2016年02月28日

第90回中山記念(GII)

三連単 H→A・B・D・E・F・I→A・B・D・E・F・I=12000円
前回までのトータル:−197万9580円
回収率:65.7%
posted by リュウノスケ at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月26日

オードリー春日IKEA製「絶対壊れない椅子」破壊

 お笑いコンビ、オードリーの春日俊彰(37)が24日、日本テレビ系「ヒルナンデス!」(月〜金曜前11・55)に出演。視聴者プレゼント用の椅子を紹介していたところ、その椅子を“破壊”するハプニングを起こした。

 番組アシスタントの水卜麻美アナウンサー(28)が「超ロングセラーの“絶対壊れない椅子”に、筋肉自慢の春日さんが挑みます」と宣伝すると、椅子に腰掛けた春日は、相方の若林正恭(37)とコントを交えながら、その椅子が30年以上にわたり売れ続けているロングセラー商品であることなどをアピール。

 若林は「お店で行われている630万回以上のテストに耐えた」と椅子の耐久性に触れ、「これ壊れないということで、春日さん試してみてください」と春日に“実践”を促した。

 これを受けた春日は、椅子に座ったまま体を大きく揺らし、「全然余裕です、ほら」と、その耐久性をアピールした。しかし、春日による椅子の揺らし方は徐々にエスカレートし、若林も春日の上体をつかんでアシスト。すると、数回は春日の揺れに耐えた椅子が突如、“バキッ”と音を立てて壊れ、オードリーの2人も崩れ落ちた格好となり、スタジオからは悲鳴と笑いが起こった。

 水トアナは、笑いをこらえながら「大変申し訳ありません、使い方は正しく守ってください」と視聴者に訴えた。また、番組終わりで司会の南原清隆(51)から反省を促された春日は「バカヤローですよ、私はね」と言い放ち、若林も「よく見たら、壊れてなかったんですよね」ととぼけ、笑いを誘った。(サンスポ、2016.2.24)


 家具量販店の世界最大手「IKEA」のイスが破損して、手に障害を負ったとして、イスを購入した男性がIKEA日本法人を相手に損害賠償を求める訴えを起こしている事がわかった。訴えを起こした男性から話を聞いた。

 大阪市内で飲食店を営むAさん(43)は、右手の親指が曲がらないため、今も包丁をうまく握れないという。

 事の発端は2012年12月。新しい店舗をオープンさせる準備のために、Aさんは大阪市内のIKEAを訪れていた。IKEAは北欧スウェーデン発祥の世界的な家具量販店で、デザイン性の高さと値段の安さで日本でも人気となっている。また、購入者自身が家具を組み立てる事が特徴。

 24脚のイスを買ったAさんは説明書通りに組み立てたというが、その数日後―。

 Aさん「腰かけていたら、10分もしないうちに急にバキッという音とともに座面がガクって下がって、この軸受け、プラスチックの樹脂になっているが、ここの部分が折れて、座面が一気に下に下がってバランスを崩してしまって、右に転倒して、そのときに手をついて脱臼して、親指が反対側に反り返って曲がっていましたので」

 手術をしたものの障害が残り、新しく開店した店も半年で閉店を余儀なくされたとAさんは言う。

 Aさんの体重は当時98キロ。イスの荷重制限100キロの範囲内だった。

 Aさん「IKEAの担当者の方にも『組み立てをこういう形でやりました』という話もしたが、組み立て方には問題がないと(IKEAの)担当者も言っていた」

 Aさんは、事故後、国民生活センターに相談。その後、独立行政法人でイスを細かく検査したところ、座面を支えている軸受けの強度に問題が発覚。調査結果によると、このナイロン樹脂でできた軸受けには気泡が多く含まれる事などが原因で、強度が低かった可能性があるという。

 また、2013年にもIKEAの同じ製品が破損し転倒する事故が起こっていた。

 経済産業省は、今のところリコールなどは必要ないとしている。

 経産省の担当者「(Q:このような事態を受けて何か対応?)現時点では当該製品の回収の必要性はないものと判断してはおります。ただ、今後も発生状況については注視をして、消費者の方々の安全確保に向けて対応していきたい」

 Aさんは、治療費や慰謝料など約4200万円の支払いを求めて、去年10月、大阪地裁に提訴した。

 IKEA側は、先月の第1回口頭弁論では、裁判で争う姿勢を示している。読売テレビの取材に対して「調査の結果、ほかの同製品に問題がなく、リコールする必要はない」とした上で、今後、裁判で具体的な主張を明らかにするとしている。(日テレNEWS24、2015.1.7)


 上記記事のようにIKEA製の椅子は以前訴訟を起こされています。春日も悪乗りしていたとはいえ元々壊れやすいのではないか。


ヒルナンデス放送事故!オードリー春日がIKEAのイスを破壊 ロングバージョン



<参照>
日テレNEWS24 イス壊れ障害…男性がIKEA日本法人提訴
J-CASTニュース 630万回のテストに耐えた「IKEA」の椅子 オードリー春日が「生放送」で壊し、ネット騒然
posted by リュウノスケ at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月24日

亀田3兄弟6億6000万円損害賠償訴訟

 プロボクシング元世界王者の亀田興毅氏ら3兄弟と所属する個人事務所が、「日本ボクシングコミッション(JBC)の不当な処分で試合ができなくなり損害を受けた」として、JBCと理事ら10人に計約6億6千万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。亀田氏側の代理人弁護士が23日、明らかにした。

 JBCは2014年、次男・大毅氏が13年の2団体王座統一戦に負けても王座を失わなかったことで混乱を招いたとして、3兄弟が所属するジムを資格停止処分にした。

 代理人によると、提訴は1月14日。訴状で「JBCは結論ありきの恣意(しい)的な調査によって事実に反する認定をし、反論の機会も十分に与えられなかった」として処分は違法だと主張。処分によって3兄弟は国内で戦えなくなり、得られたはずのファイトマネーや興行収入が得られず損害を受けた、と訴えている。(朝日新聞、2016.2.23)


 プロボクシングの亀田3兄弟とマネジメント会社の亀田プロモーションの代理人を務める北村晴男弁護士が23日、東京地裁内の司法記者クラブで記者会見を行い、3兄弟と同社が1月14日に日本ボクシングコミッション(JBC)とJBC理事10人を相手取って、約6億6000万円の損害賠償請求訴訟を起こしていたことを明らかにした。第1回口頭弁論は2月29日に開かれる。

 北村弁護士によると、3兄弟側は「JBCに不当な処分を下されたり、ジム移籍を妨害されたりして、興行収入やファイトマネーを得られず、多額の経済的損失を受けた」と主張している。

 賠償額は国内で活動停止中に喪失した興行収益やファイトマネーの相当額としている。しかし興行の回数や試合数、また各選手のファイトマネーなど詳細については明らかにしなかった。

 訴訟の発端は、2013年12月に3兄弟の次男・大毅氏のIBF・WBA世界王座統一戦の「負けても王座問題」で、JBCは2014年2月に一連の混乱を招いたとして亀田ジムの会長らを処分。3兄弟は国内のリングに立てない状態となっている。

 3兄弟はその後、海外に拠点を移したが、勝ち星に恵まれず、長男の興毅氏は昨年10月に、大毅氏も昨年11月に相次いで現役引退を表明した。

 都内にあるJBC本部事務局で取材に対応したJBCの浦谷信彰統括本部長は「訴状は届いていますが、今はノーコメントです」と述べるにとどめた。(スポーツ報知、2016.2.23)


 ボクシングの亀田3兄弟の代理人を務める北村晴男弁護士は23日、都内の司法記者クラブで会見し、昨秋に現役引退した亀田興毅氏らを事実上の国外追放処分とした日本ボクシングコミッション(JBC)とその理事ら10人に対し、1月14日付で総額6億6000万円の損害賠償を求めて提訴したことを明かした。第1回口頭弁論が2月29日に開かれる。13年12月の世界戦混乱問題で、JBCは亀田ジムの会長とマネジャーの資格を剥奪し、3兄弟は国内で活動できなくなっていた。

 亀田家がまた新たにJBCを訴えた。世界戦混乱問題が原因で国内での選手資格を失った興毅氏らはその後、新会長を迎えてのジム再出発、他ジムへの移籍で事態を打開しようとしたが、それも認められなかった。昨秋に長男・興毅氏と次男・大毅氏が引退し、現役は三男・和毅だけとなったが、試合ができない状況が続いている。

 北村弁護士は「JBCは全てNOと言う。その対応は3人を活動させない目的としか思えない。選手のファイトマネーが入ってこず、亀田プロモーションとしての興行収入もなくなった」と説明。国内で試合ができなくなったこの2年間のファイトマネーと興行収入に相当する額6億6000万円の損害賠償請求に踏み切った。

 新たな動きの裏で、ようやく1つの裁判は決着した。13年9月の大毅の世界戦直前に興毅氏と和毅から監禁、恫喝(どうかつ)、暴行されたとして、JBC職員から東京地裁に提訴された事件では、昨年9月にそのような事実はなかったとしてJBC職員の訴えは棄却となり、名誉毀損(きそん)で同職員に合計320万円の支払いを命じる判決が出た。同職員は東京高裁に控訴したが、2月12日付で控訴を取り下げ、一審判決が確定。興毅氏は「真実が明らかになってひと安心しております。これからも前を向いて、まさに亀のごとく力強く進んで行きたいと思います」とコメントした。

 資格剥奪となった亀田ジム会長らが資格回復を求めてJBC相手に地位確認を求めて起こした訴訟は現在も係争中だ。JBCと全面対決する亀田側の北村弁護士は「JBCは自浄作用が全く期待できない。一刻も早く外部から抜本的組織改革が強く望まれる」とまで主張。JBCの浦谷信彰本部事務局長は「訴状は届いていますが、ノーコメントとさせていただきます」とだけ語り、争いはさらに長期化する見通しとなった。(スポニチ、2016.2.24)


 ボクシングの元世界2階級王者・亀田大毅氏(27)が3月14日に放送されるテレビ朝日系「しくじり先生 俺みたいになるな!!」3時間SP(月曜後7:00)に出演することが22日、わかった。

 大毅氏は「調子に乗って国民から嫌われちゃった先生」として、「夢に挑戦するあなたが調子に乗りすぎて世間から嫌われないための授業」を行う。

 元WBA世界フライ級、元IBF世界スーパーフライ級王者という実績を持ちながら、実は読書や絵を描くのが好きで、ボクシングの才能にあふれた兄・興毅氏(29)、弟・和毅(24)の間に挟まれた“とんでもない落ちこぼれ”だったと暴露。「はっきり言ってボクシングが大嫌いだった!やめたくて仕方がなかった!!」と当時の苦悩を打ち明ける。

 だが、やけくそで開き直ったところ、23秒KOという鮮烈なデビュー戦勝利を飾り「ごっつ調子に乗ってもうた!」。その結果ビッグマウスや超ド派手ファッションが目立つようになり、内藤大助(41)との世界戦で反則行為を連発してしまう。相手を抱えて投げ飛ばすなどの暴挙になぜ走ってしまったのか。その真実も包み隠さず語る。

 内藤戦の反則により1年間のライセンス停止期間中の“悲劇”をテレビで初めて詳細に告白。内藤に直接謝罪したものの、大バッシングの中でその事実は世間に伝わらず、どんな言動でも生意気に受け止められた。人間不信となった大毅は騒動から逃れるために大阪の親戚宅に身を寄せたが、そこでも知られざるしくじりがあったのだとか。

 復帰後のついに世界王座を獲得したが、左目の網膜剥離を発症。自らの引き際を悟った際の心情を男泣きで吐露する。引退を決めた先生に、父・史郎そして兄・興毅がかけてくれた言葉とは――。(スポニチ、2016.2.22)


 『しくじり先生』に出演した大毅がボクシング界に懺悔して手打ちだと思ったんですが、逆にJBCと理事10人を相手取り総額6億6000万訴訟を起こしたというニュース。今後タレント活動をするであろう3兄弟のことを考えたら波風立てないほうが得だと思いますけどね。史郎が妥協を許さないのは梶原一騎イズムなのか。


<参照>
ナリナリドットコム 亀田父が興毅に贈った手紙は盗作? 「侍ジャイアンツ」に酷似。
posted by リュウノスケ at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

食器洗い乾燥機苦情顧客宅放火事件

 勤務先の会社に苦情を入れた、個人客の自宅に火を付けたとして、香川県警は22日、現住建造物等放火未遂の疑いで、Pテクノサービス社員、N容疑者(20)=高松市高松町=を逮捕した。

 同署によると、N容疑者は容疑を認め「家が燃えたらクレームどころじゃないと思って火を付けた」と供述しているという。 

 逮捕容疑は、18日午前2時ごろ、丸亀市の男性(64)宅の竹垣やエアコン室外機などに火を付けたとしている。自宅に燃え移る前に男性が消し止めた。

 同署によると、N容疑者が設置した食器洗い乾燥機の調子が悪く、修理しても直らないことから男性がたびたび苦情を入れていた。18日午前中、代替品を持って上司と謝罪に訪れる予定だったが、用意できなかったという。竹垣から灯油成分が検出され、トラブルとなっていたN容疑者が浮上した。(産経新聞、2016.2.22、元の記事は実名、以下同じ)


 勤務先の会社に修理の依頼をした個人客の自宅に火を付けようとしたとして、香川県警丸亀署は22日、現住建造物等放火未遂の疑いで、Pテクノサービス社員・N容疑者(20)を逮捕した。N容疑者は「家が燃えたらクレームどころじゃないと思って火を付けた」と供述している。

 逮捕容疑は、18日午前2時ごろ、丸亀市郡家町の男性(64)宅の竹垣やエアコン室外機、ベンチに火を付けた疑い。トイレで目を覚ました男性が竹垣などの燃焼する音を聞き、自宅に燃え移る前に家族全員で消し止めたという。

 同署捜査幹部によると、N容疑者が設置した食器洗い乾燥機の調子が悪く、昨年12月から今年2月まで3回壊れ、男性が修理を依頼していた。18日午前中、代替品を持って上司と謝罪に訪れる予定だったが、準備をしておらず、代替品を用意できなかった。その後、男性宅に火を付けようとした。竹垣から灯油の成分が検出され、トラブルとなっていたN容疑者が捜査で浮上した。(スポーツ報知、2016.2.22)


 この事件で被害者がどういう態度を取ったのかは不明ですが、老人ホームの介護士や自宅まで出張してくれるメーカー担当者には、どれだけ相手が悪くとも丁重に対応すべきだということです。情けは人の為ならず。家燃やされるなら皿なんて汚いままでいいよ。


<参照>
ウィキペディア 情けは人の為ならず
テレビ大菩薩峠 川崎老人ホーム連続殺人事件
posted by リュウノスケ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤマイコ・ナバーロ実弾所持事件

 沖縄県警は21日、那覇空港で拳銃の実包1発をバッグに隠し持っていたとして、銃刀法違反の疑いで、ロッテのヤマイコ・ナバーロ容疑者(28)を現行犯逮捕した。逮捕容疑は21日午後7時10分ごろ、那覇空港国内線旅客ターミナル内の保安検査場で、実包1発をショルダーバッグに隠して所持していた疑い。

 ナバーロ容疑者は容疑を認め「ドミニカ(共和国)の自宅にあった実包が、バッグに入っていたのが分からなかった」と供述しているが、保安検査場の手荷物検査で実包が見つかり、職員が警察官に通報した。

 ナバーロ容疑者はドミニカ共和国生まれの28歳。05年にレッドソックスに入団し、10年8月20日のブルージェイズ戦でメジャーデビュー。メジャー通算成績は79試合で打率・206、2本塁打、20打点だったが、14年に韓国・サムスンに移籍し、昨季はリーグ2位の48本塁打をマークした。その強打を買われ、今年1月にロッテに入団。21日の日本ハムとのオープン戦(名護)では2試合連続本塁打を放ち、評価を上げていた中での逮捕劇となった。

 日本球界では、10年2月にドミニカ共和国出身の中日のマキシモ・ネルソン投手が那覇空港で実弾を所持したとして銃刀法違反容疑で送検されながら、嫌疑不十分で不起訴処分となったという例がある。同投手は球団から3カ月間の出場停止処分を受けたが、ナバーロ容疑者にも処分が下されるとみられ、開幕戦出場は極めて難しくなった。(スポニチ、2016.2.22)


 事件は再び起きてしまった。2010年、中日に所属していたネルソン投手がキャンプ地の沖縄から移動する際、実弾1発を所持していたとして逮捕された。

 ナバーロ容疑者と同じドミニカ共和国出身の選手がほぼ同じ事件を起こしていたにもかかわらず、球界の注意喚起は徹底されていなかった。

 ロッテ球団は外国人選手のドーピングに関しては詳細な確認をしていたが、銃刀法について具体的に注意したことはなかったという。山室球団社長はナバーロ容疑者が実弾所持の違法性を認識していたかについても「現時点で把握していない」とした。対応が不十分だったと言わざるを得ない。

 ネルソン投手は10年に3カ月間の出場停止処分を受けており、ナバーロ容疑者も同様のペナルティーを受ける可能性がある。昨年、巨人の3投手が野球賭博に関わったとして無期失格処分となり、今月2日には元プロ野球選手の清原和博容疑者が覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された。野球界に厳しい視線が注がれている中での出来事だけに厳しい処分が予想される。(日刊スポーツ、2016.2.22)


 またドミニカ人が実弾所持かよと思った野球ファンも多いんじゃないでしょうか。オープン戦好調だったんですけどね。好事魔多しといえます。


 <ナバーロ実弾2発だった 心身とも疲労困憊 静養へ>
 ロッテは24日、拳銃の実弾を所持していたことで21日に銃刀法違反で現行犯逮捕されたヤマイコ・ナバーロ内野手(28)のヒアリングを千葉市内のホテルで行った。

 その中で、所持していた実弾が1発ではなく2発だったことが判明した。同時に沖縄県警・豊見城署からも同様の連絡が球団に入った。那覇地方検察庁は、2発であったことを確認した上で釈放の判断をしていたそうで、実弾の数によって処分が変わることはないと説明を受けたという。

 1時間ほどのヒアリングを行った林信平球団本部長(54)は「落ち込んでいた。まず謝罪の言葉が出てきた。野球をしに来たのに、それ以外のことで迷惑をかけてしまい申し訳ない。活躍して恩返ししたいと、何度も繰り返していた」と様子を話した。ナバーロは心身ともに疲労困憊(こんぱい)のようで、数日は静養の予定。今後については起訴されるかどうかなども含めて判断する予定で、現段階では未定だという。(日刊スポーツ、2016.2.24)


 <ロッテ・ナバーロ球団処分は開幕から4週間出場停止>
 ロッテは29日、銃刀法違反の現行犯で逮捕されたヤマイコ・ナバーロ内野手(28)の球団としての処分を発表した。

 3月中のすべての試合とパ・リーグ、イースタンリーグ公式戦の開幕から4週間の試合への出場停止と罰金50万円を課した。これによりナバーロが試合に出られるのはイースタンで4月9日の楽天戦(利府)以降。パ・リーグ公式戦で同22日以降となるため、現状では同23日のオリックス戦(QVCマリン)からとなる。また、注意喚起などの監督不行き届きとして山室晋也球団社長に厳重注意処分。林信平球団本部長と松本尚樹編成部長に減給及び厳重注意の処分が下された。(日刊スポーツ、2016.2.29)


<参照>
日刊スポーツ スコア速報 日本ハム 対 ロッテ 【試合終了】 日本ハム1勝0敗0分け ◇オープン戦◇開始12時30分◇名護◇観衆3542人 2016年02月21日15時26分04秒更新
ウィキペディア ヤマイコ・ナバーロ
ウィキペディア マキシモ・ネルソン
posted by リュウノスケ at 22:23| Comment(1) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする