2015年08月06日

第97回全国高校野球選手権大会開幕

 第97回全国高校野球選手権大会は6日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕した。

 49校が出場し、準々決勝翌日の休養日を含む15日間の日程で行われる。

 1915年8月の第1回全国中等学校優勝野球大会から100年。節目を記念し、開会式では第1回大会に出場した10校の現役野球部員が復刻ユニホームを着て、「高校野球100年」の横断幕を手に入場行進に参加した。今大会の代表校で、第1回大会を制した京都二中の流れをくむ鳥羽(京都)の梅谷成悟主将が「次の100年を担う者として、8月6日の意味を深く胸に刻み、甲子園で躍動することを誓います」と選手宣誓した。

 東京・早稲田実時代に甲子園で活躍した王貞治さんがプロ経験者として初めて始球式を行い、開幕試合の鹿児島実(鹿児島)―北海(南北海道)がスタート。熱戦の火ぶたを切った。(時事通信、2015.8.6)


 第97回全国高校野球選手権大会の組み合わせ抽選会が3日、大阪市のフェスティバルホールで行われ、史上8校目の春夏連覇が懸かる敦賀気比(福井)は第3日第2試合で6年連続出場の明徳義塾(高知)とぶつかることになった。15日間の日程の大会は、6日に甲子園球場で開幕する。

 ◆展望

 見逃せない好カードとなったのは、東海大相模と聖光学院の対戦。最速150キロ左腕・小笠原と昨年の神奈川県大会決勝で20奪三振の右腕・吉田の2枚看板を擁する東海大相模が、昨年ベスト8の聖光学院と顔を合わせる。看板2投手に、打率5割台を4人擁する聖光学院打線が挑む。

 スーパー1年生清宮が注目を集める早実は、今治西と対戦する。清宮は西東京大会で20打数10安打10打点と活躍。大舞台で本塁打が飛び出すか、注目が集まる。

 東東京大会で28盗塁(出場校中トップタイ)の関東第一は高岡商と対戦。先頭打者オコエの俊足は突出しており、足を絡めた攻撃が生きる。昨年ベスト8の健大高崎は、香川県大会決勝で20得点と打線が爆発した寒川に得意の機動力で対抗する。

 霞ケ浦は同じく初出場の広島新庄が相手。大舞台にのまれず先手を奪いたい。爆発的な打撃力を誇る専大松戸は、花巻東の最速146キロ左腕・高橋の攻略がカギ。作新学院は北海−鹿児島実の勝者と対戦する。(東京新聞、2015.8.4)


 高校野球100周年という記念の大会は第1回大会優勝チーム京都二中の流れをくむ鳥羽高校梅谷成悟主将の宣誓で無事開幕。王貞治の始球式は完璧、NHKがゲストに呼んだ重松清は汗でびちょびちょでした。

 今大会で退任する奥島高野連会長は早稲田大学第一法学部卒で早稲田大学第14代総長。王さんはもちろん早稲田実業野球部優勝投手。そして今大会の目立は早実清宮。「高野連が主導して公立校を贔屓したのではないか」とファンから疑われた佐賀北のようなジャッジは避けてほしいと思います。

 さて、プロ注目投手は150キロ左腕小笠原(東海大相模)、フォームを崩してエースの座を譲った吉田(東海大相模)、佐藤世那(仙台育英)、高橋樹也(花巻東)など。故障の高橋純平(県岐阜商)と個人的に注目していた高田(創志学園、2年)は残念ながら甲子園に来られませんでした。

 打者はオコエ(関東第一)。持ち前の俊足強打を甲子園でアピールすればドラフト1位もあり得ます。1年の清宮、村上(九州学院)はマスコミ注目の的。オコエ、清宮の後ろを打つ伊藤(関東第一)、加藤(早稲田実業)、センバツの大活躍で阪神スカウトにマークされている松本(敦賀気比)にも期待。


<参照>
リアルライブ 今年の「甲子園」の見どころズバリ! 注目の超高校級球児と“黒い監督”
posted by リュウノスケ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北見市長縊死

 6日朝、北海道北見市の桜田真人市長(52)が自宅で首をつって死亡しているのが見つかったことに関して同日、自宅から遺書のようなものが見つかったことが分かった。北海道警は自殺とみて調べている。

 北見市議の一人によると、昨年夏頃から市政運営がうまくいかず、悩んでいる様子だったという。渡部真一副市長は市役所で記者会見し「このところお疲れの様子だった。近くで見ていてそう感じた」と話した。

 北見市によると、桜田市長は5日午後6時ごろ市内の会合に出席し、職員が運転する車で同6時半ごろに帰宅した。6日は午前10時に市役所で陳情を受ける予定だったという。

 桜田市長は平成25年6月、市民温水プールの建設費を補正予算案に計上せず、説明も十分でなかったとして、市議会で問責決議が可決された。(産経新聞、2015.8.6)


 6日朝、北海道北見市の櫻田真人市長が北見市内の自宅で首をつっているのが見つかり、病院に運ばれましたが、まもなく死亡が確認されました。自宅には遺書とみられる2通のメモが残されていて、警察は自殺したとみて詳しい状況を調べています。

 6日午前7時15分ごろ、北見市北3条東6丁目の住宅の部屋で北見市の櫻田真人市長(52)が首をつっていると家族から消防に通報がありました。櫻田市長は心肺停止の状態で病院に運ばれましたが、まもなく死亡が確認されました。

 関係者によりますと、櫻田市長は自宅1階の部屋でロープで首をつっていて、部屋からは遺書とみられる手書きのメモが2通見つかりました。

 このうち、市民に宛てたメモには「大きな渦に巻きこまれてしまいました。ごめんなさい」と書かれていたということです。警察は自殺したとみて詳しい状況を調べています。

 櫻田市長は幼稚園の教諭や園長を経て、北見市議会議員の2期目だった3年前、市長選挙に立候補し、当時の現職を抑えて初当選していました。

 副市長「疲れている様子だった」

 北見市の櫻田市長が死亡したことを受けて、渡部眞一副市長が急きょ記者会見を開き、「大変残念だが櫻田市長が急逝した。5日の夕方、庁舎内での打ち合わせで会ったのが最後だが、まだ信じられない」と述べました。

 そのうえで副市長は「公務は普通に行っていたが、このところ疲れている様子で市長自身も『疲れている』と、ことばを漏らしていた。市の最大の懸案である市庁舎の整備などがうまく進んでいないという思いが強かったのではないか」と述べました。

 北見市では午前11時から幹部職員らが緊急の会議を開き、地方自治法の規定によって、渡部副市長が市長の職務を代わりに行うことなどを確認したということです。(NHK、2015.8.6)


 ご冥福をお祈りします。
posted by リュウノスケ at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「世界選手権・五輪陸上中長距離種目メダリスト3分の1はドーピング?」英紙サンデー・タイムズ独公共放送ARD報道

 英紙サンデー・タイムズとドイツの公共放送ARDは2日までに、2001年から12年までの陸上・世界選手権と五輪の中長距離種目で、全メダルの3分の1にあたる146のメダルの獲得者にドーピング(禁止薬物使用)の疑いがあるとの検査結果を入手したと報じた。55の金メダルも含まれるとした。

 国際陸連が約5千人から採取し管理していた約1万2千件の血液データが内部告発で漏れ、専門家の再調査で、800メートルからマラソンまでの持久系種目で800人以上に異常な値が見つかったという。ロンドン五輪男子1万メートル、5000メートル2冠のモハメド・ファラ(英)は正常な値だったとしている。

 クアラルンプールで総会を開催中の国際オリンピック委員会(IOC)も対応に追われた。世界反ドーピング機関(WADA)委員長のクレイグ・リーディーIOC副会長(英)は、「衝撃を受けている。独立委員会を立ち上げ、早急に調査する」と話した。国際陸連副会長のセルゲイ・ブブカIOC理事(ウクライナ)は、「不正は容赦しない。未来ある選手を薬物から守らなければならない」と述べ、WADAと協力して実態解明にあたる考えを示した。(朝日新聞、2015.8.3)
posted by リュウノスケ at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする