2015年01月22日

サン・クロレラ販売違法広告訴訟京都地裁判決

 健康食品に含まれる「クロレラ」に医薬品のような効果があるとする広告は景品表示法に違反するとして、消費者団体が健康食品会社「サン・クロレラ販売」(京都市)に差し止めを求めた訴訟の判決で、京都地裁は21日、広告の差し止めを命じた。

 橋詰均裁判長は「商品に医薬品のような効果があると表示しており、厳格に審査された医薬品との誤認を引き起こす恐れがある。広告として許される誇張の限度を大きく超えた」と指摘した。

 原告の代理人弁護士によると、景品表示法に基づき差し止めを求めた訴訟の判決は初めて。判決は内容が不当だったことを周知する広告の配布も命じた。会社側は控訴の意向を示した。

 原告は「京都消費者契約ネットワーク」。訴えによると、会社は「日本クロレラ療法研究会」の名義で新聞の折り込み広告を配布。クロレラには高血圧を予防する効果があり、利用者はがんや糖尿病が改善したなどと紹介した。

 会社側は、研究会はクロレラの効用などに関する広報活動を目的とした任意団体で「広告は研究会名義」とし、「広告には商品名が書かれておらず、宣伝には当たらない。研究結果や体験談を書いただけで誤解は与えていない」と主張した。

 しかし、判決は、会社の全従業員が研究会会員となるなど「研究会は会社から独立した存在ではない」と指摘。広告は研究会が推奨する商品の購入を強く誘導しており、販売促進が目的とした。

 高血圧や糖尿病が改善したとする体験談は、病気の治療や予防に効果があると暗示しており、医薬品であるように表示した「優良誤認」に当たると判断した。

 クロレラは淡水に生息する緑藻の一種。高血圧や高脂血症の患者に効果があったとする研究報告もあるが、国立健康・栄養研究所は、人間に対する有効性については「信頼できるデータが見当たらない」としている。

 ▼景品表示法 消費者の利益を守るため、事業者の不当な表示を制限、禁止した法律。商品やサービスが実際より著しく優れていると偽る表示や広告は「優良誤認」になり、消費者への周知や再発防止を求めて消費者庁が出す措置命令の対象となる。命令に従わなければ懲役や罰金の罰則がある。2016年春には命令を受けた業者に課徴金を科すことができる改正法が施行される見通し。(共同、日本経済新聞、2015.1.22)
posted by リュウノスケ at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南幌町家族殺害事件

 北海道空知郡の住宅で母親(当時47歳)と祖母(当時71歳)が包丁で殺害された事件で、札幌家裁は21日、殺人の非行事実で送致されていた三女(17)について、医療少年院送致とする保護処分を決定した。

 栗原壮太裁判長は「祖母及び母から虐待を受け、そのことが非行に至る経緯及び動機に影響しており、治療及び矯正教育を施すべき」とした。

 決定によると、三女は昨年10月1日午前0時半頃、空知郡の自宅で、就寝中の母親の首を包丁で複数回刺して殺害。別の部屋で寝ていた祖母も首や背中を多数回刺すなどして殺害した。

 少年法では故意に人を死亡させた満16歳以上の少年については原則、検察官送致(逆送)と定めているが、栗原裁判長は「精神状態や年齢などを考慮すると、刑事処分は相当でない」とした。(読売新聞、2015.1.21)


 北海道南幌町で10月、自宅で母親(当時47)と祖母(同71)を殺害したとして高校2年の三女(17)が逮捕された事件で、札幌地検は25日、殺人の非行内容で札幌家裁に送致する。同地検は24日まで三女を鑑定留置し、犯行の経緯や家庭環境などを調べた結果、刑事責任能力に問題がないと判断したとみられる。

 三女は10月1日、9月30日深夜から10月1日未明ごろにかけ、2人を刃物で切りつけるなどして殺害した疑いで逮捕された。

 「厳しいしつけから逃れたかった」。逮捕直後、三女は動機をそう供述した。ある捜査幹部は「しつけというレベルを通り越し、虐待だった」と話す。

 「冬に祖母が庭に立たせ、ホースで水をかけていた」「食事は小麦粉に青汁の粉末を混ぜて焼き、マヨネーズをかけたもの。台所の隅で一人で食べさせられていた」

 事件後、一家の親族は三女の自宅での様子を関係者にそう打ち明けた。三女の腕には、火の付いたたばこを押しつけられたあともあったという。近所の住人は、祖母が「この役立たず」などときつく叱る声を頻繁に聞いた。

 三女が幼稚園児だった2004年、「虐待を受けている」との通報が道岩見沢児童相談所にあった。三女の弁護人も虐待を受けていた可能性を認める。(朝日新聞、2014.12.25)


 北海道南幌町で10月、母親(当時47)と祖母(同71)を殺害したとして高校2年生の三女(17)が逮捕された事件で、同級生らが4日、三女の処遇に配慮を求める嘆願書と約1万人分の署名を札幌地検に提出した。

 三女の同級生や保護者らでつくる「将来ある少女に適切な裁判を望む地域住民の会」が10月10日、同町内で街頭活動を始めた。今月3日までにインターネット署名約800人分を含む1万534人分が集まったという。

 同会代表の女性(41)は提出後、報道陣に「彼女はしつけの域を超えた虐待を受けた可能性がある。刑事裁判ではなく、家庭裁判所で審理してほしい。今後も署名活動を続けていく」と話した。応対した地検の担当者は「趣旨は理解しました」と述べたという。

 三女は9月30日深夜から10月1日未明にかけ、自宅で2人を刃物で切りつけるなどして殺害した疑いで逮捕された。地検は刑事責任能力の有無を調べるため、12月24日まで三女を鑑定留置している。その後、三女は家裁送致され、少年審判に付されるか、刑事裁判を前提に検察官送致(逆送)されるかなどが決まる。(朝日新聞、2014.11.5)


<参照>
NEWSポストセブン 北海道母・祖母殺害 祖母は大の子供嫌いで「犬以下」発言
アサ芸プラス 北海道“高2少女”に「母と祖母を同時殺害」を決意させた理由
東京スポーツ 【祖母、母殺害】高2少女 生ゴミ食も強要させられた?
東京スポーツ <母、祖母殺害>17歳少女 凶行の裏に虐待?
ウィキペディア 南幌町家族殺害事件
posted by リュウノスケ at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする