不詳寺内樺風(かぶ)容疑者(23)を静岡県伊東市で確保した、と発表した。

 県警によると、二十八日午前三時二十分ごろ、「血だらけの男が歩いている」と静岡県警に通報があり、同県警の警察官が伊東市内の路上で、寺内容疑者を見つけた。同容疑者は首から出血し、「カッターで首を切って死のうとした」などと供述。病院で手当てを受けており、埼玉県警は同容疑者の回復後に逮捕する。

 県警は、寺内容疑者は今春、千葉市の千葉大を卒業し、先月に東京都中野区のアパートに転居したとみて調べている。この間、女子生徒はほとんど外出を許されず、二年間にわたり千葉市と中野区の同容疑者宅で監禁状態にされていたとみられる。

 一方、捜査関係者への取材で、女子生徒は、下校途中に寺内容疑者から「お父さんとお母さんが離婚することになった。弁護士が保護してくれるから車に乗って」などと話しかけられ、車で連れ去られたと話していることが分かった。

 また、女子生徒は、行方不明となった直後、自宅ポストで見つかった女子生徒の名前で書かれたメモは、男に無理やり書かされたなどと話しているという。メモは「家も学校もちょっと休みたいです。しばらく友達の家です。さがさないで下さい」と書かれていた。県警は寺内容疑者が誘拐を偽装するために書かせたとみている。

 女子生徒は二十七日午後零時半すぎに、JR東中野駅の公衆電話から「助けてほしい」と一一〇番し、駆けつけた警視庁中野署の署員に保護された。

 埼玉県警は二十八日未明に女子生徒が逃げ出したアパートに住む寺内容疑者を指名手配し、顔写真を公開して、行方を追っていた。(東京新聞、2016.3.28)


 小型飛行機に乗って、笑顔を見せる男。未成年者誘拐の疑いで公開手配され、28日、身柄を確保された東京・中野区に住む職業不詳・寺内樺風容疑者(23)です。

 おととし3月10日、埼玉県朝霞市に住む15歳の女子中学生を連れ去った疑いで逮捕状が出ていました。自宅近くの防犯カメラに姿が映った後、突然姿を消した女子生徒。警察は事件に巻き込まれたとみて捜査していましたが、27日に大きな動きがありました。

「助けてほしい」(女子生徒)

 27日午後1時前、女子生徒は東京のJR東中野駅の公衆電話から泣きながら110番通報。駆けつけた警察官に保護されました。

 「2年前に男の車に乗り、連れていかれた。同じ男の家にいた」「今日(27日)、男が夕方まで出かけるというので逃げてきた」と話したという女子生徒。警察は未成年者誘拐の疑いで逮捕状をとり、寺内容疑者の公開手配に踏み切ったのです。

 そして午前3時15分ごろ。「血だらけの男が歩いている」との通報で駆けつけた警察により、寺内容疑者は中野区から100キロほど離れた静岡県伊東市で身柄を確保されました。寺内容疑者は首に傷があり、「自殺しようとした」という趣旨の話をしていて、静岡県内の病院で治療を受けています。

「2月までずっと千葉にいた」(女子生徒)

 保護された中野区ではなく千葉にいたと話しているという女子生徒。寺内容疑者と千葉の接点とは・・・

「寺内容疑者は、千葉大学の工学部に通っていました」(記者)

「情報画像ということで、データ解析の研究をしていた。(授業態度は真面目?)真面目そうです。途中休学していますね、2012年10月から2013年9月まで」(千葉大学広報)

 寺内容疑者は千葉大学工学部の情報画像学科でデータ解析を学んでいて、5日前、卒業したばかりだったといいます。先月、中野区に引っ越す前まで千葉市のマンションで暮らしていたのです。

「俺はてっきり独り者だと思っていた。コンビニの袋を持っていても、一人分しか買ってきていない」(当時の近所の人)

 千葉市のマンションの部屋の間取り。部屋が2つあるタイプで、ここに女子生徒が監禁されていたのでしょうか。寺内容疑者は、どんな人物だったのでしょうか。

「飛行機と寝るぐらい、飛行機が好きでしたね。部屋にも飛行機があるみたいなことを聞きました。これさえあれば僕は・・・みたいなところがありました。結構、物静かな感じの子で、航空機が好きだったのでパンフレットで飛行機を見ていたり、あんまりみんなの輪の中に入ってワイワイするような子ではなかった」(寺内容疑者の同級生)

 高校時代、航空機の写真をよくながめていたという寺内容疑者。大学時代のあだ名は「パイロット」。フェイスブックにも飛行機に乗って写した写真を載せていました。寺内容疑者は3年前、大学を休学、アメリカ連邦航空局によりますと、アメリカのパイロット養成学校で自家用機の受講コースを受け、操縦免許を取得していました。小学生の時から寺内容疑者を知る人は・・・

「非常に活発な子で、後輩の子どもをよく面倒見る子。本当に驚いている」(寺内容疑者の地元の町内会長)

 女子生徒が通っていて今月卒業するはずだった中学校は・・・

「え、本当という驚き、あるいは良かったという声、それぞれの職員の第一の反応でした。卒業証書を本人が帰ってくるまで、3月31日まで待ちましょうと。直接、私が手渡したいので」(生徒が通っていた学校の校長)

 学校は今後、女子生徒に卒業証書を直接手渡したいといいます。奪われた2年間。警察は寺内容疑者が大学に行きながら女子生徒を監禁していたとみて、けがの回復を待って、逮捕する方針です。(TBS News、2016.3.28)


 約2年前に行方不明になった埼玉県朝霞市の中学3年の女子生徒(15)が東京都中野区内で27日に保護された事件で、未成年者誘拐の容疑で逮捕された同区東中野、職業不詳、寺内樺風(かぶ)容疑者(23)。今月、大学を卒業したばかりで、在学中に米国で自家用機操縦の免許を取得していた。

 寺内容疑者は平成23年4月に千葉大に入学、工学部情報画像学科でデータ解析について学んでいた。ゼミの担当教授によると、授業にきちんと出席して成績も悪くなかったといい、「普通の学生で不審な点はなかった」。

 大学によると、寺内容疑者は24年10月から1年間休学してカナダに留学するとの計画書を提出。目的は航空免許の取得と語学力の向上としていた。

 米連邦航空局(FAA)のデータベースによると、25年9月に自家用機の操縦免許を取得した。(産経新聞、2016.3.28)


 埼玉県朝霞市で2014年3月、当時中学1年だった女子生徒(15)が行方不明になり、東京都中野区で保護された事件で、埼玉県警朝霞署捜査本部が未成年者誘拐の容疑で逮捕状を取った男が28日未明、静岡県伊東市で身柄を確保された。男は中野区東中野3、寺内樺風(かぶ)容疑者(23)で、首に切り傷を負い、病院で治療を受けている。首のけがについて「自殺しようとカッターで切った」と話しており、捜査本部は回復をまって逮捕する方針。

 捜査本部は27日夜、寺内容疑者の逮捕状を取り、指名手配していた。

 寺内容疑者は千葉大工学部情報画像学科に在籍し、今年3月に卒業した。千葉大広報室によると、コンピューターやソフトウエアに関する研究室で学んだという。捜査関係者によると、今年2月まで千葉市稲毛区に住んだ後、中野区のマンションに引っ越した。女子生徒は「(行方不明になった後)ずっと千葉にいた」と話しており、捜査本部は2年近くの間、千葉市で監禁状態に置かれていた可能性があるとみている。

 捜査本部によると、28日午前3時過ぎ、伊東市内で「血だらけの男が歩いている」と静岡県警に通報があった。駆け付けた警察官が路上で男を見つけ、所持していた免許証や本人の話などから寺内容疑者と確認した。寺内容疑者はカッターを所持しており、「首をカッターで切った。自殺しようとした」と説明したという。

 寺内容疑者は「お父さんとお母さんが離婚する。弁護士のところに連れて行く」と、うそをついて女子生徒を連れ出したとみられている。女子生徒は、捜査本部に「自宅の近くで知らない男に車に乗せられた」と説明。「(連れ去られた後は)外から施錠された部屋にいた。外出したこともあったが、男に監視されていた。秋葉原に買い物に行くといって男が出かけた隙(すき)に逃げ出した」と話しているという。

 中野区の寺内容疑者の自宅は、女子生徒が保護されたJR東中野駅から約300メートル離れたマンションにあり、女子生徒はこのマンションから逃げて助けを求めたとみられる。

 病院に搬送された寺内容疑者は、話をすることができる状態で、数日で退院する見通しという。捜査本部は寺内容疑者が伊東市にいた経緯などを調べている。

 女子生徒は約2年前の14年3月10日、中学からの下校中に行方不明になり、今月27日にJR東中野駅の公衆電話から110番通報して助けを求めたところを保護された。女子生徒に外傷などはないが、健康状態を検査するため入院している。(毎日新聞、2016.3.28)


 約2年前に行方不明となり保護された、埼玉県朝霞市の女子生徒(15)を誘拐した容疑で指名手配され、28日に身柄を確保された、寺内樺風容疑者(23)の母校・千葉大が29日、会見を開いた。

 席上で同容疑者が在籍した工学部の関実学部長は「23日に卒業しましたが、今回の事案を勘案しまして卒業取り消しの可能性を含め、検討しております」と明らかにした。

 渡辺誠理事は、同大の規定には学生への処分として停学と放校の2つがあると説明。今回の誘拐事件が発生した2年前にさかのぼり、寺内容疑者が在学中に犯行に及んだと想定した場合、停学処分を下した場合は、4年以上の在学という工学部の卒業要件を満たさないという。

 また放校の場合は大学から席を抜くので、いずれにしろ卒業は認められなくなるという。

 同大には担任制度があり、4年間、持ち上がりで学生の生活を見るが、寺内容疑者は「ごく普通の生徒で、成績も中くらい。無断欠席もなく、きちんと大学にも来ていた」という。

 一方で、同容疑者はサークル、部活動をしておらず、4年次は週1回、1日4、5時間の卒業研究のみしか授業に出ていなかった。関学部長は「担任は、大人数を1人で見ている。成績や態度が不十分な生徒は丁寧に見るが、目立ったことのない生徒を、どこまで見られるかは難しいところ。学校生活の中で何かあれば気付くが、生徒のプライベートまでは指導できない」と説明した。

 今回の事件を受け、今後、大学内に懲罰委員会を設置する。寺内容疑者が逮捕、起訴されて判決という一連の流れを見て、同委員会が大学としての処分を決めるという。(日刊スポーツ、2016.3.28)


2年間、行方不明だった女子中学生(15)が27日に見つかりました。警察は、23歳の男を未成年者誘拐の疑いで身柄を確保しました。発覚から一日、事件は埼玉県から東京都、静岡県、そして千葉県へと広がっています。

(社会部・安藤勇太記者報告)

 関係先が多岐にわたることから、警察も大規模な態勢で捜査に臨んでいます。28日は寺内樺風容疑者が直近に住んでいた東京・中野区の部屋の家宅捜索を中心に捜査が進められました。その結果、部屋からは女子中学生が通っていた中学校のバッジが付いた制服と名前が刺繍(ししゅう)されたジャージが押収されました。一方で、保護された女子中学生は、警察の事情聴取に対して「インターネットの利用は制限されていた」「食事で困ったことはない」といった話をしているということです。寺内容疑者は事件当時、千葉大学に通っていて、先月まで千葉市内のマンションに住んでいました。ここでも女子中学生は監禁されていた疑いがあります。警察は今後、そうした関係先の捜索を順次、行うとともに容疑者がけがから回復するのを待って供述の裏付け作業を行っていきます。(テレビ朝日、2016.3.28)


 少女の行方不明事件で、千葉大生だった男の身柄が確保された。およそ2年前に、忽然と姿を消した当時13歳の少女は、東京・中野区の男のアパートを自ら脱出して保護された。その間、少女の自由と時間を奪い続けた男の素顔が、取材を通じて浮かび上がってきた。

 黒縁の眼鏡をかけた短髪の男は、寺内樺風(かぶ)容疑者(23)。千葉大学時代の同級生は、「3年生の時には、一緒の授業を受けていたんですけれど。卒業式にはいたと思います」と話した。少女を誘拐し、2年もの間、少女を監禁してきたとみられる男は、先週、千葉大学の卒業式を終えたばかりだった。千葉大学時代の同級生は、「たくさんのグループで活動する方ではなかった。工学部なので、オタクかなという感じですかね」と話した。

 静岡・伊東市の県道から、100メートルほど入った山の中。黄色い規制線の先で、寺内容疑者は、自殺を図ったとみられている。

 28日未明、静岡・伊東市内で、警察に身柄を確保された寺内容疑者。持っていたカッターナイフで、自らの首を左から右に切っていて、「自殺しようとした」と話していたという。

 寺内容疑者を最初に発見した新聞配達員は、「道路の端に、手を挙げて立っている人物が見えたんですよ。全身血まみれだったので、すぐにバイク止めて、近くに寄って。『車にでもひかれたか』って聞いたら、『すぐ警察を呼んでくれ』と言われたのと、『死のうかと思ったけど、死ねなかった』と」、「もうろうとはしてなかったけれど、足元が震えていた」などと語った。

 2014年3月、埼玉・朝霞市の当時中学1年生の女子生徒が行方不明になった事件。女子生徒は27日、東京・中野区のJR東中野駅の公衆電話から、家族と警察に「助けてほしい」と連絡。2年ぶりに保護された。

 少女は、男が外出をした隙を突いて、マンションから逃げ出した。保護された女子生徒の証言から、2年間にわたる監禁生活の実態が、徐々に明らかになってきた。

 2014年3月10日、女子生徒は、寺内容疑者に「お父さんとお母さんが離婚した。わたしは、彼らの弁護士なので、一緒に来てほしい」と声をかけられ、無理やり車に乗せられたという。

 このあと、第1の監禁場所になったとみられるのは、寺内容疑者が住んでいた、千葉市のマンションだった。寺内容疑者が住んでいたアパートは、通っていた千葉大学のすぐ目の前。部屋の間取りは、風呂トイレ別の2LDK。6畳の和室と洋室、キッチンのついたリビングがある。

 容疑者が住んでいた部屋の真下の住人は、「1人暮らしだとずっと思っていた。2人いるって把握してなかった」、「男の人の足音だなっていうのは、だいたいわかるので」などと話した。

 ここで、外から鍵をかけられ、監視もされていたという少女。この部屋での監禁生活は、1年11カ月にも及んだ。容疑者が住んでいた部屋の真下の住人は、「外から鍵をかけるところはないので、何かをつけてたんですかね」、「気づいてあげられなかったというのは、申し訳ない」などと話した。

 そして、大学卒業を3月に控えた2月。第2の監禁場所、東京・中野区へ。ここで、新たな監禁生活が始まった矢先、寺内容疑者が、「秋葉原に買い物に行く」と外出したすきをみて、少女は、アパートから逃げ出したという。

 少女を支配下に置き、恐怖心を与えるなどして、監禁してきたとみられる寺内容疑者。いったい、どんな人物なのか。高校卒業後は、国立千葉大学の工学部に進学。

 千葉大学時代の同級生は、「一緒に帰った時に、話している中で、『あんまり今、話せる友達が少ないので、今度、授業とかでも、どんどん話しかけてくれないか』みたいなことを言われたのが、印象に残っています」、「話せば結構、どんどん会話も弾む方で、そこまで悪い印象はなかった」、「そんなに注目される方ではなかった」などと話した。

 「友人が少ない」と語っていた寺内容疑者は、大学在学中、ある資格を手にしていた。千葉大学時代の同級生は「実験の時に、一緒の班になったりして、話したりしたんですけれど、友達は多くない方だったと思うんですけど。飛行機の免許持ってるとか、そういう話も一緒にしたり、なかなか、おもしろいやつだなと思ってたんですよ」と話した。

 小型飛行機の前に立ったり、操縦席に座ったりする寺内容疑者。自らフェイスブックに載せていた写真の日付は、2013年の7月。

 少女の誘拐事件発生の8カ月前。寺内容疑者は、アメリカ・カリフォルニア州サンノゼで、小型機を操縦できる免許を取得していた。寺内容疑者は、大学在学中の2013年5月から9月までの4カ月間、アメリカに渡り、パイロットの免許を取得。その模様をフェイスブックに投稿していた。

 しかし、2013年9月15日を最後に、投稿は途絶え、事件は、この半年後に起こった。千葉大学時代の同級生は、「(女の子の話は?)それは、もう全然なかったです。女性の話は、全くしてなかったと思う」と語った。

 誘拐から保護までの空白の2年間。少女の時間は、どのようにして、奪われ続けたのか。その解明に向け、警察は、けがの回復を待って、寺内容疑者を逮捕する方針。(fnn-news.com、2016.3.28)


 2年前から行方不明になっていた女子中学生が保護された事件で、指名手配されていた23歳の男が、静岡県内で身柄を確保された。

 寺内樺風(かぶ)容疑者(23)が、先週まで在学していた千葉大学。その大学のすぐ近くで、2年近く、少女は、監禁されていたとみられている。千葉市稲毛区のアパートは、基本的には、単身者用のワンルームや、1Kと呼ばれる間取りが多い中、寺内容疑者が使用していた部屋だけは、ほかよりも部屋が広い、多いといった間取りになっていた。

 また、別の部屋に入居している人に話を聞いたところ、その部屋は、部屋自体が仕切ることができる扉がついた構造のもよう。管理会社は、寺内容疑者が、そこから現在の東中野のアパートに退去した際に、何か目立った改造の跡は、確認できなかったといっているが、やはり、1人にしては広めの間取り、さらに部屋が扉で仕切られている。

 こういう構造から考えると、人を隔離することは、十分可能だったといった印象を受ける。(fnn-news.com、2016.3.28)


 2年前から行方不明になっていた女子中学生が保護された事件で、指名手配されていた23歳の男の身柄が確保された。少女が監禁されていたのは、東京・中野区のマンションの1階、左から2番目の部屋。カーテンが閉められていて、中の様子は、うかがうことができない。

 新しい情報として、少女は、食事や衛生面で困ったことはなかったと、今のところ話しているという。28日も、このマンションでは家宅捜索が行われ、少女のものとみられるブレザーなどが押収された。しかし、監禁のための道具などは、押収されなかったという。

 さらに、このマンションの部屋の鍵は、特殊な細工などは施されておらず、外から鍵を閉めても、中から開けられるものだったという。そして、このマンションは、1Kが基本の単身用のマンションということで、もしかすると少女も、1Kの部屋で隠されていたのかもしれない。

 また、複数の住民が、「容疑者の男とすれ違って、あいさつをしたことはあるけれど、不審なことを感じることはなかった」、「物音や叫び声なども聞いたことはなかった」などと話していた。(fnn-news.com、2016.3.28)


 監禁期間が2年もの長期に及んだのは学習性無力感が原因なんでしょうか。少女の快復を祈ります。


 <家庭は教育熱心 千葉大からカナダ留学 自家用機の操縦資格も…周囲気付かず犯行2年間>
 埼玉県警が未成年者誘拐容疑で指名手配し、28日に身柄を確保された寺内樺風(かぶ)容疑者(23)は、千葉大学工学部に通いながら女子生徒(15)を監禁していたとみられる。同大を今春卒業し、就職先も決まっていた寺内容疑者。関係者は「異性とのトラブルは聞いたことがない」「真面目だった」などと話し、事件とのギャップに驚きを隠さない。周囲が異変に気付かぬまま、卑劣な犯行は2年間にわたり続いていた。

 寺内容疑者の実家があるのは大阪府池田市の閑静な住宅街。幼少のころから知る男性会社員(68)によると、地域の子供会のキャンプやハイキングなどの行事に参加し、年齢が下の子の面倒をよく見るリーダー的存在だった。教育熱心な家庭で育ち、市立小を経て大阪教育大付属池田中、高校に進学。男性は「異性とのトラブルなども聞いたことがなく、嘘だろうという気持ち」と驚く。

 平成23年4月に千葉大に入学した。同大によると、工学部情報画像学科でデータ解析を学ぶ一方、24年10月から1年間休学してカナダに留学するとの計画書を大学に提出していた。

 目的は航空免許の取得と語学力の向上で、実際に米カリフォルニア州にあるパイロット養成学校に入学。25年4月下旬から約4カ月間在籍し、同年9月6日には固定翼の単発機を操縦できる自家用機の操縦資格を取得していた。

 学校のホームページでは寺内容疑者の資格取得を紹介、航空機をバックに男性と握手する写真が掲載された。容疑者の自身のフェイスブックにも軍用機のコックピットに座る写真があった。「訓練生として真面目にこつこつ取り組んでいた。性格などに問題があったとは聞いていない」。養成学校の東京事務所の関係者はこう振り返る。

 女子生徒が連れ去られたのは26年3月。同大によると、同年4月に3年生となった寺内容疑者は26年度の授業を11科目しか履修しておらず、翌4年次は卒論執筆のために必要なゼミ以外には授業を取っていなかった。授業のため大学にくる頻度は週に1、2回程度だったとみられる。

 この間、寺内容疑者が暮らしていたのは大学近くのマンションだった。逮捕状が出たときの自宅だった東京都中野区のマンションに転居する今年2月ごろまで住んでおり、主に女子生徒を監禁していたのはこのマンションとみられる。

 寺内容疑者の隣室に住んでいた男性(26)は3月上旬、引っ越しの掃除に来た寺内容疑者が女性を連れていたのを見たという。「引っ越しを手伝う友人なのかなと思った。いつも静かで物音のしない部屋だから、一人暮らしだと思っていた」。女性連れの姿を見たのはこのときだけだが、被害者の女子生徒だったかどうかは分からないという。

 同大を今月23日に卒業し、消防設備関係の会社に就職が決まっていたという寺内容疑者。同大は28日に会見し、「本学卒業生がこのような事件を起こし、誠に申し訳ない」と陳謝、卒業取り消し処分を検討することを明らかにした。(産経新聞、2016.3.29)





<参照>
防犯グッズ通販専門店 スピード出荷 【e防犯.com】
大阪府 中学偏差値ランキング 2016
大学受験パスナビ:旺文社 千葉大学/合格難易度・偏差値
ウィキペディア 学習性無力感
posted by リュウノスケ at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする