2016年02月28日

第90回中山記念(GII)

三連単 H→A・B・D・E・F・I→A・B・D・E・F・I=12000円
前回までのトータル:−197万9580円
回収率:65.7%
posted by リュウノスケ at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

第33回フェブラリーステークス(GI)

馬単 E・F・M→E・F・M=12000円
前回までのトータル:−199万7780円
回収率:65.3%
posted by リュウノスケ at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月17日

丸山和也参院議員人種差別発言

<暴言参議院>丸山和也議員「日本をアメリカの51番目の州にしたら」



 自民党の丸山和也参院議員が17日の参院憲法審査会の質疑で、オバマ米大統領に関して「米国は黒人が大統領になっている。黒人の血を引くね。これは奴隷ですよ。まさか米国の建国の時代に、黒人奴隷が大統領になると考えもしなかった」と述べた。

 人種差別と受け取られかねない発言で、批判を招きそうだ。

 丸山氏はこの後、記者会見を開いて「誤解を与えるような発言をしたことを大変申し訳なく思う」と陳謝した。(時事通信、2016.2.17)


 自分が人種差別されないと分からないんでしょうか。他者を思いやる気持ちの欠如した人間が弁護士や国会議員になるべきではないと思います。


 <自民・丸山氏が暴言連発「黒人、奴隷が大統領」>
 自民党の丸山和也法務部会長(70)は17日の参院憲法審査会で、オバマ米大統領について「今、米国は黒人が大統領になっている。黒人の血を引くね。これは奴隷ですよ」と発言した。丸山氏は弁護士。人種差別と受け取られかねず、批判が拡大している。安倍政権や自民党は、宮崎謙介氏の「不倫辞職」や丸川珠代環境相ら閣僚の問題発言で、批判を受けている、真っただ中。丸山氏の発言は、「気のゆるみ」では済まない問題に発展しそうだ。

 丸山氏は憲法審査会の質疑で、「たとえば、日本が米国の51番目の州になることに憲法上どんな問題があるのかないのか」と、唐突に切り出した。「(日本が51番目の州なら)集団的自衛権の問題は起きていない。拉致問題すら起きていない」とも、発言した。

 独立国家としての日本の立場を覆すような持論。発言はさらに続いた。「米国の制度にあれば、人口で下院議員の数が決まる。おそらく『日本州』は最大の下院議員選出数を持ち、『日本州』出身が米大統領になる可能性が出てくる」「日本が世界の中心で行動する。これはあり得るということ。ばかみたいな話と思うかもしれないが」とした後、さらに踏み込んだ。

 「今、黒人の血を引く人が大統領になっている。これは奴隷ですよ、はっきり言って」「まさか建国当初、黒人、奴隷が大統領になるとは考えもしなかった。(米国は)こんな変革をしていく国だ」と主張。発言の直後から、「暴言だ」の声が委員会で相次いだ。

 丸山氏は審査会後、会見し「意図するところと違う発言をした。誤解を与えるようで大変申し訳ない」とスピード謝罪。「発言時は全然気づかなかったが、いろいろ考えると誤解を与えるところがあった」「米国の良いところをもっと見習えばいいと思った」とも釈明。議事録の訂正か削除を表明したが、どの発言が該当するかは話さなかった。

 最近、安倍政権や自民党では、丸川珠代環境相や高市早苗総務相、島尻安伊子沖縄北方担当相らの問題発言が続発。宮崎氏の不倫辞職も起きた。「気のゆるみ」の批判もあるが、丸山氏発言は、同盟国のトップに対する人種差別と受け取られかねない内容。オバマ氏の父はケニア人、母は米カンザス州出身の白人だ。

 野党は18日以降、丸山氏発言を追及する。国会議員の「資質」問題は、安倍晋三首相を直撃し続ける。

 ◆丸山和也(まるやま・かずや)1946年(昭21)1月23日生まれ、兵庫県出身。早大法学部卒。法務省に入り、70年に司法試験合格。米ワシントン大ロースクール卒。日本テレビ「行列のできる法律相談所」に出演し、タレントとして注目される。07年に参院議員(比例区)となり現在2期目。丸山国際法律・特許事務所代表。(日刊スポーツ、2016.2.18)
posted by リュウノスケ at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

第109回京都記念(GII)

馬単 @・A・E・F・H・I→@・A・E・F・H・I=12000円
前回までのトータル:−200万8540円
回収率:65.1%
posted by リュウノスケ at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月13日

『おかあさんといっしょ』たくみおねえさん卒業

 NHKは12日、Eテレ「おかあさんといっしょ」(月〜土曜午前8時)の20代目「うたのお姉さん」の三谷たくみが3月で番組を卒業することを発表した。後任は、3月に都内の音大大学院を卒業する小野あつこを起用する。

 三谷は08年から、地上波の「うたのお姉さん」では歴代最長となる8年間にわたって「うたのお姉さん」を務めた。同局で行われた会見で三谷は「私の方から卒業したいと言いました。8年間でたくさんの経験をして、たくさんの子供たちと出会い、やりきれたという思いから次のお姉さんにバトンタッチしようと思いました」と話した。番組を見てきた子供たちに向けて「ありがとうの気持ちでいっぱいです」と感謝の思いを言葉にした。卒業後は芸能事務所などに所属することなく、当面ゆっくりするという。

 21代目となる小野は、東京都出身。4歳からピアノを始め、高校のピアノ科卒業後、音大で声楽を学び、3月に大学院を卒業する見込みだ。会見で「小さい頃から音楽と子供が大好きで、子供と関わる仕事をするのが夢でした」と話した。また「今まで児童館で子供と触れ合う活動をしていて、その経験があって今があります。近所のお姉さんのような感覚で、子供たちに親しみをもってもらえ、笑顔になってもらえるお姉さんを目指します」と抱負を語った。

 大学院では、フランスやロシアのクラシックの歌曲を中心に勉強しているという。(日刊スポーツ、2016.2.12)


<参照>
ウィキペディア 三谷たくみ
ウィキペディア うたのおねえさん
posted by リュウノスケ at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする