2015年02月28日

アイドリング!!!解散

 アイドルグループ、アイドリング!!!が、今年10月で解散することが27日、分かった。フジテレビ系で放送中の冠番組「アイドリング!!!」(木曜深夜2時45分)も、9月で終了する。06年の結成以来アイドル戦国時代を彩った大型グループが、活動9年でピリオドを打つ。

 複数の関係者によると、先月から今後の運営に関する会議などが何度か行われ、解散が決まったという。タレントのバカリズム(39)とメンバーとの掛け合いが話題だった地上波やCSフジテレビONEで放送中の冠番組も、9月に終了する。

 アイドリング!!!は、06年10月に9人で結成された。同月放送開始した冠番組「アイドリング!!!」を基盤にライブ活動などを行い、翌07年7月11日にCDデビュー。09年にはAKB48とのコラボレーションユニット「AKBアイドリング!!!」名義で「チューしようぜ!」もリリースした。オーディションによるメンバーの加入や卒業を繰り返し、歴代で計35人が所属。現在タレントや女優として活動する菊地亜美(24)森田涼花(22)谷沢恵里香(24)らを輩出(いずれも卒業メンバー)。現在のメンバーは21人だ。

 近年、AKB48グループやももいろクローバーZをはじめ、アイドルグループがひしめく戦国時代と言われる。ただ、3月には04年にデビューしたBerryz工房が無期限活動休止するなど、岐路に立たされている人気グループもある。アイドリング!!!は累計売り上げ5・6万枚(オリコン調べ)を超えた12年1月のシングル「MAMORE!!!」以降、CD売り上げは下降気味。13年7月に加入した新メンバー5人らでユニット「NEO fromアイドリング!!!」を結成するなどてこ入れを図ってきたが、活動に幕を下ろすことになった。

 来月18日には6枚目アルバム「ロデオマシーン」をリリース。今後は各所でライブイベントなどを行い、毎年恒例のTIF(TOKYO IDOL FESTIVAL)にもメーンキャストとして出演予定。解散コンサートの会場なども検討中だという。(日刊スポーツ、2015.2.28)


<参照>
ウィキペディア アイドリング!!! (グループ)
posted by リュウノスケ at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海遊館セクハラ訴訟

 大阪市の水族館「海遊館」の男性管理職による部下の女性派遣社員へのセクハラ発言を巡り、出勤停止の懲戒処分が重すぎるかどうかが争われた訴訟の上告審で、最高裁第1小法廷(金築誠志裁判長)は26日、処分は妥当だったとする判決を言い渡した。「突然の処分は重すぎて酷だ」として無効とした二審・大阪高裁判決を取り消した。

 一、二審判決によると、海遊館の課長代理だった40代の男性2人が20〜30代の派遣社員の女性2人に対し、浮気相手との性生活を話題にしたほか「俺の性欲は年々増すねん」「今日の(女性客の)お母さんよかったわ」などと発言。2012年2月、それぞれ出勤停止30日間と10日間の懲戒処分を受け、降格された。(日本経済新聞、2015.2.26)


 大阪市港区の水族館「海遊館」での男性管理職のセクハラ発言をめぐり、最高裁は26日、「出勤停止などの処分は妥当」と判断、企業側に厳格な処罰を認めた。セクハラに対する社会的認識が厳しさを増す中、甘い対応は企業イメージを傷つけ、業績に悪影響を及ぼす恐れすらある。専門家は対応の「厳格化」がさらに加速するとみており、今後、企業内での対策の充実が課題となりそうだ。

 より「重い罪」に変化

 「企業の『価値観』が問われる。セクハラへの厳しい姿勢と、処分の厳格化を迫られるのではないか」。危機管理コンサルタントで「リスク・ヘッジ」社長の田中辰巳氏は、判決の企業への影響をこう分析する。

 田中氏は、女性や幼い子供を対象にした業種などで特に厳しい姿勢が求められることになると指摘。「セクハラに甘く、怖い企業と思われれば、お客さんは逃げる。いいかげんな対応は命取りになる」と強調する。

 企業は一層の危機管理を求められる形だが、田中氏はセクハラやパワハラ、飲酒運転などが時代とともにより重い「罪」に変化したとも指摘。「社会の変化を認識し、企業の置かれている立場や、行為の重大さを繰り返し伝えるというコンプライアンス教育の充実がより重要となる」とみる。

 労働問題に詳しい圷(あくつ)由美子弁護士は「セクハラをした加害者の認識などに関係なく、セクハラ行為そのものが違法であることが明確になった。職場での被害者救済にも、大きな意味がある」と語る。

 圷氏によると、セクハラをめぐる訴訟や企業の対応はこれまで、行為に至った加害者の意向なども重視されてきた。だが、今後は客観的にセクハラと認められれば違法と判断される傾向が強まり、「企業の対応も積極的になる」とみる。

 セクハラがあればパワハラ、マタハラも

 セクハラがある職場では、パワハラや、妊娠・出産を理由に退職を迫るなどするマタニティーハラスメントも同時に発生する傾向があるという。

 圷氏は「個人の結婚や出産、性に関する話は原則、職場には必要ない。こうした基本を理解していない人は多く、ハラスメントが評価を下げ、懲罰につながるとはっきり示す必要があるのではないか」と話した。

 最高裁判決を受け、海遊館は「判決文を確認していないためコメントは控える」としているが、「セクハラを許さないとの立場を社内に啓発してきた」と強調、「ハラスメントのない働きやすい職場作りを推進していく」とした。(産経新聞、2015.2.26)


 軽い気持ちで不用意な性的発言をしてはならない。職場の女性に「言葉のセクハラ」をし、懲戒処分を受けた男性の裁判で、最高裁は会社の処分を妥当とした。男社会の“甘え”は許されない。

 「いくつになったん?」「結婚もせんで、こんな所で何してんの。親泣くで」「もうお局(つぼね)さんやで。怖がられてるんちゃうん」「俺の性欲は年々増すねん。なんでやろうな」「夜の仕事とかせえへんのか」…。

 大阪高裁と最高裁が認めた主なセクハラ発言の数々だ。大阪にある水族館の運営会社で働く二十代、三十代の女性派遣社員ら二人が被害を会社に届け出た。

 会社側は課長代理だった四十代の男性二人から事情を聴いた上で、出勤停止の懲戒処分を行い、さらに係長への降格処分をした。だが、男性二人は受け入れがたかった。会社側から注意や警告がなく、「不意打ち」で処分が下されたことや処分が重すぎるとして、裁判所に訴えたのだ。

 一審は「処分は妥当」としたものの、二審は「処分は重すぎ、無効だ」と正反対の判断をした。女性が明確に拒否の姿勢を示していない点や、セクハラに対する具体的な処分方針を認識する機会がなかった点を考慮したためだ。

 だが、最高裁はそうした二審の見方をとらなかった。職場がセクハラ防止を重要課題と位置付け、セクハラ禁止文書をつくり全従業員に周知するなどの取り組みをしていたからだ。二人の男性も研修を受けていた。男性はむしろ管理職としてセクハラ防止を指導すべき立場にあったといえよう。

 最高裁は「職責や立場に照らし、著しく不適切」「反復継続的に行ったセクハラ行為が企業秩序や職場規律に及ぼした有害な影響は看過しがたい」などと厳しい言葉を並べて指摘した。

 一九八六年に施行された男女雇用機会均等法は、企業にセクハラ対応を義務付けている。しかし、議会でのセクハラやじに象徴されるように、社会の意識は十分に高まったとはまだ言えない。

 全国の労働局に二〇一三年度に寄せられたセクハラ相談は約六千二百件にのぼる。この数字も氷山の一角にすぎないだろう。

 下品な言辞で困惑させたり侮辱するのは、個人を傷つけるだけでない。就業意欲も職場環境も壊してしまう。企業ブランドにさえ傷がつきかねない。働く場の指針も厳しく見直す時代といえる。(東京新聞、2015.2.27)


 通常セクハラ訴訟は被害者対加害者・企業という構図ですが、今回は被害者である派遣社員の訴えを全面的に認めた海遊館の懲戒処分が重すぎるかどうかが争われた稀有な訴訟。「今日の(女性客の)お母さんよかったわ」などと発言しており課長代理を擁護する余地はなかったものと思われます。

 二審で原告の主張を認める逆転判決が出ており、海遊館が負ければ日本全体の職場環境が更に悪化するところでした。妥当な判断じゃないでしょうか。


<参照>
ウィキペディア 海遊館
posted by リュウノスケ at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(労働問題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

後藤浩輝縊死

 中央競馬で歴代16位の1447勝を挙げるなど活躍中だった後藤浩輝騎手(40)が27日、茨城県阿見町の自宅で死亡しているのが見つかった。茨城県警は自殺とみている。

 1992年にデビューした後藤騎手は2002年の安田記念でGTレース初勝利を挙げ、13年12月には通算1400勝を達成した。12年に落馬事故で負傷して大けがを負い、約1年のリハビリをへて復帰した。

 今週土日のレースでも計15レースの騎乗依頼を受けて出場予定だった。日本中央競馬会では後藤騎手を悼み、3月29日までレース開催競馬場に献花台と記帳台を設ける。(朝日新聞、2015.2.27)


 JRAの後藤浩輝騎手(40)が27日朝、茨城県阿見町の自宅で死亡した。

 牛久警察署は事件性はないとしており、自殺とみられる。阿見町消防本部によると、27日午前8時ごろ、同騎手の家族から「首をつっている」と119番通報があった。救急隊員が駆けつけたが、既に死亡していたという。

 同騎手は92年デビューで、通算1447勝は歴代16位、現役では10位。12年の頸椎(けいつい)骨折後は復帰と落馬による負傷を繰り返し、昨年11月、長期離脱から7カ月ぶりに復帰したばかり。先週21日のダイヤモンドSで落馬して頸椎(けいつい)捻挫と診断されたものの、翌22日は京都で2勝。今週末も中山競馬場で土日計15鞍に騎乗する予定だった。

 前夜の26日にもフェイスブックを更新。笑顔のツーショット写真を掲載するなど、元気な姿を見せていた。(日刊スポーツ、2015.2.27)


 JRAの後藤浩輝騎手(40)が27日午前、茨城県内の自宅で亡くなった。自宅で首をつっているところを発見され、自殺とみられる。後藤騎手は26日夜、自身のフェイスブックを更新。笑顔の写真をアップしており、自殺の予兆は感じられない。

 「昨日は泊まってるホテルで、ずっと気になっていた“栃木のプリンス”宇都ノ宮晃の歌謡ショーを観てきました。もちろんTシャツやうちわを買い込み応援!!」とイケメン演歌歌手・宇都ノ宮晃の公演を楽しんだことを報告。

 「公演後、プリンスと!!楽しかった」と2ショット写真もアップ。午後8時12分「ズン!ズンズン ズンドコ ア・キ・ラ〜〜ッ!!ってやってきました」と、うちわの写真などをアップし、明るく書き込んだのが最後になった。

 今月18日には福島県いわき市内の小学校を訪れ「夢」をテーマに講義。「最後に生徒全員に書いてもらった将来の夢。そのためにやることやゴッティー先生(自身)へのメッセージを書き、それに僕が返信メッセージをする『宝物シート』が後日届くのを楽しみに待ってます!!本当にみんな元気でキラキラしていて僕が元気づけられました!ありがとう!みんな!また会おう」を再会を誓っていた。

 後藤騎手は1992年にデビュー。通算で1447勝し、歴代16位、現役10位の記録を持つ。12〜13年に頸椎(けいつい)骨折で1年以上の休養を経験し、昨年4月27日にも東京競馬で落馬し頸椎を骨折。同11月22日に7カ月ぶり復帰を果たした。今月21日には東京11R・ダイヤモンドSで落馬して頸椎捻挫と診断されたが、翌日には京都競馬で騎乗して2勝を挙げていた。今週末の中山競馬にも騎乗予定だった。(スポニチ、2015.2.27)


<参照>
ウィキペディア 後藤浩輝
posted by リュウノスケ at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月27日

大塚家具お家騒動

 家具販売大手「大塚家具」の創業者である会長が、長女である社長に退任を要求し、株主を巻き込んだ対立に発展してきました。長女の社長は26日午後に会見を行い、父親である会長を批判しました。

「昨日(25日)、突然行われた大株主の大塚勝久氏による、株主提案にまつわる発表が世間を騒がせておりますので、少し触れさせていただくことをお許しください」(大塚家具 大塚久美子 社長)

 多くの報道陣が見守る中、26日午後会見を開いたのは家具販売大手・大塚家具の大塚久美子社長。父親である勝久会長を批判しました。

「経営の重要な問題、あるいは、ある意味ではある種の“騒ぎ”ということに社員を巻き込んでいくという事態は、非常に悲しく残念なことだ」(大塚家具 大塚久美子 社長)

 その父は25日・・・

「このまま久美子社長が継続していったら、私の自慢の優秀な社員が退社してしまうという心配がある。私は5人の子どもがいる。ただ1740数名の社員も子ども。どちらを選んだかは皆さんご想像ください」(大塚家具 大塚勝久 会長)

 娘の「久美子社長が社長を退任すべき」と要求したのです。一体、何が問題になっているのでしょうか。今からおよそ45年前に大塚勝久会長が創業した大塚家具。2000年に東京都内にオープンした店舗にはたくさんの客が行列をつくっていました。しかし、今や大塚家具は業績不振に。背景にあるのは経営の手法、特に“家具の販売方法”をめぐる考え方の違いです。

 家具業界にはここ数年、大きな変化が訪れています。“お手頃な価格”で急成長したニトリ、そして“家具のファストファッション”とも言うべきIKEA=イケアなどの家具チェーンが激しい競争を繰り広げています。

「従来の大塚家具のやり方、“会員制”で運営してきた過去があるので、そのイメージが非常に強く残っていて、なんとなく入りにくいと感じる」(大塚家具 大塚久美子 社長)

 久美子社長は“会員制”のもとで店員が客に付き添って案内して回る従来の手法を変えて、通りがかりの客が入りやすい店づくりを目指しているのです。これに対して会長は・・・

「ニトリさんとかイケアさんを意識しちゃったら間違えます」(大塚家具 大塚勝久 会長)

 手厚い接客のもとで高い価格帯の商品を売るべきだと主張しています。

 リーマン・ショックの後、2009年に久美子氏が社長に就任してから大塚家具の業績は営業損益がいったん黒字化したものの、去年12月期には営業赤字に転落。去年7月、大塚会長が兼務という形で社長に復帰したものの、今年1月になって久美子氏が再び社長に就任したのです。

「着実に利益を上げる体質にしながら、次の成長のための準備をしてきています。一番見ていただきたいのは数字の事実。ここをぜひ見ていただきたい」(大塚家具 大塚久美子 社長)

 わずか半年の間に起きた2度にわたる“社長交代劇”。現在、来月下旬の株主総会に向けて会長と社長とが、それぞれ、互いに退任を要求する事態となっているのです。さらに・・・

「みんな親としてやったことが裏目に出てしまったと。非常に残念です。何人かの悪い子どもをつくったと、そう思わざるを得ません、今」(大塚家具 大塚勝久 会長)

 会長側は「久美子社長が大塚家具の大株主である資産管理団体を違法な手段で支配している」として訴訟を起こしました。しかし、久美子社長は26日の会見で“反論”しました。

「極めて私的な問題を上場会社のコンプライアンスの問題に、結びつけることは無理があり、このような論理には驚きを禁じ得ません」(大塚家具 大塚久美子 社長)

 法廷闘争にまで発展した父である会長と長女である社長との対立。利用客はどうみているのでしょうか。

「イメージは落ちますよね」(女性)
「内紛はお客さんにはあまり関係ない」(女性)

「親子の関係で甘えられたら、今は困る。久美子社長に対しては、とらえ方が間違っていたのかもしれない」(大塚家具 大塚勝久 会長)

「(会社は)発展していく段階の中で、どこかで創業者のひごから離れなければならない。創業者は人間なので永遠に経営することはできないが、会社は永遠に生きていくことが想定されている。どこかで切り替えをしなければいけない」(大塚家具 大塚久美子 社長)

 “創業者としての思い”が強い会長と、思い切った経営改革を目指す社長との対立。しかし、最終的に答えを出すのは客である消費者たちではないでしょうか。(TBS、2015.2.26)


 会員制の高級路線を継続した父と敷居を下げてニトリ・IKEAを意識した品揃えにシフトしたい娘。現状が業績不振なので娘の主張は一理ありますが、せっかくのブランドイメージを捨てて価格競争に走るとそれはそれで厳しいような気もします。経営理念の齟齬は埋めがたく当分経営権争奪戦で揉めるでしょう。

 それにしても久美子社長が女優並みに美人なのでテレビドラマのよう。しかも一橋大学卒で仕事ができるという絵に描いたような才色兼備でワイドショーの華となりました。


<参照>
ウィキペディア 大塚久美子
posted by リュウノスケ at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

下村文科相反社会勢力から献金

 下村博文氏の後援会が政治団体の届出をしないまま、下村氏の講演会やパーティーを定期的に開いていることが週刊文春の取材でわかった。

 下村氏には、「博友会」の名前を冠する後援会が10団体あるが、総務省や都道府県選挙管理委員会に政治団体として届出をしているのは、東京にある博友会のみで、他の近畿博友会や中部博友会などは届出をしていなかった。これらの団体では、定期的に下村氏の講演会や懇親パーティーをホテルで開催しており、近畿博友会では、会費2万円で200人超が参加したという。

 政治資金規正法には、<特定の公職の候補者を推薦し、支持し、又はこれに反対することを本来の目的とする団体>は政治団体となり、届出をした上で毎年、政治資金収支報告書を提出する必要があると明記されている。

 下村事務所は、

「政治団体である博友会(編集部注・東京の博友会のこと)と各地域にある『●●博友会』は、同じ『博友会』という文字を使用していますが関係がありません。

『●●博友会』はあくまでも有志個人の集まりに過ぎず、年に一度程度下村を招いて懇親会をやる程度のことであり、特に他から寄付を受けたりしていることもなく、したがって貴誌が考えるような継続的・組織的に政治活動をしていることはなく貴誌のご指摘とは事実関係が異なります」

 政治資金に詳しい神戸学院大学法科大学院の上脇博之教授によれば、

「下村氏はフェイスブックで中部博友会が自身の後援会であることを認めていたり、毎年講演会を開いており、政治団体ではないとの説明は成り立ちません」

 政治団体の届出をせず、寄付を受ければ、政治資金規正法違反であり、5年以下の禁錮または100万円以下の罰金が科せられる。

 博友会の現役幹部は週刊文春に対して、講演料名目での資金提供や会費の上納があったとの具体的な証言をしており、下村氏が今後、国会で追及を受けることは必至だ。(週刊文春、2015.2.25)


 下村博文文部科学相は26日午前の衆議院予算委員会で、自身が代表を務める政党支部が、反社会的勢力と関係のある個人から献金を受けていたとの疑義について、今年1月に返金したことを明らかにした。週刊誌報道にある政治団体をめぐる資金の流れについても、「事実と異なり、憤りを持っている」と述べた。

 柚木道義委員(民主)の質問に答えた。

 下村文科相は、週刊誌で疑義が指摘されている「博友会」をめぐる資金の流れについて、この団体が自身の講演会を開催するなど、懇親的な活動を行っているとする教育関連の任意団体だと説明。その中の中部支部からの献金については、「政治目的の会ではなく、ましてや政治献金のためのものではない」と主張、「献金を受けたこともない。私の政治活動とは関係ない」と述べた。

 この団体について、過去にネット上で「私の後援会の一つ」との表現をしていたことについて下村文科相は「通常の意味の政治団体ではなく、教育仲間としての懇親会ということ。誤解を招くなら、適切ではなかった」と釈明した。

 過去の政治資金報告書を訂正した学校法人2校からの献金とは別に、柚木委員が指摘した新たな5つの学校法人からの寄付に関し昨年の安倍晋三首相による解散表明の時期に訂正を行ったことについては、文科相は「私自身は承知していない」として、「チェックしたい」と述べた。それらの学校法人が1年以内に補助金を受けていれば政治資金規制法違反となるため、「補助金を受けているかも調べたい」という。

 大阪市内からの企業や個人からの献金は「代表者が日本人ではなかった(ことが後で判明した)ので、返金した」ことを明らかにした。(ロイター、2015.2.26)


 下村博文文部科学相は26日午前の衆院予算委員会で、懇親パーティーを開くなどの活動をする「博友会」との名称の団体について「政治目的を持った組織ではなく任意団体であり、(収支)報告の義務はない」と述べ、自身に関する政治団体ではないとの認識を示した。民主党の柚木道義氏が、政治団体として選管に届け出ておらず、政治資金規正法に違反すると指摘したのに対して答えた。

 政治資金規正法は、政治団体を「特定の公職の候補者の推薦や支持を本来の目的とする団体」と定義し、選管への届け出と政治資金収支報告書の提出を義務づけている。

 下村氏は「東京都選管に届け出している博友会以外に地方の博友会が六つある」と説明。地方の博友会について「塾経営者など民間の経営者有志で作る任意団体で、私の事務所では一切タッチしていない。私の政治活動とは無縁だ」と述べた。組織的な資金の支援についても「政治資金を集めるものでなく、寄付やパーティー券購入もない。一部有志が個人的に政党支部に寄付したり東京で開くパーティーに来たりしているが、個人分は適正に収支報告している」と述べた。

 地方の博友会への懇親パーティー出席については「年1回、顔を見せて話をする程度だ。講演料や車代などは一切もらっていない」と述べた。

 博友会を巡る問題は、26日発売の週刊文春に掲載された。

 また下村氏は、自身が代表を務める政党支部が名古屋市の男性から2013年3月に受けた4万8000円の寄付について、今年1月に返金したことを明らかにした。下村氏は理由について「反社会的勢力との関係があるとの報道に気づいた」とした。12年10月に大阪市の2企業と1個人から受けた計96万円の献金についても「代表者が日本人でないと分かった」として、昨年11月に返金したことを明らかにした。

 下村氏は予算委後、記者団に、自らが代表を務める政党支部が「年会費」名目で領収書を発行していたことについて「過去にそういうことがあった」と認めた。2、3年前に複数回あったとし、その経緯を「支部への寄付としてもらったが、事務方によると、会員側の要望で『年会費』と書いた」と説明。「適切ではないので現在はしていない」と述べた。

 菅義偉官房長官は26日午前の記者会見で「今朝、下村氏から『違法なものは一切なく、国会でしっかり説明を果たしたい』と報告された」と明らかにした上で「違法性は全く問題ない」と述べた。(毎日新聞、2015.2.26)
posted by リュウノスケ at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする